2023年の世界におけるSaaS企業のトップ5社

Calendar
2023年3月23日
Calendar
1058

10年前に新しいビジネスモデルとして登場したSaaSは、今やソフトウェアを入手するための最も一般的な方法の1つになっています。そして、SaaSプラットフォームの利点と効率性が示されて以来、このモデルは、小売、銀行、マーケティング、ヘルスケアなどの通常の業務業界の企業で広く採用されています。

この記事では2023年の世界におけるクラウドサービスプロバイダー上位5社について解説しています。

1. Software as a Service(SaaS)とは

Software as a Serviceは、クラウドベースのソフトウェア・アプリケーションをユーザーにライセンス提供するソフトウェア提供モデルです。アプリケーションはインターネット経由でアクセスするため、ユーザーはソフトウェアをローカルにインストールしたり保守したりする必要はありません。

アプリケーション自体はSaaSプロバイダーのサーバー上で実行されるため、セキュリティ、パフォーマンス、メンテナンスに責任を持つことができます。

一般的に、SaaSアプリケーションは、サブスクリプションベースでライセンスされます。サービスのレベルや必要なユーザー数に応じて、月額料金を支払います。このように、SaaSプロバイダーは、サービスとして、インターネット上でお客様にアプリケーションを提供し、維持します。

2. SaaSのメリット

Software as a Serviceのビジネスモデルは、ソフトウェアの標準的なインストールに代わる興味深いものです。エンドユーザーは、このソリューションのさまざまな利点から利益を得ることができます。以下はその例です。

2.1 コスト

Software as a Serviceのビジネスモデルでは、エンドユーザーは月額のサブスクリプションを支払います。エンドユーザーは、アプリケーションの実装にかかるコストを回避することができます。さらに、Software as a Serviceの価格モデルは、使用レベルに依存し、サービスやサポートのコストを含むことができるため、企業はこれらのタスクをIT部門に割り当てる必要がありません。

2.2 高度なアプリケーションへのアクセス

お客様は、インストール、アップデート、メンテナンスをすることなく、強力なツールにアクセスすることができます。

2.3 時間の節約

アプリケーションはすぐに利用できます。また、使いやすさを追求した設計になっているため、ユーザーはアプリケーションと格闘することなく、目の前のタスクに集中することができます。

2.4 常に最新の状態

エンドユーザーは、アップデートやレガシーソフトウェアに関する心配をする必要はありません。Software as a Serviceソリューションに自動的に含まれます。

2.5 どこからでもアプリケーションにアクセス

データはすべてクラウド上に保存されるため、従業員はインターネットに接続されたあらゆるデバイスからアプリケーションにアクセスすることができ、リモートワークに最適なソリューションです。また、ハードウェアに障害が発生した場合でも、データの損失は発生しません。

2.6 セキュリティ

SaaSサービスは、最も要求の厳しい顧客のニーズを満たすことができる安全なITシステムによって提供されます。

2.7 柔軟性

SaaSパッケージは拡張性があり、企業や需要の成長に合わせて簡単に調整することが可能です(逆も同様)。必要なのは、既存のプランまたはサブスクリプションを簡単にアップグレードすることだけです。特に、季節的なトレンドが強い企業では、サブスクリプションのコストを柔軟に削減することができます。

2.8 可用性

SaaSアプリケーションは、いつでも利用できるように設計されています。ベンダーは、自然災害が発生した場合でもビジネスの継続性を保護することで、高いレベルの信頼性を確保しています。

サービスとしてのソフトウェア産業は、中小企業(SMB)にとって素晴らしい発展であり、ビジネスの成長に専念することができます。また、多くの中小企業は、時間やリソース、専門知識のレベルが非常に限られています。そのため、SaaSのコスト、セキュリティ、使いやすさは、彼らにとって大きなメリットとなります。

参考: SaaS開発:SaaSアプリケーションの開発方法を解説

3. 2023年の世界におけるクラウドサービスプロバイダー上位5社

3.1 アマゾン ウェブ サービス(AWS)

AWS SaaS 企業

Amazon.comのクラウドコンピューティングサービスであるAmazon Web Services(AWS)は、世界最大のクラウドサービスプロバイダーである。データセンターから、コンピュート、ストレージ、データベースを含む200以上のフル機能のサービスを提供するビジネスです。

AWSは現在、26のリージョンと84のアベイラビリティゾーンが稼働しています。これらのリージョンとアベイラビリティゾーンは、米国、AWS GovCloud(US)、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、さらに中東・アフリカに配置されています。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)
参考: Dgtl Infra

Amazon Web Services(AWS)は、2015年に80億ドルだった純売上高を、2017年には170億ドル以上に伸ばし、2019年には350億ドルに到達し、現在は年間ベースで740億ドル近い売上高を上げています。

