PoCとプロトタイプ開発:いつ、どちらが必要?

Calendar
2023年2月9日
Calendar
828

プロダクトのアイデアがあり、調査を完了しました。ターゲット顧客がアプリやデジタル サービスに好意的に反応するという十分な証拠を明らかにしました。次に、実行する必要がある次のいくつかのステップの1つは、仮説を検証し、プロダクトのアイデアの実行可能性をテストすることです。

これを行うために、選択できるさまざまなツールがあり、企業が取るべき行動方針を決定する際に麻痺する可能性があります。リストの一番上にあるのは、概念実証 (POC) とプロトタイプの2つの製品検証方法です。

この記事では、それらが何であるか、メリットとデメリット、それらの違い、および次のプロジェクトに必要なものを決定する方法を詳しく解説致します。

1. PoC(Proof of Concept)とは?

ソフトウェアまたはプロダクト開発において、概念実証 – PoCは、主にプロダクトのアイデアの有効性をテストまたは検証するための初期バージョンです。通常、理想的には、プロダクト開発のライフサイクルの初期段階で、実際の問題を解決することで製品が実際に機能するかどうかをテストします。

PoCのもう1つの重要な目的は、プロダクトのアイデアが技術的に実現可能かどうかを確認することです。POCの検証には、プロダクトマネージャーやデザイナーだけでなく、開発チームも参加する必要があります。彼らは、プロダクトのアイデアの技術的実現可能性を評価し、プロダクト開発の正しい技術的方向性を決定することができます。

PoCは通常、ドキュメント、プレゼンテーション、ワイヤーフレーム、またはできればこれらの組み合わせの形で提供されます。これらはまだ開発やコーディングを必要としないことに注意してください。それにもかかわらず、ドキュメントには、要件と技術仕様に関してある程度の詳細が含まれていることが理想的です。

場合によっては、プロダクトチームが、特に革新的または最先端の製品で、PoCフェーズ中にソフトウェア開発に従事します。たとえば、プロダクトが機械学習技術に依存している場合、目前の問題を解決する際にそのような技術の実行可能性を評価するには、PoCソフトウェアが唯一の方法である可能性があります。

PoCの否定的な結果により、企業は多くの時間と開発コストを節約できます。肯定的な結果は、プロダクトチームが適切なテクノロジを持っていること、およびプロダクトを開発することが実現可能であることを保証します。

概念実証 – PoCでは、多くの場合、プロダクト全体をシミュレートすることはできませんし、シミュレートするべきではありません。多くの場合、PoCは、技術的な実現可能性が不明な製品の特定の領域にのみ焦点を当てています。これが、プロダクトチームがまだ概念実証をユーザーに示したり実演したりしていない理由です。テストは、組織内のサンプル ユーザーを使用して行う必要がありますが、プロダクトチーム外で行う必要があります。

1.1. 概念実証(PoC)のメリット

企業は、デジタルプラットフォームの作成を急ぐことに引き込まれる可能性があります。 開発またはエンジニアリングにプッシュする前に概念実証 – PoCを開発する利点を次に示します。

PoCは、プロダクトと市場の適合性をテストするのに役立ちます。PoCを作成するには、プロダクトで解決しようとしている特定の問題や問題点を特定する必要があります。 POCは、プロダクトのアイデアが実際に適用され、エンドユーザーに実際の価値をもたらすことを確認するのに役立ちます。

PoCは、すぐに失敗する機会であり、同時により早く学ぶ機会でもあります。演習がプロダクトのアイデア全体またはプロダクトの特定の要素を検証するかどうかにかかわらず、PoC は通常、チーム外の人々と製品をテストする最も初期の機会の1つです。

PoCは、初期投資を引き付けるためのショーケースになる可能性があります。投資家は、ある程度の方法論的な評価やテストを経たプロダクトのアイデアに資金を提供する傾向があります。

・PoCを実施することで、組織のチームは、プロダクトのアイデアの長所と短所、特にプロダクトの発見と構想の段階では考え付かなかった可能性があるものをよりよく理解することができます。その後、これらの新しい洞察に基づいて行動し、オプションを明らかにして、最適な方向に進むことができます。

・PoC開発は、プロダクト開発プロセスへの追加のステップですが、実際にはリリースまたは市場投入までの時間を短縮できます。制限をできるだけ早く表面化できることで、リスクを特定し、緩和策を準備することができます。

PoCプロセスは、企業がプロジェクトの予算をより適切に決定するのに役立ちます。大企業であろうと新興企業であろうと、新製品のための資金調達は常に重要なアクション ポイントです。 プロジェクトチームは、PoCプロセスから教訓を得た後、後続のフェーズでより適切に資金を割り当てることができます。

・PoCはプロダクトのアイデアを検証することを目的としているだけでなく、チームがプロダクトのアイデアが機能する理由と方法をよりよく理解するのにも役立ちます。テストプロセスで肯定的なフィードバックが得られた場合、プロダクトチームは、製品の PoCがうまく機能した理由を理解することで、より良い決定を下すことができます。

