PaaSの特徴と将来性?IaaSとPaaSとSaaSの違い

Calendar
2023年3月3日
Calendar
600

PaaS(Platform as a Service)は、サードパーティーのプロバイダーがインターネット上でユーザーにハードウェアやソフトウェアツールを提供するクラウドコンピューティングモデルです。

アプリケーションの開発や管理において、ソフトウェアやハードウェアのコストを削減することができます。PaaSサービスの定義、特徴、メリット、代表的なサービス、SaaSとPaaSの違いについて説明します。

1.PaaS(Platform as a Service Provider)の定義とは

PaaSとは、Platform as a Service Providerの頭文字をとったもので、個人や企業が基盤となるインフラを購入せずにアプリケーションを開発、管理、最適化するためのオンラインプラットフォームです。

お客様は、米国国立標準技術研究所(NIST)が定義する以下の3種類のクラウド導入モデルのいずれかにPaaSを導入することができます。

1.1 プライベートクラウド開発

プラットフォーム開発は、複数の消費者からなる単一の組織が排他的に使用するためにプロビジョニングされたインフラストラクチャ上に構築されています。このインフラは、組織、サードパーティー、またはその組み合わせによって所有、管理、運営され、敷地内または敷地外に存在することができます。

1.2 パブリッククラウド開発

プラットフォーム開発は、複数の組織が使用できるようにプロビジョニングされたインフラストラクチャ上に構築される(マルチテナントモデルとも呼ばれる)。インフラストラクチャーは、企業、学術機関、政府機関、またはその組み合わせによって所有、管理、運営される場合があります。クラウドプロバイダーの敷地内に存在する。

1.3. ハイブリッドクラウド開発

プラットフォームは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方にまたがって構築されています。2つのクラウドモデルはそれぞれ独自の存在であるが、データとアプリケーションのポータビリティを可能にする標準化された技術または独自の技術によって結合されている。ハイブリッドクラウド開発は、PaaSソリューションに使用されることはほとんどありません。

2. PaaSの主な機能

PaaSプラットフォームは、Webアプリケーション開発における利便性を提供するクラウド開発プラットフォームです。アプリを迅速に提供することができ、ソフトウェア開発サイクルを短縮することができます。

2.1. マネージドインフラによる統合開発

プラットフォームの主な特徴として、マネージドインフラと統合開発が挙げられます。ベンダーは、コンピューターサーバー、データセンター、ストレージ、ネットワーク機器など、基盤となるハードウェアを管理します。ベンダーは、基盤となるインフラストラクチャの管理とアップデートに責任を持ちます。

統合開発とは、開発者がアプリの設計、デバッグ、デプロイに必要なすべてのツールにアクセスできることを意味します。アプリはウェブ開発環境に統合されているため、開発インフラの維持にかかるコストや複雑さを軽減することができます。

また、ベンダーによっては、リモートチームの管理に必要なコラボレーションツールやプロジェクト管理ツールを提供しているところもあります。

2.2. ミドルウェアのサポート

PaaSプラットフォームは、オペレーティング・プラットフォーム・リソースも備えています。アプリを実行するための環境を提供し、管理されたデータベースへのアクセスも可能です。また、ほとんどのベンダーは、ユーザーアプリケーションとOSの統合に必要なツールによるミドルウェアのサポートを提供しています。

2.3. 意見集約型開発

PaaSは、グリーンフィールド・アプリケーションの開発に適したアプリの「意見集約型」開発を可能にします。PaaSは、アプリ開発のためのテンプレートを提供し、開発者はそれを基にウェブアプリを開発することができます。

3. PaaS技術のメリット

PaaSは、2つの基本的な理由から、中小企業やスタートアップ企業に適しています。まず、費用対効果です。小規模な企業でも、高額な費用をかけずに最先端のリソースにアクセスすることができます。

ほとんどの中小企業は、自社内で堅牢な開発環境を構築することができないため、PaaSはソフトウェア開発を加速させるための道筋を提供します。第二に、基本的なインフラストラクチャの維持に煩わされることなく、自分たちの専門分野に集中することができます。

その他にも、以下のようなメリットがあります。

  • 費用対効果。ハードウェアの購入やダウンタイム時の費用負担が不要です。
  • 時間の節約。コアスタックのセットアップやメンテナンスに時間を割く必要がありません。
  • 市場投入までのスピード。アプリ制作のスピードアップが可能です。
  • 将来性。最先端のデータセンター、ハードウェア、オペレーティングシステムを利用可能です。
  • セキュリティの向上。PaaSプロバイダーは、セキュリティ技術や専門知識に多大な投資を行っています。
  • ダイナミックな拡張性。ピーク時の迅速な容量追加と必要に応じたスケールダウンが可能です。
  • カスタムソリューション。開発者がカスタムソフトウェアを作成できるような運用ツールを用意しています。
  • 柔軟性。社員がどこからでもアプリケーションにログインして作業できるようになります。
  • PaaS技術の課題

どのような話にも必ず両面があります。PaaSを利用することは簡単ですが、同時にいくつかの課題も存在します。これらのハードルのいくつかは、単にポジティブなことの裏返しであり、もともとある性質でもあります。また、事前の計画や準備によって克服できるものもあります。

