2023年のアプリ開発費用とアプリ開発費用削減方法

Calendar
2023年4月17日
Calendar
897

ビジネスのためのアプリ開発には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?2023年にアプリ開発コストを決定し始めるときに、最初に尋ねるべき質問です。

アプリの開発費用は、40,000ドルから300,000ドル以上と幅があります。

この記事を読んでいるあなたは、2023年のアプリ開発費用とアプリ開発費用の下げる方法についてすでに知っています。

1. アプリ開発とは

アプリケーション開発とは、ビジネス機能をサポートするソフトウェアを作成するプロセスです。アプリケーション開発は、アプリケーションライフサイクルの7つの段階それぞれに関連するタスクで構成されています。計画やビジネス要件の収集から始まり、設計、開発、テスト、デプロイメントを経て、完成したソフトウェアアプリケーションのメンテナンスに至ります。

2. 2023年のアプリ開発費用

SPD LOADによると、以下は2023年のアプリ開発費用一覧です。

アプリの種類見積もり費用時間
シンプルなアプリ開発40,000ドルから60,000ドルまで2-3月
基本的なアプリの開発60,000ドルから150,000ドルまで3-6月
複雑なアプリの開発300,000ドル以上9月以上

例:2023年のモバイルアプリ開発コスト

機能説明期間費用
ユーザー登録ユーザーがメールアドレスやソーシャルメディアアカウントを使用してアカウントを取得することができます。20時間$800 – $1,000
ペイメントゲートウェイクレジットカードやデビットカードでの決済を可能にします。50時間$2,000 – $2,600
検索エンジン内蔵のフィルターを使って、特定のエンティティを検索することができます。10時間$500 – $600
チャットユーザー同士やサービスプロバイダーとの交流を可能にします。画像やメッセージを送ったり、プッシュ通知を受け取ったりすることも可能です。80時間$2,500 – $3,200
ジオロケーション車両や荷物のトラッキングを提供します。50時間$1,500 – $2,000
Google Mapsとの連携トラッキングを視覚化し、ユーザーが近くの新しいサービスプロバイダーを発見できるようにします。20時間$1,300 – $1,600
オフラインモードインターネットに接続されていない状態でもお客様がアプリを利用できるようにします。40時間$3,500
ビデオ/オーディオストリーミングビデオまたはオーディオコンテンツをユーザーに提供します。30時間$2,300~$3,000

参考:SPD LOAD

アプリ開発ための平均的なコストをできるだけ低く抑えながら、品質を落とさないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?それでは続けてましょうか。

3. アプリ開発コストコスト削減方法

① ディスカバリーフェーズ

徹底的なリサーチを行い、発見段階をスキップしないこと。テクノロジーやプラットフォームを学び、競合やターゲットオーディエンスを知ることで、成功の可能性を高め、高価な失敗を防ぐことができます。

② ライトベンダー

正しい業者を選ぶときは慎重に。彼らのホームページを訪れ、これまでの経験をよく知り、彼らが作った製品を知り、レビューを読んでください。プロのアプリ開発は、効果的かつ客観的に予算を算出し、プロジェクトの全期間において予算内に収まるようにします。

③ アウトソーシング

ベトナムやインドなど、料金の安い企業へのアウトソーシングを検討します。ベトナムは親日国として有名で、日本語でコミュニケーションが出来るエンジニアが増えてきており、言語や文化、慣習の違いが壁が払拭されて、オフショア開発委託がしやすいです。

妥当な価格で高品質なシステム開発をしたい、優秀なIT人材を確保したいという方は、ぜひ一度Miichisoftへご相談ください。Miichisoftのベトナムオフショア開発提供する会社です。オフショア開発に関するご質問がございましたら、Miichisoftにお問い合わせください。

連絡先:sales@miichisoft.com

④ MVP

機能だけを追求し、まずはアプリの基本バージョンを作ります(MVP)。最初から星に手を伸ばさず、ユーザーのニーズを解決するために必要な機能だけを取り入れる。例えば、Uberのようなアプリの場合、乗車券を入手します。

⑤ シンプルなデザイン

最初の原稿はシンプルに、基本的な簡潔なデザイン要素にこだわってください。最初のバージョンのアプリのローンチが成功した場合、その後、より複雑なものに移行することができます。

⑥ コスト評価

アプリ開発コスト評価の重要性を過小評価しないでください。大まかな見積もりから始めても構いませんが、ディスカバリーの段階でより正確なものを実施しましょう。

⑦ スコープを計画

アプリケーションの範囲を計画し、それを守ること。次のフェーズやイテレーションで範囲を広げることはできますが、最初のバージョンでは、計画の範囲内にとどまるようにします。

