• Home
  • ブログ
  • ベトナムのオフショア開発の4つの魅力!失敗を防ぐ依頼方法まで解説

ベトナムのオフショア開発の4つの魅力!失敗を防ぐ依頼方法まで解説

ベトナムのオフショア開発の魅力について解説します。この記事を読めば、トレンドになっているベトナムのオフショア開発の特徴が分かるようになり、安心して依頼できるようになります。ぜひ、システム開発を検討している方は参考にしてみてください。

日本のITリソースが不足している中で、システム開発したい場合はオフショア開発を活用していきましょう。オフショア開発とは、システム開発を海外リソースで行うことをいいます。
海外のシステム開発会社に委託すれば、現地の賃金水準が適用されるため、低コストでシステムが開発できます。このようなメリットがあるオフショア開発の委託先として、近年、注目を浴びているのが「ベトナム」です。
今回はベトナムのオフショア開発の魅力について解説します。この記事を読めば、オフショア開発の失敗を防ぐ依頼方法まで分かるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。

オフショア開発委託先として「ベトナム」が人気です。
オフショア開発白書(2021年版)によると、オフショア開発委託先にベトナムを選ぶ企業は52%。2位のフィリピンを大きく引き離しており、ベトナムが圧倒的に人気を集めていることがわかります。総務省の情報通信白書(2007年度版)で、かつて委託先として人気を博した中国は現在は6位に落ちています。
2つの報告書から分かるように、ベトナムのオフショア開発がトレンドになってきているのです。

ベトナムのオフショア開発の4つの魅力
ベトナムのオフショア開発がトレンドになっているのは、なぜなのでしょうか?次に、ベトナムのオフショア開発の魅力をご紹介します。

ベトナムオフショア開発
ベトナムオフショア開発

優秀な人材が多い
国内ではエンジニア不足の問題を抱えていますが、開発リソースの確保を目的にベトナムのオフショア開発が選ばれています。
その理由は、国策としてIT分野からの経済発展に取り組んでおり、毎年5万人のエンジニアを輩出するなど優秀な人材を抱えているためです。
ベトナムの基本教育方針として、小学3年生からコンピュータ学習が必須項目となっており、大学卒業時点で実務レベルのスキルを身に付けていることは珍しいことではなくなりました。
日本で人気のプログラミング言語であるJavaScript、Python、Swiftなどを習得している人材がいます。また、AIやブロックチェーン技術などの技術を保有している人材も多いため、ベトナムのオフショア開発が選ばれるようになりました。

コスト削減ができる
ベトナムのオフショア開発を選べば、システム開発の費用を抑えられることも魅力です。
その理由はベトナムの大卒初任給が安いためです。
南アジアの各国に展開する求人サイトのジョブストリートの独自調査では、ベトナムの大卒初任給は月250$(約3万2500円)と述べられています。日本の大卒初任給は約23万円のため、1/7のコストでシステム開発ができます。
日本のエンジニアは不足しており人件費が高騰している傾向があるため、コスト削減したい方は、ベトナムのオフショア開発を検討してみると良いでしょう。

ベトナムオフショア開発における課題
ベトナムオフショア開発における課題

コミュニケーションリスクが低い
ベトナムは親日国のため、コミュニケーションの不安も払拭できます。ベトナムが親日国である理由は、日本企業がベトナムに進出してブランド醸造しており、日本製品は高品質だと認識しているためです。
また、アニメや漫画の文化が人気で、日本に触れる機会が多いことも親日国と言われる理由です。
ベトナムの中学校では日本語の勉強が必須項目になっており、日本語を話せるエンジニアが多いため、言語の壁による障壁を心配する必要はありません。このように、コミュニケーションリスクが低いことも、ベトナムのオフショア開発の魅力です。

治安が良くて常駐しやすい
システム開発では進捗状況や仕様の確認、デモの体験など必要に応じて客先常駐することがありますが、ベトナムは治安が良くて常駐しやすいです。
ベトナムの治安は良くて、殺人やテロなどの凶悪犯罪の心配をする必要はありません。また、宗教上の制約もありません。
ベトナムに進出している日本企業が多いため、食に困ることもなく、物価が安いため滞在しやすく感じられるでしょう。委託先に常駐したいという要望がある場合は、ベトナムの住みやすい環境は魅力に感じられるはずです。

