クラウドコンピューティングとは?メリットと戦略を実行方法を解説

Calendar
2023年4月11日
Calendar
594

クラウドコンピューティングは、ここ数年で急速に普及が進んでいます。本記事ではクラウドコンピューティングとは何にかやクラウドコンピューティングのメリットや戦略を実行方法などを解説しています。はじめましょう!

1. クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングとは、サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェア、分析、インテリジェンスなどのコンピューティングサービスをインターネット(「クラウド」)上で提供し、より速いイノベーション、柔軟なリソース、規模の経済を提供することです。

2. クラウドコンピューティングの歴史

クラウドコンピューティングという言葉は2000年代前半に登場しましたが、サービスとしてのコンピューティングというコンセプトはもっとずっと以前からありました。

このような「タイムシェアリング」サービスは、PCの台頭によってコンピュータの所有がより手頃になり、さらに企業が膨大な量のデータを保存するデータセンターの台頭によって、ほとんど追い越されてしまったのである。

しかし、コンピューティングパワーへのアクセスをレンタルするというコンセプトは、1990年代後半から2000年代前半にかけてのアプリケーションサービスプロバイダ、ユーティリティコンピューティング、グリッドコンピューティングで何度も再浮上しています。その後、クラウドコンピューティングが登場し、Software as a ServiceやAmazon Web Servicesのような超大規模クラウドコンピューティングプロバイダーの出現で本格的に定着しました。

3. 主なクラウドサービスの種類

クラウドコンピューティングには、さまざまな問題を解決するために機能する種類があります。大きく分けて3つのタイプがあります。

公式のIaaSの定義は以下の通りです。IaaS(Infrastructure as a Service)は、従来のオンプレミスデータセンターのインフラを置き換えるために、計算機、メモリ、ストレージ、ネットワーク、OSやデータベースなどの関連ソフトウェアをクラウドサービスとして提供する。

簡単に言うと、IaaSは基本的に仮想サーバーで、お客様はデータセンターを持つ他の会社からレンタルすることになります。基本的にIaaSは、アクセス対所有権を促進します。

このソリューションにより、エンドユーザーはカスタムメイドのアプリケーションや標準的なソフトウェアを柔軟にホスティングできるようになり、同時にストレージ用の一般的なデータセンターも提供されるようになります。

IaaSは、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義した3種類のサービスモデルのいずれかを導入することができる。

PaaSとは、Platform as a Service Providerの頭文字をとったもので、個人や企業が基盤となるインフラを購入せずにアプリケーションを開発、管理、最適化するためのオンラインプラットフォームです。

お客様は、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義する以下の3種類のクラウド導入モデルのいずれかにPaaSを導入することができます。

SaaSサービスは、サードパーティプロバイダーがクラウドインフラ上にアプリケーションを構築し、インターネット経由で顧客が利用できるようにするソフトウェア展開モデルです。

このため、従来のソフトウェアのようにローカルマシンにインストールするだけでなく、インターネット接続とウェブブラウザがあれば、どのデバイスからでもソフトウェアにアクセスすることができます。

顧客は、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義する3つの異なるモデルのいずれかでSaaSを展開することができます。

そして、急速に普及が進んでいるのが、4つ目のタイプです。

4. クラウドコンピューティングのメリット

4.1  低コスト

クラウドベースのサービスの魅力の1つとして、コストの低さがよく言われるが、多くの場合、これは真実である。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)への投資を検討している企業は、標準的な従量課金モデルによって、使用していないものに対する支払いがないため、コストを削減し、高いリターンを期待することができます。

インフラストラクチャについては、お客様のビジネス要件によって、もう少し複雑になる可能性があります。PaaS(Platform as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)は、より包括的なニーズを持つ多くの大企業にとって費用対効果が高く、高価なソフトウェアやライセンス費用、インストール費用を回避することができる場合があります。

一方、中小企業にとっては、ローカルサーバーのセットアップにかかるコストよりも高くつく可能性があります。そのため、中小企業はクラウドベースのSaaSソリューショ ンを利用するのが適していると言えます。