4. アプリ開発費用の実例

以下は、モバイルアプリケーションの例を、費用と開発期間とともに示したものです。

モバイルアプリ開発の価格の目安になるもので、正確な数字ではありません。

実例① Tinder

アプリ開発費用

Tinderは、年間6,700万ダウンロードを超えるジオソーシャルネットワーキングとデーティングアプリケーションです。

シンプルなデザインのアプリで、ユーザーは画像を右または左にスワイプして、結婚を考えている相手とつながることができます。

Tinderは、2012年に48万5,000ドルのシード資金を調達してスタートし、それ以来、羨望の的となっている。

2021年には16億ドル以上の収益を上げ、2023年にはその数字を超える勢いです。

Tinderのような出会い系アプリの制作費は約10万円で、以下のような機能があります。

  • ログインページ、
  • ユーザー認証、認可、 
  • ユーザープロフィール、 
  • アプリ内メッセージ、 
  • GPSの位置、 
  • プッシュ通知、 
  • アプリ内決済のゲートウェイ。

実例② Ikea

アプリ開発費用

Ikeaは、拡張現実(Augmented Reality)の力を借りて開発された、ブランドベースのアプリケーションです。

カタログに掲載されている家具の写真は、ほとんどが3Dモデルです。

さまざまな新機能や統合に加え、セキュリティ面も考慮するため、これらのアプリケーションは請求額は増えますが、多くの機能性を追加しています。

このようなアプリケーションの費用は45,000ドルからで、約1,000時間かかることもあります。

モバイルアプリデザインの特徴は以下の通りです。

  • 製品の3Dビジュアライゼーション
  • を遵守し、ソーシャルメディアのシェアに対応、
  • 製品を360度見渡すこと、
  • リアルタイムのダッシュボードとアナリティクス
  • CRMとの連携。

実例③ Uber

アプリ開発費用

Uberは、ライダーとドライバーを近接した範囲でつなぐライドシェアリングアプリである。

Uberの最初の資金調達は51万ドルの投資だったが、その後250億ドルを超える資金を調達している。現在、このアプリには1億1800万人以上のユーザーがいます。

同じような製品を所有することに興味はありますか?Uberのようなアプリ開発ための平均コストは8万ドルで、1200時間の開発タイムラインが必要です。

2009年にスタートした同社は現在、世界で最も価値のある組織の1つで、評価額は910億ドル以上です。

Uberアプリのコア機能は以下の通りです。 

  • 位置情報トラッカー、 
  • アプリ内決済・出金ポータル、 
  • ルーティングと高度なルート最適化 
  • プッシュ通知、 
  • 認証・認可機能、 
  • プロフィールページ。

実例④ TikTok

アプリ開発費用

TikTokは、動画共有のための人気のソーシャルメディアアプリケーションです。

TikTokのようなアプリの開発コストは、提供するアプリの特徴や機能性の程度によって増加する可能性があります。

このようなアプリケーションのコストは70,000ドルからで、約1,200時間かかると言われています。

アプリの機能には以下のようなものがあります。

  • オンラインメッセージング
  • ビデオ通話が可能です、
  • 多言語対応、
  • 画像、動画を共有することができます、
  • ユーザー接続、などなど。

実例⑤ Twitter

アプリ開発費用

Twitterは、2006年にJack Dorseyによって作られたマイクロブログとソーシャルネットワークのプラットフォームである。

このアプリは、最初の資金調達ラウンドを500万ドルで、評価額は2000万ドルでした。現在、440億ドルの価値があると推定され、2022年第2四半期には12億ドルの純収入があるとされています。

Twitterのようなアプリを所有するための推定コストは50万ドルです。アプリが機能するために必要なコア機能。 

  • 世論調査、 
  • タイムライン、 
  • ポップアップでお知らせ、 
  • 関連するヘッドライン特集、 
  • 掲載を終了、 
  • 接続の追加、削除、ブロックを行う、 
  • オーディオストリーミング、 
  • ヘッダーです。

5. アプリ開発費用に影響する5つのポイント

5.1 品質・コスト・スピード 

自分自身と優先順位に正直であることが重要です。ソフトウェア開発の黄金律は、下の図にある。3つの属性をとる:「Good」「Fast」「Cheap」の3つです。プロジェクトの属性は2つでも選べますが、3つとも揃えることはできません。

安価な予算で、素晴らしい品質のアプリを非常に早く作ると主張する開発会社を見つけるのは赤信号です。あなたは、あなたが支払うものを得る。もし、それが真実であると思われるなら…それはおそらく真実です。

