MVP開発とは?PoCとの違いと開発手法を徹底解説

Calendar
2023年2月7日
Calendar
796

MVPを開発することは、企業がアイデアを検証するための優れた方法です。テックスタートアップの70%は、最初の資金調達から 2 年以内に失敗します。市場のニーズを満たしていないためです。これはほとんどの場合、市場調査の欠如が原因です。

MVPを使用してテストを実行することは、この失敗を回避するための重要なステップです。潜在的な顧客からフィードバックを収集し、製品に本当に必要なものを特定するのに役立ちます。

MVPを使用すると、アイデアの実際の可能性を (想定された可能性と比較して) 検証し、開発プロセスの方向性を導くことができます。

MVP(英語:Minimum Viable Product)は、あらゆる業界のあらゆる企業が使用でき、急速に勢いを増す製品を改良して発売すること、およびブランドを宣伝するための費用対効果の高い方法を目的としています。

本記事はさまざまなビジネスアプローチから、関連するメリット、コスト、潜在的なアプリケーションまで、実用最小限の製品の開発(MVP開発)について知っておく必要があるすべてのことを取り上げます。

最後に、MVP開発を開始するために必要なものをご案内します。

1. 実用最小限の製品(MVP)開発 とは?

実用最小限の製品 – MVP開発とは、初期の顧客が使用できる機能だけを備えた初期の製品バージョンです。利用する顧客からのフィードバックは、今後プロダクトを開発する際、組み込むことができる物と繋がります。

プロダクト開発の初期段階でMVPを開発してリリースすることに集中することで、ブランドは、適切なテストを行わずに完全な製品を市場にリリースした場合に発生する可能性のある、長期にわたる不必要な変更を後で行う必要がなくなります。

MVPは、企業がプロダクトを迅速にテスト、改良、発売できるようにし、競合他社よりも早く顧客の注目を集めることができます。また、アーリーアダプターにプロダクトを操作して接続する機会を提供し、ブランドの特定のイメージを構築および促進するのに役立ちます。ターゲットオーディエンスの真の期待を発見する上で、それは真の重要な資産になる可能性があります。

ユーザーの期待と好みを理解することで、製品開発の側面に戦略的に優先順位を付けることができるため、ユーザーが望んでいない、または必要としない機能に時間とリソースを浪費することはありません。

MVPのプロダクト開発には4つの重要な側面があります。

・小規模であること小規模に違いない
・シンプルであること必要
・機能の数を制限する必要があること
・MVPの開発は、迅速かつ費用対効果の高いものでなければならない

基本的には、MVPの機能を慎重に選択することです。MVP開発はプロダクトのスケッチやフレームではありません。飾り気のない製品ですが、実用的な製品です。

その意味で、完全なアプリケーションのすべてのコンポーネント (機能、信頼性、使いやすさ、優れた設計) を備えている必要があります。

2. PoCとMVP開発の違いは?

MVPはプロトタイプでも概念実証(PoC)でもありません。

プロトタイプは、視覚的な形や機能の特定の部分を示す製品のドラフトバージョンです。 プロトタイプは通常、破棄されるか、MVPまたは最終製品の一部として何らかの形で終了します。

概念実証 – PoC開発は実験であり、通常は内部で実行されます。実現可能性を判断するための潜在的なプロジェクトの現実的な概要を提供し、主に技術的な概念を検証するために利用されます。

これらの概念には、スケーラビリティとレンタル性に加えて、方法論、テクノロジ、または統合が含まれる場合があります。さまざまな分野に適用できるため、プロトタイプを構築して市場での実現可能性を分析する際の基本的なステップです。

本質的には、与えられたリソースと技術を使用して製品を構築できるかどうかを判断するための評価ツールです。結論として、どちらの方法もプロダクト管理に非常に役立ち、プロダクトに関するさまざまな仮説を検証するために使用されます。

2.1. MVP開発のメリット

・望ましさと実行可能性の検証
・時間とコストの節約と最適化
・プロダクトの最初のバージョンをテストした後、アーリーアダプターの顧客を引き付ける
・マーケットプルーフと最初の支払いをする有料顧客の獲得
・ベンチャーキャピタル投資家の注目を集める

2.2. PoC開発のメリット

・実現可能性の検証
・エンジェル投資家の誘致
・時間を節約
・最適なテクノロジーの選択
・競合他社の一歩先を行く

3. なぜMVP開発が重要なのか?

