FlutterとReact Native: アプリ開発にはどちらを選ぶべきか?

FlutterとReact Native:アプリ開発にはどちらを選ぶべきか?

Calendar
2023年8月3日
Calendar
2047

FlutterとReact Nativeは、アプリの開発に使用される2つの人気のあるフレームワークです。非常によく似たフレームワークなので、どちらを選ぶべきか迷う人が多いでしょう。以下の記事はFlutter とReact Nativeの概要・比較・お薦めのケースをご説明します。まず、Flutterと React Nativeの概要とメリット・デメリットについてお話します。

1. FlutterとReact Nativeの概要とメリット・デメリット

1.1. Flutter

Flutterは、Googleが開発したオープンソースのUIソフトウェア開発キット(SDK)です。Flutterは、iOS、Android、Web、デスクトップ、組み込みデバイスなど、複数のプラットフォーム向けにネイティブライクなUIを構築するための完全なフレームワークを提供します。

Flutterは、Dartを使用して開発するため、高速で動きます。また、ウィジェットを使用してUIを作成することができるため、すばやく簡単にカスタマイズが可能です。

Flutter

2018年2月にGoogle開発者のグループによってベータ版が開発、リリースされました。同年、7月には正式版がリリースされています。

まだ新しくて、歴史が浅いプログラミング言語であるが、成長中のFlutterのコミュニティが複数存在しています。Flutter 2.0は、開発者のフィードバックに応じて何百もの変更をしながら、成長しています。

Flutterを使用するメリット:

  • 素晴らしいUI
  • 独自のテスト機能と統合されています。
  • ウィジェットの多様化
  • アプリのほうが速い
  • 適切に構造化されたドキュメントと活発なコミュニティ

あなたが関心するかもしれません:Flutterのウイジェットの紹介

Flutterを使用するデメリット:

  • ネイティブではない
  • アプリのファイルサイズが大きい
  • ツールのセットが限られている

1.2. React Native

React Native」とは、Facebookが開発したオープンソースのネイティブアプリケーションフレームワークです。React Nativeはネイティブアプリを開発できることと、iOSとAndroidの両方で動作するために用いるクロスプラットフォームです。

React Nativeは、2013年にFacebookの内部プロジェクトとして開発され、2015年に正式にリリースされました。

React Native

React Nativeはモバイルウェブアプリではありません。React Nativeは、通常のiOSおよびAndroidアプリと同じ基本的なUIビルダーコンポーネントを使用します。つまり、Java、Kotlin、Swiftでビルドする代わりに、JavaScriptでビルドして、AndroidおよびIOSで同じコンポーネントを出力します。React Nativeはフラッターのウィジェットと同じコンポーネントを使用します。

React NativeはFlutterよりも古く、より大きなコミュニティを誇っています。 FacebookチームがAPIを安定させるだけでなく、根本的な問題の修正に集中するための十分な時間があったという事実は言うまでもありません。

React Native を使用するメリット:

  • 人気のあるJavaScript言語を使用して、大規模のアプリの開発に使われる
  • コードの再利用できて、単一のコードベースを使用して複数のプラットフォーム用のアプリを作成できる
  • 大規模で活発なコミュニティ

React Native を使用するデメリット:

  • ネイティではブない
  • UI は簡単に妨害される可能性
  • アプリのほうが遅い
  • 改革的なコンポーネントを提供しない
  • 限られた選択肢
  • 放棄されたライブラリとパッケージ
  • より大きなアプリを作成する

2. FlutterとReact Nativeの比較

 Flutterと React Nativeの比較をまとめて下の表にしました。

  比較する特徴FlutterReact Native
開発元GoogleFacebook
リリーズ2017年5月12日2015年5月26日
プログラミング言語Dart言語JavaScript(TypeScript)
インストールファイルサイズはより大きい、インストールプロセスはより複雑ファイルサイズはより小さい、プロセスはより簡潔
ウィジェット豊富なウィジェットとアニメーションOSのUIコンポーネントに依存する
パフォーマンスより速いより遅い
開発の体験ホットリロード機能はより速くて、よりいい開発体験を提供するホットリロード機能はより遅い
3Dサポートなしある
ツールより数が少ないより数が多い
ライブラリ豊富なウィジェットセットとライブラリを提供します。ライブラリの管理があまり良くない。
公式ドキュメント数がより少ないが、非常に質が高くて、丁寧に解説され、アレンジされる。初心者でも簡単に勉強できる。ドキュメントでの数がより多い。サードパーティのライブラリに大きく依存しているため、メンテナンスが不十分。
コミュニティより小さいより大きい
採用したアプリ例Google AdsXianyu(Alibabaのアプリ)Baidu(中国国内の最大の検索エンジン)Grabfood Merchant(グラブの経営管理パートナー)VinIDInstagramFacebook (1部はネイティブ言語での開発)SkypeTeslaDiscord (iOSのみ)

