IT人材不足の深刻化と未来予測

近年の状況における、IT人材の育成が多くの企業の急務と言えます。本記事では、IT人材の不足が深刻化やIT人材の未来予測やIT人材不足を抱える理由3つなどを解説しています。IT人材の育成を検討している人事担当の方は、ぜひ参考にしてください。

IT人材不足

IT人材の不足が深刻化

経済産業省が2019年に出した試算によると、日本は深刻なIT人材不足を抱えていて、2030年には最大で79万人のエンジニアが不足すると言われています。

IT人材不足

出典:経済産業省IT人材需給に関する調査

人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)によると、

  1. 正社員の人手不足割合は45.9%で、前年同月から8.7ポイントの大幅増加となった。特に情報サービス業では64.6%となり、IT人材の不足感が目立っている。
  2. 非正社員では27.3%が人手不足を感じており、同6.7ポイント増加した。コロナ禍によって人手不足感が緩和されていた「飲食店」「旅館・ホテル」で、再び不足感が強まっている。
IT人材不足

出典:経済産業省IT人材需給に関する調査

IT人材の未来予測

経済産業省が2019年に出した試算によると、実際に利用可能なIT担当者の数が増えているにもかかわらず、資格のあるIT担当者の不足は2015年の見積もりと同じレベルに達しています。 ITの需要が高いため、ITスタッフの需要が増加している可能性があります。

2030年までに資格のあるIT人材の数が不足すると予測されるのは、41万人から79万人の間と推定されています。ナリオには年末までに587,000人が住むと推定されています。

 IT人材の生産性がある程度向上すれば、需給ギャップ(実際の生産性と労働力の生産性が向上した場合の生産性の差)は縮小します。上で計算。一方で、この推定では生産性の向上率を考慮に入れることが決定されました。試行計算の結果、生産性向上率が0.7%の場合、2030年時点の需給ギャップは16.4万人~78.7万人(中間では44.9万人)になると試算された。

IT人材不足を抱える理由3つ

経済貿易産業省が委託した2018年のIT人材需給調査によると、情報サービス業界で働き、ITソフトウェアサービスを提供する人々はIT人材と見なされます。サイズ、量、または大きさを(何か)増やします。 ITを活用する企業の情報システム部門の従業員も人材です。

IT業界の拡大

IT産業は、経済貿易産業省の分類によると、情報サービス産業(ソフトウェア産業、情報処理・提供サービス産業、インターネット関連サービス産業)に相当します。 1990年頃からIT業界全体の売上が伸びており、1998年もこの傾向が続いている。

経済産業省による2013年の調査では、IT産業は約100万人を雇用し、約20兆円の売上高を生み出しています。 2010年には、ソフトウェア業界の従業員数は20%増加し、情報処理およびプロビジョニングサービス業界の従業員数は10%増加し、インターネット関連サービス業界の従業員数は33%増加しました。売上高では、ソフトウェア業界が5.8%、情報処理・サービス業界が30%、インターネット関連サービス業界が38%成長しており、すべての業界が成長していることを示しています。

少子高齢化の進行

内閣府が出した「令和3年版高齢社会白書」によると、総人口1億2,571万人のうち、65歳以上の人口は3,619万人である。理解します。人口減少により、15歳未満の人口の割合は12.0%であり、この傾向は年々加速しています。つまり、少子高齢化以外にもさまざまな要素が人手不足の原因として関わっていることが推察できます。

社会情勢の影響

厚生労働省からの最近の報告によると、新しいコロナウイルスの発生以来、求職者ごとに企業が提供している求人の数は減少しています。求人が少ないほど、企業は労働者を見つけやすくなるように思われます。ただし、これが常に当てはまるとは限りません。

しかし、人々が仕事を探しているとき、彼らは通常、自分のスキルと労働条件に合った仕事を選びます。これは多くの場合、企業が必要とするものと一致せず、2つの必要なセットが一致しないことがよくあります。労働力不足は解消されたようですが、従業員をめぐる競争により、企業は限られた数の労働者をめぐって競争するという分布が生じています。

専門的なスキルを必要とする中小企業や産業では、仕事をしても人が集まらないため、人材不足を解消できないという問題が深刻化しているようです。コロナカでは、従来のシステムでは企業運営が難しい場合があるため、ニューノーマルに対応するのは初めてです。。企業がこの変化に適応する必要があることは珍しいことではありません。たとえば、対面でビジネスをしている企業の場合、温度測定などの仕事が増えることで、以前は満足していた人が多い状況に陥ることも珍しくありません。不十分で消毒です。 ..

