poc とは ?5つのStepでソフトウェア開発を成功させるコツを解説

Calendar
2023年2月4日
Calendar
922

Harvard Business Review によると、スタートアップの66%以上が投資家に価値を還元できていません。このような高い失敗率の理由は何ですか?

企業や起業家は、ソリューションをできるだけ早く立ち上げて実行するために、すぐに製品開発に取り掛かることがよくあります。失敗に終わるかもしれない危険な動きです。

新しいソフトウェア製品を成功裏にリリースするための道のりは、PoC(Proof of Concept:概念実証)から始まります。これは、企業が新しいソフトウェア製品の構成について合理的な決定を下し、その将来を定義するのに役立つソフトウェア開発テスト方法論です。この最初のチェックにより、人々が本当に使いたいと思う有用なソリューションを構築できる可能性が高まります。

ソフトウェアツールの成功は、製品の当初のアイデアを超えています。 テストが不十分で、市場のニーズに対応していない場合、役に立たないことが判明し、単に売れない製品に多くの時間とお金を投資することになる可能性があります。

概念実証PoC開発(Proof of concept)により、アイデアが実現可能であるという証拠が得られるだけでなく、それがどのように機能するか、および資金提供に値する理由についての説明も得られます。

1. ソフトウェア開発における概念実証 – poc とは?

ソフトウェア開発における概念実証 – PoCは、製品開発ライフサイクルの初期段階で実装される検証方法です。PoCの目的は、ソフトウェアのアイデアの妥当性をテストすることです。つまり、開発を開始する前に、提案されたシステム、アプリケーション、または製品が実際に機能することを証明することがすべてです。

最初のアイデアが今日の急速に進化する市場の要求を満たすことは非常にまれです。最終的に、製品は技術的に実現可能であるだけでなく、意図したユーザーの実際の問題を解決するように設計されている必要があります。そうしないと、失敗します。

そのため、ソフトウェア開発会社にとって、実際に構築を開始する前に、慎重に計画を立て、新しいアイデアをテストすることで、開発プロセスのペースを調整することが重要です。

PoC開発は、最終製品のビジョンとその方向性を定義するために絶対に不可欠です。そのため、開発プロセスに関与するすべての利害関係者が関与する必要があります。彼らは集まり、限界、機会、リスクについて話し合い、プロジェクトの方向性について合意します。これは、スムーズな開発プロセス、テスト、変更、およびリリースのための強固な基盤を築くための重要なステップです。

参考:プロダクトロードマップは避けるべき11つの落とし穴

概念実証PoCは、ドキュメント、プレゼンテーション、またはデモの形式をとることができます。この段階では、コーディングや設計は必要ありません。ただし、PoCでは、要件と技術仕様の完全なドキュメントを作成する必要があります。アウトソーシングの場合は通常、社内または限られた利害関係者グループ内で行われます。

PoCは、実用最小限の製品 MVP、英語:Minimum Viable Product)と混同されることがよくあります。ただし、PoCとは異なり、最小限の実行可能な製品は、基本的な機能と機能を備えた実行可能な製品です。

参考:MVP開発とは?PoCとの違いと開発手法を徹底解説

2. ソフトウェア開発でPoCを開発する利点

何百万もの企業が新製品のアイデアを持っていますが、そのほとんどは失敗しています。 彼らの成功を阻むものは何か? CBInsights が挙げた起業失敗の上位2つの原因は次のとおりです。

  • 資金不足(または資本を調達できない)
  • 市場ニーズの欠如

これらの問題はどちらも、概念実証PoC開発からソフトウェア開発を開始することで解決できます。

ビジネスがPoCで得られるすべてのメリットを見てみましょう。

2.1. 技術的な実現可能性の評価

概念実証PoCを開発する目的は、ソフトウェアのアイデアが技術的に実現可能かどうかを確認することです。PoCプロジェクトには、何が可能で何が不可能かを評価するだけでなく、製品開発の正しい技術的方向性を決定する開発チームが関与する必要があります。

