モバイルアプリ開発の基礎知識

統計によると、2016年から2020年にかけて、世界中のモバイルアプリの年間ダウンロード数は146億8000万から218億に増加しました。これからの現代社会の傾向を見る限り、モバイルアプリ事業はこれからも成長を続け、ビジネスにおけるコア事業となるでしょう。この記事では、モバイルアプリ開発の概要を説明します。ぜひモバイル市場の傾向をつかむ為の参考にされて下さい。

モバイルアプリ開発の基礎知識
モバイルアプリ開発の基礎知識

1.モバイルアプリ開発とは?

モバイルアプリ開発とはスマートフォンやデジタルアシスタント(AI)用のソフトウェアの作成、最も一般的なのはAndroidやiOS向けのものです。ソフトウェアはデバイスにプリインストール、もしくはモバイルアプリストアからダウンロード、またはWebブラウザーからアクセスすることが出来ます。

2.クロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発に最適なフレームワーク

モバイルアプリ開発のフレームワークは開発者がモバイルアプリを構築するのを支援するために作成されたアプリケーションです。何よりもモバイルアプリ開発のサポート、プロセスの改善、コストを削減するための基盤となる構造になっています。​

こちらのの3つが2022年トップ3のフレームワークです

Flutter

モバイルアプリ開発に使うフレームワーク - Flutter​

FlutterはGoogle社のものでありiOSとAndroid上において、短時間で高品質のインターフェースを作成するためのモバイルUIフレームワークです。Flutterは開発者や組織が使用している既存のコードで動作します。

Googleによると、「リリースから2年間で200万人以上の開発者がFlutterのフレームワークを使用しており利用者は今も増えています」

Flutterがモバイルアプリ開発に適している理由

  • Open-source Project: FlutterはGoogleによって作成され、モバイルベースのアプリケーションを開発するためのオープンソースSDKとしてリリースされました。このソフトウェアは無料でモバイルアプリ開発のどんな目的にも使用できます。それだけでなくモバイルアプリ開発の為の無料のオプションを数多く使用することが出来ます。
  • 開発時間の短縮:FlutterはAndroidとIOSの両方のプラットフォームをサポートするアプリを開発するために独自のコードベースに基づいています。これによりAndroidとiOSのプラットフォームの両方を構築するためのコーディングが一度で済みます。上記の2つのプラットフォームに加えて、Flutterは、AndroidとIOSの同じコードベースを使用したデスクトップアプリとWebの構築もサポートしています。
  • Native Performance:Flutterのウィジェットはスクロール、ナビゲーション、アイコン、フォントなどの基盤の違いを組み合わせてiOSとAndroidに最高のパフォーマンスを提供します。
  • ホットリロードで生産性を向上:Flutterはホットリロード機能でサポートされています。つまりコードに変更を加えた場合、アプリケーションを待機したり再起動したりしなくてもすぐに確認できます。通常、変更点のチェックには数秒かかります。 これにより、デザイナーは新機能の追加、バグの修正、アプリのテストをより効率的に行うことができます。
  • ユーザーに臨機応変に対応するインターフェース:Android向けのマテリアルデザインとiOS用のCupertinoのスタイル、Flutterの美しいインターフェースを構築するための多くのコンポーネントがあり、さまざまなモーションAPI、スムーズなスクロールをサポートしています
  • 様々なIDEのサポート:Flutterは多くのIDEをサポートしており、開発者がモバイルアプリ開発するのに快適な環境を提供しています。一般的に多くの開発者はIDEを使い始めた後で別のIDEに切り替えようとはしません。Flutterはこの点で優位に立っており、Android、Studio、IntelliJ、VCCodeなどの多数のIDEにアクセスする事ができます。
  • 公式サポート:FlutterはGoogleによってリリースされているため、サポートコミュニティについては大きな心配はないでしょう。 Flutterをサポートする専門の優秀なチーム、Flutterをより良くするための支援、改善をする1000人あまりの開発者のコ​​ミュニティもあります。

Flutterを使用して作成された人気のあるアプリケーションには次のものがあります。

  • Alibaba
  • Google広告 アプリ
  • Reflectly
  • Cryptograph
  • Birch Finance

React Native

モバイルアプリ開発に使うフレームワーク – React Native

React Nativeは、Facebookによって作成されたモバイルアプリ開発用のフレームワークであり、開発者はJavaScriptを使用して、AndroidとiOSの両方でネイティブエクスペリエンスとパフォーマンスを備えたモバイルアプリを作成できます。React Nativeは一度作成するだけでiOSとAndroidの両方のアプリを構築出来るという点で優れています。

これにより時間、労力、費用を節約する事が出来、製品のリリースとアプリケーションの更新をスピードアップするのに役立ちます。React Nativeは、効果的なモバイルアプリケーションを構築するためのクロスプラットフォームであると言えます。

