モバイルアプリテスト 2022年の完全ガイド!

多くの方が、「アプリ」という単語を聞くと、スマホなどのモバイル機器上で動作するアプリをイメージするのではないでしょうか。
モバイルアプリ以外のテストと異なり、モバイルアプリのテストは、Webアプリのテストよりも複雑になります。本記事では、モバイルアプリを開発する際に注意するポイントなどをご紹介します。

目次

  1. モバイルアプリ開発で起こる問題
  2. モバイルアプリテストとは
  3. モバイルアプリのテストの役割
  4. モバイルアプリテストにおける基本テスト項目
  5. モバイルアプリテストにおける注意ポイント

1. モバイルアプリ開発で起こる問題

スマートフォンの登場により、スマホ上で動作するモバイルアプリは日常生活のあらゆる シーンで利用されるようになっています。同時にモバイルアプリのコンテンツはより複雑化しており、テスト・検証のありかたにも変化を求められています。そのような中で、開発現場は開発工数とコストばかりが増大化していく課題を抱えています。
そもそもモバイルアプリテストは何なのか、どのような役割があるのか、はっきり分かっていない方も結構いらっしゃるかと思いますので、まずそこからご説明いたします。

モバイルアプリテスト

2. モバイルアプリテストとは

モバイルアプリテストとは、スマホで動作するアプリのテストを行うことです。
スマホやタブレットに搭載される様々なアプリのテストを実施するには、各キャリア毎に数多く存在する最新機種でのテストが必要です。また、市場のニーズも早いスピードで変化するため、開発からリリースまでの期間が短いケースが多いです。より早いスピード、そして最新技術が現場に求められる、難易度の高いテストがモバイルアプリテストなのです。

3. モバイルアプリのテストの役割

インターネットユーザーの多くは知りたい情報の検索、アニメや映画などのエンタメコンテンツの視聴、コミュニケーションのツールとしてモバイル機器を利用しています。そのため、モバイルアプリ開発者にとってモバイルアプリのテストは避けて通れないステップとなっています。製品がモバイル機器上で、適切に動作するアプリとなっているのかどうかをテストして確認しなければなりません。

モバイルアプリテストにおける基本テスト項目

4. モバイルアプリテストにおける基本テスト項目

モバイルアプリのテストにおける基本的なテスト項目としては、例えば「アプリの使用が中断される際のテスト」が挙げられます。アプリの使用が中断されるのはよくあることです。そのため、以下の項目を確認するのが重要です。

・アプリがバックグラウンドで動作している場合、再起動しても以前と同じ画面が表示され、データが失われないかを確認する
・電池残量が少なくなった場合、アプリは正常に動作するかを確認する
・電池切れで再起動時に、アプリは正常に動作するどうか

5. モバイルアプリテストにおける注意ポイント

どのようなモバイルアプリであったとしても、テストする際は、下記3つの領域に注意する必要があります。

機能のテスト

ユーザーは、正確に、早く、そして、一貫してアプリが動くことを期待します。つまり、ユーザーが何らかの成果を出すことにプラスに働く機能を全てテストする必要があるということです。

ユーザーインターフェースとユーザビリティのテスト

全てのユーザーが同じように快適にアプリを使いこなすわけではありません。ユーザーによっては、使い始めたばかりの頃は手助けを必要とする場合もあれば、製品を熟知していても、問題に遭遇する場合もあります。アプリを一通り試し、文書やサポートのチャンネルを簡単に見つけられる点、そして、全てのページから簡単にアクセスすることができる点をチェックします。

ローディングをテストする

獲得したユーザーの人数に関係なく、ユーザーは、初めてアプリを試した日に、アプリができるだけ早く動くことを期待します。また、特定の時間、月、または、年、もしくは有名なメディアで取り上げられた時など、トラフィックが急激に増える可能性もあります。
どれだけ多くのユーザーがログインしていようが、製品が問題なく動くように、アプリとサーバーの環境をテストしておくべきです。