帝国データバンクの2021年の動向調査結果によると、人手不足を経験している企業の割合は37.2%に上昇しています。これは、全国的に、組織が仕事をするのに十分な資格のある従業員を見つけるのに苦労していることを意味します。政府は、国民が何が行われているのか、そして彼らのお金がどのように使われているのかを明確に理解できるように、その支出について透明でなければなりません。コロナカ社会では、少子高齢化や働き方の変化など、資格のある労働者を見つけるのが難しい要因が他にもあるかもしれません。

MiichisoftのLAAS – ハイクオリティ製品開発チームサービス

MiichisoftでLAASを選ぶべき4つの理由  

1. プロジェクト開発にかかるコストを最大50%削減できます。

通常、日本人スタッフ10人に相当するチームを編成するには、日本人1人+オフショア人員10人の労働力が必要です。LAASを利用すると最大で約50%のコストが削減できます。チームの規模が大きいほど、よりコスト削減の効果があります。

2. 日本人と参加するプロジェクト開発チーム

これがMiichisoftの他社とは違う強みです。日本にもMiichisoftの会社があるのでお客様の要望をより明確に、仕事の手続きもよりスムーズに進めていくことができます。

3. 高い技術を持ったチームからの高度な技術や知識を使用する

技術者はベトナムのトップの大学の中から選ばれ、最新のトレーニングプログラムを受けるので様々なビジネスの形に対応できるよう早くから鍛えられています。その上、AWSコンサルティングパートナーとISTQB(JSTQB)ゴールドパートナーの認定を取得したことは、Miichisoftが力強く成長し、顧客により多くの価値を提供できるようになります。

4. 簡単、安全、高速

弊社はお客様のテクノロジー関連の問題を長期間サポートしていけるようにセキュリティ面について絶対的な安全性を確保するように努めています。 品質管理についてはISO9001:2015を、情報セキュリティ管理についてはISO / IEC 27001:2013を取得しています。

Miichisoftは「テクノロジーサポーター」というスローガンを掲げています。

皆様からのITに関するご相談をいつでもお待ちしております。お客様とMiichisoftの間にご縁がありますように。

関連記事

誰がオフショア開発を活用するべきか?その目的は?

近年、日本では、国内リソース不足で、オフショア開発を活用する企業が増えています。そんな状況の中で、なぜ誰がオフショアを使うべきなのか、それをどうのように有効に使うのか、3つの大きい課題があげられるでしょう。日本市場向けオフショア開発を提供してきたMiichisoftは、自社の経験を基づいて、本日、その3つ課題について話させていただきます。 質問① 誰が誰がオフショア開発を活用すべきか? Offshore.comの2022年度レポートによると、IT業界のトレンドの一つは、オフショア開発導入が一般化するということです。業務改善と売り上げアップなどのため、ますますオフショア開発を活用するIT企業だけでなく、非IT企業も増えているということです。 Miichisoftも、オフショア開発を提供してきた経験で、そのトレンドを察しております。確かに、スモールでもお早めに活用するほうが良いと考えております。特には、 SIer企業 パッケージベンダー 投資家とトレーダーとコンサルタント エンド企業(IT業界以外、介護企業、農業企業など) Miichisoftは、未経験または、興味のある方々などにオフショア開発をスモールでも活用することをお勧めいたします。 質問② なぜオフショア開発導入が必要なのか? どうしてオフショア開発を活用するべきかというと、まず、Miichisoftのお客様の悩みに触れてみましょう。弊社が開発してきたドメインで、以下の課題をまとめて紹介します。 短期間で安価なシステム開発が困難 安定的なシステム開発チームが欲しいが、人材不足でできない オフショアで外注を検討中しているが、品質やコミュニケーションコストに不安 業務フローのシステム化により、人件費、管理・運用コストを削減したいが、システム開 発の経験がない IT人材の採用や管理のリスクが高い 新しいITサービスを実現したいが、システム開発エンジニアがいない 上記の悩みを解決するために、お客様がMiichisoftのオフショア開発サービスを検討・導入していただきました。 結論というと、オフショア開発活用の目的は以下通りで4ポイントとしてまとめられると考えております。

オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ

ここ数年、コロナ禍でビジネスモデルも大きく変化して、DX導入の需要が高まっています。その状況の中で、IT企業だけでなく非IT企業には、業務改善、事業拡大を目指してデジタル化したい企業が多いです。しかし、IT人材不足でIT 部門を立ち上げるには多くの困難・費用がかかります。そのため、ベトナムをはじめ、海外にアウトソーシングする傾向があります。 今回、4年以上オフショア開発をやってきたMiichisoftは、オフショア開発活用の効率化に役立つと思う11の注意点を挙げてみました。ぜひご参考になさって下さい。 オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ 1. 適切なオフショア開発会社を選ぶ 治安及び政治などは安定しているか規模・実績(プロファイルの数、ドメイン、導入事例、等) 資格、認証等 CEOのプロファイル(例:Miichisoftのリーダーであるコン氏は、IT業界での若いリーダーTOP10に選べられた) お支払方法 お客様からのフィードバック 2. 秘密保持契約 (NDA)を必ず締結する 機密保持契約 (NDA) は営業秘密や製造技術等のノウハウ、お取引で知り得たお客様の情報等を、目的外利用や第三者への漏洩を防止するために締結する契約です。プロジェクトの詳細を共有する前に、オフショア開発会社とNDA契約を締結することが重要です。 3. 社内で準備する オフショア開発会社に外注する際は、社内のチームにオフショア開発導入の理由・結果とメリット・デメリットなどを理解していただく必要があります。特に未経験のお客様には、メンバーのモチベーションをあげるため、社内キックオフの会議等を行うことをお勧めします。

オフショア開発で失敗しないために 「3 DO 2 DON’T」で覚える呪文

オフショア開発は貴社にとって正しい選択肢かもしれませんが、プロジェクトを成功させるためには、それを正しく行う必要があります。オフショア開発が乗り越えられない山になるのを防ぐためのヒントをいくつか紹介します。 オフショア開発で失敗しないために 「3 DO」 1. 信頼関係を築く 効果的な協力を維持するには、信頼が必要です。この信頼を得るには、行動、人間関係、文化が適切でなければなりません。同僚のバックグラウンドを知ることは、信頼関係をより早く構築するのに役立ちます。 Miichisoftはプロジェクトの最初から、プロジェクトのステップを顧客に説示し、フレイズをコミットし、進行状況をトラッキングします。Miichisoftは顧客のプロジェクトを柔軟性とセキュリティを発揮するよう設計されています。したがって、顧客は、Miichisoftが提供するサービスを安心で利用することができます。 2. 文化を理解する 良好なコミュニケーションは、生産的なオフショア作業に重点を置く最も重要な領域です。これは、私の意見では、パフォーマンスの高いチームを実現し、異なるチーム メンバー間の効果的で信頼できる関係を促進するための重要な成功要因です。 ベトナムは親日国として有名です。日本語を学ぶベトナム人も多く、近年は日本語能力を身に付けるエンジニアが増えてきており、コミュニケーションの壁が払拭されてきました。オフショア開発は、言語や文化、慣習の違いが壁となることが多いですが、ベトナムは親日国のため開発委託がしやすいです。数年間日本で生活・就労した30%以上のMiichisoftの従業員は、技術力、顧客の理解力が高い人材を提供することに自信を持っています。 3. 効果的なコミュニケーションのためにソーシャル ソフトウェア ツールを使用する 従来のエンタープライズ テクノロジーを使用してオフショアコンサルタントとやり取りし、作業することは、もはや同じ影響を与えることはなく、実際には非常に非効率的で非生産的なものになる可能性があります。したがって、石油やガスなどのオフショア開発では、コミュニケーションが不可欠だと思います。  オフショア開発で失敗しないために

