SaaSの特徴と将来性?IaaSとPaaSとの違いを解説

Calendar
2023年2月25日
Calendar
722

SaaS(Software as a Service)は、クラウド市場における企業の選択肢として最もよく利用されているものです。
その理由は?

インターネット接続とブラウザーさえあれば、簡単にアクセスでき、手を煩わせることがないからです。SaaSのモデルでは、ベンダーがすべての技術的な問題を管理する必要があるため、顧客は社内のIT専門家に頼る必要がありません。

本記事はSaaSについての定義、特徴、メリットと代表サービスをご紹介します。

1. SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)とは?

SaaSサービスは、サードパーティプロバイダーがクラウドインフラ上にアプリケーションを構築し、インターネット経由で顧客が利用できるようにするソフトウェア展開モデルです。

このため、従来のソフトウェアのようにローカルマシンにインストールするだけでなく、インターネット接続とウェブブラウザがあれば、どのデバイスからでもソフトウェアにアクセスすることができます。

顧客は、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義する3つの異なるモデルのいずれかでSaaSを展開することができます。

1.1. プライベートクラウド

クラウドソフトウェアは、複数の消費者からなる単一の組織が排他的に使用するためにプロビジョニングされたインフラ上に構築されています。このインフラは、組織、サードパーティ、またはその組み合わせによって所有、管理、運営され、敷地内または敷地外に存在することができます。

1.2. パブリッククラウド

クラウドソフトウェアは、一般利用者向けに提供されるインフラ上に構築されます。このインフラは、ベンチャー企業、学術機関、政府機関、またはその組み合わせによって所有、管理、運営されています。クラウド・プロバイダーの敷地内に存在します。

1.3. ハイブリッド・クラウド

クラウドソフトウェアは主に1種類のインフラ上に構築されるが、需要が高いときには別のインフラに切り替えることができます。標準化された技術または独自の技術により、データとアプリケーションのポータビリティが実現されています。

2. SaaSサービスのメリットと特徴

ソフトウェア開発者にとって、SaaSは経常的な収益モデルの聖杯であり、オンプレミス型ソフトウェアよりも迅速なデプロイメント時間を提供します。他のクラウドサービスと同様に、SaaSは、公正なSaaS価格モデルを活用しながら、中小企業に既存市場を破壊する機会を提供します。

2.1. SaaSサービスのメリット

・アクセシビリティ。24時間365日、あらゆるデバイスからインターネットブラウザ経由で実行可能
・運用管理。インストール、機器の更新、従来のライセンス管理は不要
・費用対効果 ハードウェアの初期費用が不要で、従量課金モデルなど柔軟な支払い方法が可能
・スケーラビリティ ニーズの変化に応じて、簡単にソリューションを拡張
・データの保存 データは日常的にクラウドに保存
・アナリティクス データレポートとインテリジェンスツールへのアクセス
・セキュリティの向上。SaaSプロバイダーは、セキュリティ技術や専門知識に多大な投資

2.2. SaaSソリューションは、様々なビジネス・シナリオにおいて有益です。

新興企業や中小企業は、自社でアプリケーションを構築したり、オンプレミスでアプリケーションをホストするための時間、資金、専門知識がない場合、SaaSが便利であることがわかります。

・大企業では、短期間のプロジェクトや年間を通じて必要とされないアプリケーションにSaaS技術を利用することができます。
・ウェブとモバイルの両方のアクセスが必要なアプリケーションを扱う場合、どのような企業でもSaaS技術の恩恵を受けることができます。
・SaaSの実装は、パブリック・クラウド経由でアクセスできるシンプルなアプリケーションの場合、かなり単純でセルフ・プロビジョニングが可能です。しかし、プライベート・クラウド用に設計されたSaaSソリューションでは、ベンダーによる実践的な設定とトレーニングが必要です。

3. SaaSサービスの課題

当然のことながら、SaaSを利用する一番の利点は、一番の課題でもあります。強力で信頼できる接続があれば、それは長所となります。もちろん、信頼できる接続がない場合は、デメリットになります。

ブロードバンドと5Gのような高速ネットワークがますます普及しているため、この問題は少なくなってきています。しかし、SaaSソリューションの導入を決定する前に検討すべきシナリオは他にもいくつかあります。

その他の課題としては、以下のようなものが考えられます。

・コントロールの喪失。ベンダーがすべてを管理するため、ベンダーの能力に依存することになる。
・カスタマイズの制限。ほとんどのSaaSアプリケーションでは、ベンダーによるカスタマイズはほとんどできません。
・スピードの低下:SaaSソリューションは、クライアント/サーバーアプリケーションよりもレイテンシーが大きい場合があります。
・セキュリティリスク。SaaSプロバイダーは、アプリケーション自体のセキュリティは確保しますが、機密データについては厳重な対策を講じる必要があります。

4. トップ6のSaaS企業とサービスの例をご紹介

4.1. Office 365

Office 365 は、Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションとサービスを統合したもので、最新の機能とセキュリティ・アップデートで毎月更新されます。

4.2. Google G Suite

Google G Suiteは、ほとんどの企業や組織が直面している生産性の問題に対するGoogleの回答です。電子メール、ワープロ、表計算、プレゼンテーション用デッキ、共有カレンダー、クラウド・ストレージなど、さまざまなソリューションを1つのツールで提供する。

