仮想通貨ウォレット と は?種類、開発流れと主な機能を解説

Calendar
2023年1月31日
Calendar
898

暗号通貨が世界の金融空間に深くて恒久的に定着したことを疑う人はほとんどいません。その結果、このエコシステムをうまく拡張し、使いやすくするための一種の付属製品が作成されています。通貨があるということは、どこかに保管しなければならないということです。これが暗号ウォレットの誕生であり、ユーザーは暗号通貨取引を迅速かつ安全に実行できます。

ただし、複雑すぎて使用できない技術は、十分な人気を得て普及することはできません。 そのため、暗号資産ウォレット用のアプリを作成するという決定は非常に成功し、実用的であることが証明されています。
この記事では、仮想通貨ウォレットとは何か、作成方法、およびアプリケーションを開発する際に注意すべき点について説明します。

1. 仮想通貨ウォレット と は?

仮想通貨ウォレット(Crypto Wallet)は、特定のブロックチェーンネットワークの参加者間でデジタルトランザクションまたは暗号通貨を転送し、ブロックチェーンスマートコントラクトをトリガーするアプリです。

そのストレージ機能は電子財布と同じですが、暗号通貨にも適用されます。 これは、暗号通貨を安全に保管し、取引記録 (売買、入金) を追跡するソフトウェアです。ウォレットは、識別子およびブロックチェーン アカウントとしても機能します。

暗号通貨ウォレットはスマートフォンにインストールできるため、非常に簡単です。 ラップトップ、任意のブラウザー、さらにはポケットに保存できます。

ウォレットは取引の仲介者を排除します。これにより、顧客は即座に操作を行うことができます。暗号資産ウォレットを使用すると、取引手数料が大幅に削減されるか、ゼロになることさえあります。その結果、ユーザーの満足度と交流の強度が高まります。

参考:Web 3.0 とは?ブロックチェーンに基づく次世代ネットワーク

2. 暗号資産ウォレットはどのように機能するか?

暗号資産ウォレットは、公開鍵と秘密鍵の組み合わせによって取引を行います。実際、公開鍵は自分のウォレットアドレスです(大まかに言えば、銀行口座の類似物です)。このアドレスを金融機関や別のカウンターパート (個人) と恐れることなく共有できます。銀行システムのアナロジーに訴え続けると、秘密鍵はデビットカードの暗証番号のようなもの、つまり公開鍵のパスワードです。

ウォレットが送信者からお金を受け取るには、受信者に公開鍵 (クリプトウォレットアドレス) を渡す必要があります。暗号通貨はデジタルウォレットに直接保存されるのではなく、ブロックチェーンに残ります。
暗号通貨には物理的な表現がないため、暗号ウォレットにはお金ではなく、暗号化された情報が含まれています。また、仮想通貨ウォレットを手元に置いたとしても、お金自体は実際にはそこに存在しません。それは何か?これから詳しくお話しします。

ウォレット と は

3. 仮想通貨ウォレットの種類

通常の電子ウォレットと同様に、暗号資産ウォレットはバリエーションに分けられます。 ホルダーのニーズに応じて、カスタマイズされています。

コールドウォレットはハードウェアウォレットです。このバリエーションは、それを長命のアクティブなものと見なし、近い将来に使用するつもりのない暗号通貨所有者に適しています。

基本的に、コールドウォレットはフラッシュドライブのようなものであり、公開鍵と秘密鍵の情報が紙に印刷されたペーパーウォレット(別のタイプと見なされる場合もあります) です。少し奇妙に聞こえますね。

ただし、物理的なウォレットを「ハッキング」することは不可能であるため、仮想通貨保有者はこのタイプのストレージにより自信を持っています (ただし、この場合、「古き良き」盗難や些細な損失から保護されていません。 最初に適切な措置を講じます)。

ホットウォレットはソフトウェアベースのウォレットです。このバリアントは、ほぼ毎日または1日に数回取引を行う熱心な暗号トレーダーに最適です。したがって、そのような暗号通貨ウォレットはあまり保護されていません。ホットウォレットは、保管場所に応じて亜種に分けられます。

・デスクトップウォレット

・モバイルウォレット

・ウェブ/オンラインウォレット

これらの亜種にはそれぞれ独自の利点があります。たとえば、

・デスクトップウォレットはコンピューターまたはラップトップに保存されます。このタイプは (ウイルスを除いて)非常に安全ですが、いくつかの欠点もあります(ラップトップをどこにでもドラッグすることはできません)。例としてはBitcoin Core、Bitcoin Knots、MultiBit、Armory、および Electrum。

