Web 3.0 インターネットの新時代

本記事では、最近話題になっているWeb3.0についてご紹介します。Web3.0は今後、注目すべきワードでもあるので基本を押さえておくとよいでしょう。

Web3.0の概念・誕生の背景

Web「3.0」ですので、まずはその前段階のWeb1.0、Web2.0についてご紹介します。脈絡に沿って理解すると、よりWeb3.0がなぜ必要なのか?その重要性が理解できるでしょう。

Webシステム開発

Web1.0

Web1.0の特徴を一言で言い表すと「閲覧中心」です。年代としては1990年代半ばから2000年代前半にかけてです。静的なHTMLで記述されたページが多く、情報発信するにもHTMLに対する知識・技術が必要でした。つまり使うことができる人が限定されていたわけです。

Web2.0

2000年中盤以降、Web 2.0は、Webにおける新たな潮流を象徴する代表的なキーワードとして度々言及されてきました。Web1.0の特徴的な違いとしては、閲覧だけでなく多くの人が発信する側になることができるという点にあります。

SNSやYouTubeの普及により、情報を閲覧するだけでなく、Web1.0の時の情報発信ほどには専門知識を持たずとも情報を発信できるようになりました。YouTubeを見ていても、ただの一般人がアップした動画が何十万回も再生されるのをよく見かけます。

Web3.0

「次世代インターネット」とも呼ばれるのがWeb3.0です。

Web3.0の概念・誕生の背景

簡単に表現するのであれば「分散型インターネットの時代」と言えるでしょう。Web 2.0 の中央集権性による問題を解消できる可能性を持つのが、分散管理型のWeb3.0です。この分散を可能とするのが、ブロックチェーン技術でもあります。ブロックチェーン技術はWeb3.0実現には欠かせない存在だと言えるでしょう。

Web3.0のメリット

セキュリティレベルが向上する

1つ目のメリットは、セキュリティレベルが向上することです。
ブロックチェーンを簡単に説明しますと暗号技術を使用して取引履歴を1本の鎖のように繋げて、正確な取引履歴を維持しようとする技術です。
そのブロックチェーン技術を活用した分散型ネットワークは、取引履歴などの情報を暗号化し、複数のユーザーの承認を経て取引を認める仕組みとなります。

ハッカーの立場から見ると、ブロックチェーン技術を活かしたサービスへのハッキングは非常に困難と言えます。また、これまでのように特定のサーバに情報が集約されるではなく、分散となりますので、同時に複数の端末を攻撃しなければハッキングができない為、セキュリティレベルが向上します。

国境の制限なくサービスを利用できる

2つ目のメリットは、国境や人種の制限がなくサービスを利用できる、してもらえることです。
例えば中国には、グレート・ファイアウォールと呼ばれる検閲システムが存在し、中国政府により GoogleなどのWebサイトへのアクセスが禁止されています。それは国家が個人の情報を管理し、統制しているからです。

一方で、Web3.0では国家による個人情報の管理は機能しなくなります。ブロックチェーンでは中央集権的なサーバーは存在しないため、国家によるアクセス制限はできないからです。

Webシステム開発Web3.0のメリット

個人情報の管理リスクの低減

3つ目のメリットは、個人情報の管理を自らできる点です。
ネットサーフィンをしていて、ある検索ワードでヒットしたサイトを閲覧した後、そのサイトと似ているサイトが広告に出てきた経験はないでしょうか。これは個人の行動履歴を追跡して表示する広告(リマケーティング広告)によるものです。

これをメリットだと感じるユーザーもいるかもしれませんが、監視されているようで良い気持ちにならない人も多いでしょう。Web3.0ではデータを自分で管理できるため、広告配信をできないようにすることも可能です。

Web3.0を活用したサービス例

Web3.0を活用したサービスもいくつか登場しています。ここでは、代表的なサービスを1つ紹介します。

Filecoin

Filecoinとは仮想通貨の一種で、分散型ストレージネットワークのトークンです。
「Web3.0」のブロックチェーンプロジェクトとして、早い段階から仮想通貨投資家の間で高い関心を集めていました。Filecoinは、ストレージの空いている部分を利用するスタイルが画期的で注目されるようになりました。

