徹底的にバーティカルSaaSとホリゾンタルSaaSの特徴と違いを解説

Calendar
2023年2月26日
Calendar
1470

SaaS (Software as a Service) は、企業にとって非常に有益なソフトウェアを配布する方法です。インフラストラクチャの維持コストを回避したい中小企業にとって尚更です。

ただし、すべての SaaSモデルが同じように作られているわけではありません。ほとんどのSaaSモデルは、水平方向(ホリゾンタルSaaSという)と垂直方向(バーティカルSaaSという)の2つの主要なアプローチのいずれかに従います。この記事では、バーティカルSaaSとホリゾンタルSaaSの2つの種類の定義、特徴などというさまざまな側面について説明していきます。

1. SaaS(Software as a Service)とは?

Software-as-a-Service (SaaS) は、サードパーティプロバイダーがアプリケーションをホストし、インターネット 環境経由で顧客が利用できるようにするソフトウェア配布モデルです。SaaSは、サービスとしてのインフラストラクチャ (Infrastructure as a Service、IaaS) およびサービスとしてのプラットフォーム (Platform as a Service、PaaS) と並んで、クラウドコンピューティングの 3 つの主要なカテゴリの1つです。

SaaSモデルには、それを使用することを選択した企業にとっていくつかの利点があります。ベンダーがSaaSアプリケーションをホストしているため、ユーザーは自分のコンピューターやデータセンターにアプリケーションをインストールして実行する必要はありません。ユーザー企業は、アプリケーションを実行するデバイスごとにライセンスを購入する必要もありません。

SaaSプロバイダーは、多額の前払いを要求するのではなく、ユーザーに毎月のサブスクリプションプランを提供できるため、新しい会社が簡単に始めることができます。一部のベンダーは、顧客がアプリケーションの基本バージョンを無料で使用し、プレミアム機能または追加のストレージ スペースに対してのみ課金することを許可しています。

SaaSの一般的な例には、Webメール、顧客関係管理 (CRM)、メッセージング、ビデオ会議、MicrosoftやGoogleが提供するオフィスソフトウェアスイートなどがあります。

SaaSとは
SaaSとは?

参考:
SaaS(Software as a Service)とは?
IaaS(Infrastructure as a Service)とは?
PaaS(Platform as a Service)とは?

2. バーティカルSaaSとホリゾンタルSaaSとは?

バーティカルソフトウェア(英:Vertical Software)は、特定の業界や業種が直面する問題に対する具体的なソリューションです。 一方、ホリゾンタルソフトウェア(英:Horizontal Software)は、さまざまな業界やビジネスで使用できるように設計されています。

2.1. SaaSの種類:バーティカルSaaS

バーティカルSaaS(英:Vertical SaaS)は、特定の業界のニーズに対応する一種のソリューションです。これらは、医療機関や政府機関など、特殊なニーズを持つ業界のニーズを満たします。

たとえば、ヘルスケア業界向けのバーティカルSaaSには、さまざまな州や保険の複雑な保険規制を処理するための患者管理と課金システムが含まれます。政府機関は、有権者データベース管理などの機能を備えたバーティカルソフトウェアを必要とする場合がありますが、これは他のほとんどの組織には関係ありません。

バーティカルSaaSのカオスマップ

2022年、One Capitalが公開したバーティカルSaaSのカオスマップは以下のようにあります。今回は以下条件に当てはまる企業をピックアップしたようです。

・業界特化型SaaSを提供していること
・未上場のスタートアップであること(INITIALに掲載あり、子会社など除く)
・国内に拠点を置いていること(海外企業除く)※一部例外あり

バーティカルSaaSのカオスマップ
バーティカルSaaSのカオスマップ(One Capital参考)

2.2. SaaSの種類:ホリゾンタルSaaS

ホリゾンタルSaaS(英:Horizontal SaaS)は、さまざまな業界や企業で使用できるように設計されています。 これらのソリューションは、業界や規模に関係なく、すべての組織が直面する共通の問題に対処します。例としては、メール マーケティング ツール、ソーシャル メディア管理プラットフォーム、クラウド ストレージ サービス、CRM システムなどがあります。