・最も重要なことは、PoCがプロダクトのアイデアの技術的な実現可能性をテストすることです。開発チームまたはエンジニアリング チームが関与することで、技術的に可能なこととそうでないことのインプットを提供でき、それが製品の技術的な方向性につながります。これにより、アプリケーションに間違ったテクノロジを選択するリスクも軽減されます。

1.2. 概念実証(PoC)のデメリット

MiichisoftはPoCの価値を信じており、クライアントとのPoCの実施を推奨しています。 それにもかかわらず、概念実証のいくつかの欠点またはデメリットを以下に示します。

・PoC検証の結果が比較的肯定的であり、プロダクトの開発を進めるのに十分な証拠があると判断した後、特に大規模な組織の幹部やマネージャーの期待を管理することは困難な場合があります。

・プロダクトのライフサイクルにはまだ長い道のりがあります。プロダクトチームを監督している人は、プロダクトが進化する可能性があることを無視して、概念実証で見たものに固執する可能性があります。

・また、ソフトウェア開発中の問題は、PoCフェーズで最初に考案され提示されたときに、プロダクトのアイデアに影響を与える可能性があります。プロダクトのエンジニアリング中にスケーラビリティやセキュリティなどの問題が発生した場合、プロダクトは進化する必要があります。

2. プロトタイプとは?

プロトタイプは、視覚的な形を示したり、ユーザーエクスペリエンス (UX) をシミュレートしたり、選択した機能を実装したりして、デザインコンセプトと機能をテストするプロダクトの初期バージョンです。

その際、モックアップなどのプロトタイプのユーザーインターフェース (UI) は通常、まだバックエンドメカニズムにリンクされていません。ただし、プロダクトチームは、ユーザーとのテスト時にローコードまたはノーコードのプロトタイプを展開できます。プロダクトチームはまた、ユーザーが製品や特定の機能をナビゲートするのに良い経験をしているかどうかを確認する機会としてプロトタイピングを使用します。

プロトタイプとは?

概念実証(PoC)またはプロトタイプを実用最小限の製品(MVP開発と混同しないでください。MVPは、初期の顧客が使用できる機能だけを備えた初期の製品バージョンです。 MVP開発は、開発者とエンジニアがより大きな役割を担うときです。

プロダクトチームは通常、組織内の同僚や外部の代表ユーザーに対してプロトタイプをデモンストレーションします。

次のように、企業が展開できるプロトタイピングにはいくつかの種類があります。

2.1. ラピッドプロトタイピング(Rapid prototyping)

スローアウェイプロトタイピングとも呼ばれ、プロトタイプのアーティファクトが1スプリントなどの短期間だけ使用される場合です。プロトタイプは、使用中にフィードバックと反復のサイクルを数回繰り返すことがあります。プロダクトチームが満足すると、それは参考になりますが、次のスプリントまたはフェーズで次のプロトタイプバージョンに道を譲るために破棄されます。

2.2. 進化的プロトタイピング(Evolutionary prototyping)

他のプロトタイピング方法とは異なり、単なるシミュレーションではなく、機能する製品を使用します。これは、プロダクトの要件がまだ明確でない場合や、テクノロジが十分に理解されていない場合に推奨されるアプローチです。初期バージョンは、プロダクトチームが時間の経過とともに新しい機能を追加する出発点にすぎないため、これは進化的な方法です。

2.3. インクリメンタルのプロトタイピング(Incremental prototyping)

これは、多数のモジュールまたはコンポーネントで構成される複雑なプロダクトにとって理想的なアプローチです。プロダクトチームは、これらのコンポーネントごとにプロトタイプを作成し、並行して構築します。チームはこれらのモジュールを個別に評価して改良し、UI、UX、およびその他の要素の一貫性を保つためにそれらを統合します。

2.4. 極端なプロトタイピング(Extreme prototyping)

プロセスが3つの連続したフェーズで構成されるWebアプリケーションにより適しています。

まず、デザイナーはプレゼンテーション レイヤーをシミュレートするワイヤーフレームを作成します。次に、開発者はワイヤーフレームを、サービス層をシミュレートする機能的な HTMLページに変換します。最後に、開発者は特定の機能をコーディングして実装します。

2.5. プロトタイプ開発のメリット

Miichisoftでは、実用最小限の製品 (MVP) に飛び込む前にまずプロトタイプを作成することが、プロダクトの旅の理想的な道であると信じています。プロトタイピングのメリットは次のとおりです。

プロトタイプにより、プロダクトチームは設計コンセプトを検証できます。多数のテストを実行し、ユーザーとの望ましい対話を生成できるまで反復を行うことができます。

・プロトタイピングは、ターゲットユーザーからのフィードバックを即座に生成します。これにより、チームは開発に進む前に欠陥を特定して対処することができます。

・プロトタイプのテストに力を入れることで、企業や新興企業は長期的には時間とリソースを節約できます。これは、プロトタイピングのプロセスが、プロダクトを完全に開発する前に設計上の問題を特定するのに役立つからです。これにより、やり直し、変更指示、および不要な費用のリスクが軽減されます。