必ず知るべきオフショア導入の3ステップ

どのようにオフショア導入するのかはプロジェクトの成功にとってすごく大事なことです。そこで実際の経験を踏まえてオフショア導入の詳細な流れをご案内させていただきます。 ステップ1:目指しているオフショア企業について深く理解する これは一番大事なことです。企業選定にあたり、何を重視するかを明確にすることが大切です。オフショア市場では様々なオフショア企業があります。取引先を選択する前に以下の分類テーブルをご覧ください。 ステップ2:信頼性のあるチャネルでオフショア企業を探す 何を重視するかの問いに答えた後「どのように信頼性が高いオフショア企業を探せるか」という質問がでます。この質問に答えられるようにまず信頼性の高いチャネルを探す必要が有ります。 2.1. Japan IT Week 展示会に来場 Japan IT Week展示会は毎年東京で5月と10月の2回開催されています。ベトナムのオフショア企業のみならず他の国のオフショア企業ともアクセスできます。 展示会で各企業についてより理解でき、選択技が多いです。 2.2. Vinasaリストで探す(ベトナムオフショアに対して) ベトナムソフトウェア協会(VINASA)はNGO組織で利益組織でなく、ベトナムのソフトウェアサービス業界の代表です。VINASAの会員になるためには厳しい認証プロセスを経過し、経営実績が良く専門的な能力が高いという条件があります。 毎年3回の認定で経営実績が優秀で専門的な能力が高い企業を選んでサオクエ賞を贈ります。 VINASAのソフトウェア輸出目次で受賞企業を探すことができます。 URL:http://giaithuongsaokhue.vn/danh-sach-2021/

モバイルアプリテストにおける基本テスト項目

モバイルアプリテスト 2022年の完全ガイド!

多くの方が、「アプリ」という単語を聞くと、スマホなどのモバイル機器上で動作するアプリをイメージするのではないでしょうか。モバイルアプリ以外のテストと異なり、モバイルアプリのテストは、Webアプリのテストよりも複雑になります。本記事では、モバイルアプリを開発する際に注意するポイントなどをご紹介します。 目次 モバイルアプリ開発で起こる問題 モバイルアプリテストとは モバイルアプリのテストの役割 モバイルアプリテストにおける基本テスト項目 モバイルアプリテストにおける注意ポイント 1. モバイルアプリ開発で起こる問題 スマートフォンの登場により、スマホ上で動作するモバイルアプリは日常生活のあらゆる シーンで利用されるようになっています。同時にモバイルアプリのコンテンツはより複雑化しており、テスト・検証のありかたにも変化を求められています。そのような中で、開発現場は開発工数とコストばかりが増大化していく課題を抱えています。そもそもモバイルアプリテストは何なのか、どのような役割があるのか、はっきり分かっていない方も結構いらっしゃるかと思いますので、まずそこからご説明いたします。 2. モバイルアプリテストとは モバイルアプリテストとは、スマホで動作するアプリのテストを行うことです。スマホやタブレットに搭載される様々なアプリのテストを実施するには、各キャリア毎に数多く存在する最新機種でのテストが必要です。また、市場のニーズも早いスピードで変化するため、開発からリリースまでの期間が短いケースが多いです。より早いスピード、そして最新技術が現場に求められる、難易度の高いテストがモバイルアプリテストなのです。 3. モバイルアプリのテストの役割 インターネットユーザーの多くは知りたい情報の検索、アニメや映画などのエンタメコンテンツの視聴、コミュニケーションのツールとしてモバイル機器を利用しています。そのため、モバイルアプリ開発者にとってモバイルアプリのテストは避けて通れないステップとなっています。製品がモバイル機器上で、適切に動作するアプリとなっているのかどうかをテストして確認しなければなりません。 4. モバイルアプリテストにおける基本テスト項目 モバイルアプリのテストにおける基本的なテスト項目としては、例えば「アプリの使用が中断される際のテスト」が挙げられます。アプリの使用が中断されるのはよくあることです。そのため、以下の項目を確認するのが重要です。

Webシステム開発とは

Webシステム開発とアプリ開発の違い – 分かりやすく解説します!

