なぜオフショア開発ベトナムが人気か?【2023年徹】

Calendar
2023年2月15日
Calendar
608

フォーブスは、ベトナムを「仕事と技術への適応性の高いアプローチ」を備えた「小さいながらも強力な大国」と呼んでおり、世界貿易機関の新たな加盟国としての確固たる成功は、この感情を反映するだけです。

今回は、ベトナムがオフショア開発の第一候補となる理由うを教育、文化、政府といった観点から、ご紹介します。

1. オフショア開発とは

オフショア開発(offshore development)とは、ソフトウェアやWebシステム、アプリケーションの開発を海外企業に委託することをいいます。企画や設計、納品は自社で行い、開発や実装を海外企業へ委託するなど分業化されることが多いです。

2. ベトナムでのオフショア開発の人気にある背景

経済産業省が2016年6月に発表した「IT人材に関する調査」によると、日本のIT業界の就業可能人数は2019年がピークで、2030年には約58万人が不足すると予想されています。

IT人材不足

経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

企業は、最先端のITエンジニアを自ら教育することで、不足を補おうとしています。

IT人材不足状況の解決方法になぜオフショア開発が用いられる?

企業の国内リソース不足ため、多くの企業がオフショア開発を考えています。

ベトナムにはIT関連の仕事をしている人が沢山います。これは、ベトナムがテクノロジーの分野で非常に発展している国だからです。

今後、日本ではIT人材がさらに不足するため、多くの企業がオフショア開発を利用して、外国から新しいIT人材を呼び込む可能性があります。

オフショア開発については以下の記事で詳しく紹介していますので興味のある方はこちらの記事もぜひご参照ください。

>>>オフショア開発

Miichisoftでは、プロジェクトの詳細に応じて、経験豊富なチームまたは個々の従業員を提供できます。また、アイデア段階から提案することもできますので、気軽にご連絡ください。

3. ベトナムでのオフショア開発が人気の理由

3.1 理由① ベトナムのテクノロジーへのレーザーフォーカス

テクノロジーをベトナム経済の主要な柱にすることが義務付けられているため (250を超える高等教育機関がITを教えていることという現状があります。)、毎年40,000人を超えるソフトウェア専門家が卒業して社会に出ています。

これは、2018年に35億米ドル相当のソフトウェアを輸出した既に確立されたソフトウェア業界の年間最大20%の増加と、同じ時間枠での全体的なGDP成長率の7.1%を表しています。要するに、ベトナムは単なるテクノロジーの国ではなく、テクノロジーの震源地です。

2050年までに、ベトナムは世界の上位 20 位の経済大国になると予測されています。

報酬が豊富で非常に費用対効果が高い時期に、彼らの進歩に参加することは理にかなっています。

ベトナムの技術の卓越性を活用する高品質のオフショア事業者と提携することで、「起業家、エンジニア、技術専門家の増加する人口」に直接アクセスする機会だけでなく、生産性の向上とスケーラブルなスキルの実装に伴うすべての機会が得られます。

そして、優れたITエンジニアのチーム、より良い製品を手に入れ、より良い会社を実現できます。

3.2 理由② 手ごろな価格で信頼できる労働力

ベトナムでオフショア開発することメリットとして、手頃な価格で経験豊富な技術労働力を得られることがあります。給与はオフショア事業の最大の費用であり、テックスタートアップにおいて、多くの人は東南アジア地域を選択し、安価な労働市場を活用しています。

ベトナム政府は、外国からの投資が経済の成長にとっていかに重要であるかを理解しています。

また、幸運にも、ベトナムの人件費はタイ、マレーシア、シンガポールなどの近隣諸国よりも約15%から50%低いです。

ベトナムは、エンジニアリングの卒業生が最も多い国TOP10に入っています。2015年の世界経済フォーラムの128か国の調査 (Forbes)。

ベトナム

3.3 理由③ 良好な投資環境

ベトナムは欧州連合および米国との新しい自由貿易協定、堅牢なITインフラストラクチャ、改善されたロジスティクス、より安い人件費、および若い労働人口により、外国直接投資(FDI)のホットスポットになりました。

ベトナムは、過去10年間(2010年から2019年)に外国人投資家から1,430億米ドルもの巨額を集めました。また、2020年、ビジネスのしやすさというランキングで190か国中70位となりなりました。

トレーディングエコノミクスによると、外国投資の流入は引き続き旺盛で、2022年1月から2月にかけて26億8000万米ドルが経済に投入されました (前年比 7.2% 増)。 シンガポールは依然としてベトナムのFDIのトップソースであり、韓国と中国がこれに続きます。

