• Home
  • ブログ
  • ブロックチェーンとビットコインの違いをわかりやすく徹底解説!

ブロックチェーンとビットコインの違いをわかりやすく徹底解説!

ブロックチェーンとビットコインは同じものではないことをご存知ですか? これらの用語を同じ意味で使用している場合、それはあなただけではありません。おそらくブロックチェーンとビットコインが非常に密接に関連しているため、多くの人が同じことをしています。

ブロックチェーンとビットコインの違い

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン

非常に簡単に言えば、ブロックチェーンはデータを保存するためのコンピューターファイルです。または、より専門的な用語で言えば、オープンな分散台帳 (データベース)です。これは、ブロックチェーン内に含まれるデータが多くのコンピューターに分散 (複製) されているため、分散化されていることを意味します。

この分散化は、ブロックチェーンを非常に変革的なものにするものの1つです。従来の集中型データベースとは異なり、レコードが1人の中央管理者(企業や政府など)によって処理される場合とは異なり、ブロックチェーン全体が透過的であり、データはユーザーのコンセンサスによって検証されます。しかし、この透明性にもかかわらず、ブロックチェーンは信じられないほど安全です。これは、ハッカーが標的とする中心的な攻撃ポイントが1つもないためです。

ブロックチェーンが重要な理由: ビジネスは情報に基づいて行われます。受信が速く、正確であるほど、より良い結果が得られます。ブロックチェーンは、許可されたネットワークメンバーのみがアクセスできる不変の台帳に保存された、即時の共有された完全に透明な情報を提供するため、その情報を配信するのに理想的です。ブロックチェーンネットワークは、注文、支払い、アカウント、生産などを追跡できます。また、メンバーは真実の単一のビューを共有するため、トランザクションのすべての詳細をエンド ツー エンドで確認できるため、信頼性が高まるだけでなく、新しい効率性と機会が得られます。

ビットコインとは

ビットコインとは

ビットコインは、銀行のような仲介者なしで、直接売買および交換できる分散型デジタル通貨です。ビットコインの作成者であるサトシ・ナカモトは、当初、「信頼の代わりに暗号証明に基づく電子決済システム」の必要性を説明しました。

ブロックチェーンとビットコインの違い

ブロックチェーンビットコイン
それは何ですか?分散データベース暗号通貨
目的ピアツーピアトランザクションのための低コストで安全な環境を提供するため政府の制限をあまり受けずに、取引を簡素化し、速度を上げるため
トレードブロックチェーンは、通貨から株式の財産権まで何でも簡単に転送できますビットコインは通貨としての取引に限定されています
範囲変化に対してよりオープンであるため、多くのトップ企業の支持を得ていますビットコインの範囲は限られています
ストラテジーブロックチェーンはあらゆる変化に適応できるため、さまざまな業界に対応できますビットコインは、インフルエンサーのコストを下げ、取引時間を短縮することに重点を置いていますが、柔軟性に欠けています
状態ブロックチェーンはさまざまなビジネスと連携するため、KYCやその他の規範に準拠する必要があります。したがって、ブロックチェーンは透過的ですビットコインは匿名性を好むため、元帳でトランザクションを確認できますが、それらは特定の順序ではない数字です

まとめ

ブロックチェーンは技術であり、ビットコインのような多くの暗号通貨はブロックチェーンを使用して安全で匿名の取引を行います。ブロックチェーンは透過的なメカニズムですが、ビットコインは匿名で動作します。ビットコインはデジタル通貨での交換にのみ制限されていますが、ブロックチェーンははるかに広範囲に使用されています。

ブロックチェーンとビットコインは同じものではないことをご存知ですか? これらの用語を同じ意味で使用している場合、それはあなただけではありません。おそらくブロックチェーンとビットコインが非常に密接に関連しているため、多くの人が同じことをしています。

