• Home
  • ブログ
  • 日本のオフショア導入はトレンドになっている

日本のオフショア導入はトレンドになっている

1. オフショアサービスを利用するニーズは世界と日本で増加しています。

  • IPA(Information-technology Promotion Agency)の調査によると現在日本企業の45.6%がオフショアサービスを導入しています。将来、より高くなると推測されています。
  • 2017年からアウトソーシングを利用する動向が広がり2021年から非常に人気です。2020年にオフショア市場規模は40億円になり2023年に2.5倍になると予測されています。
オフショア導入
2017年〜2023年の世界でオフショア市場規模(ドル)

* Source: Statista 2020 : https://www.cmcglobal.com.vn/trends/global-it-outsourcing-market-report-2021/

2. 日本のオフショア市場でベトナムが一位です。

2021年版のオフショア開発白書によるとベトナムはオフショア市場で人気になり、1位52%を占有しているということです。

Link: https://www.offshore-kaihatsu.com/news/articles/white-paper-2021/

3. なぜベトナムオフショアが人気なのか?

理由としては色々あります。

3.1. 人材不足を徹底的に解決できる

IT人材が足りない日本市場で採用せずにオフショアを利用して簡単に優秀な人材を集めることができます。ベトナムではIT人材が豊富です。毎年多数の若いIT人材が輩出されています。

3.2. コストを大幅に削減できる・50%以上

日本人10人のチームの規模と比較すると、オフショアの場合は日本人一人と外国人10人のチームに相当します。50%ぐらいコスト削減できます。チームサイズが大きければ大きいほど多くのコストを削減できます。

*出展:Miichisoftがまとめた。

3.3. ベトナムのIT人材の質はだんだん高まっています。

JLPT N3、N2を持っているIT人材が多いです。それに加え現在IT学部はトップの学部で大学入学試験での点数は一番高いです。ハノイ工科大学やFPT大学など一流大学出身者が多いので採用したいところも少なくないです。

3.4. テクノロジーやノウハウを活用でき。

インターネットが普及してベトナムの半分以上の人口の若者は最新テクノロジーの知識を身につけることができます。トレーニング時間やコストがなくても優秀な人材を確保できます。そのため様々なシステムを開発できます。

上記の特徴でオフショアがトレンドになっている理由を理解しやすいですね。

*** 現在、オフショア開発は人気になり、特にベトナムオフショアは1位となっています。

2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大を受け、日本企業におけるオフショア開発の位置づけにも大きな変化が見られました。

次のメールで日本のオフショア導入の詳細流れをご案内させていただきます。

もしより詳細な情報がご希望でしたらお気軽にご連絡くださいませ。

Miichisoftの役割はお客様が満足できるサービスを提供することです」

最近の記事