オフショア開発

オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発

Calendar
2023年9月11日
Calendar
814

過去十数年間、ビジネスの競争力向上のためのITオフショア 開発傾向は急激に増加しています。しかし、この傾向に伴い、言語、文化、距離の課題が浮上しています。この状況下で、Miichisoftは、20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者による支援を得て、顧客のビジネスがIT オフショアを効果的に活用し、企業の競争力を向上させるためのプロフェッショナルなオフショア ITサービスを提供しております。

1. IT オフショア開発とは何か?

ITアウトソーシングは  「オフショア」・「ニアショア」・「オンショア」の3つの種類に分かれています。

IT業界における「オフショア」は、一定のタスクや開発プロジェクトを人件費の安い海外の企業に委託して実施することを指します。

更なるIT オフショアについて知りたい方は以下のリンクを参考してください:

オフショア 開発を検討から導入まで分かりやすく徹底解説【2023年版】

2  20年以上の経験を持つ日本人CTOとMiichisoftでIT オフショア 開発するの3つのメリット:なぜビジネス競争力を強化できるか?

日本における一般的な開発に比べ、オフショア開発は数々の有利な側面があり、それゆえに日本のIT企業のほぼ半数がこれを活用しています。以下に、オフショア 開発の代表的なメリットを説明します。

2.1. ITオフショア 開発のメリット

2.1.1. コスト削減の実現

オフショア 開発コスト削減の効果は広く認知され、その主要な利点は、人件費の効果的な節約と企業の導入にあります。特にアジア諸国は、日本企業との共同事業が豊富で、人件費が低く抑えられるという特徴があります。中国、インド、ベトナムなどは、特に人件費が半分程度とされるオフショア開発の主要地域となっています(表1)。

オフショア開発と国内開発のコスト比較表

表1. オフショア 開発と国内開発のコスト比較表

出典:日本のオフショア導入はトレンドになっている

2.1.2.  優れた人材の獲得

 開発の品質は人材のスキルに大きく依存します。そのため、優れた人材の獲得は成果の向上に不可欠です。オフショア 開発はこの点で優れたメリットを提供します。日本はITエンジニアの需要が増える一方で、人口減少が進行しており、従って、国内での人材確保は困難を極めています。オフショアを使えば、他国の優秀な人材に開発を委託できるため、効果的に人材不足を解消できるでしょう。

2.1.3. 柔軟な開発体制をつくれる

オフショア 開発はラボ開発にも適しています。開発チームを固定することになり、その分だけコストは上がりますが、もともと人件費が安いので支障はあまり生じません。契約期間中、優秀なメンバーを自社の要員として利用できるため、一度優れた開発チームを構築すると、最初の人件費が低いため、コストは上昇しますが、影響は限定的で、柔軟かつ節約的に開発を進めます。ラボ開発を利用すると、自社方針の理解とチームワークの向上も期待されことが多いです。

2.1.4. 海外の情報にいち早くアクセスできる

国内企業がオフショア会社の所在地への商品開発を計画する場合、ターゲット国の嗜好や市場動向を詳しく調査でき、迅速かつ最適なプロジェクト進行を行うオフショア 開発は、利点をもたらします。

2.2. 20年以上の経験を持つ日本人CTOとMiichisoftでのオフショア 開発の3つのメリット:なぜビジネス競争力を強化できるか?

