IaaSの特徴と将来性?PaaSとSaaSの違いを解説

Calendar
2023年2月25日
Calendar
1703

オンプレミスの IT インフラを維持することは、コストと労力の両面で大きな負担となる可能性があります。そのため、デジタル戦略を追求する企業では、IaaS(Infrastructure as a Service)としてのクラウドに対する顧客需要が加速度的に高まっています。

IaaSは、コンピューティング・リソースへのオンデマンド・アクセスを約束するものであり、画期的なサービスです。ここでは、クラウドコンピューティングにおけるIaaSについて、そのメリット、課題、事例をご紹介します。

1. IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)の定義とは

公式のIaaSの定義は以下の通りです。IaaS(Infrastructure as a Service)は、従来のオンプレミスデータセンターのインフラを置き換えるために、計算機、メモリ、ストレージ、ネットワーク、OSやデータベースなどの関連ソフトウェアをクラウドサービスとして提供する。

簡単に言うと、IaaSは基本的に仮想サーバーで、お客様はデータセンターを持つ他の会社からレンタルすることになります。基本的にIaaSは、アクセス対所有権を促進します。

このソリューションにより、エンドユーザーはカスタムメイドのアプリケーションや標準的なソフトウェアを柔軟にホスティングできるようになり、同時にストレージ用の一般的なデータセンターも提供されるようになります。

IaaSは、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義した3種類のサービスモデルのいずれかを導入することができる。

1.1. IaaSモデル:プライベートクラウド

インフラストラクチャーサービスは、単一の組織による排他的な使用のためにプロビジョニングされます。物理的なインフラは、その組織、サードパーティ、またはその組み合わせによって所有、管理、運営され、敷地内または敷地外に存在することができる。

1.2. IaaSモデル:パブリック・クラウド

複数の組織が利用できるようにインフラサービスがプロビジョニングされる(マルチテナントモデルとも呼ばれる)。物理インフラは、企業、学術機関、政府機関、またはその組み合わせによって所有、管理、運営される場合があります。クラウドプロバイダーの敷地内に存在する。

1.3. IaaSモデル:ハイブリッド・クラウド

アプリケーションや全体的なアーキテクチャに、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方を活用することを選択した企業。この2つのクラウドモデルはそれぞれ独自の存在ですが、データとアプリケーションのポータビリティを可能にする標準化された技術または独自の技術によって結びつけられています。

2. IaaSのメリットと特徴

IaaSは、スケーラビリティと迅速なプロビジョニングが鍵となるシナリオで、企業にとって有利なものです。つまり、急成長しているが、ハードウェアに投資する資金がない企業は、IaaSモデルの最適な候補となります。

また、アプリケーションのワークロードが安定しており、インフラ管理に伴う日常的な運用や保守の一部をオフロードしたい企業にとっても、IaaSは有益です。その他にも、以下のような利点があります。

・使用した分だけ支払う。使用量に応じた料金体系
・資本支出を削減する。IaaSは通常、毎月の運用費用として支払
・ダイナミックな拡張性。ピーク時の迅速な容量追加と必要に応じたスケールダウンが可能
・セキュリティの向上 IaaSプロバイダーは、セキュリティ技術や専門知識に多大な投資
・将来を見据えた運用 最先端のデータセンター、ハードウェア、オペレーティングシステムを利用可能
・セルフサービスによるプロビジョニング。インターネット接続による簡単なアクセス
・ITリソースの再割り当て。ITスタッフをより価値の高いプロジェクトに振り向けることが可能
・ダウンタイムの削減 IaaSは、障害からの即時復旧を可能
・スピードの向上。IaaSマシンのプロビジョニングが完了したら、開発者はプロジェクトを開始
・イノベーションの実現。新機能の追加とAPIの活用
・競争の場を均等に。中小企業が大企業と競争

3. IaaS市場の規模と今後の課題について

3.1. IaaS業界の市場規模

Gartnerは6月2日(米国時間)、2021年の世界IaaS市場調査の結果を発表した。それによると、市場規模は前年比41.4%増の909億ドル(約11兆8000億円)。トップ5は、アマゾン、マイクロソフト、アリババ、グーグル、ファーウェイの順となり、アマゾン、マイクロソフトの2社で市場全体の60.0%、トップ5で81.2%を占める結果となった。

Gartnerのアナリスト、シド・ナグ氏(Sid Nag、バイスプレジデント)は、「クラウドネイティブがワークロードの主要なアーキテクチャになるに伴い、IaaS市場は衰えることなく成長を続けている」とコメントしている。

IaaS業界の市場規模
IaaS業界の市場規模

3.2. IaaSの課題

IaaSを組織で利用することには多くの利点がありますが、同時に課題もあります。これらのハードルの中には、事前の準備で克服できるものもありますが、導入前にお客様が検討すべきリスクもあります。