ReactNativeを使用するメリット

コードの再利用が可能:React N

React Nativeを使用すると開発者はクロスプラットフォームアプリの開発中にコードを再利用できます。特に開発者はプラットフォームごとに個別のアプリケーションを作成する代わりに、コードのほぼ80〜90%を再利用できます。このソフトウェアを使用するメリットは​時間を節約し、モバイルアプリ開発コストを削減できる。

  • 時間を節約し、アプリケーションの開発コストを削減できる。
  • 人材を有効活用できる
  • より少ないコード、より少ないバグの維持が可能
  • 各プラットフォームの機能が似ている
  • ユーザーコミュニティの規模の大きさ:世界中にコミュニティがある為、バグが発生した場合もサポートを見つけることが比較的容易です。

安定性と最適化:Facebookによって開発されているため、ReactNativeは高品質で安定したパフォーマンスを発揮します。

  • React Nativeのコードはデータ処理を簡素化します。
  • アプリケーション開発チームはそれほど大きくはありません。
  • 複数のオペレーティングシステム用に最小限のネイティブコードでアプリをビルドします。
  • ハイブリッドアプリと比較した場合の優れたユーザーエクスペリエンス

React Nativeを使用して作成された人気のあるアプリケーションには次のものがあります。

  • Facebook
  • Airbnb
  • Walmart
  • Bloomberg
  • Instagram
  • Soundcloud
  • UberEats

Xamarin

モバイルアプリ開発に使うフレームワーク - Xamarin

Xamarinは、Mono(Mono for AndroidおよびMonoTouch)を作成したのと同じエンジニアによって2011年5月に作成されました。 Xamarinテクノロジーは実際にはメインプラットフォームがクロスプラットフォームであるMicrosoftによって開発されています。

 このテクノロジーは、コーダーがコードを1回作成するのに役立ち、さまざまなモバイルプラットフォーム(iOS、Android、UWP)で実行できます。

Xamarinの利点

クロスプラットフォーム:Xamarinはさまざまなプラットフォーム用のアプリケーションを開発できます。これは、C#プログラミング言語とクロスプラットフォームのフレームワークの組み合わせによって実行されます。特にxamarinテクノロジーはオペレーティングシステムに非常に適しています。これは、世界で最も人気のあるオペレーティングシステムであるMacとWindowsの両方で実行できます。さらに特別なことは、プログラマーがコードの90%を再利用できることです。次のプラットフォームのエンジニアリングサイクルを増やすために再利用できるようにするためです。

ネイティブに近いパフォーマンスの数値:プログラミングの標準が優れたメトリックを備えたネイティブコードである場合、xamarinテクノロジーもそれを実行できます。その証拠として、パフォーマンス・メトリックもNativeによって作成されたアプリに匹敵します。 それに伴い、xamarinテクノロジーのパフォーマンスも常に更新されます。

様々な場所でのコードの共有: C#と同じプログラミング言語で同じAPIおよびデータ構造をしています。そのため、xamarinテクノロジーで設計されたすべてのアプリケーションは、どのプラットフォームでも共有できます。驚くべき数字はコードの75%が共有可能だということです。また、アプリの設計にかかる時間と費用を大幅に節約できるのもこのためです。Xamarinは、iOSとAndroidの両方のアプリを設計するのに使用できます。

完璧なコーダー体験を作りあげます。: 上記に述べたように、xamarinは世界最大のテクノロジー企業の1つによって作成されました。マイクロソフト、このテクノロジーの品質に勝るものはないのではないでしょうか。そして、これは最もよく知られているモバイルアプリケーション設計技術の1つでもあります。プログラマーは、プラットフォームごとに独自のユーザー体験を完全に設計できます。これにより、アプリユーザーは最高のユーザー体験を得ることができます。

Xamarinによって作成されたアプリケーションには次のものがあります。

  • The World Bank
  • BBC Good Food
  • HCL
  • アラスカ航空

3. まとめ – モバイル アプリ 開発

モバイルアプリ開発のトレンドと言えばFlutter、React Native、Xamarinの3つの人気のあるフレームワークの傾向が強まっています。これらのフレームワークには、スマートフォンアプリの開発を簡素化し、開発時間とコストを削減できるという利点があるため、開発目標とアプリケーションの種類に応じてモバイルアプリ開発フレームワークを選択する必要があります。

特にマイクロソフトは日本の顧客へのモバイルアプリ開発のコンサルティングを専門としています。専門的な知識と優れたサービスの考え方をもって単にお客様の要望に応えるだけでなく以下の4つの利点を自信を持ってお客様に提供します。

  • 開発コストの削減ができる
  • お客様はコアビジネスに集中する事が出来ます
  • 最良の解決策の提案
  • 安心と満足

こちらからお問い合わせください

最近の記事