プロダクトロードマップは避けるべき11つの落とし穴

Calendar
2023年2月8日
Calendar
805

プロダクトロードマップの役割は、プロダクトの高レベルの目標と計画を伝えながら、プロダクトのビジョンと方向性を時間の経過とともに示す簡潔で視覚的な要約を提供することです。

優れたプロダクトロードマップは、成功と失敗の分かれ目になる可能性があります。ロードマップは、プロダクトビジョンへの全体的なアプローチに影響を与え、顧客ベースを最大化するための戦略を特定できます。実際、優れたロードマップは、市場の存続可能性と明確なプロダクトビジョンを示すことができるため、幹部を説得してプロダクトにゴーサインを出す力さえあります。

プロダクトロードマップをまとめるとき、避けなければならない落とし穴がたくさんあります。 残念なことに、一部のプロダクトロードマップでは、誤りが製品に損害を与え、場合によっては失敗につながることさえあります。
以下に、プロダクトロードマップを設計する際に避けるべき11つのよくある間違いを共有します。これらのヒントは、プロダクト管理、プロダクト戦略、およびプロダクト開発プロセスに携わるすべての人に役立つはずです。

参考:PoCとは?5つのStepでソフトウェア開発を成功させるコツを解説

1. 作成したロードマップが固定されている

プロダクトロードマップは作成後に固定或いは凍結するべきではありません。それは、私たちがアイデアを出し、定義し、作成し、伝達し、すべてにチェックを入れてから忘れるタイプのドキュメントではありません。継続的に見直していくことが重要です。

多くの場合、企業が年初にロードマップに取り組んでいて、数か月後にはそれを忘れているのを目にします。彼らは何の変更も加えないため、設計および開発プロセス中にプロダクトが進化するにつれて問題が発生します。

プロダクトロードマップは、プロダクトの戦略的予測であり、現在の現実とミクロおよびマクロシステムを反映する必要があります。少なくとも四半期に1回は見直すことをお勧めします。これにより、現在の目標に関連し、今後のイベントや変更を視覚化できるプロダクトロードマップを作成できる可能性が最も高くなります。

2. ソリューションではなく機能に焦点を当てる

プロダクトにより多くの機能を開発することは必ず成功すると繋がるわけではありません。問題を解決する時こそ、プロダクトは成功します。機能ではなくソリューションについて考える必要があります。これにより、プロダクトロードマップに焦点が当てられます。

ソリューションよりも機能に集中しすぎると、プロダクトの明確な目標が見えなくなる可能性があります。同様に、ソリューションの作成に取り組む前に機能に優先順位を付けると、関連する顧客のニーズに対応する可能性が低くなります。

ベストプラクティスは、目的を考慮し、それに応じてロードマップを設計することです。

・このプロダクトの目標は何ですか?

・私たちのプロダクトはどのような問題を解決しますか?

・このプロダクトはこれらの問題をどのように解決していますか?

プロダクトロードマップでこの種の質問をしている場合は、正しい方向に進んでいます。

3. あまりにも多くの詳細を含める

ロードマップは、ハイレベルで戦略的なドキュメントになるように設計されています。 プロダクトチームのビジョンを反映し、クロスファンクショナル チームが取り組むことができるテーマに変換する必要があります。

最も一般的な間違いの1つは、プロダクトロードマップに詳細を含めすぎることです。多くのマネージャーは、具体的になりすぎて、計画された機能開発、推定タイムライン、およびリソースに関するすべての詳細をプロダクトロードマップに入れるという過ちを犯しています。 これらの詳細は重要ですが、プロダクトロードマップに含めるべきではありません。

ベストプラクティスは、シンプルで戦略的なものにすることです。プロダクトロードマップは、ガイドと視覚化に使用すると効果的なツールです。プロセスのあらゆる段階で無限の詳細に行き詰まると、効果が低下します。首尾一貫した戦略的ビジョンが必要な場合は、プロダクトロードマップをシンプルに保ちます。