課題としては、以下のようなものが考えられます。

・予期せぬコスト。月額費用がかさむ、ピーク時の使用量が予想以上に増えるなどプロセスの変更。IaaSの導入により、プロセスやワークフローの変更が必要になる可能性
・インベントリーの暴走。インスタンスをデプロイしても、削除されない可能性
・複雑な統合。既存システムとの連携
・セキュリティリスク。直接制御できなくなることで、新たな脆弱性が発生する可能性
・カスタマイズの制限。パブリッククラウドユーザーは、カスタマイズのためのコントロールや能力が制限される可能性
・ブロードバンドへの依存。インターネット接続の信頼性に左右
・紛らわしいSLA。サービス・レベル・アグリーメント(SLA)を理解規制の不確実性 連邦法および州法の改正により、特に国境を越えてIaaSを利用する業界に影響が及ぶ可能性
・ベンダーの統合。プロバイダーが買収されたり、廃業したりする可能性
・サードパーティの専門知識。成熟したサービスプロバイダー、ガイダンス、エコシステムのサポートが不足

4. トップ4のIaaS企業とサービスの例を紹介

4.1. IaaSの例:Microsoft Azure

Microsoft Azureは、Microsoftが作成したクラウドコンピューティングサービスで、Microsoftが管理するデータセンターを通じて、アプリケーションやサービスを構築、テスト、展開、管理することができます。

4.2. IaaSの例:Amazon Web Services

Amazon Web Servicesは、安全なクラウドサービスプラットフォームで、計算能力、データベースストレージ、コンテンツ配信、その他の機能を提供し、ビジネスの拡大と成長を支援します。

4.3. IaaSの例:Rackspace

Rackspaceは、プライベートおよびパブリッククラウドの展開を簡単に管理できるようにすることを目的としたマネージドクラウドコンピューティング企業です。同社は、AWS、Microsoft Azure、OpenStackなどのクラウドプラットフォームに関する専門知識を提供する、マネージドクラウドプロバイダーとしては最大手です。

4.4. IaaSの例:Google Compute Engine

Google Compute Engineは、Googleが提供するIaaSの仮想マシンです。サーバーハードウェアの取得や管理の代わりに、クラウド上の強力な仮想マシンをサーバーリソースとして利用できるようにするものです。

5. IaaSとPaaSとSaaSの違いを解説

IaaS(Infrastructure as a Service)は、最も一般的な3つのクラウド・コンピューティング・サービスの1つです。IaaSは、多くの場合、サービス、ストレージ、ネットワーキング、仮想化などを含む従量課金制のサービスである。しかし、IaaSはその仲間のサービスモデルと比較してどうなのでしょうか。

PaaS(Platform as a Service)は、IaaSプラットフォームの上に構築されたハードウェアとソフトウェア・ツールで構成されています。PaaSは、IaaSプラットフォームの上に構築されたハードウェアとソフトウェアツールで構成され、システム管理の必要性を低減し、エンドユーザーがインフラ管理の代わりにアプリケーション開発に集中できるようにする。

一方、SaaS(Software as a Service)は、インターネット上でサードパーティ経由で利用可能な、すぐに使えるソフトウェアです。最近のSaaSアプリケーションの多くは、IaaSやPaaSのプラットフォーム上に構築されています。

IaaS PaaS SaaS 違い
IaaSとPaaSとSaaSの違い

IaaSと並行して、より新しいクラウドモデルがこの領域に参入していることは驚くことではありません。コンテナやサーバーレスアーキテクチャは、アプリケーションの運用方法に新たな選択肢を提供するサービスモデルである。現時点では、シンプルなIaaSソリューションが最も成熟した選択肢であり続けているが、トレンドウォッチャーは、新しいテクノロジーとしてコンテナとサーバーレスアーキテクチャに注目している。

IaaSプロバイダーが提供するサービスの範囲は膨大で、常に進化していますが、クラウドサービスプロバイダーを選択する前に、常にビジネスのニーズを評価し、優先順位をつけておく必要があります。企業には、現在および将来のニーズに合ったクラウドコンピューティングソリューションを分析、評価、設計する能力を持つ有能なITプロフェッショナルが必要です。

6. IaaSに関するよくある質問(FAQ)

IaaSとは?

IaaSは、インターネットを利用したコンピュータの利用形態である。IaaSでは、コンピュータシステムを構築および稼動させるための基盤そのものを、インターネット経由のサービスとして提供する。

クラウドサービスではAWSやAzureを使う場合が多いようですが?

Gartnerは2021年の世界IaaS市場調査結果によると、アマゾン、マイクロソフトの2社で市場全体の60.0%、アマゾン、マイクロソフト、アリババ、グーグル、ファーウェイのTOP5で81.2%を占める結果となった。

IaaSはSaaSとPaaSとの違いは?

SaaSはエンドユーザが利用するアプリケーションまで運用管理をし、PaaSは開発環境を提供する為のミドルウェア、サーバOSまでを運用管理、IaaSはハードウェアの保守管理を中心に行います。

7. 終わりに

IaaSは、ワークロードの高速化、容易化、柔軟化、コスト効率化など、企業にとって多くのメリットをもたらす可能性があります。

テクノロジーが進化し続ければ、IaaSモデルも進化します。全体として、IaaSはサプライヤーとユーザーの両方に利益をもたらす幅広い利点を提供します。企業は、現在および将来のニーズに合ったクラウド・コンピューティング・ソリューションを分析、評価、設計できる有能な IT プロフェッショナルを今後も必要とすることでしょう。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る