具体的は、Flutterと React Nativeを比較するときに以下のポイントを考慮すべきです:

  • プログラミング言語:Flutter とReact Nativeの決定的な違いとして最初に考慮しなければならないことはプログラミング言語であります。前者はDart言語、後者はJavaScript(TypeScript)を使っています。
  • インストール:Flutter をインストールするには、GitHub からバイナリをダウンロードし、システムの設定をする必要があります。 一方、React Native はより簡潔で、ターミナル上で 1 つのコマンドでNPMを使用してインストールされます。さらに、Flutterのファイルサイズがより大きいで、Flutterの開発者にとっては一つの問題です。
  • UI設計の仕組み:FlutterとReact Nativeでは、アプリケーションのUI設計の仕組みが多少異なる。Flutterの開発はウィジェットのみに基づいて構築されますが、React Native は OSのUIコンポーネントに依存します。Flutterは独自のウィジェットセットを使用するため、より高い互換性やプラットフォームを問わず一貫したUIを提供します。
  • パフォーマンス:異なるプログラム言語を使って、Flutterと React Native のパフォーマンスが違います。Dart言語を使うFlutterアプリは直接にネイティブコードにコンパイルされる一方で、Java Script 言語を使うReact Nativeアプリはブリッジを介して、コードにコンパイルできます。従って、Flutterのパフォーマンス、はReact Native より速いです。
  • 開発の体験:両方のフレームワークはホットリロードを提供していますが、Flutterのホットリロード機能はより速いと効率的と評価されており、よりいい開発体験を提供します。
  • 3Dサポート:Flutterは3Dのサポートをしません。一方、React Nativeの3Dサポートは高く評価されています。
  • コミュニティ:React Nativeには大規模で活発なコミュニティとエコシステムがあり、さまざまなライブラリやツールが利用できます。Flutterのエコシステムも急速に成長していますが、まだ規模の面について追いついていないです。ツールの数もより少ない。
  • ドキュメント:React Nativeのライブラリやツールの数に比べると、Flutterの場合はドキュメントの数がまだ追いついていないが、Flutterの公式ドキュメントでより丁寧に解説され、アレンジされています。React Native のドキュメントはサードパーティのライブラリに大きく依存しているため、メンテナンスが不十分です。

3.  Flutter とReact Native: どちらを選ぶべきか?

「Flutter と React Native はどちらが優れていますか?」この質問に対する答えはありません。どちらの方が良いかは、開発者の好みやプロジェクトの要件によって異なります。以下はFlutterと React Nativeをおすすめの人について説明します。

FlutterとReact Nativeのおすすめの人

3.1. Flutterをおすすめの人

Flutterは、まだ新しいDart言語をベースにしたフレームワークですが、アプリの質やメンテナンス性、汎用性などに優れており、この数年人気が高まっています。求人数も多い傾向なので、将来性を重視する方に特におすすめです。

Flutterがおすすめの人の特徴は下記の通りです

  • Webアプリも開発したい人
  • アプリの質を重視する人
  • リサーチのしやすさを重視する人
  • メンテナンス時間を短縮したい人
  • 将来性を重視する人

近年、Flutterは従来の古いフレームワークに比べて、より協力で、ダイナミックなフロントエンドフレームワークとして知られており、そこで、Flutterの開発時間・コストのトピックが注目を集めております。関心をお持ちの方には、リンクをクリックしFlutterアプリの開発時間・コストの参考資料をチェックしてください。

3.2.  React Nativeをおすすめの人

React Nativeは、プログラマーを目指す方であれば一度は耳にする、人気のJavaScript言語をベースにしたフレームワークです。

求人数は少ないが、扱える人材が少ないこともあるので、React Nativeの使用経験があるプログラマーは高い年収を得る傾向があります。

  • 大規模なアプリを開発したい人
  • Web開発からモバイル開発に転向したい人

4.  まとめ

Flutter とReact Nativeは、クロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発に使用される2つの人気のあるフレームワークです。Flutter とReact Nativeは非常によく似たフレームワークなので、どちらを選ぶべきか迷うことのある人が多いでしょう。Flutterと React Nativeの選択は、プロジェクトの要件、チームの専門知識、パフォーマンスのニーズ、ユーザーエクスペリエンスの要件など、さまざまな要素に基づいて行うべきです。それぞれのフレームワークの長所と短所を評価して、情報をもとに意思決定することをお薦めします。

Miichisoftはウエブやモバイルアプリ開発に強みがあるベトナムのテクノロジー会社であり、日本のお客様向けのクロスプラットフォームでの開発に数多くご支援してきました。私たちは、100万回以上のダウンロードと使用を誇るモバイルアプリプロジェクトをはじめ、計150以上のプロジェクトを開発してきました。クロスプラットフォームでの開発、モバイル開発に興味のある方は是非、ご連絡ください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年5月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る