質の高いアプリを求めるとすると、予算が多くて開発期間が短いか、予算が少なくて開発期間が長いかのどちらかを選択しなければなりません。私が希望する開発期間は、12週間以内です。設計や製品定義のための時間も必要なので、トータルのスケジュールは長くなります。

オフショアのリソースを利用して価格を下げたい場合は、開発期間に6〜12週間が追加されることを想定してください。

5.2 インハウスとオフショアのアプリ開発

あなたが開発者を雇うのは、彼らが実行と実行の方法をよく知っているからです。彼らがソフトウェアのプログラミングでコアコンピタンスを構築する唯一の方法は、社内にリソースがある場合です。しかし、残念ながら、企業が「もちろんです!開発者はすべて社内にいます」と言いがちですが、実際はそうでないことが多いのです。

プロジェクトに参加する具体的なチームメンバーを尋ね、彼らが過去に手掛けたアプリを確認するようにしましょう。また、リソースと話をして、そのコミュニケーション能力を評価してもらってもよいでしょう。

オフショア開発の方が圧倒的に安いですが、社内のエンジニアを雇うことで、設計段階で大きな差が出ます。また、製品企画に技術的な知識を持ち込むことで、将来的に時間とコストを削減することができます。

一部の企業では、すべてのリソースをオンショアに置いていると言っていますが、実際には、設計リソースはローカルに置き、開発はオフショアに置いている場合があります。

これは、開発者が開発費をオンショア料金で請求し、大きな利益率を得るための簡単な方法です。実際のチームメンバーについて適切な調査を行うことで、このような企業を排除することができます。

ハイブリッドアプローチは、有能なオンショアエンジニアリングチームがプロジェクトの最も重要な部分を担当し、より雑な作業には安価なサードパーティリソースを使用できるような状況で機能することができます。しかし、オンショアの真のエンジニアリングチームがなければ、このアプローチはうまくいきません。

Miichisoftならデジタルトランスフォーメーションの過程でのお客様とテクノロジーで競争力の優位性を高め、「テクノロジーコンパニオン」になりたいという想いを込めて、ITコンサルティングとソリューションサービスを提供する会社です。

アプリ開発での要件定義、基本設計、詳細設計、開発とテスト、運用までのワンストップで対応できています。

お問い合わせ

5.3 ウォーターフォールとアジャイル開発プロセスの比較

ウォーターフォール開発とアジャイル開発は、アプリ開発の代表的な2つの手法ですが、両者は大きく異なっています。

ウォーターフォール開発では、開発開始前に明確な文書化プロセスを作成し、そのプロセスに忠実に従うことが重要です。アジャイル開発では、開発開始前の文書作成はほとんどありません。開発者は1~2週間のスプリントで作業を行い、その都度コードを考えていく。

5.4 固定費と材料費の比較

ウォーターフォール構造では、作業に対する固定料金を設定できることが多い。デザインとドキュメントにXを費やし、Yのアプリを開発するために固定料金を費やすのです。しかし、何かを変更したくなることは避けられません。ワークオーダーを入力します。

開発者は、あなたが望む新しい作業や変更に対して、追加料金を請求します。作業指示は同じ料金で請求されるのでしょうか?開発者のプロジェクトで、作業指示書があるものはいくつありますか?最初の契約と、作業指示のあるコストとでは、どれくらいの差があるのか?これらはすべて、あなたが尋ねたい質問です。

5.5 見積もり作成 

この最後の要素が、アプリのコストに非常に大きな影響を与えることがあります。見積もり作成の流れは?

知っておきたいことは以下の通りです: 誰が見積もりを作成したのか?その人は、あなたが作ろうとしているものを十分に理解しているのでしょうか?その人と話をしたことがありますか?同じようなアプリを手がけ、同じような技術を使ったことがあるか。

もし、その技術が彼らにとって異質なものであれば、必要な時間やコストを誤って見積もることになりがちです。実際のコストが最初の見積もりと比較してどうであったかを歴史的に検討することで、誤った見積もりを避けることができます。

念のため、開発者の予算は20%オーバーすると考えてください。言いたくはありませんが、これが業界の現状なのです。

6. まとめ

これまで、2023年のアプリ開発費用とアプリ開発費用の実例についてご紹介しました。実は、アプリ制作費には非常に多くの要素が含まれており、信頼できるパートナーがいなければ、迷ったり、圧倒されたりする可能性があります。

もし、チームに専門知識がないと感じたら、Miichisoftに連絡して、ターゲットユーザーにリーチし、ビジネス目標を達成し、会社を新たな成功のレベルに導くアプリの開発費用の平均を確認してみてください。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る