スマホなどのデジタルデバイスは既に世界の全人口を超える数がありますが、その半分近くのデバイスが使われていない(アイドル状態)とも言われています。この活用されていない状態のデバイスが持つ空きストレージを活用しようという試みをしているのです。

Michisoftはブロックチェーン開発に強みを持つ

Miichisoftはオフショア開発をはじめ、これまで多くのWebシステムやブロックチェーン開発のプロジェクトに携わってきました。専門知識だけではなく日本語も堪能するブリッジエンジニアが在籍しておりますので、日系企業様からのご依頼も柔軟に対応する事は可能です。

Webシステム開発Miichisoft

まとめ

以上、この記事では今までのWeb1.0, Web2.0の時代からWeb3.0に変化することでどのような変化が起きるのかについてご紹介してきました。

Web2.0は普段当たり前のように感じるかもしれませんが、Web3.0はまだ身近には感じていない人も多いかもしれません。しかし、ブロックチェーンを活用したサービスは既に登場しているため、近いうちに一般的に普及するでしょう。

この記事でご紹介したことが日常でのWebとの関わり方、お仕事・生活のお役に立てていただければ幸いです。

関連記事

Webシステム開発プロセスの課題と対応策

Post Views: 3 生産性を向上させ、事業を拡大するため、システム構築にITを適用する企業が多いです。しかし、ユーザーフレンドリーな Webシステムを構築するのは簡単なことではありません。システム開発プロセスには、まだ沢山課題が残されています。 それでは、その課題と対応策は何でしょうか? 本日、オフショア開発会社であるMiichisoftが、本稿ではシステム開発プロセスにおける課題と対応策についてご解説します。 本題に入る前に、Webシステム開発とは何かについて理解する必要があります。 Webシステム開発はインターネット経由で利用できるサービスやシステムの開発です。基本的にPCやスマートフォン、タブレットといったWebブラウザが搭載されている機器を利用するユーザー向けのもので、Web環境でシステムを構築することを目的としたものです。Webシステムに関する詳細はこのリンクに参照ください。 それでは、Webシステム開発プロセスで発生する3つの主な課題について解説します。 1. Webシステム開発プロセスが標準化されていない システム開発のよくある問題の一つは、プロセスが標準化されていないことです。エンジニアの経験と能力によっては、プロダクトの品質が異なっています。多くのエンジニアが複数タスクを作業することが多いですので、開発プロセスが標準化されていない場合、フローの効率化や品質の担保が難しくなります。 2. Webシステム開発の目的がチーム全員に共有されていない。 2つ目の問題としては、エンジニアがシステム開発の目的が理解していないということがあります。システムの開発は、クライアントの要望と課題をヒアリングし、機能を考え、システムを設計・開発することです。初期フェーズ、開発段階でシステム開発の目的が共有されていないと、クライアントの要望を積極的に取り入れても、結果的に予算や要望にズレが生じます。元の課題を解決できないことになります。 3. Webシステムの要件が変更できない システム開発を進んでいる時、システム要件の変更が許容されないことも問題としてあげられると思います。もし、途中でシステムの要件がが生じると場合によってはかなりの手戻りが発生し、計画遅延やコスト増が起きるケースもあります。システム開発プロセスにおいて要件の変更になることは多々あります。そうした要件変更に対応できるようにしておくことも必要です。 上記のような課題を抱える企業は、どのように解決すれば良いのでしょうか。対応策は3つ提案させていただきます。

 Webサイトとは?Webシステム開発について徹底解説!!