 オフショア開発の3P

2.2.1. コスト面の競争力の強化(Price)

前述の通り、海外開発は技術者不足の克服とコスト削減の利点をもたらします。オフショア 開発の低コストは、企業が手頃な価格で製品やソフトウェアを提供し、市場における著しい競争力を生み出す要因となります。

AIなどの高度な技術開発においても、オフショア 開発が注目を集めています。高度な技術を開発する際に高額な費用がかかる可能性がある場合でも、オフショアを活用することで低コストでトライアルを行い、予算の制約に応じたアプローチとなることが考えられます。これにより、高額な国内の「近代技術開発」に代わる新たな展望が開かれ、ビジネスのコスト競争力が強化される可能性があります。

2.2.2. プロダクト面の競争力の強化(Product)

海外のITエンジニアは低コストで提供される傾向にあります。しかしながら、これは日本のITエンジニアと比較する際に限られ、オフショア会社の所在地の給与水準を考慮すると、異なるストーリーになります。低コストにもかかわらず、外国の技術者の高水準を維持しており、高いモチベーションとスキルを有する人材を確保できます。こうした要因により、新技術の開発やテストの機会が得られ、製品価格だけでなくプロジェクトの品質や技術の競争力にも寄与しています。

オフショア企業との協力において、テクノロジー専門家チームとの連携による利点だけでなく、日常的なSkypeミーティング、アジャイル・スクラム・ウォーターフォールモデル(Agile・Scrum・Waterfall)などのオフショア会社チームの専門的なプロセスを活用し、柔軟なリソース調整を行います。Miichisoftで日々のミーティングおよび週次の進捗ミーティングにより、オフショア 開発チームは共通の目標に向けてタスクの進行状況と品質を監視できます。チーム内および最終的な顧客のレビューを通じ、開発チームは効果的な品質管理を確保します。

2.2.3. プロセス面の競争力の強化(Process)

ビジネスにおいて、製品開発、製品の市場投入、および絶え間なく変化する商品市場への適応の迅速性は、競争力の向上において不可欠な要素であります。高品質な製品を短期間で開発し市場に導入する必要がある場合、オフショアが適切な選択となります。オフショア 開発は素早く実施可能であり、わずか1〜2か月で完全な商品を提供することができ、顧客への製品提供プロセスは迅速かつプロフェッショナルなものとなります。特に、ベトナムはわずか2時間の時差を活かし、効果的なコラボレーションの実現で注目されています。

迅速性にもかかわらず、製品の高水準を維持するため、Miichisofのチームは発注元企業と緊密な連携を図り、ビジネスおよび顧客体験(CX)の機能に関してコンサルティングを提供します。日本人CTOの20年にわたる経験に基づいて、お客様の本来の目的達成に向けた適切かつ価値あるアドバイスを顧客に提供します。

3. まとめ:オフショア成功の秘訣:Miichisoft Vietnamへ連絡

オフショア 開発は、エンジニア人材の不足に対処し、経費の削減をもたらす利点がある一方で、異なる慣習や文化との調和、言語の障壁などの課題が伴います。したがって、最も重要なポイントは、進捗管理の遅れや要件仕様の理解不足などの課題に対処可能なオフショア企業の選択です。

「オフショアはデメリットをしっかりカバーできる会社に任せよう!」

オフショア成功の秘訣:Miichisoft Vietnamへ連絡

Miichisoft Vietnamは、ベトナムの首都ハノイに拠点を置くソフトウェア・アプリ開発企業です。これまで日本企業のビジネスパートナーとして、多様な業種の開発案件を成功に導いてきました。同社のエンジニアのうち、80%以上はベトナム有数の理工系大学、具体的にはハノイ工科大学を卒業しており、案件の相談やプロジェクトの進行にも日本語で対応します。フロントを務めるのはMiichisoftの日本法人であり、対応役の営業やサポート役のSEも日本に長い期間住んだ経験のある方です。さらに、20年以上の経験を持つ日本人CTOの支援により、お客様の多様なプロジェクト要件と仕様に対する深い理解が確保されています。

日本は2025年の新たな局面に立ち向かう中、先端技術を有するエンジニアの不足が一層深刻化する見込みです。今後、企業はオフショアやグローバルな開発手法をますます一般化させていくことが考えられます。将来を見越して、早期からオフショア 開発に取り組む価値はあるでしょう。関心をお持ちの方は、すぐにお気軽にお問い合わせください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年5月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る