この驚異的な成長は、AWSが2015年に32のアベイラビリティゾーンから、2017年には52のアベイラビリティゾーンに拡大し、現在では84のアベイラビリティゾーンに達していることに起因しています。並行して、同社は何千もの新しいAWSサービスを立ち上げており、これもその拡大に拍車をかけている。

3.2 マイクロソフトアジュール

Microsoft SaaS 企業

マイクロソフト株式会社のインテリジェントクラウド部門は、世界第2位のクラウドサービスプロバイダーであるAzureを含んでいます。Microsoft Azureを通じて、一貫したハイブリッドクラウド体験、開発者の生産性、人工知能(AI)機能、セキュリティ&コンプライアンスを提供する。

Microsoft Azureは現在、60のリージョンと116のアベイラビリティゾーンが運用されています。これらのリージョンとアベイラビリティゾーンは、米国、Azure Government(米国)、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、さらに中東&アフリカに分布しています。

マイクロソフトアジュール
参考: Dgtl Infra

Microsoft Azureのデータセンターは、世界中に200以上あり、それぞれに独立した電源、冷却、ネットワークを備えたコンピューターサーバーが設置されています。このデータセンターのインフラを、世界140カ国、175,000マイル以上のファイバー回線でつないでいます。

マイクロソフトのクラウド収入は、Azureおよびその他のクラウドサービス、Office 365 Commercial、LinkedInの商用部分、Dynamics 365の収入を含み、直近の四半期では234億ドルに達し、前年同期比で32%増加した。

そのため、年率換算すると、Microsoft Cloudの売上は現在936億ドルとなっています。ただし、MicrosoftはAzureの収益を明示的に開示していないため、AzureはMicrosoft Cloudの総収益のサブセットに過ぎないことになる。

3.3 グーグル・クラウド・プラットフォーム(GCP)

Google Cloud SaaS 企業

Alphabet Inc.の傘下にあるGoogle Cloud Platform(GCP)は、世界第3位のクラウドサービスプロバイダーとして、エンタープライズ対応のクラウドサービスを提供しています。GCPは、セキュリティ、データ管理、分析、人工知能(AI)などのサービスの機能を活用しながら、開発者が分散型かつスケーラブルなインフラ上でアプリケーションを構築、テスト、デプロイできるようにします。

Google Cloudは現在、34のリージョンと103のアベイラビリティゾーンが稼働しています。これらのリージョンとアベイラビリティゾーンは、米国、米州、欧州、アジア太平洋に位置しています。

グーグル・クラウド・プラットフォーム(GCP)
参考: Dgtl Infra

Alphabet IncのGoogle Cloud部門は、インフラ、プラットフォーム、その他のサービスに対して請求する料金から収益を得ます。最新の四半期において、Google Cloudは58億ドルの収益を上げ、前年同期比で約44%増加した。したがって、年率換算では、Google Cloudは233億ドルの収益を生み出しています。

3.4 アリババクラウド

Alibaba Cloud SaaS 企業

アリババグループのクラウドコンピューティング部門(通称:Alibaba Cloud)は、世界第4位のクラウドサービスプロバイダー、アジア太平洋地域の主要クラウドベンダー、そして中国最大のクラウドサービスプロバイダーです。Alibaba Cloudを通じて、エラスティック・コンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーク仮想化、大規模コンピューティング、セキュリティ、管理&アプリケーションサービス、ビッグデータ解析、機械学習などのクラウドサービスを提供しています。

アリババクラウド
参考: Dgtl Infra

Alibaba Cloudは現在、27のリージョンと84のアベイラビリティゾーンが運用されています。中国本土では、アリババが圧倒的なクラウドサービスプロバイダーであり、全国に10以上のリージョンを展開しています。中国本土以外では、Alibaba Cloudは米国、欧州、アジア太平洋地域、中東で事業を展開しています。

アリババグループは、主に企業顧客から、サービスの利用期間や利用状況に応じてクラウドコンピューティングの収益をあげています。同社のクラウド部門は、最新四半期に29億9000万ドル(189億7100万人民元)の収益を上げ、前年同期比12%増となった。したがって、年率換算すると、アリババ・クラウドの収益は現在120億ドル近くに達している。

3.5 オラクルクラウド

Oracle SaaS 企業

Oracle Corporationが提供するクラウドサービスには、Oracle Cloud Software-as-a-Service(SaaS)とOracle Cloud Infrastructure(OCI)があります。OCIを通じて、同社はクラウドサービスプロバイダーとして、コンピュート、ストレージ、ネットワークサービスなどのインフラストラクチャー技術をas-a-serviceで提供しています。