4. エピックとユーザーストーリーを含む

最良のロードマップとは、短期間でプロダクトや機能に何が起こるかの全体像を提供するものです。残念なことに、多くのマネージャーはロードマップの主な目的を見て、詳細な叙事詩や、時にはユーザーストーリーをロードマップに含め始めました。

これをしないでください!プロダクトのビジョンを作成したい場合は、確かなデータと明確な戦略的思考に焦点を当てる必要があります。ユーザーストーリーを含めると、プロダクトロードマップの明確さと簡潔さが低下します。読むのが難しくなり、高レベルのビジョンが関係のない詳細に埋もれてしまいます。

最善のアプローチは、これらのエピックとユーザーストーリーをバックログに入れることです。ほとんどの場合、それらはロードマップ プレゼンテーションの目的に適合しません。ただし、ユーザー ストーリーとエピックは、ロードマップ外のデータの非常に有用なポイントになります。

戦略的ビジョンを構築しようとするときは、優先順位を明確にすることが重要です。この段階では、エピックとユーザーストーリーは優先事項ではないため、含めるべきではありません。

5. 内なる声に基づいて賭けをする

将来の計画を立てるときは、本能や感覚だけに頼らないでください。代わりに、確かなデータを収集してください。意思決定と優先事項の背後に何らかの正当性を持たせたい場合は、定性的データと定量的データの両方が必要になります。

これは、戦術的な詳細を正しく把握するのに役立ち、非現実的な期待を設定するのを避けるのに役立ちます。この方法でデータを収集すると、利害関係者の管理にも役立ちます。

希望的観測は、ビジネスにおいて決して最良の戦略ではありません。直感だけに頼るのを避けるために、プロダクトマネージャープロダクトロードマップを戦略的なツールと見なし、ロードマップ全体を関連情報で分類できるようにする必要があります。

ユーザー、市場、競合について常に考えてください。ビジネスの観点から実行可能な場合は、大胆な決定を下すことを恐れないでください。大まかな計画の作成にはある程度の直感が必要ですが、最初のプロダクトロードマップのビジョンを最終決定する前に、データと詳細を理解することが重要です。

6. 優先順位をつけず、優先順位を付ける方法を知らない

「バックログは無限である」という古いことわざをご存知でしょう。ロードマップで同じ問題を抱えたくありません。多くの場合、それは問題の優先順位付けではありません。 プロダクトロードマップを設計する際によくある間違いは、マップ全体で優先順位を付けず、各段階に同じレベルの重要性を与えることです。

何を含め、何を削除するかを知る必要があります。また、プロダクトのバックログ内でどの要素に焦点を当てる必要があるかを知る必要があります。

たとえば、ソリューションの概要と機能の概要を含めたい場合は、プロダクトロードマップが関連するユーザーのニーズに確実に対応できるように、機能よりもソリューションを優先するのが最善です。

最善のアプローチは、ユーザーと利害関係者からのリクエストの数を制限することです。 あまりにも多くの要素でロードマップが混雑していないことを確認してください。優先順位付けの手法を使用し、プロダクトのビジョンを策定する際に優先順位付けの基準が大きく変化しないようにします。

7. 自分の決定を擁護する準備ができていない

完全で現実的なロードマップの開発には、多くのコラボレーションが必要です。いくつかの時点で、相反する視点に対処しなければならず、戦略的ビジョンが開発プロセスに関与する他の人から異議を唱えられる可能性があります。これが起こっている間、生産的でプロダクト戦略に関する建設的な議論につながる方法で、あなたの決定を弁護する準備ができていることが重要です。

利害関係者は新しいアイデアを投入し、決定に異議を唱え、プロダクトロードマップの優先順位に影響を与えます。 それは正常です。そのための準備を積極的に行う必要があります。 データ指向の証拠を使用して、意思決定を弁護する準備を常に整えてください。同様に、利害関係者が変更を求めている場合は、データの証拠を求める準備をしてください。

