Webアプリ開発やWebフレームワークを説明

Calendar
2023年4月20日
Calendar
677

Webアプリは、インターネット上で動作するソフトウェアの一種で、Webブラウザを介して利用することができます。Webアプリ開発には、クライアントサイドのフロントエンド開発とサーバサイドのバックエンド開発があります。

Webフレームワークは、Webアプリ開発に必要な機能を提供するソフトウェアであり、開発効率の向上や品質の担保が可能となります。

そこで本記事では、Webアプリ開発のメリット・デメリット・WebアプリとWebバイトの違いやWebフレームワークを紹介しています。

1. Webアプリ開発とは

Webアプリ開発とは、インターネット上で動作するアプリケーションの開発のことです。Webブラウザを介して利用者がアクセスし、データの入出力や処理、データベースの操作などを行うことができます。Webアプリ開発には、クライアントサイドのフロントエンド開発とサーバサイドのバックエンド開発があり、それぞれの役割を担う技術やツールが存在します。

Webアプリは、Webブラウザを使って簡単にアクセスできるため、利用者が多く、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でも利用することができます。また、利用者ごとに異なるデータを取得し、処理することができるため、カスタマイズ性が高く、さまざまな分野で利用されています。

Webアプリ開発においては、利用者の利便性やセキュリティ、パフォーマンスなどが重視されます。開発者は、フロントエンドのUI/UX設計やサーバサイドのデータ処理などに加え、セキュリティ対策やパフォーマンスチューニングなども考慮しなければなりません。また、様々なフレームワークやライブラリが存在するため、開発者は最新の技術やトレンドにも常に注意を払い、開発を進めていく必要があります。

2. Webアプリ開発のメリット

2.1 コスト削減

Webベースのソフトウェアソリューションの開発には、サーバーなどのハードウェア要件が少ないため、ネイティブのソフトウェアソリューションよりも少ない費用で済みます。つまり、経験豊富な開発者による高品質な結果を得ながら、初期費用を節約できます! 

2.2 汎用性

Webアプリ開発では、すべてがブラウザを通じて実行されるため、異なるオペレーティングシステム用に別々のバージョンを用意する必要がなく、WindowsやMacOSXやLinuxなど、インターネットに接続できる場所であればどこからでもアクセスできる汎用性の高いものとなります。

2.3 安全

データはローカルデバイスではなく、リモートデータベースに安全に保存されるため、機密情報が一般人の手に渡る可能性は低くなります(将来的に法的トラブルにつながる可能性もあります)。さらに、何層もの暗号化プロトコルがユーザーデータの保護に役立ち、貴重な情報を盗み出そうとする悪意ある行為に対して、もう一段のセキュリティ保護を提供します。

2.4 簡単なアップデート

ネイティブアプリのように、アップデートを行うには、一つ一つのアップデートを手動でダウンロードする必要がありますが、Webアプリ開発では、ページを更新するだけで自動的にアップデートが行われるため、大量のユーザーを管理するのが非常に簡単です。

2.5 クロスプラットフォーム対応

最近のブラウザはHTML5とCSS3をサポートしているので、クロスプラットフォーム対応のソリューションを構築する際、開発者はより多くのオプションを持つことができ、使用されているデバイスの種類に関係なく、より幅広い顧客にビジネスを提供することができます。

2.6 より大きなリーチ

物理的な場所の近くにいる人だけがアクセスできた従来のソフトウェアソリューションとは異なり、Webアプリ開発は、より大きなリーチの潜在的な顧客ベースを提供する世界中の潜在顧客をターゲットにする能力をビジネスに与えます。

2.7 パフォーマンスの向上

ローカルにインストールされたアプリではなく、オンラインでアプリを開発する大きな利点は、より速いロード速度によるパフォーマンスの向上です(ローカルではなくホスティングサーバーによる)。

また、最適化されたコードにより、よりスムーズな動作が可能となり、全体としてより良いユーザー体験が得られます!

3. Webアプリ開発のデメリット

3.1 インターネットアクセスへの依存

誰かがインターネットに接続されていない場合、彼らは接続が再確立されるまで、製品の提供を使用することができません意味するリモートサーバーではなく、ローカルものの欠如オフライン可用性から実行しているソフトウェアを持つもう一つの欠点は!

3.2 互換性の問題

古いブラウザでは、HTML5/CSS3などの最新技術を正しくサポートしていない場合があるため、クロスプラットフォーム対応のソリューションを作成しようとすると、ブラウザの互換性に問題が生じることがあります!