4.3. Dropbox

Dropboxは、Windows、Mac、Linuxの各OSやモバイル端末で動作するクライアントを提供しており、ユーザーはデスクトップからブラウザにファイルをドラッグ&ドロップして、Dropboxにアップロードすることができます。

4.3. Salesforce

Salesforceは、企業と顧客を結びつけるCRMソリューションです。1つの統合CRMプラットフォームで、すべての部門がすべての顧客について1つの共有ビューを持つことができます。

4.5. SAP Concur

SAP Concurは、企業の出張予約と経費追跡を統合し、より良いユーザー体験、より正確なデータ、豊富なレポーティングを顧客に提供するものです。直感的な操作が可能なウェブベースおよびモバイルツールにより、ユーザーは経費報告書を迅速かつ正確に完成させることができます。

4.6. Zoom

Zoomは、クラウドビデオ会議、シンプルなオンラインミーティング、グループメッセージングを1つの使いやすいプラットフォームに統合しています。

5. SaaSとIaaSとPaaSの違いについて

ご存知のように、SaaS(Software as a Service)は、インターネットを通じてアプリケーションを利用できるようにするものです。SaaSを利用するために、お客様はご自身のデバイスにプログラムをインストールしたり、実行したりする必要はありません。

PaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションの作成とデプロイのためのフレームワークを提供する一方で、インフラ管理の必要性を排除しています。IaaS(Infrastructure as a Service)は、柔軟性と制御の利点を備えた、企業向けの従量課金制のインフラストラクチャを提供します。

3つのクラウド・コンピューティング・サービスの違いは、コントロールのレイヤーに集約されます。IaaSは、アプリケーション、データ、ランタイム、ミドルウェア、オペレーティングシステムをお客様が責任を持って管理できるため、最もコントロールしやすいサービスです。一方、PaaSのお客様はアプリケーションとデータのみを管理し、SaaSのお客様はソフトウェア内のデータのみに責任を負います。

SaaS PaaS IaaS違い
SaaS PaaS IaaS違い(ntt-east参考)

6. SaaS市場の規模と今後の将来性について

6.1. SaaSサービスの市場規模の推移

SaaS業界はITRの市場調査によると、2022年の国内SaaSの市場規模は690億円*と推計されました。パッケージ型の市場規模は790億円なので、その差100億円に迫る勢いまで成長しています。前年度比の成長率でみた場合は、2018年以降、毎年、前年度比120%~130%*で伸び続けています。

このグラフからは、SaaSの市場規模は今後も拡大していくであろうことがわかるでしょう。2019年には6,000億円の市場規模だったSaaS市場は、2021年にパッケージソフトと逆転すると予測されています。2024年には市場規模は約1兆1,200億円と、5年で2倍近く拡大されるといわれています。

SaaS、IaaS、オンプレミスの市場(2022年)
SaaS、IaaS、オンプレミスの市場(2022年)

6.2. SaaSの将来性

将来は、企業がその需要を満たすために新しいテクノロジーを設計・開発し、クラウド・コンピューティングの導入がさらに加速されることが予想されます。一部の企業は、モバイルデバイスに大きくフォーカスしたSaaS技術の復活を予測しています。また、物流、運輸、小売などの分野で人工知能(AI)がSaaS市場を席巻するというトレンドに注目する企業もある。

テクノロジーが進化し続ければ、SaaSモデルも進化します。しかし、既製品や既成のツールがビジネスにおいて常に存在することは事実です。全体として、SaaSはサプライヤーとユーザーの両方に利益をもたらす幅広い利点を提供します。企業は、現在および将来のニーズに合ったクラウド・コンピューティング・ソリューションを分析、評価、設計できる有能な IT プロフェッショナルを今後も必要とすることでしょう。

7. SaaSに関するよくある質問(FAQ)

SaaSとは?

SaaSは、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェアもしくはその提供形態のこと。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指す。

SaaSはPaaSとIaaSとの違いは?

SaaSはエンドユーザが利用するアプリケーションまで運用管理をし、PaaSは開発環境を提供する為のミドルウェア、サーバOSまでを運用管理、IaaSはハードウェアの保守管理を中心に行います。

なぜSaaSでは「MRR」が重要なのか?

MRRを計測すると、収益全体のうち何割が継続収入なのかがわかり、その推移により企業の中長期的な成長性や安定性が判断できます。 そのためMRRは、サブスクリプション型ビジネスなどで「成長率を知る重要な評価指標」として注目されています。

8. SaaS開発ならMiichisoftと一緒に

Miichisoftでは2018年からベトナムで設立し、2019年東京に拠点も作りました。その前にも10年以上IT業界でWebアプリケーション、モバイルアプリ、業務システムを開発した経験があります。
SaaSの進化と共に、日本の企業様と協力し、不動産業界、Eコマース、物流、E-Learning、建設業界などという業界を主にSaaSサービスとシステムを開発しています。

日本にいる弊社のITコンサルティングチームと、ベトナムにいる技術が高い開発チームと組み合わせして、PoC段階は勿論のこと、上流工程から下流工程、運用までのワンストップで協力させて頂いています。
今後SaaSサービスを検討しているならば、是非ともご相談くださいませ。
よろしくお願いいたします。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る