これで、MVPとは何か理解して頂いたと思います。それでは、ビジネスにとって実用最小限の製品 – MVPが重要な理由を見てみましょう。

なぜMVP開発が重要なのか
なぜMVP開発が重要なのか?

簡単に言うと、MVP開発をすると、オーディエンスの最初の懸念にタイムリーに対処するものを開発できます。

MVPの概念により、リスクをほとんどまたはまったくなくしてプロダクトを開発できます。MVPのプロセスでは、新プロダクトのユーザーベースで機能する最小要件を決定することもできます。

これらの最小要件を決定したら、プロダクトまたはサービスの飾り気のないバージョンをすばやくリリースし、結果とフィードバックを使用して製品を改良および強化できます。

本質的に、MVPのプロダクト開発は、リアルタイムの改善と俊敏性を可能にします。

アジャイルMVPは、リリースしようとしているプロダクトやサービスを改善するだけでなく、ワークフローを合理化し、その後の開発と保守にかかる時間を大幅に節約するのに役立ちます。

ただし、プロダクト開発のためのMVPフレームワークを進めるには、プロダクトがすぐに準備できるわけではないことを理解する必要があり、顧客が満足していない場合は、MVPを最高の状態にまで引き上げるためにより多くの作業が必要になることを理解することが重要です。

・最も重要な利点は、エンドユーザーに価値を迅速に提供できることです。このようにして、最小限の初期開発コストで重要なフィードバックを収集することもできます。

・余分なリソースを費やすことなく、欠陥のある機能や不要な機能を変更または削除できます。顧客の行動と市場セクターに関する洞察を発見できます。開発の早い段階で犯した間違いは、より複雑で完全なプロダクトやアプリケーションでエラーを修正するよりも修正が容易で、費用もかかりません。

・MVP開発は、初期のテストに最適なツールです。このテストフェーズで得られた洞察を使用して、進行中の開発段階をより正確かつ効率的に計画できます。さらに、実用最小限のプロダクトを使用して、ユーザーベースの成長と拡大を可能にする製品ビジョンを開発できます。

・完全にテストされ、検証されたプロダクトのアイデアを持つことは、あなたのビジネスをサポートする価値があることを投資家に納得させるのにも役立ちます。

・最後に、MVPを使用すると、焦点を移したり、アプリのコア機能を変更したりするのにそれほど費用がかからないため、方向転換が容易になります。

4. MVP開発のチェックリストと流れ

MVP開発を始める前に、モバイルアプリWebアプリの2種類のMVPビルドを区別できることが重要です。

技術的な側面に関しては、プロダクト自体を開発するためにどの技術を使用するかを除けば、大きな違いはありません。

とはいえ、MVPは反復的な開発に向けた迅速でシンプルな最初のステップであると想定されているため、最初に調査する市場とプラットフォームを知る必要があります。

そうしないと、焦点が分かれた状態でプロジェクトに参加するリスクが生じ、MVPを最大限に活用するのに役立ちません。

多くの場合、Webアプリ用のMVPを立ち上げる方が、認証プロトコルが不足しているため、より迅速に実行できます。モバイルアプリをGoogleストアとAppleストアに申請する必要はありません。興味深いことに、AirBnbやFacebookなど、世界最大のウェブ企業のいくつかは、ウェブアプリから始めて、後にモバイルアプリに拡大しました。

ただし、言うまでもなく、市場のほとんどがモバイルである場合、WebのMVP開発は役に立ちません。

覚えておくべき重要なことは、モバイル市場が iOSとAndroidという2つの主要なプラットフォームに分かれていることです。これらの両方のストアに参入することが野心である場合は、マルチプラットフォーム開発を提供するテクノロジー (Flutter や React Native など) を探すのが理にかなっています。

4.1. 最適なMVP開発の手法・流れ

4.1.1. ビジネスニーズを設定し、準備的な市場調査を実施する

重要な最初のステップは、MVPが満たす必要のあるビジネスニーズと目標を明確に定義することです。

時々これは簡単です。ただし、そうでない場合は、プロダクト設計がエラーを回避するのに役立ちます。通常、プロジェクトは偶然に成功することはありません。

彼らは実際の課題や問題を解決して成功するので、開始する前に課題を明確に定義してください。

これを行うには、最初のステップとして市場調査を実施します。

投資家、顧客、業界の専門家などの重要な利害関係者からのフィードバックを求めます。 同様のソリューションがすでに市場に出回っている可能性は常にあります。

これは、必ずしもあなたのアイデアが無価値になるという意味ではありません。実際、同様のプロダクトの認識と成功を理解することは、それらを改善したり、埋める特定のニッチを見つけるのに役立ちます。