3.3 ロード時間の増加

トラフィックの増加により、エンドユーザーとサーバーホスト間の距離が離れているため、ローカルにインストールされたバージョンを実行する場合と比較して、ウェブサイトのロードが遅くなる傾向があり、さらに送信受信にかかる時間が長くなります。

4. Webアプリ開発手順

Webアプリの開発はいくつかのステップで構成されています。

4.1. 計画

Webアプリのプロジェクトの最初のステップは、望ましい結果を達成するために必要な機能や特徴を計画することです。これには、コンテンツ、デザイン要素、ユーザーエクスペリエンスの目標、ホスティングプラットフォームや使用するコーディング言語などの技術的要件などを決定することが含まれます。

4.2. デザイン

デザイン段階では、アプリケーションが完成したときにどのように見えるか、どのように感じられるかのモックアップやワイヤーフレームを作成します。これには、アプリの全体的な外観を構成する配色、レイアウト、その他の美的要素の決定が含まれます。

4.3. コーディング

デザインが決まったら、HTML5やCSS3やJavascriptなどのプログラミング言語やAngularJSやReactJSやVueJSなどのフレームワークを使用してコードを書き始める時です。 

4.4. テスト

コーディングが完了したら、ユーザーに公開する前にすべてを徹底的にテストすることが重要で、公開日が来る前にバグを修正することができます! 

4.5 デプロイメント

プロセスの最後のステップは、デプロイメントです。これは、開発中に作成されたすべての部品(コードとファイル)をサーバーに配置し、あなたのウェブサイトにアクセスしたり、デバイスからモバイルアプリを使用するすべての人がアクセスできるようにすることを意味します! 

4.6 メンテナンス

アプリをリリースした後も、バグフィックスや機能アップデートを継続することが重要です。そうしないと、古いバージョンで正しく動作しないために、ユーザーが不満を持つ可能性があります! 

4.7 セキュリティ

最後になりますが、ハッカーは常にシステムに侵入する新しい方法を試みているため、どのようなタイプのアプリケーションを構築している場合でも、セキュリティは常に最優先事項であり続けるべきです!

5. WebアプリとWebバイトの違い

以下は、WebアプリとWebサイトの違いを表にしたものです。

比較 Webアプリ Webバイト 目的 Webアプリは、エンドユーザーとのインタラクションを想定して設計されています。 Webサイトは、ほとんどが静的なコンテンツで構成されています。すべての訪問者が一般にアクセスできるようになっています。 "タスクと 複雑さ" Webアプリの機能は、Webサイトと比べるとかなり高度で複雑です。 Webサイトは、収集したデータや情報を特定のページに表示します。 オーセンティケーション Webアプリケーションは、Webサイトよりはるかに幅広い選択肢を提供するため、認証が必要です。 "情報提供のためのWebサイトでは、認証は義務ではありません。 ※この機能は、未登録のWebサイト訪問者には利用できません。" ソフトウェアの種類 Webアプリの開発は、Webサイトの一部です。それ自体は完全なWebサイトではありません。 Webサイトは完全な製品であり、ブラウザの助けを借りてアクセスするものです。 ユーザーの行動 Webアプリのユーザーは、Webアプリのコンテンツを読むことができ、またデータを操作することもできます。 Webサイトのユーザーは、Webサイトのコンテンツを読むことができるだけで、データを操作することはできません。 "プリコン パイル" Webアプリは、デプロイ前にプリコンパイルしておく必要があります。 Webサイトはプリコンパイルする必要はありません。 機能 Webアプリの機能は非常に複雑です。 Webサイトの機能は簡単です。 "インタラクティブ " Webアプリは、ユーザーにとってインタラクティブです。 Webサイトは、ユーザーにとってインタラクティブではないです。 統合 Webアプリは機能が複雑なため、統合は複雑です。 Webサイトでは、統合はよりシンプルになります。 "開発 期間" 数ヶ月間。 数日。 言語 HTML、PHP、Ruby JavaScript、HTML、CSS 安定 定期的なバージョンアップが必要です。 メンテナンス性が高く、管理しやすいです。 WebアプリとWebバイトの違い

例えば、WebブラウザからTwitterやFacebookを利用する方が、近所のピザ屋のウェブサイトをクリックするよりも魅力的な体験ができることにお気づきでしょうか。それは、前者がWebアプリで、後者がWebサイトだからです。

6. Webフレームワークとその他の技術

フルスタックのWebアプリを開発するには、適切なフロントエンドとバックエンドツールが必要です。以下に紹介するフレームワークやテクノロジーは、Webアプリを構築する上で十分に役立ちます。

6.1 フロントエンド 

フロントエンドでは、Webアプリ開発やウェブ開発に使うべきツールは、四半世紀にわたってほぼ同じです。しかし、少なくとも、信頼できるツールであることは間違いないでしょう!

