HoloLens 2:リモートサポートの未来形

Calendar
2023年5月31日
Calendar
602

XMRealityは、マイクロソフト社の最新スマートグラスであるHoloLens 2をサポートし、ハードウェアとソフトウェアの独立性を高めています。

これにより、ユーザーの選択したデバイスに対応できるようになり、ユースケースも拡大・進化しています:新入社員の研修から、複雑な機械を組み立てる際のステップバイステップの指示まで。

HoloLens 2で提供されるハンズフリーの使用は、安全面でも効率面でも、遠隔指導を可能にするものです。

1. スマートグラスの台頭

MicrosoftがXMRealityを始めたとき、スマートグラスはニッチな製品だと思われていました。それ以来、スマートグラスの使われ方は大きく変化しています。現在では、製造業や包装業における汎用品として分類されるようになっています。

Microsoftが確認したトレンドのひとつは、スマートグラスのハードウェアと付属のソフトウェアの一対一の関係からの変化です。

つまり、スマートグラスはひとつの目的のために購入され、ひとつのアプリケーションで提供されています。

スマートグラスを多くのユースケースをサポートする汎用的なデバイスとして捉え、多くのアプリケーションを使用することで、スマートグラスの利用が促進され、より柔軟な製品や使用例の増加につながっています。

Microsoftは、XMRealityのソフトウェアが、産業現場でのハンズフリー操作の導入に適したシンプルなメガネから、HoloLens 2のような高機能なメガネまで、幅広いスマートグラスに対応できるようにすることを念頭に置いています。

つまり、XMRealityをHoloLens 2のスマートグラスに対応させたのは、互いの良さを引き出すためなのです。

2. XMRealityとHoloLens 2が完璧にマッチする理由

2.1 摩擦のない使用感

遠隔案内では、できる限り障壁を減らして、ユーザーにとって最も簡単な体験を提供することが重要であり、摩擦のないユーザー体験を作ることがMicrosoftの信条となっています。

XMRealityは、HoloLens 2上でシームレスかつ直感的に動作し、通話に至るまで、また通話中も障害を排除しています。

他の遠隔支援では、受信者が発信者と同じプラットフォームのアカウントを持っている必要がありますが、HoloLens 2のXMRealityでは、HoloLens同士の通話に限定せず、誰でも会話に参加させることができ、組織外のユーザーであっても利用できます。

ヘッドセットからテキストメッセージ(SMS)を使って、接続されたデバイスを持つ人にリンクを送るだけです。受信者がソフトウェアをダウンロードしたり、サービスにサインアップしたりする必要はありません。

2.2 完全なハンズフリー使用

ハンズフリーは、安全面でも効率面でも、リモートガイダンスを実現する有効な手段の一つです。かつてマニュアルで解決策を調べる必要があったような状況でも、今では手を使わずに人を通話に参加させ、より早く問題を解決することができます。

すべてのスマートグラスは、ユーザーが手を使わずに済むようにすることを目指していますが、すべてのスマートグラスがこの機能を最大限に活用しているわけではありません。HoloLens 2では、メガネとのインタラクションはすべて、目の前の空間で手を通して行われます。

このスマートグラスは、完全に多関節のハンドトラッキングを備えており、物体に触れたり、掴んだり、動かしたりすることが自然にできるようになっています。

2.3 複数のユーザーに対してパーソナライズされたエクスペリエンスを提供

工場では、作業員全員が1〜2組のスマートグラスを共有することは珍しくありません。このような場合、メガネは個人プロファイルをサポートしていないため、すべてのユーザーが同じユーザー名でログインしていることになります。このような場合、受信者にとっては、誰と話しているのかが明確ではありません。

XMRealityは、スマートグラスのユーザーアカウントの切り替えを非常に簡単にすることでこれを解決してきましたが、HoloLens2ではパーソナルプロファイルをネイティブにサポートします。

個人アカウントでは、数十人のユーザーが生体認証による簡単な目のスキャンで同じHoloLensグラスにログインし、完全に個人的な体験ができるようになります – すべて同じスマートグラスで。

2.4 真の双方向サポート

サポートやトラブルシューティングでは、中央の専門家や知識を共有する必要のある他のフィールドサービス担当者など、遠隔地にいる人から指示や指導を受けるという、人間対人間の対話が明確に必要とされています。

検査や監査でも同様に、スマートグラスを装着した人は、通常、自分が見たものを遠隔地の参加者と共有し、フィードバックや指示を受けたいと考えます。

しかし、サポート、検査、監査に加えて、遠隔指導は、指示を受けるだけでなく、指示を与えることもできる、双方向の道となります。

例えば、機械の前に立って、トレーニングのために遠隔地に配置された人たちに、複雑なソリューションをリアルタイムで実演することができます。

2.5 未来への展望

スマートグラスは今、製造、生産、包装、その他の産業において、ますます多くの用途で使用されています。

新しい用途は、新しい人材を今までやったことのない作業に導くオンボーディングから、リアルタイムのインタラクティブな工場ツアーを受けること、機械の複雑な組み立て作業を行うことまで、多岐にわたります。

市場に出回っているスマートグラスの数は増え続けており、この傾向は今後も続くと思われます。XMRealityは創業当初からスマートグラスを採用しており、HoloLens 2をサポートすることは自然な流れであり、お客様に使用するデバイスの選択の自由を提供します。

結論

結論として、HoloLens 2は革新的な拡張現実デバイスであり、ビジネスやエンターテイメントの領域でさまざまなコンテンツやアプリケーションを提供しています。ビジネスでの効率化やコミュニケーションの改善、エンターテイメント体験の向上など、幅広い可能性があります。

▼「ARとVR」についてもっと知りたい方はこちらの記事もご参照ください。

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を徹底的に比較

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月23日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月23日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月23日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る