Post Views: 0 現在のテクノロジーの時代では、Webサイトはもはや常識的なものです。Webサイトは、ユーティリティ、情報、製品/サービスをユーザーに提供するための「家」のようなものです。Webサイトに書いてあることは誰でも知っていますが、Webサイトの本当の意味を知っている人は少ないのでしょうか?この記事では、MiichisoftがWebサイトまたWebシステム開発についてのすべての情報を共有します。調べてみましょう。 質問①Web サイトとは Web サイト (または Web ページ) とは、テキスト、画像、ビデオなどの情報を含むページの集まりです。ユーザーはインターネット経由でリモートから Web サイトにアクセスできるようにします。Webシステム開発の際にPHP、JavaScript、Java などのさまざまなプログラミング言語で構築されています。 質問②Webサイトは何に使用されますか? Webサイトの種類 Webサイトは、特に現在の遍在なインターネット コンテキストにおいて、人々の生活において非常に重要な役割を果たしています。 Web

「Webサイト」と「ホームページ」の違い | Webサイトとホームページはどちらが正しい?

Post Views: 0 何気なく使っている言葉の意味がわからなくて困ったことはありませんか? 「ホームページ」と「Webサイト」は同義語として使われていますが、実際には意味が異なります。この記事では、Webサイトとホームページの定義と「Webサイト」と「ホームページ」の違いを説明しています。 Webサイトとは Webサイトは多数のWebページの集まりであり、WebページはHTML(Hyper Text Markup Language)を使用して記述されたデジタルファイルです。世界中のすべての人がWebサイトを利用できるようにするには、24時間インターネットに接続されたコンピューターにWebサイトを保存またはホストする必要があります。このようなコンピュータはWebサーバーと呼ばれます。 ホームページとは ホームページは、訪問者がサイト上の他のページへのハイパーリンクを見つけることができるWebサイトのメインページの名前です。デフォルトでは、すべてのWebサーバーのホームページはindex.htmlです。ただし、index.htm、index.php、または開発者が決定したものにすることもできます。ホームページは、「フロントページ」、「ウェルカムページ」、または「ランディングページ」と呼ばれることもあります。 Webユーザーにとって、ホームページは、NetscapeのNavigatorやMicrosoftのInternet ExplorerなどのWebブラウザーを起動した後に表示される最初のWebページです。ブラウザーは通常、ホームページがブラウザーの製造元の最初のページになるように事前設定されています。ただし、任意のWebサイトに対して開くように設定できます。たとえば、「http://www.yahoo.com」または「https://www.techtarget.com/whatis/」をホームページとして指定できます。ホームページを表示しない(空白が表示される)ように指定することもできます。その場合は、ブックマークリストから最初のページを選択するか、Webアドレスを入力します。 Webサイト開発者にとって、ホームページは、ユーザーがWorld Wide Web上のサイトまたはプレゼンスを選択したときに表示される最初のページです。Webサイトの通常のアドレスはホームページのアドレスですが、任意のページのアドレス(Uniform Resource Locator)を入力して、そのページを送信することもできます。 なぜWebサイトにホームページが必要なのですか?

Webサイト・Webシステム・Webアプリケーションの違いは

Post Views: 0 通常、エンドユーザーがWebサイト・Webシステム・Webアプリケーションの違いを区別するのは困難だと思います。 URLとブームを入力するだけで、結果が表示されます。 しかし、開発者にとって、ユーザーのためにこれらの製品を構築しなければならないのはあなたです。 したがって、それらの違いをよく知っておく必要があります。 Webサイト・Webシステム・Webアプリケーションの違いを知っていますか? 本記事では、Webサイト・Webシステム・Webアプリケーションの違いを解説しています。 Webサイトとは Webサイトは、単一のドメイン名を共有する、公的にアクセス可能な相互リンクされたWebページのコレクションです。 Webサイトは、個人、グループ、企業、または組織がさまざまな目的に使用できるように作成および保守できます。 一緒に、すべての公的にアクセス可能なWebサイトはワールドワイドWebを構成します。 「Webページ」と呼ばれることもありますが、Webサイトは複数のWebページで構成されているため、この定義は誤りです。 Webサイトは、「Webプレゼンス」または単に「サイト」とも呼ばれます。 Webシステムとは Webシステムは、インターネットを使用してアクセスできるサービスおよびシステムです。プラグインは、オペレーティングシステムに関係なく、PC、スマートフォン、タブレットなどのWebブラウザーを備えたデバイスで使用できます。 Webアプリケーションとは  Webアプリケーション(Webアプリ)は、リモートサーバーに保存され、ブラウザーインターフェイスを介してインターネット経由で配信されるアプリケーションプログラムです。 Webサービスは定義上Webアプリであり、すべてではありませんが、多くのWebサイトにWebアプリが含まれています。

Webシステム開発とは

Webシステム開発費用相場と開発会社選びのポイントを徹底解説!

