【2023年最新版】AWS AmplifyとFirebase: 50の機能を徹底比較

Calendar
2023年1月19日
Calendar
761

GoogleとAmazonがクラウドコンピューティングを支配しています。 開発者は、これらの巨大企業が提供しているサービスについての情報や特徴、そして似ているサービスとの差を知りたいと考えています。今回はAWSのAmplifyとGoogleのFirebaseについてご紹介します。

まず、AWS AmplifyとGoogleのFirebaseは、どんな機能を提供しているのか、また、それぞれのサービスの長所と短所について説明します。次に、50個の機能を表を用いて比較します。最後に、2つのサービスのどちらを選択するのがおすすめかご紹介します。

1. AWS Amplifyとは?どんな特徴がある?

AWS Amplifyとは

AWS Amplify は、フルスタックのWebアプリケーション開発またはモバイルアプリを AWS にデプロイする視覚的な方法を探しているフロントエンド開発者向けのものです。特にDevOpsは必要なく、Gitリポジトリに接続し、いくつかの設定ページをクリックすることでアプリを自動的にデプロイします。

もう1つのオプションは、視覚的なドラッグアンドドロップエディター(drag & drop editor)を使用してアプリのバックエンドを構築することです。 バックエンドには、ストレージ、データ、認証などを含めることができます。 同じ種類のインターフェースを使用して、フロントエンドを視覚的に設計することもできます。

設定が完了したら、git または AWS CodeDeploy リポジトリにプッシュするだけです。 あとは Amplify が行います。
続いて、フルマネージド ホスティング サービスを介してアプリをデプロイします。 その後、アプリを AWS Cloudfront コンテンツ配信ネットワーク (CDN) に自動的にスケーリングします。

AWS には、Neiman Marcus、Noom、United Way などという大手の企業がサービスを利用しています。

2. Google Firebaseとは?どんな特徴がある?

GoogleのFirebase は、AWS Amplify のビジュアル デプロイ サイクルに代わるコマンドライン インターフェイス (CLI) を提供します。 1 つのコンソール コマンドで、静的アプリまたはフルスタック アプリをセットアップ後にデプロイできます。

NoSQL データベースを備えたアプリ開発プラットフォームとして販売されている Firebase は、必ずしも AWS Amplify と同じ開発者向けではありません。Firebase は、スケーラブルなバックエンドとデータベース機能を必要とする CLI スキルを持つモバイルおよびウェブアプリ デベロッパーにアピールします。

Firebase ではいくつかのサービスを利用できます。 例えば、
・認証
・リアルタイム データベース
・分析
・パフォーマンス監視
・クラウド メッセージング
・テストラボ
・クラッシュレポート

Google Firebaseとは?どんな特徴がある?

開発者は、新機能を段階的に展開し、完全なリリース前、一度に数人のユーザーでテストできます。
New York Times、Lyft、Alibaba、NPR、Venmoなどと言った大手企業がGoogle Firebaseを利用しています。

3. AWS Amplify と Firebase の長所と短所

AWS AmplifyGoogle FirebaseBackend-as-a-Service (BaaS) プラットフォームとしてどちらも高度にスケーラブルです。どちらもさまざまな言語とフレームワークをサポートしています。

Firebaseにはコマンドラインスキルが必要です。 これは、AWS Amplify や Netlify などの他のサービスのグラフィカルなアプローチとは異なります。 CLI インターフェースは非常に強力で、Firebase も同様です。

Amplifyでは、必要に応じてほぼフル機能の CLI インターフェイスがオプションで用意されていることに注意してください。 それでも、コマンド ラインの使用に自信がないかもしれませんが、Firebase ではコマンド ラインが必要です。

どちらのプラットフォームも従量課金制であるため、ユーザーの急増がコストに与える影響を予測することは困難です。 これは、予算上限を有効にしない Firebase では特に困難です。

Firebase は NoSQL データベースを使用します。 プラットフォームを切り替えることにした場合、データ移行の問題が発生する可能性があります。 いくつかの理由で、別のプラットフォームへの移行を希望する場合がありますが、NoSQL は SQL 機能がないため、クエリがより複雑になります。 これにより、一般的なデータベース機能が制限される可能性があります。