2.2. 市場ニーズの初期検証

PoCを開発するには、ツールを使用して解決する特定の問題と問題点を特定する必要があります。このタスクの目標は、製品が現実から切り離されず、エンドユーザーに実際の価値をもたらすようにすることです。この反復プロセスの一部でもあるテスト段階は、正しい道を進んでいるかどうかを示します。

2.3. 製品の特徴・限界を理解する

ソフトウェア開発のPoCを開発することは、所有者が製品アイデアの制限、利点、および欠点を理解するのに役立ちます。プロセス中に、さまざまなオプションを発見し、ソフトウェア開発の最適な方向性を選択できます。

2.4. 合理的な予算決定を行う

投資家の資金を最大限に活用することは、新製品の発売に不可欠です。概念実証PoCにより、企業は予算要件を理解し、お金をどのように使うかを知ることができます。彼らは、調達したすべての資本が本格的なソリューションに費やされ、ターゲット市場が最終的に役に立たなくなるという恐ろしい話を避けることができます。

2.5. 信じる理由・根拠を持つこと

潜在的な投資家に、あなたのコンセプトが有効であり、投資する価値があることを納得させるには、熱意以上のものが必要です。概念実証PoCは、アイデアが機能する理由と方法を説明します。これは、最も懐疑的な投資家でさえも納得させ、他の利害関係者と条件を交渉するのに役立つ成功の証拠です。

2.6. リリースの加速

PoCを作成することにより、新しいソリューションを作成するためのアクションプランを確立します。このプロセスは、適切なワークフローを選択したかどうかを確認し、必要に応じて調整するのに役立ちます。最初に正しいパスを選択することで、プロセスの後の段階で予想外の事態が発生するのを回避し、リスクを学び、それに応じてリスクを軽減する準備を整えることができます。

3. ソフトウェア開発を成功させるPoC開発する主な手順

ソフトウェア開発で概念実証PoCを開発すると、プロジェクトの要件、その目的、およびすべての利害関係者に割り当てられたプロセスと役割を説明する詳細なドキュメントが作成されます。これは、初期バージョンから展開までのクリエイティブプロセスを説明する詳細なドキュメントになります。

効果的なPoCを開発するには、5つのステップがあります。

3.1. ステップ1:ニーズを定義する

製品のアイデアが生まれるとき、それは仮定に基づいている可能性があります。このポイントは、ソフトウェアが解決する現実の問題を特定することにより、これらの仮定を検証するための証拠を見つけることです。

このステップをスキップすると、何の役にも立たない作業ツールになってしまう可能性があります。対象者と話し合って貴重なフィードバックを受け取り、解決しようとしているニーズと問題点を特定します。

以下の質問に答えて文書化することをお勧めします。
・私たちは何を達成しようとしていますか? 付加価値は何ですか?
・ソフトウェア製品の成功を定義する基準は何ですか?
・時間枠は?
・どのようなリソースがありますか?
・ワークフローはどうあるべきか?
・同等のソリューションはありますか?

3.2. ステップ 2:適切なソリューションを考え出す

開発チームと一緒に、問題や問題点に対する潜在的な解決策についてブレインストーミングを行います。これらの問題を解決するには、おそらくさまざまな方法があります。予算や時間枠などの要因を考慮して、ソリューションをマッピングします。また、競合他社がすでに提供しているものと、それを基に構築できるかどうかも考慮してください。

この観念化の過程で、驚くべきことを聞くかもしれませんが、聞いていないことに驚くこともあります。 この時点で、推測の一部が明確になります。この議論には、何が可能で何が不可能かを決定する技術専門家が関与する必要があります。

3.3. ステップ 3:プロトタイプを作成する

適切な問題解決シナリオを確立したら、プロトタイプを開発します。製品の性質に応じて、これはモックアップ、ワイヤーフレーム、または簡単なスケッチになります。 提案されたワークフロー、想定される機能、および基本的な UI/UX を示す必要があります。

参考:PoCとプロトタイプ開発:いつ、どちらが必要?