モバイルアプリ開発なら「Miichisoft」

Miichisoftは以下の強みを持っている企業です。

モバイルアプ開発ならMiichisoft

① 魅力的なコスト

ベトナムの優秀で豊富な人材を活用することで、日本企業に劣らない高品質な成果物を大幅なコストダウンで実現します。経費削減に貢献します。

② コミュニケーション

日本での留学や就労経験を活かし、顧客の期待に応えるため、日本企業 の品質基準や考え方を十分に理解 した人材を用意します。

③ 高い管理能力

全ての共同創業者がオフショア開発で幅広い経験を持っています。 その経験を活かしてサービスを提供しています。

近年のベトナムは景気が良く、元々日本人に近い勤勉な国民性も相まって、大学進学率が上昇し、個々人の能力 が飛躍的に向上しています。また、日本に比べ人件費だけでなく、人材採用コストも安く、何より多くのベトナム人が親日で、日本に 好印象を持っている国です。これらの好条件が揃ったベトナムは、現在のアジア諸国において、人材の質、量、コストともに日本向け オフショア開発に最適な土壌と言っても過言ではありません。

まとめ

以上、この記事では開発者が実施すべきモバイルアプリのテストケースについてご紹介してまいりました。この記事でご紹介したテスト項目を参考にし、モバイルアプリのテストのお役に立てていただければ幸いです。

モバイルアプリ開発についての基礎知識を知りたい方はこちらよりご確認頂けます。

関連記事

オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

Post Views: 10 IT業界において、「開発地」の3つ言葉をよく聞いていると思います。それは「オンショア」「ニアショア」と「オフショア」です。日本で受注した案件を「海外で開発」のはオフショアいわゆるオフショア開発という、そして、日本国内で開発することで距離によりそれぞれの「オンショア」と「ニアショア」を意味しています。これから、IT需要が増加している世界の中、どこで開発するのがいいかと検討している企業様のむけにこの記事を一読してください。 質問①オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは それぞれの言葉を理解できるように大まかに説明していきます。「オンショア」とは国内でいわゆる社内で開発することで、「オフショア」とは、海外の企業や法人に業務を委託・発注するという意味です。一方、「ニアショア開発」とは、国内の地方エリアの企業にアプリ開発やシステム開発を委託する手法を表しています。いずれも、比較的人件費の安いエリアで開発を行うことによって、コスト削減が叶うことが主なメリットとなります。つまり、オフショア・ニアショア・オンショアの違いは基本地域により区分されています。近年にリモートワーク業務が増えている中でコスト最適化のために海外に開発することを依頼する日本企業が多くなっており、オフショア開発の企業が続々現れています。 質問② オフショア・ニアショア・オンショアの特徴 それでは、別々の特徴を記述して参ります。 オフショア開発の特徴 開発業務・システムの保守運用を海外で行う開発手法です。ベトナム・フィリピン・ミャンマーといった東南アジアは日本より物価・人件費が安い国で開発することが多いです。 日本のエンジニアと同じの技術力を持ったエンジニアに低単価で依頼できる可能性があるため、コストの削減にもつながる場合があります。 ニアショア開発の特徴 開発業務・システムの保守運用を国内の地方で行う開発手法です。首都圏よりも物価の低い、札幌などの地方都市で開発をすることでコストを抑えるでしょう。ニアショア開発では、国内の企業やエンジニアとのやりとりになるので、オフショア開発と違う言語の壁がありません。 オンショア開発の特徴 開発業務の全てを社内で行う開発手法です。つまり、社内のエンジニアのみで、システム開発や保守運用業務をこなせる状態にある企業がオンショアでの開発を進めることができます。メリットは、自社内で完結しているため、「コミュニケーションの取りやすさ」「情報漏洩のリスクが低い」ことが挙げられます。 質問③オフショア・ニアショア・オンショアのメリットとデメリット オンショア開発のメリット オンショア開発には大きく3つのメリットがあります。それは「迅速な開発速度」と「納品物の質の担保のしやすさ」、「情報セキュリティリスクの少なさ」です。 ・迅速な開発速度 ・納品物の質の担保のしやすさ