さらに、ベトナム政府は決議55を導入し、2030年までに500億米ドルを外国からの投資として国内に導入しました。この決議は、外国からの投資を禁止する規制を改正し、品質、効率、環境保護の基準を成文化することを目的としています。

4. 最適なオフショアリングパートナーをどのように選択方

サービスを海外にアウトソーシングするのは簡単ですが、適切なオフショアリングパートナーを見つけるのは難しい場合があります。すぐに市場に足を踏み入れるため、企業が成功事例をオフショアリングすることに頼るだけでは十分ではありません。

あなたの会社に最適なオフショアプロバイダーを見つけるためにいくつかの提案があります。

4.1 お気に入りの休暇スポットを選択

ニーズに合ったオフショアリングの場所を探すことから始めましょう。

インドとフィリピンを除いて、ベトナムやマレーシアなど、他の多くのオフショア国は、その正当性と魅力を着実に高めています。

4.2 ビジネスプロセスオフショアリング (BPO) を専門とする組織を少なくとも3つ選択

最初に頭に浮かんだ、または最も簡単なBPO会社だけに頼らないでください。これを行うと、アウトソーシングサービスを最大限に活用できなくなります。

候補リストに少なくとも3つのBPOビジネスを含めることをお勧めします。次に、品質、価格、および有効性の観点からそれらを評価します。

4.3 品質とコストを選択

オフショアリングパートナーがより安価だからといって、最高のサービスが得られるとは限りません。以前の顧客からのいくつかの証言をチェックして、彼らのコストとサービスが彼らの仕事の質とどのように比較されるかを確認してください。

また、サービスの無料トライアルを依頼して、ニーズを満たすことができるかどうかを判断することもできます。

5. ベトナムのオフショア開発なら「Miichisoft」

ベトナムのオフショア開発に興味を持った方は「Miichisoft」までご相談ください。ここでは、オフショア開発サービスを提供するMiichisoftの特徴を簡単に説明ます。

5.1 システム開発の豊富な実績を保有

Miichisoftの強みは、日本企業のシステム開発実績を豊富に持っていることです。これまでに以下のようなシステム開発をしてきました。

  • 外国人雇用リスク管理ツール
  • ストレスチェックプログラムツール
  • 漫画家とアシスタントを繋ぐマッチングサービス

100件以上の実績を持っているため、お客様の要望に柔軟に対応できます。

5.2 サオクエ賞を受賞する高度な技術力

Miichisoftは、ベトナムの経済発展に寄与したシステム開発会社として2年連続でサオクエ賞を受賞しました。

ベトナムのソフトウェア・ITサービス協会から高度な技術を保有するシステム開発会社として認められています。ベトナムには5万社以上のシステム開発会社が存在しますが、その中でも経済発展に貢献した企業として認められているため、安心してオフショア開発を依頼して頂けます。

5.3 日本のシステム開発の問題を解決

Miichisoftは「システム開発を通じて人の役に立ちたい」という想いで創業しました。創業者は日本に留学、就業経験があるエンジニアです。日本のシステム開発の諸問題(人件費の高騰や人材不足)を解決するために、Miichisoftは存在します。

また、日本語を話すことが出来るブリッジエンジニアが在籍しているため、コミュニケーションなども気にせず依頼して頂けます。

6. まとめ

ベトナムは理想なオフショアの場所であり、若いIT労働力が増え続けており、低コストで、ソフトウェアサービスを開発するという高い志を持ってる国です。そこで、今後数年間で主要な市場の選択肢になるため要素を備えています。

ビジネスを拡大し、ベトナムトップの技術をもった人材の市場に参入することに興味がある場合は、詳細なコンサルティングのためにベトナムへのオフショアリングを専門とする信頼できる人材サービスプロバイダーを見つけることをお勧めします。

本記事では、オフショア開発会社として5年以上、日系企業と取引してきたMiichisoftが、オフショア開発を考えているお客様の参考になるよう、ベトナムのオフショア開発について説明させていただきました。

Miichisoftという名前は、将来ベトナム国内で顧客により最適なソフトウェアソリューションサービスを提供するNo.1の会社になるという意味で、「未来一番」と「ソフトウェア」という2つの言葉を元に作った会社名です。新規プロジェクトのアイディア、実施からメンテナンスまでMiichisoftがサポートさせて頂きます。

オフショア開発に関するご質問がございましたら、Miichisoftにお問い合わせください。

メール: sales@miichisoft.com

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月23日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る