プロトタイプを作成する ( poc とは )

3.4. ステップ 4:プロトタイプをテストし、ユーザーのフィードバックを収集

プロトタイプを開発する目的は、それを対象ユーザーに示してフィードバックを収集することです。前の段階は主に社内で行われますが、この段階では潜在的なユーザーや利害関係者にそれを示して、市場で成功する可能性があるかどうかを理解してもらいます。

プロセス全体を通して、ツールの真の利点を発見し、それがいかに直感的であるかを確認できます。 テスト プロセスによって、見落としていた機能が明らかになる場合もあります。 この貴重なフィードバックを使用して、それに応じてツールを修正してください。 ソフトウェア製品の満足のいくバージョンに到達するまで、このプロセスを繰り返すことができます。

3.5. ステップ 5:ロードマップを作成する

最後のステップでは、プロセス全体で収集したすべての情報を収集し、ロードマップを作成します。ソリューションを開発するための段階的なプロセスを概説し、目標と目的を明確に提示する必要があります。ソフトウェア開発を改善するためのすべての学習と推奨事項を含みます。これは、潜在的な投資家のための交渉の切り札であり、製品を構築するためのマニュアルです。

4. 概念実証PoCの例を紹介

PoCの最大の例の1つは、食品サプライチェーンにおける製品のトレーサビリティを向上させるためのWalmartのブロックチェーンテクノロジーの適用です。技術パートナーであるIBMと協力して、同社は2つの異なるPoCプロジェクトを実行しました。1つは米国の店舗でマンゴーを追跡することに焦点を当て、もう1つは中国で豚肉を追跡することに焦点を当てています。

提案されたブロックチェーンを利用したソリューションは機能し、ウォルマートは追跡プロセスをスピードアップすることができました。問題が発生した場合、ウォルマートはほんの数秒で原因を迅速に突き止めることができました。

このアイデアは技術的に実現可能でしたが、懐疑論者は、人間によるデータ入力に依存しているため、エラーや詐欺の余地があると批判しました。このソリューションの導入の背後にあるアイデアは、食品媒介疾患の発生に迅速に対応できるようにすることでした。

概念実証PoCの例を紹介

ドイツの新興企業であるNaontekは、国内のヘルスケア コミュニティ全体のデジタル連絡先を作成するという素晴らしいアイデアを思いつきました。

彼らは、ソフトウェアの専門知識を活用した医療専門家向けの教育プラットフォームを導入することで業界の技術的ギャップを埋め、簡単にアクセスできるデジタル製品とサービスを導入することで業界の技術的ギャップを埋めようとしています。製品の作成が実現可能であり、市場が本当にそれを必要としていることを確認するために、彼らは堅牢な概念実証PoCを実施することにしました。

「テクノロジー グルーミングの方法をより詳細に構築し、PoCを構築する方法を構築し始めたら、希望する形で製品を提供し始めました。」というFlorian EBer 氏、Naontek 製品開発担当副社長

このプロセスは、プロジェクトの対象者、ビジネスニーズ、および技術面を理解することに重点を置いていました。その結果、同社は製品開発のニーズと課題を迅速に把握することができました。

運営の最初の 12 か月で、Univivaは特に成功した立ち上げであることが証明され、プラットフォームには約 20,000 人のユーザーが登録され、約 6,000 のコースが追加されました。

5. 新しいソフトウェア製品のPoCを開発する

ソフトウェア開発におけるPoC開発とは、資金を調達して製品を構築する前の最初の段階で、製品の背後にあるアイデアを検証することです。この初期チェックは、技術的な観点からツールを構築できることを確認し、開発チームが対処する必要があるソフトウェア開発ライフサイクルで発生する可能性のある期待と潜在的なリスクを特定するために不可欠です。

これは、企業が成功する有用なソフトウェア製品を作成するための最初のステップです。 ソフトウェア開発サービスは、ビジネス アイデアの検証を支援し、経験豊富な開発者とプロダクト マネージャーを提供して、製品を成功に導くことができます。

プロジェクトのアイデアがあり、PoC(概念実証)を実施したい場合は、無料のコンサルティングと詳細な見積もりを提供するために、お気軽にお問い合わせください。弊社との協力を楽しみにしています。

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年7月22日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年7月22日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年7月22日
もっと見る