クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発

Calendar
2023年9月26日
Calendar
1072

モバイルとコンピューターのテクノロジーが急速に進化する中で、アプリケーションの開発はますます多様化し、複雑化しています。これに伴い、開発者はさまざまなプラットフォーム(例: iOS、Android、Windows)に対応したアプリケーションを開発する必要があり、これが大きな課題となっています。そこで登場したのが「クロスプラットフォーム」という概念であり、有用なソリューションとなりました。この記事では、クロス プラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。 

1. クロスプラットフォームとは何か?

クロス プラットフォーム」とは、異なるオペレーティングシステム(OS)プラットフォーム上で実行できる、同じ仕様のアプリを開発する手法を指す用語です。これは、各プラットフォームごとに個別のアプリケーションバージョンを開発する代わりに、たった1つのコードベースを使用して、複数のアプリケーションプラットフォームでアプリを利用できるようにするアプローチです。簡単に言えば、1つのコードを書くことで、異なるOSやデバイスで動作するアプリケーションを作成できるため、開発者は時間と労力を大幅に節約できます。

それが、マルチプラットフォームが今日多くの開発者に使用されている理由です。さらに、適切なマルチプラットフォームームフレームワークを選択する必要があります。したがって、開発者はのマルチプラットフォーム開発を検討する際に、適切なフレームワークを選択するためにフレームワークの特性を熟知し、プロジェクト要件に合った最適な選択を行う必要があります。

2. クロス プラットフォームの3つのメリットとは?

クロス プラットフォームのメリット

2.1. 一度の開発で複数の環境に適応できる

React NativeやFlutterなどを活用することにより、開発プロセス全体での多くの共有できます。 具体的に言えば、基本的なデータベースへのアクセス、通信処理に関連するプログラム、データの操作に関わる部分など、多くの要素を共通のコードベースで管理できるため、開発者は異なるプラットフォーム向けにアプリを構築する際に、手間と時間を節約できるのです。

2.2. 開発工数、コストを削減できる

React NativeやFlutterなどを利用することで、ソースコードの共通化が実現できます。これにより、スマートフォンアプリをリリース後に発生するバグや不具合に対処する場合、1つのソースコードの修正で問題を解決できるケースが増えます。その結果、ネイティブ開発言語であるSwiftやKotlinと比較して、バグ修正の作業量が大幅に削減されます。

同様に、機能の改善や新機能の追加なども、ネイティブ開発言語と比較して稼働量を抑えることが可能です。このように、マルチプラットフォーム開発はアプリケーションの開発およびメンテナンスを迅速かつ効率的に行う手段として優れた選択肢となります。

2.3. 開発者の確保がしやすい

以前は、各々のオペレーティングシステムやネイティブ開発言語ごとに専門のエンジニアを確保する必要があり、それらの技術を習得するための時間とリソースが必要でした。しかし、React NativeやFlutterなどのマルチプラットフォームを採用することで、大部分のソースコードを1つの開発言語で構築できるようになり、エンジニアを確保するプロセスが容易になったと言えます。

このような変化により、マルチプラットフォーム開発はエンジニアリソースをより効果的に活用し、アプリケーションの開発プロセスを合理化する手段として価値を高めています。

3. クロス プラットフォームのデメリットとは?

3.1. OSに依存したバグ対応に追われることもある

先述の通り、クロス プラットフォームの最大のメリットは、1つの開発環境で複数のデバイスやプラットフォーム向けにアプリケーションを開発できることです。ただし、オペレーティングシステムに関連した問題やエラーが発生する場合があり、これらの問題を解決するには、各オペレーティングシステムに適した特定の開発言語の知識を持つが必要になります。

3.2. OSのバージョンアップが遅くなる

iOSやAndroidなどのOSアップデートがあると、アプリが適応している古い仕様に関しては最新OSではサポート対象外となる場合があります。つまり、iOSやAndroidのOSがアップデートされた場合、開発者は自身のアプリを最新のOSでも問題なく動作させるように対応しなければならない状況が生まれます。このため、アプリの開発において、最新OSへの対応は不可欠な要素となっています。

最新OSへのアップデートが迫ると、開発者は自社のアプリがどの程度で影響を受けるかを評価し、適切な対応策を検討する必要があります。一方、クロス マルチプラットフォーム開発では、最新OSに対応するためには、各マルチプラットフォーム提供者がそのOSに対応するのを待つ必要があります。一部のマルチプラットフォームはOSリリース直後に対応することがありますが、遅れて対応する場合もあるため、最新OSへの対応については配慮が必要です。