ここでの主な違いは、バーティカルソリューションは特定の組織のニーズに対応するのに対し、ホリゾンタルソリューションはさまざまな種類の組織に一度に適用できることです。

ホリゾンタルSaaSのカオスマップ

上記のバーティカルSaaSに引き続き、2022年版のホリゾンタルSaaSカオスマップは以下の条件でOne Capitalが公開しました。

・ホリゾンタルSaaSを提供していること
・未上場のスタートアップであること(INITIALに掲載あり)
・国内に拠点を置いていること(一部例外あり)

調査の結果、307個のホリゾンタルSaaSが見つかったようです。

ホリゾンタルSaaSのカオスマップ
ホリゾンタルSaaSのカオスマップ(One Captial参考)

3. バーティカルとホリゾンタル SaaSの比較

ソフトウェアに関して言えば、「バーティカル」と「ホリゾンタル」は開発方向ではありません。これらはビジネスモデルであり、大きな違いがあります。両方の入門書と、違いを知っておく必要がある理由を次に示します。

サービスとしてのホリゾンタル型ソフトウェア (SaaS) は、さまざまな業界で使用できるように構築されていますが、バーティカル型SaaSは単一の業界向けに作られています。 ホリゾンタルSaaS は、ほぼすべての企業に適用できるため、より広く使用されていますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

SaaSについて聞くと、ホリゾンタル SaaS である可能性が高くなります。これは、ホリゾンタル SaaSがあらゆる業界のほぼすべての企業で使用できるからです。ビジネス用のソフトウェアの購入を検討したことがある場合は、Salesforce、Google Analytics、Adobe Creative Cloud などのホリゾンタル型SaaS製品を検討したことがあるでしょう。 Salesforceだけでも、金融から教育まで、さまざまな業界で約150,000の顧客を抱えています。

ホリゾンタル SaaSは、箱から出してすぐに複数の業界に適用できるため、一般的に販売が容易です。
バーティカル型SaaSの企業は、特定の業界で特定の問題を解決することに重点を置いています。専門的な業務管理ソフトウェアを使用している法律事務所であるとします。

バーティカルとホリゾンタル SaaSの比較
バーティカルとホリゾンタル SaaSの比較

では、バーティカル SaaS 企業とホリゾンタル SaaS 企業の決定的な違いは何なのかこれから詳しく見ていきましょう!

3.1. ビジネスモデル

ビジネスモデルはビジネスを成功に導き、SaaSビジネスモデルにも有効です。ビジネスモデルとは、企業がプロダクトやサービスからどんな課題を解決し、どのように利益を得るかという考え方です。

バーティカルSaaSのビジネスモデルは、不動産や医療など、特定の業界のニーズを解決することに重点を置いています。特定のセクターのニーズに対応するエンド ツー エンドのソリューションを提供します。PhotoructionやAmata+などの企業は、バーティカル SaaS 企業の良い例です。彼らは、建設および教育業界向けのソリューションを提供しています。

ホリゾンタル SaaSのビジネスモデルは、さまざまな業界の日常的なニーズに対するソリューションを提供します。会計やマーケティング、HRなど、あらゆる業界のさまざまな種類のビジネスで使用できるサービスを提供しています。たとえば、SmartHRや MoneyForwardなどがあります。

3.2. ターゲット市場

ターゲット市場とは、販売する商品を購入する可能性が最も高い消費者です。ターゲット市場分析を作成するときは、製品またはサービスの理想的な顧客を定義します。ターゲット市場を定義することは、顧客ベースを制限することではありません。それは、誰があなたから購入するのか、そしてその理由を特定することです。

バーティカル SaaSは、ヘルスケアや銀行などの特定の業界を対象としたアプリケーションです。バーティカル SaaS は、ターゲットユーザーが限られているため、マーケティングコストが低くなります。ここで重要なのは、ソフトウェアが大きな問題を解決するニッチ市場を見つけることです。

ホリゾンタル SaaSの企業は、さまざまな業界に役立つ一般的な製品またはサービスを提供しています。彼らは多様な顧客ベースに対応しており、通常、新規顧客の参入障壁が低くなっています。

