• Home
  • ブログ
  • 分散型自律組織(DAO)とは? 特徴と運用法と事例を紹介

分散型自律組織(DAO)とは? 特徴と運用法と事例を紹介

分散型自律組織(DAO)とは何か?どんな特徴、長所と短所は勿論のこと、運用法と事例を分かりやすく解説致します。

分散型自律組織 (DAO) とは何か?

分散型自律組織 (DAO) は、英語:Decentralized Autonomous Organization、中央のリーダーシップを持たないエンティティです。意思決定はボトムアップで行われ、ブロックチェーン技術に適用される特定のルールセットを中心に組織されたコミュニティによって管理されます。

DAOは、メンバーによって集合的に所有および管理されるインターネットネイティブの組織です。彼らには、メンバーの承認を得てのみアクセスできる組み込みの宝物があります。決定は、指定された期間中にグループが投票する提案によって行われます。

DAOは階層管理なしで機能し、多数の目的を持つことができます。契約がソフトウェアのサブスクリプションの支払いのために資金をプールするフリーランサー ネットワーク、メンバーが寄付を承認する慈善団体、およびグループが所有するベンチャー キャピタル企業はすべて、これらの組織で可能です。

先に進む前に、インターネットネイティブな組織である DAOと、これまでに作成された最初の組織の1つであるDAOを区別することが重要です。DAOは 2016年に設立されたプロジェクトで、最終的には失敗し、イーサリアムネットワークの劇的な分裂につながりました。

参考:Web 3.0 とは?ブロックチェーンに基づく次世代ネットワーク
参考:Web 1.0、Web 2.0とWeb 3.0の特徴と違いを解説

(運用法)DAOはどのように機能するか?

前述のように、DAOはボトムアップで意思決定を行う組織です。メンバーの集団が組織を所有しています。DAOに参加するにはさまざまな方法がありますが、通常はトークンの所有を通じて行われます。

DAOスマートコントラクトを使用して動作します。スマートコントラクトは基本的に一連の基準が満たされたときに自動的に実行されるコードの塊です。スマートコントラクトは、今日では多数のブロックチェーンに展開されていますが、最初に使用したのは イーサリアムでした。

これらのスマートコントラクトは、DAOのルールを確立します。その後、DAOに出資する人は議決権を取得し、新しいガバナンス案を決定または作成することで、組織の運営方法に影響を与える可能性があります。

参考:スマートコントラクトの市場需要、特徴と開発流れを解説

このモデルは、DAOが提案でスパムされるのを防ぎます。提案は、利害関係者の過半数が承認した場合にのみ通過します。 その過半数がどのように決定されるかは、DAOによって異なり、スマートコントラクトで指定されます。

分散型自律組織 DAOは完全に自律的で透過的です。オープンソースのブロックチェーン上に構築されているため、誰でもコードを表示できます。ブロックチェーンはすべての金融取引を記録するため、誰でも組み込みの財務を監査できます。

通常、DAOの起動は3つの主要な手順で行う

① スマートコントラクトの作成:まず、開発者または開発者のグループが、DAOの背後でスマートコントラクトを作成する必要があります。ローンチ後は、ガバナンスシステムを通じて、これらの契約によって設定されたルールのみを変更できます。つまり、重要な詳細を見落とさないように、契約を広範囲にテストする必要があります。

② 資金調達:スマートコントラクトが作成された後、DAOは資金を受け取る方法とガバナンスを制定する方法を決定する必要があります。多くの場合、トークンは資金調達のために販売されます。これらのトークンは保有者に議決権を与えます。

③ 展開:すべての設定が完了したら、DAOをブロックチェーンに展開する必要があります。この時点から、利害関係者は組織の将来を決定します。組織の作成者 (スマートコントラクトを作成した人) は、他の利害関係者よりもプロジェクトに影響を与えなくなりました。

Web3.0でなぜDAOが必要なのか?

分散型自律組織(DAO)はインターネットネイティブな組織であるため、従来の組織よりもいくつかの利点があります。DAOの重要なメリットの1つは、2つの当事者間で必要な信頼がないことです。

従来の組織では、特に投資家に代わってその背後にいる人々に多くの信頼を必要としますが、DAOではコードだけが信頼される必要があります。

コードは公開されており、ローンチ前に広範囲にテストできるため、そのコードを信頼する方が簡単です。ローンチ後にDAOが実行するすべてのアクションは、コミュニティによって承認される必要があり、完全に透明で検証可能です。