Post Views: 0 Webシステム開発の依頼時に必要となる開発費用相場と開発会社の選び方のポイントを解説します。この記事を読めば、Webシステム開発の失敗を防止できて成功率が上げられるはずです。ぜひ、Webシステム開発を検討している方は参考にしてみてください。 Webシステムは、生活に必要不可欠なものとなりました。マッチングサービスやネットバンキングなどのWebシステムは、どのぐらいの費用で開発できるのでしょうか?また、どのように依頼先を決めれば良いのでしょうか? 今回は、Webシステム開発の費用相場と開発会社選びのポイントについて解説します。 Webシステムとは Webシステムとは、インターネット上で利用できるサービスをいいます。サーバー上にデータを保存しているため、インターネット環境があれば、デバイス(PC・タブレット・スマホ)から利用できます。 また、サーバー上のプログラムを修正するだけで改修ができるため、メンテナンス性が高いです。 さまざまなWebシステムが登場していますが、代表例には以下のようなものがあります。 ■の代表例 ECサイト ネットオークション ネットバンキング オンラインストレージ マッチングサービス 顧客管理システム 予約管理システム インターネットの普及により、Webシステムは生活に欠かせないものとなりました。 Webシステム開発費用は各社で異なるため、損をしないように費用相場を把握しておきましょう。ここでは、Webシステム開発の平均費用相場について解説します。

Webシステム開発

Webシステム開発とは?初心者のための基礎知識の概要

Post Views: 20 現代社会はインターネットの急激な発達もあり、ネット上での物品の売買や支払い、昔の映画を観たりするのも当たり前になりました。もう1つは検索エンジン最適化ツールです。そんな現代社会ではWebシステムは日常生活に欠かせないサービスの1つとなっています。 次の記事では、ミイチソフトがWebシステム開発についての概要、メリット、そして開発方法についてご説明させて頂きます。 ぜひ参考までにどうぞ。 Webシステム開発とは? Webは、多くのWebページの集合体であり、通常インターネットのWWW(World Wide Web)上のドメイン名またはサブドメインにのみ配置されています。 Webページは、HTTPおよびHTTPSプロトコルでアクセス可能なHTMLまたはXHTMLにコンパイルされたファイルです。WebサイトはHTMLファイルから構築することも(静的Web)サーバー上のCMS(コンテンツ管理システム)によって操作することもできます(動的Web)。Webサイトは多くの異なるプログラミング言語(PHP、.NET、JAVA、Ruby…)で構築されています。Webシステム開発はインターネット経由で利用できるサービスやシステムの開発です。基本的にPCやスマートフォン、タブレットといったWebブラウザが搭載されている機器を利用するユーザー向けのもので、Web環境でシステムを構築することを目的としたものです。 たとえば、Google、Yahoo、Bing …などの検索サイトは多くの情報を蓄積し、入力されたキーワードに一致する情報を一覧表示します。 このような「検索機能」を提供するコンピュータプログラムを作成することもWebシステム開発の1つです。検索サイトに加え、FacebookやTwitterなどのSNS、レビューサイト、AmazonなどのECサイトはすべてWebサービスです。Web環境でシステムを構築するという意味からスマートフォン/タブレットアプリケーションの開発はWebシステム開発と呼ばれることもあります。 システム開発において知っておくべき2つの単語 システム開発において理解しておくべき2つの言葉。クライアントとWebサーバー クライアントはWebブラウザー、スマートフォン、またはWebブラウザーを使用できるその他のデバイスを使用するコンピューターです。 Webシステム開発の観点からはクライアントはInternet Explorer、Chrome Edge、FirefoxなどのWebブラウザーと考えることができます。