• Home
  • ブログ
  • ITコンサルタントとSE(システムエンジニア)の違いとは?役割・仕事内容の観点から解説

ITコンサルタントとSE(システムエンジニア)の違いとは?役割・仕事内容の観点から解説

最近、システム開発においてなくてならない役割はITコンサルタントとSE(システムエンジニア)です。近年におけるITコンサルタントとSEはだんだんと重なる領域も増えてきていますが以下の記事においてMiichisoftと一緒にITコンサルティングとSEの違いについて見ていきましょう。

質問①ITコンサルタントとは?

ITコンサルティングとは、クライアント企業のIT関連分野全般におけるアドバイス業務、及び、システム導入支援を行うITコンサルティングのことをいいます。

ITコンサルティングの役割は、IT分野に問題を抱えている、あるいは今ある問題の解決をIT技術によって解決を試みるクライアントに対してリサーチを行い、問題の原因分析、解決策の提案、そして実行支援としての、システム導入・改善まで、一貫したサービスの提供を行うことで、問題の解決を行い、利益増を目指すことを究極の目的としています。

ITコンサルティングの役割

質問②SEとは?

SEの仕事は、ソフトウェア開発の現場で、開発プロジェクトや開発チームの管理、またプログラムの仕様書(システムの設計書)やソフトウェアの設計書を作成することです。

SEの役割は、ITコンサルティングの段階と違い、クライアントが開発するのを決定してから、クライアントへのヒアリングを通じて要求に最適な仕様のシステム開発をおこなうことです。また、開発の現場においてシステム設計やプログラミングなどの業務を担当します。

質問③ITコンサルティングとSEの違い?役割・仕事内容・求められるスキルなどの観点で解説

ここでは、SEとITコンサルティングの違いについて、役割・仕事内容の観点で解説します。

①役割の違い

SEが担う役割

SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計・開発をおこなう役割を担っています。データの持たせ方やヒューマンインターフェースの設計などから始まり、仕様書を作成し、プログラマーへ開発を依頼するといった“モノづくり”に特化しています。

また、最新のIT技術に関する知識を常に習得するなどのスキルを磨く必要があります。

※SIerは、SE・プログラマーなどが所属する会社や組織の総称であり、システム開発や運用保守などを事業としています。

ITコンサルティングが担う役割

一方、ITコンサルティングは、クライアント会社の経営方針や業務改革の検討から参画し、システム化への提案・業務要件定義までを担っています。

普遍的なビジネスの形態を熟知し、社会情勢を察知し、それらを踏まえた上で、クライアントの課題解決を実現する提案スキルを磨く必要があります。

仕事内容の違い

システム開発において、SEは、業務要件定義をシステム要件へ具体化する段階から参画するのが一般的です。一方、ITコンサルティングの仕事内容は、コンセプト・スコープ定義・業務要件定義など初期段階から関与します。

SEの仕事内容

SEは、担当しているシステム機能を深く掘り下げて理解し、業務担当者(=システムユーザ)に対して、システムのより良い「使い勝手」を提案できることに価値を求められます。

また、要件通りにシステム設計をおこない、プログラマーに求められた品質を担保するよう促す役割を担っています。

上記より、SEは「システム機能のスペシャリスト」と言えるでしょう。

ITコンサルティングの仕事内容

ITコンサルティングの仕事内容

ITコンサルティングは、プロジェクトのスコープを決定するキーパーソンとなります。また、システム開発プロジェクト中は「業務側の言葉をIT側へ伝える」重要なコミュニケーターの役割を担います。

SEに比べて守備範囲が広くなる分、機能の細部についてはSEに任せ、システム全体を俯瞰する姿勢が必要になります。常に一歩先を見通し、計画・実行・危機管理・報告の行動を心掛けるようにしなければなりません。