3.3. エラーの特定や解決がときどき不明確になる

マルチプラットフォーム開発には、エラーの特定や解決がときどき不明確になるというデメリットも存在します。各オペレーティングシステム(OS)は微妙に異なる動作や仕様を持っているため、エラーの特定が正確でない場合、そのエラーを修復するためにかかる時間が増加し、さらにはシステム内の他のオペレーティングシステムに影響を及ぼす可能性があることがございます。

その結果、特定のOSに関するエラーに対処するために、そのOSに精通したエンジニアが介入することが必要となることがあります。一部の場合では、共通のコードを修正するだけで問題を解決できるかもしれませんが、特定のOSに固有の問題に対処するために、そのOSに関する知識を持つエンジニアが介入するケースも発生します。また、複数のプラットフォームでアプリケーションを管理する際に、管理が煩雑になることも考えられます。

4. クロス プラットフォームの種類

4.1. ネイティブ型

ネイティブ型のマルチプラットフォーム開発は、OSプラットフォーム上の描画エンジンを活用するアプローチです。このタイプは、OSのネイティブなUI部分を直接操作する感覚で開発を行うことができ、そのため、開発者にとって扱いやすい特徴があります。さらに、他のマルチプラットフォームのタイプと比較して、高速な処理が可能であることも特徴の一つです。

ネイティブ型のマルチプラットフォーム開発は、オフライン環境でも操作可能なゲームアプリやヘルスケアアプリなど、高速かつネイティブなパフォーマンスが必要なアプリケーションの開発に特に適しています。このアプローチを選択することで、異なるプラットフォーム間で一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供することができます。

4.2. ハイブリッド型

クロス プラットフォームの種類のハイブリッド型の一つはWebViewです。WebViewは、モバイルオペレーティングシステム(OS)上で動作するソフトウェアコンポーネントで、WebページをOSの中でブラウザと同様に表示する機能を提供します。これにより、スマートフォンアプリ内でWebコンテンツを組み込むことが可能となり、このようなアプローチは一般的にハイブリッド型と呼ばれています。

WebViewを使用したソフトウェアは、OS上で動作し、Webページを表示するため、Web技術を駆使してアプリケーションを開発することが容易です。HTML、CSS、JavaScriptなどのWebテクノロジーを使用してアプリを構築できます。ただし、WebViewを活用するアプローチにはいくつかの制約も存在します。まず、一部の機能をWebに依存するため、処理速度がネイティブアプリと比較して遅くなることがあります。また、ネイティブアプリのように高度な機能を完全に実装することは難しい場合があります。

4.3. 独自レンダラ型

独自のレンダリングエンジンを使用するアプローチは、画面の描画を行うために独自のシステムを活用する方法です。この方法は、OSに依存せずにマルチプラットフォームの実現が可能で、主にゲーム開発などに適しています。このアプローチのメリットは、OSに関係なく動作することができることです。これは、異なるプラットフォーム上で一貫した体験を提供するために非常に有用です。特にゲーム開発では、高度な制御とパフォーマンスが求められるため、独自のレンダリングエンジンが重要な役割を果たします。

5. 代表的なマルチプラットフォームのフレームワーク

5.1. React Native

React Native クロス プラットフォーム

React Native(リアクトネイティブ)は、Facebook(現在のMeta社)が開発したオープンソースのフレームワークです。このフレームワークは、Webアプリケーションを構築するための「React」というフレームワークのコンセプトを受け継いでおり、JavaScriptを使用しています。React Nativeは、内部的にネイティブのレンダリングAPIを呼び出す仕組みを採用しており、その結果、ネイティブアプリと同様のユーザーインターフェース(UI)を提供できます。

React Nativeを使用する際、ネイティブ開発の経験がなくても、ReactやJavaScriptに慣れ親しんだ技術者にとっては参加しやすい環境です。これは、React NativeがWeb技術を活用しながら、マルチプラットフォームアプリケーションを開発できる手法を提供しているためです。React Nativeは、Meta社傘下のInstagramやFacebook、MicrosoftのSkypeなど、多くの大手企業に採用されており、その信頼性とパフォーマンスが実証されています。

更なるReact Nativeについて知りたい方は以下のリンクを参考してください: https://miichisoft.com/flutter-react-native-which-should-you-choose/