このような組織には、階層構造はありません。それでも、ネイティブトークンを介して利害関係者によって制御されている間でも、タスクを達成し、成長することができます。ヒエラルキーが存在しないということは、どの利害関係者も、グループ全体が検討して改善する革新的なアイデアを提案できることを意味します。

内部紛争は、多くの場合、スマートコントラクトで事前に作成されたルールに従って、投票システムを通じて簡単に解決されます。投資家が資金をプールできるようにすることで、DAO は初期段階のスタートアップや分散型プロジェクトに投資する機会を与え、リスクや利益を共有します。

プリンシパルとエージェントのジレンマ

DAOの主な利点は、プリンシパルとエージェントのジレンマに対するソリューションを提供することです。このジレンマは、個人またはグループ (プリンシパル) と、意思決定を行い、彼らに代わって行動する人々 (エージェント) の間の優先順位の競合です。

状況によっては問題が発生する可能性があり、一般的な問題は利害関係者とCEOとの関係にあります。エージェント (CEO) は、プリンシパル (利害関係者) によって決定された優先順位と目標に沿っていない方法で働き、代わりに自分の利益のために行動する可能性があります。

プリンシパルとエージェントのジレンマのもう1つの典型的な例は、プリンシパルが負担するためにエージェントが過度のリスクを負う場合です。たとえば、トレーダーは、組織がマイナス面をカバーすることを知っているため、極端なレバレッジを使用してパフォーマンス ボーナスを追求できます。

DAOは、コミュニティガバナンスを通じてプリンシパルとエージェントのジレンマを解決します。利害関係者は、DAOへの参加を強制されることはなく、それを管理する規則を理解した後にのみ参加します。 自分に代わって行動するエージェントを信頼する必要はなく、代わりにインセンティブが一致するグループの一員として働きます。

トークン所有者の利益は、DAOの性質が彼らに悪意を持たないように動機付けているため、一致しています。 彼らはネットワークに関与しているので、ネットワークが成功することを望んでいます。 それに対して行動することは、彼らの私利私欲に反することになります。

DAO(分散型自律組織)の成り立ち、誕生のきっかけ

「DAO」は、現代の分散型自律組織の初期の反復でした(The DAOという)。 2016年に立ち上げられ、ベンチャーキャピタルファンドの形で機能する自動化された組織になるように設計されました。

DAOトークンを所有している人は、配当を得るか、トークンの価格上昇の恩恵を受けることで、組織の投資から利益を得られます。DAOは当初、革新的なプロジェクトと見なされ、イーサ (ETH) で1億5000万ドルを調達しました。これは、当時の最大のクラウドファンディングの取り組みの1つです。

DAOは、イーサリアムプロトコルエンジニアのクリストフ ジェンツシュがイーサリアム ベースの投資組織向けにオープンソース コードをリリースした後、2016年4月30日に開始されました。投資家は、イーサをスマートコントラクトに移行することで、DAO トークンを購入しました。

トークン販売の数日後、一部の開発者は、DAO のスマートコントラクトのバグにより、悪意のあるアクターが資金を流出させる可能性があるという懸念を表明しました。バグを修正するためのガバナンスの提案が示されましたが、攻撃者はそれを利用して、DAO のウォレットから6,000万ドル相当の ETH を吸い上げました。

当時、流通しているETHの約14%が DAOに投資されていました。このハッキングは、DAO全般と、当時1年前のイーサリアムネットワークに大きな打撃を与えました。イーサリアムコミュニティ内での議論が続き、誰もが何をすべきかを突き止めました。イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は当初、攻撃者のアドレスをブラックリストに載せて資金の移動を阻止するソフトフォークを提案した。

攻撃者またはそのふりをした人物は、その提案に応答し、スマート コントラクトのルールに従って「合法的な」方法で資金を取得したと主張しました。彼らは、資金を押収しようとした人に対して法的措置を取る準備ができていると主張した。

ハッカーは、盗んだ資金の一部で ETHマイナーに賄賂を渡して、ソフト フォークの試みを阻止するとさえ脅しました。 その後の議論で、ハードフォークが解決策であると決定されました。

このハードフォークは、イーサリアムネットワークの履歴をDAOがハッキングされる前にロールバックし、盗まれた資金をスマート コントラクトに再割り当てして、投資家が資金を引き出すことができるようにするために実装されました。この動きに反対する人々は、ハード フォークを拒否し、イーサリアム クラシック (ETC) として知られる以前のバージョンのネットワークをサポートしました。

