【2023年】オフショア開発国人気ランキング|ベトナムの順位は?

Calendar
2023年2月20日
Calendar
601

ここ数年、コロナ禍でビジネスモデルも大きく変化して、DX導入の需要が高まっています。その状況の中で、IT企業だけでなく非IT企業には、業務改善、事業拡大を目指してデジタル化したい企業が多いです。しかし、IT人材不足でIT部門を立ち上げるには多くの困難・費用がかかります。そのため、海外にアウトソーシングする傾向があります。

本記は、オフショア開発白書(2022年版)によって、オフショア開発国人気ランキングを挙げてみました。ぜひご参考になさって下さい。

1.オフショア開発とは

オフショア開発(offshore development)とは、ソフトウェアやWebシステム、アプリケーションの開発を海外企業に委託することをいいます。企画や設計、納品は自社で行い、開発や実装を海外企業へ委託するなど分業化されることが多いです。

2. オフショア開発国人気ランキングでベトナムが第1位

オフショア開発国の人気ランキング

オフショア開発の白書2022参考

2.1. 理由① ベトナムのテクノロジーへのレーザーフォーカス

2050年までに、ベトナムは世界の上位20位の経済大国になると予測されています。

ベトナムの技術の卓越性を活用する高品質のオフショア事業者と提携することで、「起業家、エンジニア、技術専門家の増加する人口」に直接アクセスする機会だけでなく、生産性の向上とスケーラブルなスキルの実装に伴うすべての機会が得られます。

そして、優れたITエンジニアのチーム、より良い製品を手に入れ、より良い会社を実現できます。

2.2. 理由② 手ごろな価格で信頼できる労働力

ベトナムでオフショア開発することメリットとして、手頃な価格で経験豊富な技術労働力を得られることがあります。給与はオフショア事業の最大の費用であり、テックスタートアップにおいて、多くの人は東南アジア地域を選択し、安価な労働市場を活用しています。

ベトナム政府は、外国からの投資が経済の成長にとっていかに重要であるかを理解しています。

2.3. 理由③ 良好な投資環境

ベトナムは欧州連合および米国との新しい自由貿易協定、堅牢なITインフラストラクチャ、改善されたロジスティクス、より安い人件費、および若い労働人口により、外国直接投資(FDI)のホットスポットになりました。

ベトナムは、過去10年間(2010年から2019年)に外国人投資家から1,430億米ドルもの巨額を集めました。また、2020年、ビジネスのしやすさというランキングで190か国中70位となりなりました。

トレーディングエコノミクスによると、外国投資の流入は引き続き旺盛で、2022年1月から2月にかけて26億8000万米ドルが経済に投入されました (前年比 7.2% 増)。 シンガポールは依然としてベトナムのFDIのトップソースであり、韓国と中国がこれに続きます。

3. オフショア開発国人気ランキングでフィリピンが第2位

オフショア開発国の人気ランキング

3.1. 理由① フィリピンはソフトウェアエンジニアを大量に教育

米国が毎年推定54,000人のコンピュータサイエンス卒業生を輩出しているのに対し、フィリピンは2017年に73,000人のIT新卒者を報告しました。数年前には、ソフトウェア開発者で地元市場が飽和状態になることが懸念されたほどです。セブ島とマニラには、膨大な人材が集まっているのです。

まだ納得できない?前回の開発者募集には、何名の応募がありましたか?先月募集した職種には、約1,000人の応募がありました。私たちはフィリピンで、素晴らしい雇用主であり、エキサイティングな職場であるという評判を確立しているので、優秀な人材を確保することができるのです。

3.2. 理由② 24時間365日の稼働率

フィリピンのアウトソーシング会社は、特定の会社が夜通し営業する必要があることを理解しています。そのため、フィリピンのアウトソーシング会社では、24時間体制で人員を配置し、お客様のステーションを常に稼動させることができます。

