【2023年最新版】Androidアプリ開発ツールトップ5を説明

Calendar
2023年4月17日
Calendar
2634

2020年、Androidは世界のOS市場の約75%を占めるようになりました。また、毎年何千ものAndroidアプリが作成されており、効率的なAndroidアプリ開発ソフトウェアへのニーズが高いことも頷けます。

本記事はAndroidの定義とAndroidアプリ開発ツールトップ6についてご紹介しています。Androidとは何かはじめましょう。

1. Androidとは

Androidは、Googleが開発した携帯電話やタブレットなどのモバイル端末向けのオペレーティングシステムとプログラミングプラットフォームです。

さまざまなメーカーのさまざまなデバイスで実行できます。Androidにはソフトウェア開発キット(SDK)が含まれており、オリジナルのコードを書いたり、ソフトウェアモジュールを組み立てて、Androidユーザー向けのアプリケーションを作成するのに役立ちます。また、Androidは、アプリを配布するためのマーケットプレイスも提供しています。

これらを総合して、Androidはモバイルアプリのエコシステムを表現しています。

2. Androidアプリ開発理由

開発者がアプリを作成する理由はさまざまです。ビジネス要件に対応するため、あるいは新しいサービスやビジネスを構築するため、あるいはユーザーにゲームやその他のタイプのコンテンツを提供するためです。開発者は、大多数のモバイルデバイスユーザーにリーチするために、Android向けの開発を選択します。

3. Androidアプリ開発ツールトップ6

それでは、現在入手可能なトップクラスのAndroidアプリ開発ツールについて見ていきましょう。

3.1. Android Studio : 多くの人に支持されるAndroidアプリ開発ソフトウェア

Androidアプリ開発

Android Studioは、Androidアプリ開発のための公式統合開発環境(IDE)です。ソフトウェア用のJava統合開発環境であるIntelliJ IDEAをベースにしており、そのコード編集ツールや開発者用ツールが組み込まれています。

Android OS内でのアプリケーション開発をサポートするため、Android Studioでは、Gradleベースのビルドシステム、Android Emulator、コードテンプレート、GitHub統合を採用しています。Android Studioのすべてのプロジェクトは、ソースコードとリソースファイルを持つ1つまたは複数のモダリティを持ちます。これらのモダリティには、Androidアプリモジュール、ライブラリモジュール、Google App Engineモジュールが含まれます。

Android Studioは、Apply Changes機能を使用して、実行中のアプリケーションにコードとリソースの変更をプッシュします。コードエディタが開発者のコード作成を支援し、コードの補完、屈折、分析を提供します。Android Studioで作成されたアプリケーションは、APK形式にコンパイルされ、Google Play Storeに提出されます。

このソフトウェアは、2013年5月のGoogle I/Oで初めて発表され、2014年12月に最初の安定版ビルドがリリースされました。Android Studioは、macOS、Windows、Linuxのデスクトッププラットフォームで利用可能です。Android Studioは、Eclipse Android Development Tools(ADT)に代わって、Androidアプリ開発の主要なIDEとなりました。Android Studioとソフトウェア開発キットは、Googleから直接ダウンロードすることができます。

Android Studioのダウンロードページにアクセスします: Android Studio

Androidアプリ開発

3.2. Xamarin : C#を好む人のためのクロスプラットフォーム・ソリューション

Xamarin

マイクロソフトは、Android、iOS、Windows向けのモダンで高性能なアプリケーションの構築で.NET開発者を支援するために、オープンソースのアプリケーションプラットフォームであるXamarinを作成しました。Xamarinは、共有コードとプラットフォームコード間の通信を管理する役割を担っています。

Xamarinのおかげで、開発者は自分のアプリケーションの90%以上をすべての主要なプラットフォームで共有することができます。このような可能性は、プログラマーが1つの言語を使ってすべてのビジネスロジックを書きながら、各プラットフォームでネイティブのような操作感を実現できることを意味します。

開発者はPCまたはMacを使ってXamarinアプリケーションを作成し、ネイティブアプリケーションパッケージ(Androidは.apk、iOSは.jpa)にコンパイルすることができる。

Xamarinを使用している企業

  • アカデミー オブ モーション ピクチャー アーツ アンド サイエンス
  • アメリカ癌協会
  • アズール
  • BBC グッドフード
  • ジャストギビング
  • マイクロソフトニュース
  • 無停電電源装置

Xamarinのメリットとデメリット

Xamarinのメリット:

  • フルハードウェアサポート(例:カメラ、GPS)
  • MVCおよびMVVMアーキテクチャとの互換性
  • 完全な開発エコシステム(C#、.NET、Visual Studio)
  • オープンソースとフリー
  • メンテナンスの簡素化
  • 多くのコンポーネントを提供する「Xamarin Component Store」

Xamarinのデメリット

  • プラットフォーム固有のコードに精通していることが必要な場合がある
  • コミュニティーのサポートは最小限
  • 複雑なUIを持つアプリには向かない
  • アプリケーションのサイズが大きいこと
  • UI開発に手間がかかり、モバイルフレンドリーではない

