【2023年】アプリ開発の手順をわかりやすく解説

Calendar
2023年4月7日
Calendar
680

アプリ開発には、どんなに素晴らしいアイデアでも、それ以上のものが必要です。たとえ、企業向けアプリケーション開発サービスであなたの想像力をイノベーションに変えるだけの資金があったとしても、事前に計画を立て、アプリ開発流れのすべてのステップについて基本的な知識を持つことで、より簡単になります。

以下のステップバイステップガイドでは、独自のアプリを開発し、あなたのビッグアイデアを実現する方法についての質問に答えるために、最も基本的なステップを説明します。

ステップ1:アイデアとゴール

アイデア

すべてのプロジェクトは、アイデアから始まります。アイデアが明確で詳細であればあるほど、より良いアプリになります。アプリ開発の最初のステップでは、テクノロジーから離れ、紙とペンを使って作業することができます。書く、描く、下書きするなど、思いつくままに想像力を働かせてください。

ただし、以下の質問にすべて答えることを忘れないでください: 

  • あなたのアプリは何をするものなのか?
  • どんな問題を解決するのか?
  • あるいはユーザーの将来の生活をどのように変えるのか?

でも、具体的なアイデアがない場合はどうすればいいのでしょう?

それなら、問題を探せば良いです。成功する起業家というのは、実は優れた問題解決者なのです。とはいえ、自分が最初に問題を発見し、真相に迫ろうとするわけではないのですから、恐れることはありません。

Androidで280万本以上、iOSで220万本以上のアプリがある中で、誰もやったことがないことをやるのはかなり無理があります。ですから、偶然を気にするのではなく、自分のアプリに集中し、同じ分野の他のアプリより優れたものにするための特別な機能を考えてみてください。

ステップ2:アプリ開発に関する調査の実施

何をしたいのかが明確になったら、次のような点を明確にするために調査を行う必要があります。

  • ターゲットユーザーと潜在的な競合他社

ターゲットとなるユーザー層について明確なビジョンを持つことは、アプリの成功率を高めることにつながります。したがって、アプリ制作者は、潜在的なユーザーが誰であるかを常に念頭に置き、彼らに最も適した機能を開発するよう努める必要があります。

また、他のアプリメーカーやアプリ開発会社が行っていることを見て、その成功(または失敗)から学ぶことも忘れてはいけません。

  • モバイルプラットフォームとデバイス

モバイルプラットフォームやデバイスを選択する際には、ハードウェアの性能、バッテリーの寿命、カバー率、デバイスのサポート、性能など、これらの要素を考慮することを忘れないでください。iOSアプリとAndroidアプリのどちらかを開発するのがよいでしょう。

そうでない場合は、両方のプラットフォームでサポートできるように、クロスプラットフォームのアプリケーションを検討してください。

  • 収益モデルとアプリ開発費

アプリ内課金、プレミアムバージョン、ダウンロード課金、サブスクリプション、広告など、アプリから収益を得る方法はさまざまです。アプリ制作者は、ユーザーがアプリのさまざまな機能や側面にお金を使うことに満足できるよう、適切な方法を見つける必要があります。

私たちのアドバイスは、適切な収益モデルを選択し、ユーザーが望むようなアプリを作るべきだということです。

収益モデルと同様に、アプリ開発コストもアプリメーカーの頭を悩ませる問題です。収益モデルについて考え始めたら、予算についても考えてみてください。アプリ開発費以外にも、例えばマーケティングやリリースなど、お金が必要なことがあります。ですから、前もって計画を立てることを忘れないでください。

ステップ3:デザイン

ユーザーが初めてアプリに触れたときの第一印象です。ですから、アプリのインターフェイスを正しく美しくデザインすることは、アプリの成功に貢献するもう一つの大きな要素なのです。アプリ開発の成功の鍵は、常にバランスにあります。

どんなツールを使えばいいのか?