AWS Amplify にも問題がないわけではありません。 Amplify は、チームで作業するのが難しい場合があります。 というのも、 構成ファイルが、チームで簡単にアクセスできるように保存されていない場合があるからです。 すべてのファイルが git によって追跡されていない場合、Git と AWS Amplify の連携に問題が生じる可能性があります。

4. AWS Amplify と Firebase: 50 の機能の比較

 比較項目AWS AmplifyFirebase
サービスの説明SaaS, Scalable, Full-stack AppsBaaS, Web, Mobile App Backend
開発環境Amplify StudioFirebase Project
サポートフレームワークSPA Frameworks, Static site generators SSRFirebase SDKs, JavaScript, C++, Unity, Apple, Android
Web プロジェクトの自動化APIs, CLI
自動ビルドGitHub, Bitbucket, GitLab, AWS CodeCommitGitHub, Bitbucket, Gitlab
モノレポのサポート
自動スケーリング
ビルド バージョンのロールバックNo
デプロイ プレビュー有、Preview URL
インフラストラクチャーAWSGoogle Cloud
CDN
キャッシュの無効化
エッジ ハンドラーAWS CloudfrontGoogle Cloud CDN
ファイルの最適化CDNCDN
対象ユーザーWeb, Mobile App Devs, Frontend DevsWeb, Mobile App Devs, Frontend Devs
DevOpsが必要?無いが, CLI利用可
静的 Web アプリ
モバイルアプリ
JAMスタック
フルスタック
マイクロサービス
サーバーレス
バックエンドサーバーレスFirebase
ヘッドレス CMSサードパーティーFlamelink CMS
CLI
CI/CDサードパーティー
データベースAmazon Aurora MySQLFirebase NoSQL
認証Amplify AuthFirebase Authentication
HTTPS SSL化AWS Certificate Manager
グローバルな可用性
ホスティング
APIsgraphQL, RESTgraphQL, Firebase REST API
自動デプロイ
グローバル ビルド、テスト、デプロイ
高性能ビルド
Git デプロイへのプッシュ
バージョンのロールバック
ストレージS3Google Cloud Storage Bucket
依存キャッシュ
テスティングSite PreviewsFirebase Hosting, Firebase Test Lab
固定IPアドレスサードパーティー  VPC
フォーム管理
パスワード保護
分割テストサードパーティーFirebase A/B Testing
アドオンFirebase 拡張機能
チームの権限
分析Amazon Pinpoint & Amazon Kinesis Googleアナリティクス
セキュリティ保存時のAMSキー暗号化Encrypt Transit (HTTPS), At-Rest (Cloud Firestore)
無料トライアルFree TierFree Tier
価格Free Tier, Pay-as-you-goFree Tier, Pay-as-you-go

続きを見る:

【2023年最新版】NetlifyとAWS Amplify: 50の機能を徹底比較

【2023】AWS AmplifyとVercel: 48の機能を徹底比較

5. Firebase と AWS Amplify のどちらを選択するか

どのBaaSプラットフォームを選択するかは、Firebase や AWS Amplify などのプラットフォームで何を重視するかによって異なります。

例えば、
・軽量でシンプルな、開発者にとって使いやすい環境が必要
・大規模なスケーリングを予期しないでください
・CLIスキルを持っている
・多くの統合サービスが欲しいような場合

➡︎ Firebaseがオススメです。

逆に、
・ノー/ローコード環境が欲しい
・AWS コンソール内での作業に満足している (かなり複雑です)
・AWS インフラストラクチャの多くにアクセスする必要がある
・バックエンドまたはフロントエンドを視覚的に構築したい
・アプリを大規模またはエンタープライズ サイズにスケーリングする予定がある場合

➡︎ Amazon Amplifyがオススメです。

6.クラウドサポートのパートナー探しならMiichisoftに

Miichisoftは主にAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)を活用し、クライアントにビジネスヒアリングし、サーバのアーキテクチャ設計を提案できる体制を持っています。

また、2022年 AWSコンサルティングパートナーとして認証されています。

Webアプリケーション、モバイルアプリ、業務システム開発をクラウド上で検討している方には是非ともご相談ください。

要件定義、基本設計、詳細設計の上流段階から、開発・テスト、CICD導入など、ワンストップで対応しています。

ご連絡お待ちしています。

よろしくお願いいたします。

続きを見る: MIICHISOFT,.JSC「AWSコンサルティングパートナー認定」取得のお知らせ

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月21日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月21日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月21日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る