Xamarin

3.3. AIDE:まだ始まったばかりなら

Androidアプリ開発
ソース: Perpet

これまでのツールが一定のスキルセットと経験を必要とする、言い換えれば、プロの開発者である必要があるとすれば、AIDEはAndroidアプリの作り方を教えてくれるソフトウェアです。このAndroid IDEは、インタラクティブなステップバイステップのチュートリアルで構成されており、Androidアプリを書くための基本的な知識をユーザーに提供します。

AIDEは、携帯電話やタブレットのようなAndroidデバイス上で動作するため、作業を開始するために追加の機器を必要としません。このソフトウェアはJavaとC/C++のプログラミング言語を使用するので、Kotlinを優先する場合は、AIDEは向いていないかもしれません。

  • スマートなコード補完とライブエラーチェック

学習ツールを使っても、アプリがバグるということはありません。AIDEは、ビルド内のコード補完とエラーチェック機能を備え、信頼性の高い一貫性のあるアプリケーションの作成を支援します。

  • Git、Android Studio、Eclipseの統合

AIDEでは、コードをGitやAndroid StudioなどのAndroidツールにデプロイして、そこでアプリの制作を続けることができます。

3.4. React Native:クロスプラットフォームアプローチの選択

Androidアプリ開発
ソース: Perpet

アプリの開発方法について、クロスプラットフォーム・ソリューションを抜きにして語ることはできません。多くの開発者は、AndroidとiOSの両方に適した1つのプロジェクトを作成できる、この種のツールの柔軟性を好むようになっています。

React Nativeは、2015年にFacebookからリリースされ、わずか数年で絶大な人気を獲得しました。2020年には、機能横断的なモバイル開発のための最も人気のあるフレームワークとなり、42%の開発者がこれを好んで使用しています。Androidアプリの開発に最適なツールの1つであることも頷けます。

React Nativeの最大の特典は、JavaScriptを使ってAndroidとiOSの両方のアプリを同時に作成できることであることは明らかです。1つのコードベースがプラットフォーム間で共有されるため、一石二鳥、いや、1つのコードで済むのです。

また、React Nativeには、以下のような必要な機能も含まれています:

  • クイックリフレッシュ
  • レディメイドコンポーネント
  • プラットフォーム固有のネイティブインターフェースコンポーネントとAPI

3.5. Unity:ゲーム開発が必要な場合

Androidアプリ開発
ソース: Perpet

Google Playで最も人気のあるカテゴリは何ですか?ゲームです。だから、明らかにゲーム開発を無視することはできない。通常のAndroid IDEを使用してゲームを開発することは可能ですが、適切なレンダリングとグラフィックス品質を得るためには、ゲームに特化したツールを適用することが必要なだけです。

UnityのCEOであるJohn Riccitielloは、全ゲームの約60~70%がUnityで作られていると述べています。彼の言葉を信じるかどうかは別として、紛れもない事実がある: Unityは、Androidアプリの開発において、ゲームに必要な最高のツールの1つです。

このゲームエンジンは、ゲーム開発に最適な驚くべき機能を備えています。

  • ネイティブアプリへのUnityの統合

Unityは、Android搭載端末のネイティブアプリに個別のゲーム要素を組み込むためのライブラリとして利用することができます。例えば、Unityを搭載したAR機能をAndroidアプリに追加することが可能です。

  • マルチプラットフォーム対応

現在、Unityは25以上のプラットフォームをサポートしており、もちろんAndroidもその中に含まれています。1つのスクリプトで複数のプラットフォームに対応できるため、AndroidとiOSの両方でゲームをリリースする場合でも、重複して作業する必要がありません。

  • ゲーム開発に特化したツール

Unityはゲーム開発に特化して作られており、3D、AR、VRソリューションのための拡張スペースを提供しています。

4. まとめ: 次のプロジェクトではどのAndroidアプリ開発を選ぶべきでしょうか?

Androidアプリ開発に使用するツールの選択は、何よりもまず、プロジェクトの仕様とニーズによって異なることを理解することが重要です。プロジェクトによっては、ネイティブのパフォーマンスが最優先されることもあります。しかし、他のケースでは、クロスプラットフォーム・ソリューションを使用する方がよいでしょう。

ほとんどのAndroid開発者が、Android Studiosを好んで使用していることがわかります。これは、生産性ツールやオンラインストアなど、あらゆる種類のAndroidアプリケーションに事実上使用できる、便利なオールインワンプラットフォームです。

同時に、多くの企業がAndroidとiOSの両方の市場をターゲットにしているため、クロスプラットフォーム開発がより一般的になってきています。この場合、React NativeやXamarinは、開発時間を大幅に短縮できるため、Androidアプリの開発に必要なツールになるかもしれません。

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年7月22日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年7月22日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年7月22日
もっと見る