関連記事

ブロックチェーン開発の市場規模予測

ブロックチェーン開発の市場規模・今後の展望

本記事では、近年仮想通貨などで注目されているブロックチェーン市場の規模と今後の展望についてご紹介します。 ブロックチェーンの概要 ブロックチェーンとは、そもそも何でしょうか。シンプルに言うと取引台帳を共有することのできるシステムの事を指します。 今では多くの人が当たり前に使っているインターネットは、デジタルデータのコピーが簡単に可能であることがメリットであり、同時にデジタルデータの価値を守りづらいというデメリットでもあります。 ブロックチェーンでは、取引台帳をブロックから次のブロックへの連結先を変更することによってデジタルデータを簡単にコピーできないようにすることに成功しました。 ドルや円などの通貨を取引する中央銀行のような特定の中央管理者がいないことが特徴です。一部の中央銀行や大企業に依存した通貨や情報の管理ではなく、分散して管理することによって、新しい秩序の構築を目指している動きでもあります。 ブロックチェーンの市場規模:日本国内での予測 ブロックチェーンの国内市場規模は今後どのようになっていくのでしょうか。 経済産業省の商務情報政策局 情報経済課が発表した「我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査)報告書概要資料」を参考にしながら、予測してみましょう。 ブロックチェーンは特定分野だけに限らず、その応用範囲を広げていくことが予測されます。 例えば上記資料では「オープン・高効率・高信頼なサプライチェーンの実現」に対して予測する市場規模が32兆円とされています。対象分野としては、小売り、貴金属管理、美術品などの真贋検証です。 市場規模だけへの影響でなく、産業構造全体に対する影響も考えられています。 例えば、今までのサプライチェーンでは、⼩売店、卸、製造で分断されていた在庫情 報や小売店に集中していた商流情報が共有されることで、サプライチェーン全体が活性化・効率化するとともに、製造側の交渉⼒の強化にもつながります。 また、電化製品は、最終消費者への販売後のプロダクトライフサイクルをトラッキング可能となり、売切りではないビジネスへ転換することが容易になることが予測されます。 ブロックチェーンの市場規模:世界予測 国内の市場規模に対して世界の市場規模はどうでしょうか。 ブロックチェーンの世界市場規模を予測する資料として、2019年9月に、IDC

Pythonで開発できるブロックチェーンとは

Pythonでブロックチェーンを開発しよう!

本記事では、近年多分野で注目されている「ブロックチェーン」をプログラミング言語Pythonで開発するにあたって必要な情報をお伝えしていきます。 ブロックチェーン技術が使われている分野で有名なのは、ビットコインを始めとする仮想通貨です。 まずはブロックチェーンとは何かを理解していきましょう。 Pythonで開発できるブロックチェーンとは ブロックチェーンとは何か、一言で言うと「取引履歴が厳密に管理された台帳」です。インターネット上でやり取りするデータはやり取りの途中で改ざんされることなどもありますが、そのような改ざんが起きないようにセキュリティが担保されているのがブロックチェーンです。 取引データを「ブロック」と呼び、そのブロックとブロックが鎖(チェーン)のように連結していることから「ブロックチェーン」という名前になっています。 インターネットでは世界のどこかにサーバーがあり、パソコンやスマホなどのクライアントからサーバー上にあるデータへアクセスする「クライアント・サーバー型」が代表的な特徴です。 一方、ブロックチェーンでは、特定のサーバーマシンでデータの管理が行われることがありません。複数のコンピュータが連携することによって分散管理されています。 この仕組みをP2P(Peer to Peer)ネットワークと呼びます。   Pythonでブロックチェーンを開発するために必要な知識 Pythonを使ったプログラミングには詳しくても、ブロックチェーンに対する知識がゼロであれば、ブロックチェーンの開発は難しいでしょう。 事前に必要なブロックチェーンやPythonの周辺知識とは何かについてみていきます。 Pythonでブロックチェーンを開発するために必要な知識   ブロックチェーンを理解するために次の3つの技術の理解が特に重要です。ハッシュP2Pネットワークコンセンサスアルゴリズム ①ハッシュ ハッシュは日本語に訳すと「寄せ集め」の意味です。データを固定の長さのハッシュ値に不可逆変換して置き換えることを指します。