4.2  フレキシビリティとスケーラビリティ

ローカルサーバーの代わりにクラウドプロバイダーを使用することで、ビジネスには大きな柔軟性がもたらされます。ビジネスの需要が変化しても、クラウドサービスはそれに対応し、ビジネスの成長に伴う使用量や活動量の増加に対応することができます。

クラウドベースのアプリケーションやサービスは、オンデマンドで購入することができ、従量課金制であるため、企業は、後に目的を果たせなくなるかもしれない高価な投資に縛られることはありません。

その上、クラウドコンピューティングは重要な拡張性を持っており、しかも双方向に拡張することができます。年間を通じてニーズが大きく変化する場合、クラウド・コンピューティングの支出にこれを反映させることができます。例えば、特定の時間に必要なデータストレージの料金だけを支払えばいいのです。

4.3  データの管理

データ漏洩の平均コストは約312万ポンドと言われており、ビジネスにおいて最も懸念されることの一つです。

重要なデータをすべてローカルに保存している場合、ハードウェアの問題、人的ミス、サイバー攻撃などによってデータを失うと、本当に困った事態に陥る可能性があります。クラウドベースのサーバーは、すべてのデータを一元管理し、インターネット接続が可能なデバイスから簡単にアクセスできるようにします。

このため、クラウドコンピューティングでは、データを安全に保管するためのバックアップソリューションとしてだけでなく、データストレージの利用が一般的になっています。バックアップをオフサイトに置き、ネットワークに接続しないことで、万が一、ランサムウェアの攻撃を受けた場合でも、マルウェアがバックアップデータにアクセスできないようにすることができます。

4.4 より効果的なコラボレーションを実現

クラウドコンピューティングサービスは、共同作業を促進するのに非常に有効です。ファイルや文書がすべて1つの場所に保存されているため、チームメンバーは同じ情報を閲覧、編集することができます。改訂や更新の記録も残るので、何が起こっているのかがよくわかり、同じファイルに複数のバージョンが存在することに戸惑うこともありません。

クラウドサービスを利用すれば、社内のチームだけでなく、顧客、パートナー、サプライヤーとも、エンドツーエンドで完全に暗号化された安全なチャネルを介してコラボレーションを行うことができます。

5. クラウドコンピューティングのデメリット

5.1 セキュリティとプライバシー

クラウドに移行する企業は、企業や顧客の機密データのセキュリティに懸念を抱いています。ITプロフェッショナルの66%までもが、セキュリティをクラウド導入の重大な障害と考えているとしたら、何と言えるでしょうか。

しかし、パブリッククラウドプロバイダーは、一企業や政府機関よりもはるかに多くのセキュリティに投資しています。例えば、マイクロソフトはAzure Cloudプラットフォームのサイバーセキュリティに年間10億ドルを投資しており、1日7兆件のサイバー脅威からの防御に成功しています。AmazonやGoogleも同様に、個人と企業のデータを安全に保つために投資しています。したがって、クラウドへの移行はセキュリティを低下させるものではなく、向上させるものなのです。

5.2 ベンダーのロックイン

ベンダーのロックインは、多くの企業にとって依然として大きな問題です。起業家たちは、すべてのシステムをクラウドに移行すると、会社が同じベンダーに縛られるのではないかと心配しています。特に、世界的にクラウドサービスのコストが着実に低下していることを考えると、これは重要な問題である。アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは、クラウドコンピューティングのコストは18ヶ月ごとに半減するという「ベゾスの法則」を打ち立てた。

この問題を解決する方法として、マルチクラウド・ソリューションの導入が有力です。複数のクラウドプラットフォームでシステムをホスティングすれば、サービスプロバイダー間の移行がよりうまくいくようになるのです。

5.3 ROI

コストに関する懸念は、「導入」「構造」「ROI」といういくつかの分野に分けて考えることができます。クラウドの導入にかかる費用は、どんなテクノロジーの導入にもつきものなので、ここでは考慮しない。