Oracle Cloudは現在、38のリージョンと46のアベイラビリティゾーンが稼働しています。これらのリージョンとアベイラビリティゾーンは、米国、カナダ、欧州、中東、アフリカ(EMEA)、中南米、アジア太平洋に位置しています。さらに、Oracle Cloudは、米国政府、米国国防総省(DoD)、英国政府向けに政府クラウド地域を提供しています。

オラクルクラウド
参考: Dgtl Infra

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)は通常、前払いの料金を請求し、そのOCIサービスが定められた期間内に顧客によって消費されるにつれて徐々に減少する。直近の四半期において、IaaSとSaaSを含むオラクルのクラウド収益は29億ドルに達し、前年同期比19%増となった。したがって、年率換算では、Oracle Cloudは116億ドルの収益を生み出しています。

4. SaaSに関するよくある質問

u003cstrongu003e4.1 クラウドとSaaSのメリットu003c/strongu003e

u003ca href=u0022https://miichisoft.com/difference-saas-cloud/u0022 target=u0022_blanku0022 rel=u0022noreferrer noopeneru0022u003eクラウドとSaaSu003c/au003eには、以下のような共通したメリットがあります。u003cbr/u003eu003cbr/u003e① 長時間のインストールは必要ありません。長時間のインストールは不要です。クラウド上にすべてがあるため、ドライバを実行する必要がなく、すべてのアップデートを瞬時に行うことができます。さらに、クラウドは所有ではなくホスティングされることが多いため、すべてがスムーズに動作し、最新であることを確認するのはサードパーティーであり、サードパーティー側からはほとんどダウンタイムを感じることはありません。u003cbr/u003eu003cbr/u003e② データの共有と同期をネットワーク全体でより速く行うことができます。コードの更新からビジネスメールまで、すべてをリアルタイムで共有し、コラボレーションすることができます。u003cbr/u003eu003cbr/u003e③ オンプレミスに比べ、費用対効果がはるかに高い。インフラストラクチャの一部または全部をクラウドに保存することは、企業のデータを管理する上で最も効率的な方法であることが多いです。u003cbr/u003eu003cbr/u003e④ 冗長性の向上により、データの損失や停止を防ぐことができます。クラウド環境では、冗長性のレイヤーを簡単に追加することができるため、障害発生やデータの完全喪失を防ぐことができます。u003cbr/u003eu003cbr/u003e⑤ より安全に。パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用することで、重要なセキュリティ対策が施されます。u003cbr/u003e

u003cstrongu003e4.2 SaaSアプリケーションの例u003c/strongu003e

u003ca href=u0022https://miichisoft.com/saas-service-applications-and-service-types/u0022 target=u0022_blanku0022 rel=u0022noreferrer noopeneru0022u003eSaaS型アプリケーションの例u003c/au003eとしては、Google G-Suite、Office 365、Salesforce、Cisco Webex、Zendeskなどが挙げられます。

u003cstrongu003e4.3 2023年のSaaSトレンド12選とは?u003c/strongu003e

① 人工知能(アーティフィシャルインテリジェンスu003cbr/u003e② 機械学習u003cbr/u003e③ SaaSのセキュリティを優先する u003cbr/u003e④ バーティカルSaaSu003cbr/u003e⑤ データ・アズ・ア・サービス(DaaS)u003cbr/u003e⑥ 高まるAPI接続の必要性u003cbr/u003e⑦ PaaSへの移行u003cbr/u003e⑧ リテンションとチャーンに重点を置くu003cbr/u003e⑨ SaaS市場の統合 u003cbr/u003e⑩ さらなるSaaSスーパーアプリの出現へ u003cbr/u003e⑪ アナリティクスの一元化u003cbr/u003e⑫ ローコード機能

Miichisoft株式会社 – ベトナムにおいて SaaS サービスを提供する企業

Miichisoft

Miichisoftは単なるアウトソーシング企業ではなく、「テクノロジーパートナー」になることを目指し、お客様に アイデアを作って実施することからプロジェクトを維持することまでのサポートを提供します。

SaaSの進化と共に、日本の企業様と協力し、不動産業界、Eコマース、物流、E-Learning、建設業界などという業界を主にSaaSサービスとシステムを開発しています。

MiichisoftのSaaSの競合他社と違うところは、価格・スピードと日本支社の設置ため、顧客と直接話すことができるという2つのポイントです。

今後SaaSサービスを検討しているならば、是非ともご相談くださいませ。

よろしくお願いいたします。

会社概要

設立2018年4月
代表者VU HONG CONG (ブウ・ホン・コン)
従業員数185名 (2023年03月現在)
業務内容Offshore開発SaaSサービスラボ開発ITコンサルティングBlockchain開発VR/AR 開発

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年6月17日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る