2023年のオフショア開発の動向

Post Views: 13 2021年から新型コロナウイルスの影響で、リモート勤務が多くなり、オフショア開発を活用するシステム開発が進んでいます。今回、Miichisoftは5年間のオフショア開発の経験で、日本とベトナムでのオフショア開発の現状と動向について解説します。 1. オフショア開発とは          オフショア開発とは、アプリとWebシステム等の開発業務を海外での子会社、または開発会社に委託することです。詳細はこの記事を参照ください。 2. 2023年のオフショア開発の動向 日本でのIT市場の動向 IT企業だけでなく、非IT企業もオフショア開発の活用ニーズを持っています。 2000年代において、オフショア開発の主な目的はコスト削減でした。 しかし、ここ数年、IT人材不足が続いて、どうやってリソース確保が課題になっています。従って、日本会社は、リソース確保のため、長期間で取引できるパートナーを探す傾向があります。つまり、オフショア開発の主目的がコスト削減である時代は、すでに終わりを迎えていると判断しております。 IT系会社だけでなく、非IT会社もオフショア開発の活用されるトレンドがあります。DX導入による事業拡大のため、業務におけるIT適用に力を入れる企業が少なくありません。しかし、国内でのIT人材採用に費用と時間がかかりますので、オフショア開発の活用が1つの選択肢になります。オフショア開発が一般化しています。 海外拠点を設立する企業が増えていく。 国内でのIT人材不足という状況で、リソース確保の1つ方法として、オフショア開発会社に外注することを代わりに海外で拠点を構えます。現地のリソースを活用し、自社のサービスを運営したり、プロジェクトを開発したりすることができます。その上、日本で働く希望を持つエンジニアがいれば、日本へ派遣することができます。 英語でのオフショア開発 ここ数年、グーグル翻訳機の精度が高くなり、日本側とオフショア開発チームのコミュニケーションがスムーズに進めるようになりました。SlackとかChatworkとかといったツールでやり取りすることにより、コミュニケーションもより早くなっています。最近、グローバル人材を活用する傾向があり、英語で書かれている仕様、技術に関する資料が多少ありますので、英語でのオフショア開発会社に依頼する案件が増えています。 ベトナムでのオフショア開発市場の動向 単価上昇

ベトナムオフショア開発の魅力

Post Views: 4 オフショア開発とは  オフショア開発におけるベトナムの魅力を知るには、オフショア開発について知っておかなくてはなりません。最初に、 オフショア開発とは どのようなものなのかを解説します。  1. 海外に業務を委託する開発 オフショア開発とは 、日本よりも人件費の安い国にあるIT企業や人材に、業務委託をして行う開発です。開発の主なコストである人件費を安く抑えることで、低価格で高品質な システム や アプリ を開発できます。オフショア開発のメリット は、人件費を抑えるだけではありません。委託先と日本で同時に作業ができるので、開発にかかる時間を短くできる、海外にいる優秀なIT人材を確保できるなど、いろいろなメリットがあります。  2. オフショア開発の委託先となる国について オフショア開発 は海外に開発作業を委託しますが、この委託先となる国はたくさんあります。オフショア開発

オフショア開発でよくある課題や解決方法!

Post Views: 0 「オフショア開発とは」、海外の開発会社や海外の子会社へ、情報システムやソフトウェア、Webシステムの開発業務などを委託・発注する開発手法です。オフショア(Offshore)には、岸(Shore)から離れた(Off)が転じて「海外」という意味があります。 オフショア開発といえば「コスト削減」、「開発時間が短い」、「優秀なエンジニアの確保」などのメリットのイメジが強いかと思います。 一方、デメリットとしてはオフショア開発経験の有無に限らず「コミュニケーションが上手く取れるのか」「品質担保できるのか」等、多くの不安や課題、懸念を持っている方が多いかと思います。 今回、オフショア開発によくある課題共に改善策・当社での取り組みを紹介したいと思います。 1. オフショア開発でよくある課題 オフショア開発でよくある課題①言葉の壁: 海外の企業に委託するため話の通じない可能性が十分考えられます。 日常会話レベルではなくビジネスレベルの外国語が話せなければ、細かいニュアンスが伝わらず思ったようなシステムに仕上がらない可能性があります。 また、要件定義などは日本側で行い、その後オフショア開発先の言語に合わせて翻訳を行うのが一般的な方法です。ここで、仕様バグと呼ばれる誤った翻訳をしてしまう問題が発生してしまうことが多くあります。 これは翻訳者のスキルだけの問題ではなく、日本語特有の曖昧さが影響していると言えます。日本語では物事を遠回しに言ったり、はっきりと言うことを避ける傾向があります。こう言った日本語の特徴から、きちんと翻訳が行われずに失敗するケースがあるのです。 オフショア開発でよくある課題②国民性の違い 国が違えば文化や考え方も異なります。例えば、日本では「報告・連絡・相談」はビジネス界では常識。しかしその常識が他国でも通じるかというとそうではありません。 依頼主に確認もせずに作業内容や手順を変更してしまい、あとで問題になることは珍しくありません。 日本人の感覚では納期は絶対厳守です。残業しても納期までに必ず仕上げます。信用問題に関わるからです。また、日本で残業を良しとする文化や、上司より早く帰りづらいなどといった文化があります。しかしそういった文化は日本特有なものであり、海外では通用しません。こういうことは事前に頭に入れておいた方がよいでしょう。 オフショア開発でよくある課題③エンジニアに関する不安 もちろん技術面で日本にも負けないほどの知識とスキルを持っているエンジニアが多くおります。しかしエンジニア全員がそうとは限らず、各エンジニアのレベルの事前の確認が難しいことは不安材料になります。 2.オフショア開発における課題の解決方法