3.3. 競争環境

競合分析は、SaaS 企業の全体的な製品戦略の重要な部分です。

ホリゾンタル SaaS 企業の場合、競合分析を比較的迅速に行うことができます。Google アラートSEMRushなど、ほとんどの企業が使用する標準ツールがあります。これらのツールを使用すると、競合他社のランキング、キーワード、およびトラフィック量を経時的に追跡できます。

ホリゾンタル SaaSの企業は、製品の機能、価格、ブランド価値、顧客レビューなど、業界に影響を与える従来の要因を監視する必要があります。

バーティカル SaaS 企業は、ニッチ市場の競争環境を分析する必要があります。たとえば、不動産ソフトウェアを使用している場合、潜在的な買い手と売り手が使用する検索クエリを理解したいと思うでしょう。また、Facebook や Instagram など、関連するフィードで利用できる広告オプションについても理解しておく必要があります。

3.4. マーケティング

マーケティング戦略に関して言えば、ホリゾンタル型のSaaSはユーザーの獲得に重点を置き、バーティカル型のSaaSは顧客維持に重点を置いています。

ホリゾンタル型SaaSの目標は、ソフトウェアを使用してできるだけ多くのユーザーを獲得することです。そのため、彼らは高い市場シェアを持ち、確立された製品に対して最終的にはより多くの料金を請求することができます。多くの場合、製品を無料または低価格で提供し、ユーザーがアクセスするために追加料金を支払う必要がある追加機能に対してプレミアムを設定します。

ユーザーからのフィードバックに大きく依存し、提供する機能や製品の販売方法を調整するために使用します。彼らの主要な指標は、ユーザーの採用と、ユーザーがソフトウェアの使用をオプトインする頻度です。

バーティカルSaaSの製品は、特定の業界またはグループ (不動産業者、病院など) を対象に構築されています。したがって、目標は必ずしもできるだけ多くの新しいユーザーを引き付けることではなく、既存の顧客との信頼を確立して、それらの顧客が時間の経過とともにサービスに忠実であり続けるようにすることです。

これらの顧客の信頼性を維持するために、バーティカル SaaS 企業は無料トライアルを提供することがあります。これにより、潜在的な顧客がソフトウェアを購入する前に試すことができます。

3.5. IPOの資本効率

ホリゾンタル SaaS 企業は、規模の経済を利用しているため、縦型企業よりも顧客獲得コスト (CAC) を低く抑えることができます。これは、ホリゾンタル型企業が通常、クライアントごとのマーケティングに費やす費用を削減できることを意味します。一方、バーティカルSaaSの企業は、ホリゾンタル 企業と同じように規模の経済を利用できないため、株式公開時にはるかに高いCACを持つ可能性があります。

3.6. 成長見通し

成長の見通しに関しては、ホリゾンタル SaaSの企業が勝ちます。理由は次のとおりです。

ホリゾンタル SaaS 企業は、自社製品を業界のすべての人に販売しています。特定のクライアントのニーズはそれらを制限しません。彼らはどんな要求にも応えることができます。つまり、潜在的な顧客の数に制限はありません!

一方、バーティカル SaaS 企業は、業界の1つの分野に特化しており、特定のニーズを持つ人々にのみ販売しています。それは彼らが持つことができる潜在的な顧客の数を制限します。

4.まとめ

ホリゾンタル SaaSとバーティカル SaaS の間には多くの重複があります。どちらもスケーラブルで、ユーザーにとって使いやすいように構築されています。どちらも通常はクラウドベースで、ビジネス向けです。

最も重要な違いは、それらの機能を適用することです。ホリゾンタル型のシステムはあらゆるビジネスに適用されますが、バーティカル型のシステムは特定の業界に適用されます。バーティカル型システムは、高度に専門化された業界固有の機能を提供する可能性も高くなります。

社内用またはクライアント用の新しいサービスまたはプラットフォームの構築に興味があるならば、ぜひMiichisoftにお問い合わせください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年6月17日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る