分散型自律組織(DAO)のデメリット

分散型の自律組織は完璧ではありません。それは、合法性、セキュリティ、および構造に関する懸念が長引いているため、多くの批判を集めている非常に新しい技術です。

たとえば、MIT Technology Review は、重要な財務上の決定について大衆を信頼するのは悪い考えだと考えていることを明らかにしました。MITは 2016年に考えを共有しましたが、組織は DAO に対する考えを決して変えていないようです。 少なくとも公には。

スマートコントラクトの欠陥は、発見された後でも修正するのが難しい場合があるため、DAO のハッキングはセキュリティ上の懸念も引き起こしました。

DAOは複数の法域に分散できますが、法的枠組みはありません。発生する可能性のある法的問題は、関係者が複雑な法廷闘争で多数の地域法に対処することを必要とする可能性があります。

たとえば、2017年7月、米国証券取引委員会は、DAOイーサリアムブロックチェーン上で証券をトークンの形で無許可で販売し、米国の証券法の一部に違反していると判断した報告書を発行しました。

DAOについての例

分散型の自律組織は、ここ数年で勢いを増し、現在では多くのブロックチェーン プロジェクトに完全に組み込まれています。 たとえば、分散型金融 (DeFi) スペースでは、DAO を使用してアプリケーションを完全に分散化できます。

参考:有望なDeFiのサービスと開発流れを解説

一部の人にとって、仮想通貨ビットコイン (BTC) ネットワークは、存在するDAOの最も初期の例です。ほとんどのネットワーク参加者はお互いに会ったことがありませんが、ネットワークはコミュニティの合意によってスケーリングされます。また、組織化されたガバナンスメカニズムも持たず、代わりにマイナーとノードが支持を表明する必要があります。

ただし、ビットコインは今日の基準ではDAOとは見なされていません。プロジェクトには利害関係者がその財務の使用について投票できるガバナンスメカニズムがあるため、現在の措置では、Dashは最初の真のDAOになります。

イーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型ネットワークを含むその他のより高度な DAO は、暗号通貨に裏打ちされたステーブルコインの立ち上げを担当しています。 場合によっては、最初にこれらのDAOを立ち上げた組織が、プロジェクトの管理権をゆっくりと手放し、ある日、関係がなくなることがあります。

トークン所有者は、新しい貢献者を雇ったり、コインの担保として新しいトークンを追加したり、他のパラメーターを調整したりするためのガバナンス提案に積極的に投票できます。

2020年には、DeFiレンディングプロトコルが独自のガバナンストークンを立ち上げ、流動性マイニング プロセスを通じて配布しました。基本的に、プロトコルを操作した人は誰でも報酬としてトークンを受け取ります。その後、他のプロジェクトがモデルを複製し、適応させてきました。

現在、DAOのリストは膨大です。時間が経つにつれて、それは注目を集めている明確な概念になりました。一部のプロジェクトは、DAO モデルを通じて完全な分散化を達成しようとしていますが、まだ数年しか経っておらず、最終的な目標と目的を達成していないことを指摘する価値があります。

DAOは、インターネットネイティブな組織として、コーポレートガバナンスの仕組みを完全に変える可能性を秘めています。概念が成熟し、彼らが活動する法的な灰色の領域がクリアされると、ますます多くの組織が、活動の一部を管理するために DAOモデルを採用する可能性があります。

DAOに関するよくある質問

DAOは誰でも作れる?

インターネットに接続できる環境さえあれば、誰でもブロックチェーン上にDAOを作れるのです。ただしDAOを作ったからといって、多くの人々に参加してもらえたり、資金を集めたりできるとは限りません。

DAOの目的は何ですか?

DAOは、多くの企業の従来の管理構造を改善することを目的としています。

DAO は、エンティティの方向性を導くために1人の個人または少数の個人の集まりを評価する代わりに、すべてのメンバーに発言、投票、およびイニシアチブを提案する機会を与えることを意図しています。DAO はまた、ブロックチェーン技術上のコードによって指示される厳格なガバナンスを持つよう努めています。

DAOはどのようにお金を稼ぐのですか?

DAOは、最初に法定通貨をネイティブトークンと交換することで資金を調達します。このネイティブ トークンは、メンバー全体の投票力と所有割合を表します。DAOが成功すると、ネイティブトークンの値が増加します。

その後、DAOは、より多くの資本を調達するために、より大きな価値で将来のトークンを発行できます。 メンバーがそのような措置を承認することを決定した場合、DAOは資産に投資することもできます。たとえば、DAOは企業、NFT、またはその他のトークンを取得できます。 これらの資産の価値が上昇すると、DAOの価値が上昇します。

参照:cointelegraph(What is a decentralized autonomous organization, and how does a DAO work?)

関連記事