インターネット上でビジネス活動を行うことが当たり前になってきたことで、Webシステム開発やアプリ開発の重要性は高まってきています。しかし、Webシステム開発とアプリ開発にはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、Webシステム開発とアプリ開発の違いについて分かりやすく解説します。 Webシステム開発とは? Webシステム開発とは、企業で行なわれる業務などをオートメーション化するために必要な設計、プログラミング、テストなどの一連の作業の総称のことです。 アプリ開発とは? アプリケーション(以下、アプリ)には、大きく分けて「Webアプリ」「ネイティブアプリ」「ハイブリッドアプリ」の3種類があり、以下のような違いがあります。 ・Webアプリ PCやスマホのブラウザから利用する・ネイティブ(スマホ)アプリ 端末にインストールして利用する・ハイブリッドアプリ OSを問わず端末独自の機能を利用できるアプリ アプリ開発の領域は、ユーザーが直接見たり触ったりする部分に関わる「フロントエンド」と、サーバーやデータベースなど、ユーザーが操作しない部分の「バックエンド」に分けられます。フロントエンドとバックエンドでは、同じアプリ開発と言っても、必要な知識・技術・プログラミング言語も違いますので、注意しましょう。 Webシステム開発とアプリ開発の違いとは? Webシステム開発とアプリ開発とでは、そもそも立ち位置や役割が異なります。例えば、ゲームをゲーム機でプレイする場合、ゲーム機のシステムが動作することでゲームソフトを読み取ります。この読み取られる側のゲームソフトに該当するのがアプリです。 つまり、アプリ開発とは、メインとなるシステムを使用して動作するアプリの開発であり、アプリはシステムを通して動作するものであるということにおいて、アプリ開発とシステム開発の違いがあります。大きな仕組みを作るのがシステム開発で、中身のソフトを作るのがアプリ開発というわけです。 Webシステム開発のメリット 以下のようなメリットを持つのがWebシステム開発です。 業務効率化の仕組みができるシステム開発を行うことで、物理的な距離がある部署間・支社間で、効率化の仕組みを構築できます。 大規模な枠組み・仕組み作りにも対応特定の機能に特化したアプリに比べ、大規模なデータを管理することに優れています。銀行システムやチケット予約システムなどは、システム開発のほうが適しています。 アプリ開発のメリット 以下のようなメリットを持つのがアプリ開発の特徴です。 認知拡大ができるテレビなどマスメディアに広告を打つことは大きな予算をかけなければなりません。一方、アプリとSNSを上手く連携させることによって、低コストで、拡散によって企業情報を多くの人の目に触れさせることが可能です。また、アプリを使ってネット通販などを行うことで、店舗に足を運べない顧客にも商品を届けられるようになります。必要な情報を必要な人に届ける上でアプリは便利です。 顧客行動データの解析・分析ができるアプリを活用すれば、顧客の年齢・居住地・性別といった属性だけでなく、購入経路や購入履歴、ほかにどのような商品に興味を持っているかなどを把握することができます。つまり、リアル店舗では収集が難しい情報もデータとして蓄積されます。情報を収集し、それを分析することで、想定顧客と実際の顧客とのずれに気づけるなど、フィードバックにもつながります。 Webシステム開発とアプリ開発の費用相場 アプリケーション・システム開発の費用は、求める要件やエンジニアのレベル、開発に必要な期間に応じて変わるため、一概にいくらとはいえません。しかし、ジャンルや搭載する機能によって、ある程度の目安はあります。