4.1.2. プロダクトに不可欠な機能と、おまけ機能またはあると便利な機能を把握する

次に、プロダクトがユーザーに価値を生み出すために必要な特徴と機能のリストを作成します。

次のステップは、顧客に価値を生み出す製品に持たせたい機能をすべてリストアップすることです。

これを行うには、ユーザージャーニーと、ユーザーがプロダクトを操作するときにそのジャーニーがどのように流れていくかをマッピングし、ユーザビリティに重点を置きます。

もちろん、製品の独自の販売命題(USP)が何であるかを知る必要もあります。そのため、MVPを開発して、プロダクトが特別な理由を証明できます。

このリストを作成するときは、機能を次の3つのカテゴリに分類します。必須、あると便利、おまけです。

このようにして、プロダクトの本質的な要素は何か、つまり何を構築する必要があるのか、誰を雇うかを絞り込むことができます。

4.1.3. 概念実証PoCフェーズの実行を検討する

前に述べたように、PoCは技術の初期段階の検証に非常に役立ち、MVPが成功する可能性が高いという信念を戦略および開発チーム、投資家、およびその他の利害関係者の間で構築するという追加の利点があります。

4.1.4. 成功の基準を明確にする

何を目指しているのかわからない場合、MVPが成功するかどうかはわかりません。

したがって、測定可能な一連の基準またはKPIを定義して、プロダクトのどの側面がより多くの時間とリソースを開発に費やす価値があるかを判断するのに役立つようにしてください。

4.1.5. 進捗状況を測定する

前の4つのステップが完了したら、開発を開始できます。ステップ4に続いて、進捗状況を測定し、そこから学ぶことが重要です。

これにより、時間を賢く使用し、フィードバックに切り替えて勢いをつけることができます。

4.1.6. 最小限だからといって、散らかるわけではない

このプロセス全体を通して、MVPの「M」を念頭に置くことに重点を置く必要があります。ただし、プロダクトがそれ自体の動作可能な最小バージョンであるという理由だけで、ごちゃごちゃしたりずさんである必要はありません。

開発チームは、定義された問題に対応するために、必要に応じてプロダクトのコア機能を構築する必要があります。

ただし、これらのコア機能は適切に設計され、ユーザーの関心と関心を維持する必要があります。これは、最小限の実行可能な製品の「実行可能な」部分を定義します。使用可能で、より多くのユーザーを引き付けるのに効果的です。

4.1.7. 手抜きをせず、専門家を活用する

魅力的かもしれませんが、手抜きをして、戻ってきて問題をさらに修正できると期待することはできません.

同様に、チームや代理店で利用できる専門知識を活用し、製品の専門知識に関しては妥協しないでください。

MVP開発は、プロダクトをすばやくテストしてリリースするための最も効果的な方法として扱う必要がありますが、それが依然としてブランドを表していることを覚えておくことが重要です。

派手な機能を使いすぎないでください。コア機能が検証され、配置されたら、そのための時間があります。

MVPがどのように機能するかを学び、その背後にある最初のアイデアを改善できるように、常にユーザーの行動と感情を追跡してください。

4.1.8. MVPのジャーニー中に考慮すべきその他の考慮事項

実行可能とは、使用可能であり、コア機能の問題を解決できることを意味します。

MVPが販売され始めたら、市場が十分に大きい場合は、急増した場合に備えてMVPをスケーラブルにする必要があるというのを考える必要があります。

MVPはプロトタイプではないことに注意してください。プロトタイプは最初のパスであり、正しくない場合は破棄できます。MVPは製品の最終バージョンが構築される基盤を形成しますが、他の建物の基盤と同様に、その目的を果たすためには堅牢で耐久性がある必要があります。

他のソフトウェア開発プロセスと同様に、プロセスに欠陥があったり、会社に適していなかったりすると、落とし穴が生じる可能性があります。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年5月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年5月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年5月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る