異なるのは、これらのソリューションのライフサイクルにおけるコスト構造です。オンプレミスのテクノロジーは通常、1回限りの先行投資が必要ですが、SaaSモデルは経常的なコストに基づきます。しかし、これは問題ではなく、違いに備えるだけのことです。しかし、オンプレミスのテクノロジーに関連する「隠れた」コスト(保守やアップグレードなど)は、クラウドでは消滅します。資本コストを排除することは、長期的に見ればクラウドコンピューティングの方が安くつくことを意味します。

ROIは、クラウド戦略をどのように構築したか、また、この決断やその決断を下すための強力なビジネスケースがあるかどうかによって異なります。しかし、もしそうであれば、クラウドへの投資に対するROIは現実のものとなります。

6. クラウド戦略を実行

また、クラウド戦略を実行するために必要な6つのフェーズをまとめました。

6.1 アセスメントを行う

この段階では、戦略を実行した場合の影響を、コスト、アーキテクチャ、安全性の3つの領域で評価します。アセスメントには、専門家の助けを借りることが重要です。その結果、自社のビジネスがクラウドへの移行を容易に行えることが判明したら、次のステップに進みます。

6.2 コンセプトの検証

このフェーズでは、組織内でクラウド戦略を策定し、試験的に導入します。時間をかけてチームに導入し、チーム内のサポートを構築します。

6.3 データの移行

利用可能なストレージオプションを使用して、予算の範囲内で最も安全なオプションを見つけます。データに問題がないことを確認したら、データをクラウドに移行します。

6.4 アプリケーションの移行

アプリケーションの移行は、あなたの組織が適応する必要のある移行タイプを選択する必要があります。それは、すべてをクラウドサーバーに移行する戦略であったり、一部の機能をクラウドに移行し、他の機能は組織のサーバーに残すというハイブリッドアプローチであったりします。

6.5 クラウドを活用する

このフェーズでは、クラウドのフレームワークが提供するツールを使って、機能を自動的に拡張します。クラウドサーバーは高い弾力性と拡張性を備えており、組織にとってのメリットを最大化するために利用する必要があります。

6.6 最適化 

この段階では、利用可能なリソースを最適に活用するためにシステムを調整・最適化し、パフォーマンスを監視して異常を早期に発見し、クラウド移行が期待どおりに機能していない部分を再設計します。

7. クラウドコンピューティングに関するよくある質問(FAQ)

u003cstrongu003e7.1. クラウドコンピューティング技術はどのように管理されているのか?u003c/strongu003e

クラウドシステムを管理するのは、中央サーバーです。その目的は、トラフィックとクライアントの要求を管理し、すべてがスムーズに実行されるようにすることです。このサーバーは、プロトコルと呼ばれる一連のルールを追求し、ミドルウェアと呼ばれる特別な種類のソフトウェアを使用します。ミドルウェアは、ネットワークに接続されたコンピューター同士の通信を可能にします。

u003cstrongu003e7.2. クラウドコンピューティングの仕組みu003c/strongu003e

クラウドの仕組みを理解するには、フロントエンドとバックエンドの2つに分けて考えると分かりやすいでしょう。これらは、ネットワーク(通常はインターネット)を通じて互いに接続されています。フロントエンドは、コンピュータのユーザーやクライアントの側です。バックエンドは、システムの「クラウド」部分です。

u003cstrongu003e7.3. クラウドコンピューティングの種類u003c/strongu003e

クラウド・コンピューティングには様々な意味がありますが、クラウド・サービスには3つの主要なカテゴリーがあります。Microsoft 365などのSoftware as a Service(SaaS)、salesforce.comなどのPlatform as a Service(PaaS)、RackspaceなどのInfrastructure as a Service(IaaS)であり、聞いたことがあったり既に利用していたりするかもしれない。

8. 終わりに

企業がリスクを評価し、プラットフォームを正しく構成して、すべてを見渡せるようにしておけば、避けられない脅威が特定されたときに、リスクを迅速に特定・軽減して、ビジネスへの影響を大幅に軽減することができます。

クラウドへの移行を検討中で、リスクを軽減するために必要なセキュリティソリューションについて詳しく知りたい場合は、当社の専門家にご相談ください。

連絡先:sales@miichisoft.com

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月21日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る