5.2. Flutter

Flutterは、Googleが開発したオープンソースのマルチプラットフォーム用フレームワークです。Flutterは、プログラミング言語としてGoogleが開発した「Dart」を採用しており、DartはJavaScriptの問題点を改善し、Web開発用の言語として2011年に開発されました。ただし、DartはWebアプリケーションだけでなく、サーバーやデスクトップ向けアプリケーションの開発にも使用できます。

Flutter クロス プラットフォーム

Flutterの特徴として、独自のUI型が挙げられます。この独自のUI型により、プラットフォームに依存しない共通のUIデザインを容易に作成できます。また、FlutterはAndroidとiOS用に標準で多くのUIセットを提供しており、開発者はこれらを活用することでUIの自由度が高まります。FlutterはウィジェットというUIコンポーネントを使用し、これを組み合わせてアプリケーションのインターフェースを構築します。これにより、一貫性のある高品質なユーザーエクスペリエンスを提供することが可能となっています。

Flutterは、マルチプラットフォームム開発を容易にし、一度のコードベースでAndroidとiOSのアプリケーションを開発できるため、多くの開発者に支持されています。

更なるReact Nativeについて知りたい方は以下のリンクを参考してください: https://miichisoft.com/flutter-react-native-which-should-you-choose/

5.3. Xamarin

Xamarin クロス プラットフォーム

Xamarin(ザマリン)は、Microsoftが提供するオープンソースのフレームワークであり、.NET Frameworkの環境を活用して、デバイスやOSに依存せずにさまざまなアプリケーションを構築できるツールです。

Xamarinは、Microsoftが開発したプログラミング言語である**C#**を使用して、ネイティブAPIの処理を記述できるため、ネイティブアプリとほぼ同等の機能を比較的容易に実装できます。

Xamarinは、多くのプロジェクトで使用されており、その一部には日本のNHK紅白歌合戦や新型コロナウイルス接触確認アプリ、さらにはNintendo Switch Onlineなどが含まれています。これらのプロジェクトは、Xamarinを使用することで、異なるプラットフォーム間でアプリケーションを共有し、効率的に開発できたため、Xamarinの強力さと柔軟性を示す良い例と言えます。

5.4. Unity

Unity(ユニティ)は、ゲーム開発に特化したプラットフォームで、Unity Technologiesが提供しています。このプラットフォームでは主要なプログラミング言語として「C#」が使用されており、ゲーム開発における多くの作業がこの言語をベースに行われます。元々はMac向けに開発されましたが、現在ではWindowsやiOS、Androidといったさまざまなプラットフォームに対応しており、さらにはNitendo SwitchやPlayStation4などのゲーム機器にも展開できます。

Unity クロス プラットフォーム

Unityの特徴の一つは、3Dグラフィックの描画やサウンド再生など、幅広いゲーム開発機能を提供していることです。また、開発者が独自に3Dモデルや音楽などを制作する際に、他のユーザーが作成したプログラムの部品や素材を購入できる「アセットストア」が用意されており、これにより開発効率が向上します。

さらに、UnityはVR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの最新技術を活用したコンテンツの開発にも適しています。このため、ポケモン Go、ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君、白猫プロジェクトなど、多くの人気ゲームがUnityを採用しています。Unityは、幅広いプラットフォームへの展開とリッチなゲーム体験の実現を支援し、ゲーム開発者やクリエイターにとって強力なツールとなっています。

6. まとめ

クロス プラットフォーム開発は、異なるプラットフォームでアプリを展開し、開発労力やコストを削減するための効果的な方法です。デバイスやオペレーティングシステム(OS)が異なる環境で動作するアプリケーションを開発する際、マルチプラットフォームは非常に有用な選択肢です。選択するツールやアプローチは、プロジェクトの要件や目標に合わせて適切に選定する必要があります。

Miichisoftは、2018年に設立されたテクノロジー企業で、マルチプラットフォーム開発の分野において一流のパイオニアの1つとして認知されています。当社は国際市場において堅固な地位を築き、高度なITの専門知識を持つ優れた人材を誇りにし、数多くのプロジェクトを成功に導いてまいりました。

クロス プラットフォーム開発に対する皆様のご興味に深い感謝の意を表します。Miichisoftはマルチプラットフォーム開発に関する無料相談を提供しており、どんなご質問やプロジェクトについてでもお気軽にお問い合わせいただけます。私たちの専門家チームがお手伝いし、最適なソリューションを見つけるお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年5月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る