以下は、PaaS技術の課題の例です。

  • ベンダーの依存性。ベンダーの能力に大きく依存するため、ベンダーに依存してしまうリスクがあります。
  • ロックインのリスク。顧客は、もはや必要としない言語、インターフェイス、プログラムに縛られる可能性があります。
  • 互換性。既存の開発プラットフォームとPaaSを併用する場合、互換性の問題が生じる可能性があります。
  • セキュリティリスク。PaaSプロバイダーはインフラとプラットフォームを保護するが、企業は構築するアプリケーションのセキュリティに責任を持つ必要があります。

4. IaaSとPaaSとSaaSの違いを解説

IaaS(Infrastructure as a Service)は、最も一般的な3つのクラウド・コンピューティング・サービスの1つです。IaaSは、多くの場合、サービス、ストレージ、ネットワーキング、仮想化などを含む従量課金制のサービスである。しかし、IaaSはその仲間のサービスモデルと比較してどうなのでしょうか。

PaaS(Platform as a Service)は、IaaSプラットフォームの上に構築されたハードウェアとソフトウェア・ツールで構成されています。PaaSは、IaaSプラットフォームの上に構築されたハードウェアとソフトウェアツールで構成され、システム管理の必要性を低減し、エンドユーザーがインフラ管理の代わりにアプリケーション開発に集中できるようにする。

一方、SaaS(Software as a Service)は、インターネット上でサードパーティ経由で利用可能な、すぐに使えるソフトウェアです。最近のSaaSアプリケーションの多くは、IaaSやPaaSのプラットフォーム上に構築されています。

IaaSと並行して、より新しいクラウドモデルがこの領域に参入していることは驚くことではありません。コンテナやサーバーレスアーキテクチャは、アプリケーションの運用方法に新たな選択肢を提供するサービスモデルである。現時点では、シンプルなIaaSソリューションが最も成熟した選択肢であり続けているが、トレンドウォッチャーは、新しいテクノロジーとしてコンテナとサーバーレスアーキテクチャに注目している。

 IaaSとPaaSとSaaS

IaaSプロバイダーが提供するサービスの範囲は膨大で、常に進化していますが、クラウドサービスプロバイダーを選択する前に、常にビジネスのニーズを評価し、優先順位をつけておく必要があります。企業には、現在および将来のニーズに合ったクラウドコンピューティングソリューションを分析、評価、設計する能力を持つ有能なITプロフェッショナルが必要です。

5. PaaSに関するよくある質問

u003cstrongu003e5.1 PaaSとは?u003c/strongu003e

PaaSとは、Platform as a Service Providerの頭文字をとったもので、個人や企業が基盤となるインフラを購入せずにアプリケーションを開発、管理、最適化するためのオンラインプラットフォームです。u003cbr/u003e

u003cstrongu003e5.2 SaaSはPaaSとIaaSとの違いは?u003c/strongu003e

SaaSはエンドユーザが利用するアプリケーションまで運用管理をし、PaaSは開発環境を提供する為のミドルウェア、サーバOSまでを運用管理、IaaSはハードウェアの保守管理を中心に行います。

u003cstrongu003e5.3 PaaSの仕組みu003c/strongu003e

一般的に、PaaSソリューションには3つの主要な部分があります。u003cbr/u003e* 仮想マシン(VM)、OSソフトウェア、ストレージ、ネットワーク、ファイアウォールを含むクラウドインフラストラクチャu003cbr/u003e* アプリケーションを構築、デプロイ、管理するためのソフトウェアu003cbr/u003e* 開発チームやDevOpsチームがアプリケーションのライフサイクル全体を通じてすべての作業を行うことができるグラフィックユーザーインターフェイス

6. PaaSの市場規模

PaaS

iPaaS市場の2021年度の売上金額は28億円、前年度比36.6%増の高い伸びを示しました。2022年度は同42.9%増と2021年度を上回る伸びを予測しています。

企業におけるSaaSアプリケーションの利用拡大に加え、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境を志向する企業が増加傾向にあることから、iPaaSのニーズが徐々に高まりつつあります。

また、同市場への新規参入ベンダーも増加しており、市場の認知度が高まってきていることから、市場は2026年度には115億円、CAGR(2021~2026年度)は32.7%の高い伸びを予測しています。

参考: ITR Market View:ERP市場2021

7. 終わりに

テクノロジーは常に進化しており、PaaSも例外ではありません。大手クラウドサービスプロバイダーは、人工知能(AI)アプリケーションを提供するプラットフォームであるAI-platform-as-a-service(AIPaaS)の提供を始めています。これらのプラットフォームには、企業がそのまま使用できる事前学習済みの機械学習モデルや、特定のAI機能をアプリケーションに統合するためのAPIが含まれる可能性があります。

実際、クラウドコンピューティングは単にコンピューティングに留まらず、新しいアーキテクチャにおけるクラウドネイティブデザインがますます標準化されています。

クラウドコンピューティングに携わりたい方や、単に知識を増やしたい方は、ぜひ当社の他のクラウドコンピューティングリソースもご覧ください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月21日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る