・モバイルウォレットは匿名で、暗号化され、安価で、分散化されています。 例としては、Bitcoin WalletとHive Androidがあります。さらに、このタイプの暗号ウォレットは最もユーザーフレンドリーであるため、頻繁にダウンロードされます。したがって、すべてのブロックチェーンストレージの62%がモバイルブロックチェーンウォレット用です。

・Web ウォレットは、任意のブラウザー、モバイル デバイスなどからの暗号アクセスを容易にします。それらはクラウドで動作します。 秘密鍵はオンラインで保存されるため、非常に便利です。 ただし、サードパーティが間接的に制御しているため、ハッカーの攻撃に対して脆弱になることがあります。

4. 仮想通貨ウォレットの開発が増加

暗号通貨は、その回復力をすでに証明しています。多くの金融アナリストは、これはすぐに過ぎ去る現代のトレンドだと考えていましたが、そうはなりませんでした。代わりに、ビットコインは 2009 年に登場し、非常にうまくいっています。そして、それには約18,000人の競合他社がいて、深刻なものとそれほど深刻ではないものがあります.
Statista によると、2011年以降、仮想通貨ウォレットの数は着実に増加しています。2016 年末には約1,100 万でしたが、2021年1月から2022年1月だけで、その数は6,600万から 8,100 万に増加しました。

growth of cryptocurrency wallet development company

全部で、世界には80以上のウォレットがあります。したがって、Ledger Nano S (ハードウェアプラットフォーム)ウォレットは472のデジタル通貨をサポートしました。現在、最も人気のある仮想通貨ウォレットは次のようになっています。

popularity of cryptocurrency wallet development services

数百の暗号通貨をサポートするものもあれば、数十の暗号通貨をサポートするものもあります。したがって、暗号資産ウォレットの開発に従事することが理にかなっているのかどうかは、それだけで崩壊します。

暗号通貨とウォレットの数を見ると、市場がまだ飽和していないことは明らかです。さらに、ますます多くの企業が個人用の暗号通貨ウォレットを取得し、支払いやその他のビジネスソリューションと統合することを決定しています。

2021年上半期、Coinbaseの総収益は40億ドルでした。これには、暗号通貨取引からウォレットまですべてが含まれます。 Visa暗号通貨カードも利用できます。

5. どうやって仮想通貨ウォレットを作成できる?

ビットコインやイーサリアムなどのほとんどの暗号通貨は、複数の暗号通貨に投資したいトレーダー向けの統合を除いて、独自の暗号通貨ウォレットを提供します。もちろん、これらの暗号通貨ウォレットは簡単に統合でき、単純なタスクに使用できます。それでも、クリプトウォレットアプリを開発して、より複雑なビジネスロジックや機能を実装することも可能です。

Miichisoftを雇って、暗号ウォレットを作成したり、暗号通貨ウォレットアプリケーションを開発したり、暗号資産だけでなく、統合された株式購入機能やネオバンクに固有のその他の機能を含むデジタルエコシステム全体を開発したりできます。

cryptocurrency wallet developers

6. 暗号通貨ウォレットの開発流れ

仮想通貨ウォレットの開発プロセスは、ある種のユニークなタスクとは言えません。どの製品にも正確な計画が必要であり、段階に分割する必要があります。

6.1. 事業計画と技術分析

カスタムウォレットの作成には明確な目標があり、そこからさらに機能を導き出す必要があります。作業を開始する前に、チーム内でどのようなプロセス管理方法が使用されていても、明確に定義された時間枠内で開発に対処するチーム構成を理解する必要があります。

6.2. 予算を考慮する

ニーズと概説されたチームとタイミングに応じて、予算が形成されます。さらに、予算は段階的に適切に分割する必要があります。

また、必要に応じてアクセスできる追加の経済的安全クッションが必要です。これは、どの段階でもさまざまなアイデアがあり、その結果、予期しないコストが発生する可能性があるためです。 したがって、最初にMVPが作成され、その上に追加機能が「張られ」ます。

6.3. UI & UX

素晴らしいアイデアには、同様に素晴らしい視覚化が必要です。便利な機能が満載の仮想通貨ウォレットは、そのインターフェースが複雑すぎて幅広いユーザーに受け入れられず、専門家向けの限定されたニッチな製品であり続けるリスクがある場合、決して普及することはありません。

ターゲットオーディエンスが後者である可能性を排除するものではありませんが、彼らは使用可能な製品も見たいと考えています。

参考:有望なDeFiのサービスと開発流れを解説

6.4. 開発

ウォレットのビジネス上および技術上の特性を理解したら、ウォレットアプリケーションのアーキテクチャを構築し、クライアントと合意します。このステップでは、ウォレットのフロントエンドとバックエンド間の通信、ウォレットの作成方法、データの保存方法と取得方法、トランザクションの実行方法を定義します。アーキテクチャは、バックエンドがフロントエンドとスマート コントラクト間のリンクを提供する、開発の後続のすべての段階のテンプレートとして機能します。