誰がオフショア開発を活用するべきか?その目的は?

Post Views: 0 近年、日本では、国内リソース不足で、オフショア開発を活用する企業が増えています。そんな状況の中で、なぜ誰がオフショアを使うべきなのか、それをどうのように有効に使うのか、3つの大きい課題があげられるでしょう。日本市場向けオフショア開発を提供してきたMiichisoftは、自社の経験を基づいて、本日、その3つ課題について話させていただきます。 質問① 誰が誰がオフショア開発を活用すべきか? Offshore.comの2022年度レポートによると、IT業界のトレンドの一つは、オフショア開発導入が一般化するということです。業務改善と売り上げアップなどのため、ますますオフショア開発を活用するIT企業だけでなく、非IT企業も増えているということです。 Miichisoftも、オフショア開発を提供してきた経験で、そのトレンドを察しております。確かに、スモールでもお早めに活用するほうが良いと考えております。特には、 SIer企業 パッケージベンダー 投資家とトレーダーとコンサルタント エンド企業(IT業界以外、介護企業、農業企業など) Miichisoftは、未経験または、興味のある方々などにオフショア開発をスモールでも活用することをお勧めいたします。 質問② なぜオフショア開発導入が必要なのか? どうしてオフショア開発を活用するべきかというと、まず、Miichisoftのお客様の悩みに触れてみましょう。弊社が開発してきたドメインで、以下の課題をまとめて紹介します。 短期間で安価なシステム開発が困難 安定的なシステム開発チームが欲しいが、人材不足でできない オフショアで外注を検討中しているが、品質やコミュニケーションコストに不安 業務フローのシステム化により、人件費、管理・運用コストを削減したいが、システム開 発の経験がない IT人材の採用や管理のリスクが高い

オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ

Post Views: 0 ここ数年、コロナ禍でビジネスモデルも大きく変化して、DX導入の需要が高まっています。その状況の中で、IT企業だけでなく非IT企業には、業務改善、事業拡大を目指してデジタル化したい企業が多いです。しかし、IT人材不足でIT 部門を立ち上げるには多くの困難・費用がかかります。そのため、ベトナムをはじめ、海外にアウトソーシングする傾向があります。 今回、4年以上オフショア開発をやってきたMiichisoftは、オフショア開発活用の効率化に役立つと思う11の注意点を挙げてみました。ぜひご参考になさって下さい。 オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ 1. 適切なオフショア開発会社を選ぶ 治安及び政治などは安定しているか規模・実績(プロファイルの数、ドメイン、導入事例、等) 資格、認証等 CEOのプロファイル(例:Miichisoftのリーダーであるコン氏は、IT業界での若いリーダーTOP10に選べられた) お支払方法 お客様からのフィードバック 2. 秘密保持契約 (NDA)を必ず締結する 機密保持契約 (NDA) は営業秘密や製造技術等のノウハウ、お取引で知り得たお客様の情報等を、目的外利用や第三者への漏洩を防止するために締結する契約です。プロジェクトの詳細を共有する前に、オフショア開発会社とNDA契約を締結することが重要です。