クライアント企業の相対するポジジョンも、SEは業務担当者、ITコンサルティングは経営層と違いがあり、自ずと視点・視座も変わります。

おすすめ・まとめ

企業の競争力を維持し、各企業はITをはじめとしたテクノロジーの活用が欠かせません。

また、世界の企業と対等に渡り歩いていくためにも、一層の業務効率化および自動化を実現する必要もあります。どのようなITツール・システムを活用すれば効率化や自動化が実現できるのか、会社の業務全体を分析し、最適なITツールの選定を見極めるためにもITコンサルティングの役割のが不可欠となっている現状です。

参照:https://miichisoft.com/6-benefits-of-it-consulting-in-projects/

Miichisoftは顧客の発想プロセスから運用プロセスまでの支援する会社です。上流工程から下流工程までにコンサルティングから開発までのチームを構築して最適なコースを提供します。

是非、ITコンサルティングについて何かを気になれば、Miichisoftまでお問合せください。

関連記事

【2023年】PWAとネイティブアプリを比較・選択方法を解説

Post Views: 521 消費者はモバイルの使用に不可欠です。ユーザーはデスクトップよりもモバイルで 2 倍の量のコンテンツを視聴しており、企業がエンゲージメントを生み出し、カスタマー エクスペリエンスを向上させる絶好の機会を生み出しています。 長い間、企業はモバイル アプリの開発に関して 2 つの選択肢しかありませんでした。 現在、彼らには 3 つ目の選択肢があります。Progressive Web Apps (PWAs)です。 PWA技術は、モバイルでのプレゼンスを確立するための最良の方法としてしばしば歓迎されますが、実際にそのように優れているのでしょうか? このPWAアプリとネイティブアプリの比較で詳しくご紹介します。 エンジニアの観点からPWA

ITコンサルタントを利用する際の注意点

ITコンサルタントを利用する際の注意点

Post Views: 14 現在、ITアウトソーシングはあんまり珍しくないですが、戦略立案やプロジェクト推進などでも、外部のITコンサルタントのリソースを活用する際に、プロジェクトが効果的に動く一方、不安点や注意点が多少あるでしょうか?ここではITコンサルタントの業務を雇っている企業に対して、失敗しないITコンサルタントとの付き合い方をご紹介します。 質問1. ITコンサルタントを利用する際の注意点 DX時代の中にITというものを初めて触れ合った企業が少なくはないと思います。それで、ITコンサルタントの役目はIT分野に問題を抱えている、あるいは今ある問題の解決をIT技術によって解決を試みるクライアントに対してリサーチを行い、問題の原因分析、解決策の提案、そして実行支援としての、システム導入・改善まで、一貫したサービスの提供を行うことで、問題の解決を行い、利益増を目指すことを究極の目的としています。 ただ、ITコンサルタントを利用する際に幾つか不安点があります。 ①費用、コンサルティング料金が高い ITコンサルタントは、基本的に費用が高いところが多いです。 特に、システムを自社開発していない場合や、開発していても解決する上では他社製品を使った方が良い場合、ITコンサルタントを利用して費用がかかります。 ②自社の経営内容を第三者へ開示することへの不安 ITコンサルタントの業務は、様々な情報を把握して提案する必要があります。 例えば、運営管理システムを開発する際に、外部のITコンサルタントは社内人材や業務内容や経営などをしっかり把握しなければなることが企業にとって懸念のところが多少あります。 ③ITコンサルタントの力量に大きく左右される ITコンサルタント自体が非常に高い能力を持っていないと、適切な改善がされない可能性があります。 求めるレベルは人によって様々ですが、 「問題の本質を解決出来るコンサルタント」 と 「表面化している問題だけを解決するコンサルタント」