6.5. テスト

一部のクライアントは、避けられない部分をケチることを好みます。したがって、この段階で、チームはアプリケーションで見つかったすべてのバグとグリッチを排除します。

6.6. デプロイ

クリプトウォレットが世に出るステージです。最初のダウンロードと自然なユーザーエクスペリエンスは、製品がどれだけうまく構築されているか、および何ができるだけ早く修正できるかを示します。

6.7. サポート

仮想通貨ウォレットは、セキュリティと既存の機能の改善の両方のために、継続的なサポートと更新を必要とするテクノロジーです。
参考:DeFIとは? 分散型金融を本質的に理解する

mobile crypto wallet development

7. 2023年の仮想通貨ウォレットアプリ開発ガイド

仮想通貨ウォレット自体を作成する段階について説明した後、使いやすさとセキュリティを強調しながら、そのようなアプリケーションに典型的な必須の機能セットについてご紹介します。

モバイルウォレット開発の最も有望で最も有望なアイデアでさえ、ブロックチェーンとクラウドテクノロジーを理解せず、APIと標準のオープンソース暗号通貨ライブラリを使用せず、最終的にテクノロジースタックを特定のケースに正しく一致させずに失敗する可能性があります。

7.1. 暗号資産ウォレットアプリの主な機能

・認可機能:大部分のアプリケーションおよび金融アプリケーションにとって不可欠な部分であり、信頼性の問題でもあります。

・セッション期間:セキュリティ上の理由から、金融アプリにとって重要です。

・QRコードスキャナー機能:ウォレットアドレスと公開鍵の自動スキャンにより、アプリ内のトランザクションの速度、利便性、シンプルさ、およびセキュリティが向上します。

・多通貨機能:アプリケーションが特定の暗号を対象としていない場合は、法定通貨を含む複数の通貨を操作するオプションを追加することをお勧めします。これにより、ターゲットユーザーが大幅に拡大されます。

・整合性:アプリのもう 1 つの利点は、同じQRコードを使用して、モバイルウォレットをより安全なペーパーウォレットにインポートできることです。

・プッシュ通知:取引状況、為替変動、換算レート変動などをユーザーに通知するメッセージです。

・コミッション:クリプトウォレットアプリは、変動コミッションを常に計算できる必要があります。

・ブロックチェーン:完了したすべてのトランザクションはブロックチェーンネットワークに転送され、そこに保存されます。

参考:NFTとは? 非代替性トークンの例・特徴と将来性を徹底解説

7.2. 改めて、暗号通貨ウォレットアプリ開発におけるセキュリティについて

ブロックチェーンは、その「粉砕された」性質により、Web 2.0グループの他のどのテクノロジーよりもはるかに安全なテクノロジーであると一般に信じられています。ただし、ブロックチェーン自体がウォレットのクラック防止を保証するものではないため、開発者が心配すべきセキュリティの側面がいくつかあります。

・二要素認証、またはさらに良いのは、固有の PINコードまたは生体認証データを二要素として使用する多要素認証です。

・複数の異なる場所に保存する必要があるウォレットのバックアップ。

・企業がビジネス目的で暗号通貨ウォレットプロファイルを使用し、複数の承認済みユーザーがいるとします。この場合、それぞれが暗号通貨を処分できるのは、他の全員が許可を与えた後だけです。

・セキュリティ更新プログラムは、お客様と開発チームの間の継続的な協力の最も重要な要素です。ハッキング技術は静止していないため、特定のセキュリティ サービス セットを開発して、そこで立ち止まることはできません。

mobile app development security

8. 最後に

他の金融商品と同様に、仮想通貨ウォレットは、開発者やテスターからビジネスアナリストやマーケティング担当者まで、経験のある専門家の最大限の関与を必要とする複雑なテクノロジーです。

失敗した仮想通貨製品のほとんどは、少なくとも同じブランドの下では、二度とチャンスを得ることはめったにありません。ユーザー中心の設計とブロックチェーン技術を同等に理解している有能な暗号資産ウォレット開発チームを見つけてください。

Miichisoftでは、理解のある優秀な人々を見つけることができます。貴社が求めるアプリケーション開発にご協力させてください。

ご返事お待ちしています。
よろしくお願いいたします。

ソース:The App Solutions (A Guide to Crypto Wallet Development)

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年7月22日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年7月22日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年7月22日
もっと見る