主要な利害関係者やチーム内でこれらの建設的な関係を構築すると、全体的なビジョンを反映したプロダクトロードマップを作成しやすくなります。これは、プロダクトロードマップを実用的な戦略ツールにしたい場合に不可欠です。

8. 協力的ではない

自分の決定を擁護するだけでなく、プロセス全体を通して進んで協力する必要があります。 プロダクトロードマップを作成する際の最も一般的な間違いの 1 つは、チームを無視することです。 プロダクトロードマップの開発は、常にチームの努力です。これは、可能な限り最高のプロダクトを開発するのに役立つ学際的なツールです。

ロードマップはサイロを壊すためのツールであり、皮肉なことに、ロードマップを作成している間、私たちはサイロで作業することがよくあります。共同作業のプロセスを忘れてしまうことがよくあります。これにより、新鮮で価値のある洞察が得られなくなり、他の部門の有効性が最小限に抑えられます。

この間違いを避けるには、他の部門 (特に営業、マーケティング、営業サポート、技術) の主要な利害関係者と選択した関係者を協力プロセスに招待します。大勢にする必要はありません。

各部門から 1〜 2 人に尋ねて (会社の規模によっては、より多くの人員が必要になる場合もありますが、常に最小限に抑えるようにしてください)、彼らが効果的に作業できるスペースを確保してください。

9. 会社の目標に矛盾する

プロダクトロードマップが会社の戦略的ハイレベルビジョンと一致していない場合、それは必ず失敗します。 この種の矛盾を回避し、常にロードマップを調整して高レベルの計画を満たす必要があります。

たとえば、会社が市場シェアを獲得するために積極的な成長と大胆な動きを計画している場合は、プロダクトロードマップに小さな段階的な変更を含めないでください。

代わりに、組織の全体像に対応し、会社の成長に対応できるプロダクトマップを作成してください。

10. プロダクト戦略なしの運営

プロダクトロードマップは、プロダクト的なビジュアルツールです。 強力な製品戦略もあれば、ロードマップの潜在的な効用が最大化されます。プロダクト戦略がなければ、ロードマップ計画ツールは曖昧で方向性がなくなります。すべてをまとめるのに役立つ最優先の製品戦略がなければ、ロードマップを使用してプロダクトのビジョンを策定することは困難です。

有効な製品戦略がない場合は、プロダクトロードマップの作成を延期してください。戦略はプロダクトロードマップよりも優れた要素であるため、ロードマップの視覚化を開始する前に戦略を設定してください。

11. 時期が来る前にロードマップを開始する

最後に、適切なタイミングでロードマップを開始してください。活気に満ちた市場で非常に初期の段階にあるスタートアップで働いていると想像してみてください。これは、プロダクトロードマップにとって完璧な環境ではありません。製品が12か月後にどのように見えるかをどのように確認できますか?

不確実性が高く、状況が急速に変化している場合は、プロダクトロードマップを避けてください。最終的には、Now-Next-Later ロードマップを作成するか、適切に定義された OKR に焦点を当てることができます。

全体として、急がないことが重要です。 プロダクトロードマップに忍耐を持っている場合、プロダクトの開発に関しては、より関連性が高く、役立つ可能性があります。

12. プロダクトロードマップを成功させる鍵

これらのプロダクトロードマップの間違いはすべて、首尾一貫したビジョンがあり、そのビジョンを時間の経過とともに適応させる準備ができており、プロセス全体を協力して行うことをいとわない場合に、簡単に回避できます。

最良のプロダクトロードマップは、確かなデータ、製品固有の専門知識、および戦略的思考によって情報が提供されます。 間違いなく、道に沿っていくつかの問題が発生しますが、これらの 11 の重要な間違いを回避すれば、一流の製品を作成する可能性を最大限に高める優れたプロダクトロードマップを作成できると信じています。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年5月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る