• Home
  • ブログ
  • 日本国内のIT系人材の不足が深刻化している

日本国内のIT系人材の不足が深刻化している

経済産業省が2019年に出した試算によると、日本は深刻なIT人材不足を抱えていて、2030年には最大で79万人のエンジニアが不足すると言われています。上記の人的および財源の不足の問題を解決する方法は、 オフショア開発 サービスです。

1. 10年後IT人材不足が深刻

2020年の経済産業省の調査により:

  • IT30万人のIT人材が不足しています。
  • 2030年までに最大79万人のIT人材が不足すると推測しています。

➤ コロナ禍においてもITエンジニアの有効求人倍率は1.5倍(全体約1.2倍)です。

引用[URL]: https://news.yahoo.co.jp/articles/6ceab514aa09e2882cb5bacfb6fc5b9791c8a389

オフショア開発
出典:経済産業省 IT 人材需給に関する調査

2. IT人材の採用費とトレーニング費はだんだん高くなっています。

  • 株式会社マイナビ「マイナビ 中途採⽤状況調査2020年版 」(2020年3月調査)によるとIT・通信・インターネット業界について年間採用費総金(予算)は平均916.7万円、実際の採用費は898.5万円、採用人数は平均8.6人でした。この結果を基に計算するとIT業界の平均採用費は一人あたり約115万円です。

引用[URL]: https://www.mynavi.jp/wp-content/uploads/2020/03/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

3. IT人材の給与水準にびっくりした!!!

オフショア開発
IT人材の給与水準にびっくりした
  • 優秀なIT人材を採用できるように大きなお金を出しています。我が国におけるIT人材の動向という経済産業省の調査によるとIT人材の給与水準は450〜1200万円で非常に高いです。

引用:経済産業省ウェブサイト

[URL]: https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_jinzai/pdf/001_s01_00.pdf

*** 現在、オフショア開発は人気になり、特にベトナムオフショアは1位となっています。

詳しくはこちらからご確認頂けます。

最近の記事