3.3. 理由③ 柔軟性 

今回のパンデミックでは、フィリピン人労働者の柔軟性が証明された。現地の労働時間と海外の日勤の労働時間を一致させるために墓地勤務をする以外に、フィリピン人はハイブリッドな労働環境にもさらされました。

多くの人が自宅で仕事をしなければならない一方で、危険な目に遭いながらもオフィスでの仕事を続けなければならない人もいました。これは、フィリピン人の回復力の高さを示しています。

4. オフショア開発国人気ランキングでインドが第3位

オフショア開発国の人気ランキング

4.1. 理由① 労働力のスキルセット

University World Newsのレポートによると、インドは世界で最も多くのエンジニアを輩出している国の一つです。インドでは、毎年150万人以上の工学部の学生が大学を卒業しています。

さらに、インドにはIITs、NITs、IIITsなど、最高の工学、科学、数学、技術系の教育機関が集まっています。

親会社がインドのオフショア開発センターで採用する卒業生と技術者は、インド人が持つスキルセットの恩恵を受けることができます。

インド人労働者は献身的であり、会社のために余計なことをする気はありません。

4.2. 理由② 経費削減とコストメリット

企業がインドにオフショア開発センターを設立しようとする最大の理由の一つは、経費の節減です。

都市部に会社を設立する場合、以下のようなコストがかかります。

  • 家賃
  • 電気代
  • 従業員
  • 顧客

したがって、この手続きは高くつき、平均的な利益に影響を与える。

4.3. 理由③ インド政府からの支援

インド政府はITセクターの発展に熱心である。政府は国内で雇用を創出することに意欲的です。インドにオフショア開発センターを設立する企業に対して、インド政府はメリットを提供しています。

インドは外国企業からのアウトソーシングを歓迎し、インドにセンターを設立することで、以下のようなメリットを提供します。

  • 税制上の優遇措置
  • 経済特区と投資優遇措置
  • 低コストの例外的な開発地
  • 100%外国資本

5. 適切なオフショア開発企業を選ぶ方法

サービスを海外にアウトソーシングするのは簡単ですが、適切なオフショアリングパートナーを見つけるのは難しい場合があります。すぐに市場に足を踏み入れるため、企業が成功事例をオフショアリングすることに頼るだけでは十分ではありません。

あなたの会社に最適なオフショアプロバイダーを見つけるためにいくつかの提案があります。

5.1. お気に入りの休暇スポットを選択

ニーズに合ったオフショアリングの場所を探すことから始めましょう。

インドとフィリピンを除いて、ベトナムやマレーシアなど、他の多くのオフショア国は、その正当性と魅力を着実に高めています。

5.2. ビジネスプロセスオフショアリング (BPO) を専門とする組織を少なくとも3つ選択

最初に頭に浮かんだ、または最も簡単なBPO会社だけに頼らないでください。これを行うと、アウトソーシングサービスを最大限に活用できなくなります。

候補リストに少なくとも3つのBPOビジネスを含めることをお勧めします。次に、品質、価格、および有効性の観点からそれらを評価します。

5.3. 品質とコストを選択

オフショアリングパートナーがより安価だからといって、最高のサービスが得られるとは限りません。以前の顧客からのいくつかの証言をチェックして、彼らのコストとサービスが彼らの仕事の質とどのように比較されるかを確認してください。

また、サービスの無料トライアルを依頼して、ニーズを満たすことができるかどうかを判断することもできます。

6. まとめ

国別のオフショア開発率の中でも、ベトナムは外部投資家にとって有利な条件を持つ発展途上の市場です。あなたのビジネスに同行するベトナムのオフショアソフトウェア会社を選択することは、素晴らしいアイデアです。

オフショア開発は、日本国内で深刻な問題となっているIT人材不足を補う手段として有益ですが、言語や文化の異なる外注先とのスムーズなコミュニケーションを取ることがハードルになります。

オフショア開発を検討されているようでしたら、この記事もおすすめです。

参照: なぜオフショア開発ベトナムが人気か?【2023年徹】

オフショア開発についてもっと詳しく知りたければ、Miichisoftにお問い合わせください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月23日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る