アプリのデザインにはPhotoshopが最適と思われるかもしれません(特に他のデザイン業務で使用したことがある場合)。とはいえ、Sketchがデファクトスタンダードとされていますが、Adobe XDは最近デザインシステムを追加したこともあり、強力な競争相手となりつつあります。

Photoshopではなく、Adobe XDやSketchを使う最大の理由は、この2つのツールがデザインとプロトタイピングを念頭に置いて作られていることです。Photoshopが画像加工に特化しているのに対し、これらのツールはデザインワークフローの効率化に役立ち、UIデザイナーやUXデザイナーをターゲットにしています。

ここで、アプリ開発のデザインプロセスにおける重要な注意点を一つ。クロスプラットフォームの開発やサポートを考えている場合、SketchはmacOSでしか利用できないため、ここではAdobe XDが明らかに勝者となります。

OSのデザインガイドライン

設計を始める前に、まずプラットフォームの注意点を理解する必要があります。一般的に、アプリのデザインは、異なるオペレーティングシステム間で、以下のような共通点があると言われています。

  • 目標に沿ったデザイン
  • シンプルであること(少ないほうが豊かです)
  • 流れを維持
  • 読みやすさがポイント
  • プラットフォームを尊重

ワイヤーフレームとアプリフロー

アプリのルック&フィールをデザインする前に、そのフローコントロールと構造を練ることが不可欠です。そこで活躍するのがワイヤーフレームです。ワイヤーフレームは、ユーザーがどのようにアプリを操作し、使用するかを理解するのに役立ちます。ワイヤーフレームは、フローとユーザビリティに重点を置くため、一般的にシンプルなデザインになっています。

ワイヤーフレーム専用のツールは数多くありますが、デザイナーが単にペンと紙を使うことは珍しくありません。

しかし、よりハイテクでコラボレーティブなものをお探しなら(リモートチームで作業する場合は特に重要です)、SketchやAdobe XDでワイヤーフレームを作成することをご検討ください。これらのツールを使ってワイヤーフレームを作成するメリットは、低忠実度のワイヤーフレームを比較的簡単に高忠実度のプレビューにできることです。

ステップ4:プロトタイプの開発

プロトタイプは、最小限の投資と労力で要件を検証する能力を提供します。プロトタイプは、アプリの使い勝手の問題を明らかにし、アプリを使用する際のネガティブなフィードバックを予測し、将来的にコストのかかる問題を回避することができるのです。プロトタイプをテストし、コードに変換される前に機能性を調整することができます。

プロトタイプがあれば、開発チームはアプリを実際に使ってみて、その機能を完全に把握することができるため、コラボレーションがより容易になります。あなたは開発パートナーと同じ考えでいることができます。さらに、機能の実装やその他の詳細について明確にするために、ワイヤーフレーム内にコメントや質問を残すこともできます。

ステップ5:分析ツールの導入

また、アプリのダウンロード数、ユーザーエンゲージメント、リテンションを追跡する適切な分析を取り入れる必要があります。

ステップ6:ベータテスト

アプリ開発においてベータテストは、リスクを軽減し、将来のユーザーにスムーズな体験を提供するために、非常に重要なものです。アプリのベータ版ができる前に、テストを行う経験豊富なテストチームを探し、自分自身の準備もしましょう。

ステップ7:リリース時期

アプリのデプロイには、計画、スケジュール、テスト環境と本番環境へのリリースの移動の制御が必要です。

アプリのマーケットプレイスは、新しいアプリを公開する際に、非常に異なるポリシーを持っています。例えば、Androidでは、提出されたアプリケーションをすぐに監査することはありません。遅かれ早かれ審査はしてくれますが、すぐにGoogle Playにアプリケーションをリリースすることができます。

しかし、iOSに関しては、そのプロセスはそれほど簡単ではありません。AppStoreに提出されたアプリを審査する権利は、Appleが持っています。この審査に決まった時間枠はありませんが、アプリの公開が承認されるかどうかを知るには、通常少なくとも7日かかると言われています。

ステップ8:フィードバックを得て、改善

アプリのリリースは、開発プロセスの最終ステップではありません。ユーザー以外には発見できないエラーもあるでしょうから、ユーザーからのフィードバックに目を配り、製品の改善を続けてください。

ステップ9:アプリを作り続ける

アプリには常に新しい機能が追加され、ベスト版よりもさらに良くすることができます(今までそう思っていたかもしれません)。ですから、常に変化する顧客の需要に応えるために、アプリ開発を常に進化させ続けましょう!

終わりに

アプリ開発には、いくつものステージがあり、とても乗り越えられないと思われるかもしれません。しかし、長いステップと考慮すべき事項のリストを考えても、あなたの会社が考えるべき取り組みであることは間違いありません。

Miichisoftは、社内向けまたはコンシューマー向けのアプリ開発を検討している場合、喜んでお手伝いします。私たちは、企業の課題を解決し、エンドユーザーに最先端の体験を提供するソリューションの開発に豊富な経験を有しています。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年4月24日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年4月24日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年4月24日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る