ベトナムのオフショア開発で失敗を防ぐ方法
オフショア開発白書(2021年度版)では、オフショア開発を検討する大企業(8%→14%)や小規模企業(40%→56%)が増加していることが分かります。
しかし、オフショア開発で失敗はしたくないと不安に感じる方もいるのではないでしょう。そのような悩みを抱えている方向けに、オフショア開発の失敗を防ぐ方法をご紹介します。

失敗例:システムの品質が悪かった
システムの機能や操作性が悪くて、想定していた効果が見込めずに失敗に終わることがあります。また、システム障害が発生して起動しなくなる場合も失敗と言えるでしょう。
このような問題が起きる主な原因は、システム開発会社の選びです。希望するシステムを得意分野としていない開発会社へ依頼してしまうため、このようなトラブルが起きてしまいます。

対策:実績を持つシステム開発会社に依頼する
オフショア開発の品質面に不安を感じる方は、システム開発会社の実績を確認してください。
システム開発の実績に、開発したいシステムがあれば、似たようなものを作りたいと伝えるだけで済みます。
最先端の技術を活用してシステム開発したい場合は、受賞歴などを参考にすると高い技術力を持っている開発会社か見極められるはずです。

失敗例:コーディング規約がなくてメンテナンスができない
システム開発会社の中には、コーディング規約が用意されていないことがあります。
コーディング規約は、システム運用中のメンテナンスをする際に使用される機会が多いです。自社や委託先でメンテナンスを依頼するなら問題ありませんが、他社にメンテナンスを依頼する場合は、コーディング規約がないと保守性が落ちてしまいます。
近くのシステム開発会社にメンテナンスを依頼したら、想像以上に時間がかかってしまったというトラブルもあるため注意してください。

対策:システム開発会社の文化を確認する
システム開発会社により、コーディング規約の内容や有無が異なります。コーディング規約とは、エンジニアがプログラミング言語でコードを書くときに使用するルールです。
1人でプログラミングをする場合は、コーディング規約は必要ないかもしれません。
しかし、最低限、他人が見てルールが分かるコーディング規約がないとメンテナンスができなくなります。どの程度のコーディング規約を用意しているかは、システム開発会社の文化による異なります。そのため、開発会社の文化を確認しましょう。

ベトナムのオフショア開発なら「Miichisoft」
ベヨナムのオフショア開発に興味を持った方は「Miichisoft」までご相談ください。ここでは、オフショア開発サービスを提供するMiichisoftの特徴を簡単に説明します。

システム開発の豊富な実績を保有
Miichisoftは、日本向けのシステム開発の実績を豊富に持っていることが強みです。これまで以下のようなシステム開発をしてきました。

ベトナムオフショア開発ならMiichisoftに

外国人雇用リスク管理ツール
ストレスチェックプログラムツール
漫画家とアシスタントを繋ぐマッチングサービス

100件以上の実績を持っているため、お客様の要望に柔軟に対応できます。

サオクエ賞を受賞する高度な技術力
Miichisoftは、ベトナムの経済発展に寄与したシステム開発会社として2年連続でサオクエ賞を受賞しました。ベトナムのソフトウェア・ITサービス協会から高度な技術を保有するシステム開発会社として認められています。ベトナムには5万社以上のシステム開発会社が存在しますが、その中でも経済発展に貢献した企業として認められているため、安心してオフショア開発をご依頼して頂けます。

日本のシステム開発の問題を解決
Miichisoftは「システム開発を通じて人の役に立ちたい」という想いで創業しました。創業者は日本に留学、就業経験があるエンジニアです。日本のシステム開発の諸問題(人件費の高騰や人材不足)を解決するために、Miichisoftは存在します。
日本語に精通するブリッジエンジニアが在籍しているため、コミュニケーション問題なども気にせずご依頼して頂けます。

まとめ
ベトナムのオフショア開発が注目を浴びている理由は、国策で優秀なエンジニアを輩出しているためです。そのため、近年はベトナムのオフショア開発が注目を浴びており、トレンドになっています。
希望のシステムを得意分野にする開発会社に委託をすれば、品質やコスト面で恩恵が受けられるでしょう。ぜひ、システム開発において人材不足に悩んでいたり、高騰する開発費用に悩んでいたりする場合は、テクノロジーパートナーの「MIICHISOFT」にお問い合わせして頂けますと幸いです。

最近の記事