  • JavaScript 

JavaScriptは、あらゆるタイプのWeb開発における主要なクライアント側プログラミング言語です。そして、ほぼ100%のWebアプリ開発者が、ウェブサイトやウェブアプリケーションにクライアントサイドの動作をコーディングするためにJavaScriptを使用しています。

これは、JavaScriptによって動的なウェブサイトを構築することができるからです。スクロールバーやクリックできるボタンなどの基本的な機能は、すべてJavaScriptプログラミングの産物です。

JavaScriptが20世紀に誕生して以来、この言語は大きく発展し、多くの使用例やフレームワークを通じて、その多様性を示してきました。

  • HTML

HTMLもWeb制作のコア技術のひとつです。ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)は、ウェブページのコンテンツを構造化する役割を担っています。

一連のHTML要素は、テキスト、画像、そしてHTMLの最新バージョンであるHTML 5ではオーディオとビデオも表示する方法をウェブページに記述します。HTML要素は、”<“と”>”の文字で認識することができます。

デスクトップやノートパソコンでウェブページを右クリックし、「ページのソースを表示」を押すと、ブラウザにHTMLがたくさん埋め込まれているのがわかります。

  • CSS

CSS(Cascading Style Scripts)は、ウェブページの表現方法を示す言語です。JavaScriptやHTMLと同様に、今日のWorld Wide Webを支える基盤技術となっています。

色、レイアウト、フォントは、WebページやWebアプリに不可欠な特性の一部です。CSSは、これらの特性を引き出すものです。

6.2 バックエンド

バックエンド開発には、サーバーサイドプログラミング、データベース、Webサーバー、APIなど複数のコンポーネントが含まれるため、より幅広い技術が必要となります。

  • プログラミング言語

サーバーサイドまたはバックエンドのプログラミング言語は、舞台裏で行われるWebアプリケーションの機能を処理する必要があります。

バックエンドのWeb開発では、データベースと連携してデータの送受信を行ったり、ユーザー接続やセキュリティ認証を管理したり、最終的にWebアプリケーションが本来の性能を発揮できるようにします。

Java、Python、Ruby、PHPは、最も人気のあるバックエンド言語の一部です。多くの技術系企業がこれらの言語を複数使用していますが、それでも、その有用性を検証するために、多くの側面比較が存在します。

また、ソフトウェア開発を簡素化するためのバックエンド・ウェブフレームワークもある。DjangoとRuby on Railsは、ウェブ開発コミュニティでますます有名になりました。

  • データベース

データベースは、アプリケーションのデータを保存します。バックエンド開発者は、クエリを使ってデータを要求したり取得したりすることができるクエリ言語に精通している必要があります。

構造化クエリ言語(SQL)は、一般的なWebアプリ開発者がよく使うクエリ言語である。SQLには、MySQL、PostgreSQL、Oracleのように、多くの拡張機能や関連バージョンがあり、追加機能を備えています。

  • サーバー

サーバーはネットワークリクエストに応答します。Webアプリケーションのインターネット接続を通じて、サーバーはクライアントのリクエストに基づいて情報を取得し、クライアント、つまりあなた、あなたのコンピュータ、またはモバイルデバイスに、あなたが要求したものを提供します。

サーバーに関する特定の言語があるわけではありませんが、バックエンド開発を構成するすべてのテクノロジーは、連携するサーバーと絶対に良い関係を築く必要があります。

  • API

APIは、2つ以上のソフトウェアシステム間の接続を容易にします。APIの統合は、例えばGoogle HomeとSpotifyのプレイリストとの通信や、eBayとPayPalの連携を促進するものです。

繰り返しますが、APIにはドメイン固有の言語がありません。開発者は、他のバックエンド技術を使ってAPIを作成し、それを他の開発者に公開したり、所属する組織内に閉じておいたりします。

7. まとめ

Webアプリ開発は、Web開発の中でも特異なサブセットで、ウェブサイトやモバイルアプリに期待されるものとは全く一致しません。

ウェブアプリケーションをビジネスに導入することで、基本的なウェブサイトでは得られないオプションが得られます。顧客を惹きつけるインタラクティブな方法をお探しなら、ウェブアプリケーションは間違いなく最適な方法です。経験豊富なWebアプリケーション開発者のサポートが必要な場合は、実績ある独立系プロフェッショナルの最大規模のプールであるMiichisoftに連絡してください。

連絡先:sale@miichisoft.com

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る