プロジェクトにおけるITコンサルティング6つのメリット

プロジェクトにおけるITコンサルティング6つのメリット

Post Views: 9 ITイノベーションは多くのコアビジネスであり、顧客へのリーチ、コミュニケーション、および競争力を向上させるます。ただし、すべての企業が優れたITコンサルティングチームを構築できるわけではありません。これは、費用がかかり、時間がかかり、面倒です。その結果、ITプロジェクトの計画と実行を外部から支援してもらうと、ほとんどの場合、より良い結果が得られます。ITプロジェクトコンサルタントを雇うことは、プロジェクトマネージャーや社内のIT部門では問題解決できない場合もあります。その上、誰にもプロジェクトにおけるITコンサルティングの以下の6つのメリットを否定できないと思います。 ITコンサルティング6つのメリット 1. ITコンサルティングでプロジェクトのコスト削減 企業でコンサルタントのチームを構築する際の最大の障壁は、多くの場合、コストです。多くの場合、常設のコンサルティング チームが必要なのは大企業だけです。これらの企業はどちらも、給与、ボーナス、およびその他の多くのメリットの面でコストを失います。A+認定ITプロフェッショナルの給与中央値は81,100ドルで、全職種の給与中央値39,810ドルを大きく上回りました。 一方、外部委託されたコンサルタントは、追加費用なしで一定期間契約することができます。彼らは働いた時間に対してのみ報酬を受け取り、目の前のプロジェクトに完全に集中することができます。そのうえ、ITコンサルティングを活用すると、各企業がITコスト削減を成功させることができます。 2. プロジェクトを最良の方向に導くITコンサルティング 社内のITプロジェクトは、予期せぬ状況やコストのかかるミスにより、当初の計画よりも実行に時間がかかることが多く、数か月または数年かかることもあります。ただし、ITコンサルティング部門の場合、これらのケースは完全に予測可能です。コンサルタントは、プロジェクトの顧客要件に基づいて構築し、それらを構成して、製品開発に対する潜在的な障壁を確認できます。彼らは、他の組織から学んだ教訓をあなたの組織に適用し、効果的に追跡および報告される正確で実行可能な計画を作成できます。 3. 企業の業務効率化を支援するITコンサルティング ITコンサルティングの専門家は、顧客のビジネスを効果的に評価し、その弱点を明らかにし、顧客のインフラストラクチャとワークフローに合ったテクノロジ ソリューションを作成するためのツールと知識を備えています。彼らは、優れたソリューションであっても統合が不十分なソリューションは、利益よりも害を及ぼす可能性があることを理解しており、ITプロセスとビジネス プロセスを合理化して、従業員の生産性を高め、ストレスを軽減するのに役立ちます。 Miichisoftでは、プロジェクトのITコンサルティングチームのほか、デルタウィンと協力協定を結びました。案件ごとだけでなく、事業運営全体の問題点を洗い出す総合経営コンサルティングユニットです。そこからMiichisoftとデルタウィンが連携し、顧客のビジネス課題を解決するための最適なソリューションを考え出します。 4.

株式会社Miichisoftの技術コンサルティングサービスでは何か特別でしょうか ?

Post Views: 2 Miichisoftは単なるアウトソーシング企業ではなく、「技術パートナー」になることを目指し、お客様に アイデアを作って実施することからプロジェクトを維持することまで のサポートを提供します。 そのため、Miichisoftは最初にお客様向けのコンサルティング業務を行う力を注いでいます。お客様が何を求めているのかを理解し、最適で効果的なソリューションを提供できる自信を持っています。 他企業との提携によりコンサルティング能力の向上を目指す ▪️ 2021年:日本企業のデルタウィンコンサルティングと提携 ▪️ビジネスコンサルティングを専門としており、顧客により良い解決策の提案が出来るように。 ▪️ 2022年:ベトナムの大手企業FPTの教育プログラム(FUNIX)との研修プログラムを締結 ▪️ 将来的には、さまざまな分野の企業との協力関係がさらに増えていく見込みです。 ▪️ 2025年までに80名の日本チームを結成することにより実施部門がお客様の意向をより正確に汲み取れるようになり、業務上のお客様とのコミュニケーションがより円滑になります。 ▪️ ワンストップサービスを遂行する為のコンサルティングチームを日本で構築する ▪️