・プロトタイプは、概念実証(PoC)よりも初期の投資を引き付けます。ユーザーがテストし、十分に設計されたら、スタートアップはプロトタイプを投資家に見せることができます。企業内のチームは、それらを使用して、開発のための追加の予算割り当てを主張することもできます。

2.6. プロトタイプ開発のデメリット

ほとんどの場合、このプロセスをスキップするよりも、プロトタイプを開発する方が適切です。とはいえ、プロトタイピングの主な欠点やリスクを以下に示しますので、それらを管理または防御することができます。

プロトタイプは、視覚的には完成しているように見えますが、ほとんどの場合、範囲が限定されています。したがって、それらから引き出すことができる洞察や分析は、テストされた機能に限定されます。これにより、開発者はプロジェクト全体を適切に準備して評価することができなくなります。

・プロトタイプは、一般にリリースされる製品のルックアンドフィールに理想的に近似する必要があるため、顧客はそれを最終製品と間違える可能性があります。お客様が見たり使用したりしているものはまだプロトタイプであり、最終的な製品はまったく異なる外観と感触を提供する可能性があることをお客様に伝えることが重要です。

・通常、プロトタイプは、概念実証(PoC)に比べて構築に多くの時間とリソースを必要とします。

3. PoCとプロトタイプの違いを比較する

プロダクトを展開するのに適した検証方法の決定は、製品開発ライフサイクルのどの段階にいるかによって異なります。通常、PoCの開発が先に行われ、プロトタイピングが行われます。

どちらか一方を実行する必要がある場合のシナリオに入る前に、PoCとプロトタイプの違いを簡単に比較します。

主な違い概念実証(PoC)プロトタイプ
主な目的?・プロダクトのアイデアの妥当性をテストまたは検証する。・技術的に実現可能かどうかを検証する。・視覚的な形を示したり、UXをシミュレートしたり、選択した機能を実装したりして、プロダクトのデザインコンセプトと機能をテストする。
通常、どんな形?・ドキュメント、プレゼンテーション、ワイヤーフレーム、またはできればこれらの組み合わせ。・場合によっては、動作するソフトウェアになることもある。・バックエンドのメカニズムとまだリンクされていない、モックアップなどのユーザーインターフェース。・UI は、ローコードまたはノーコードのプロトタイプにすることもできる。
誰とテストする?・組織内だがプロダクトチーム外の同僚・組織内の同僚と外部の代表ユーザー

4. 概念実証 – PoC開発はいつ必要なのか?

通常、概念実証(PoC)は、ワイヤーフレームを開発した後、プロトタイプを作成する前のステップです。次のいずれかの状況では、PoCプロセスを活用することに特に注意してください。

・プロダクトのアイデアそのものを検証したり、プロダクトと市場の適合性をテストしたりする必要がある段階にあるとき。

・最初の資金を受け取る前、またはプロダクトのエンジニアリングに入る前に、プロダクトの技術的実現可能性を検証またはテストする必要がある段階にあるとき。プロダクトに革新的または最先端のテクノロジーを適用する場合、PoCは特に重要であることを忘れないでください。

・設計コンセプトや選択した技術など、プロダクトの重要な提案が業界で適用されていない場合。

5. プロトタイプ開発はいつ必要なのか?

有望な結果でPoCを実施した後 (そして有望な結果のみ)、プロトタイピングを実施できます。以下は、プロトタイプが必要ではないにしても、特に役立つ状況です。

・プロダクトのルックアンドフィールについてフィードバックを得る必要がある段階にあるとき。

・プロダクトのユーザーエクスペリエンスを反復するために、ユーザージャーニーまたはフローを観察する必要がある段階にあるとき。

・時間とリソースが限られており、投資家を引き付けるために製品の視覚的な形や特定の重要な機能を紹介する必要がある場合。

・プロダクトの基本機能をテストする必要がある場合。

6. 両方を行う: PoCを開発してからプロトタイプを作成する

新しいプロダクトを作るのが大変なことは言うまでもありません。プロダクトチームとそれらを監督する幹部は、製品開発プロセスが動的で非線形であることを認識する必要があります。

PoCに関するフィードバックで、プロダクトのアイデアを変更したり、さらにはオーバーホールしたりするように指示されている場合は、その証拠に従う十分な理由があります。

プロトタイピング中に、PoC検証の結果として特定の洞察が明らかになった場合は、MVP に向けて製品を設計する前に、適応してコースを変更することが理想的です。

PoCとプロトタイピングの方法はどちらも、プロダクトのアイデアを検証する効果的な方法であり、前者は後者に影響を与えることがよくあります。成功しているアプリは多くの場合、両方の方法を採用しており、新しい機能を導入する際にも引き続き採用しています。

PoCやプロトタイプの作成に経験豊富なパートナーが必要なプロダクトやサービスを開発している場合、Miichisoftにお気軽にご連絡ください。

お待ちしています。

よろしくお願い致します。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る