generative-ai-chatbot-ai-チャット-ボット

2024年に生成 AI チャット ボットの力を解き放て!特徴、仕組み、活用事例を徹底解説!自社の業務に活かす方法を探ろう

Calendar
2024年6月7日
Calendar
74

近年、ChatGPTなどの対話型AIが注目を集める中、コンタクトセンターにおいてもAI搭載のチャットボットを活用する動きが活発化しています。生成AIチャットボットの導入に興味はあるものの、詳しい情報が分からずに検討が進まないという企業も少なくありません。

そこで本記事では、生成 AI チャットボットの基本的な特徴や種類を解説するとともに、導入のメリット・デメリット、導入の際の検討ポイントについて詳しく説明します。生成 AI チャットボットとはどのようなものなのか、自社に適しているのかを判断する上で参考となる情報が満載です。

本記事を通して、生成 AI チャットボットの基礎知識を身に付けることができます。そのうえで自社のニーズとの適合度を冷静に判断し、AI チャットボット導入の是非を検討していただければと思います。

1. 生成 AI チャット ボットとは

まずは、チャットボットに関する基本的な知識について説明します。

1.1. 従来のチャットボットの種類

  • シナリオ型

シナリオ型チャットボットは、あらかじめ設定されたシナリオに従って自動的に応答し、ユーザーとのコミュニケーションを図るチャットボットです。設定された選択肢のパターンに沿って案内を行います。よくある質問に対してはFAQに誘導し、料金など定型的な回答が可能な質問には自動で対応します。自動で回答できない質問については、スタッフに対応を引き継ぐことができます。

  • FAQ型

FAQ型チャットボットは、過去の利用データと蓄積された記事を照らし合わせて、ユーザーの入力内容に対して最適なコンテンツを自動的に表示するタイプのチャットボットです。基本的には、すべての問い合わせに対してシステム内に記録された特定のコンテンツで応答するシンプルな構造ですが、多様なコンテンツを用意しておくことで、ユーザーは自分のニーズに合ったコンテンツを参照し、自ら問題を素早く解決することができます。

1.2. 生成 AI対話ボット誕生の背景

生成 AI対話ボットの誕生には、技術の進歩が大きく寄与しました。自然言語処理(NLP)の進化と計算資源の増加により、テキスト生成や理解能力が飛躍的に向上しました。オープンソースのAIを活用することにより、比較的安価で誰でも利用できるようになり、開発の風景は一変しました。これにより、ユーザーの即時応答を期待するニーズやパーソナライズされた体験の要求に応えることが可能となりました。

また、経営視点でのメリットもより大きくなっています。AIボットは人件費や運営コストを削減し、多数のユーザーに同時に対応できるスケーラビリティを提供します。さらに、ビッグデータの活用やユーザーデータのフィードバックを通じて、高精度な対話モデルを構築し、継続的な改善を可能にしました。

生成AIチャットボットが普及するきっかけとなったのは、2011年の「Siri」や「IBM Watson」の登場です。さらに、2016年には米Microsoft、Facebook、Googleがそれぞれのイベントでチャットボット向けのサービスや製品を発表し、チャットボットの技術が一気に注目を集めました。

2014年には、Amazonの「Amazon Alexa」やGoogleの「Google Home」といったスマートスピーカーが販売され、これ以降、生成AIチャットボットは一般家庭にも広く浸透していきました。

社会的・文化的な要因もこのトレンドを後押ししています。デジタルトランスフォーメーションの進展やAI技術への関心の高まりにより、生成AI対話ボットの普及が加速しました。また、市場における顧客ニーズの細分化や要求の高度化、企業への業務効率化の要請など、従来にはなかった数々の課題に対して、新たなテクノロジーの力で解決することが急務となっています。これらの要因が組み合わさり、生成AI対話ボットは現代社会において不可欠な存在となっています。

これらの課題解決策として注目されているのが、AIを活用したチャットボットです。生成AIチャットボットが解決できる分野は多岐にわたり、大きな期待が寄せられています。例えば、カスタマーサポートにおける迅速な対応、24時間対応のサービス提供、医療分野での初期相談や診断補助、教育分野での個別学習支援など、様々な場面でその可能性が広がっています。

このように、生成AIチャットボットは技術の進化とともに社会的ニーズに応える存在として、その重要性がますます増大しています。

1.3. 生成AIチャットボットとは

生成AIチャットボットは、人工知能(AI)技術を使用して会話を行うプログラムです。これらのチャットボットは、人間の言葉を理解し、適切な回答を生成することができます。生成AIチャットボットは、事前に訓練されたデータセットやモデルを使用して会話を生成するため、新しい情報や質問にも対応することができます。そのため、顧客サポート、情報提供、エンターテイメントなどさまざまな用途で活用されています。

2. 生成 AI チャット ボットの特徴と仕組み

2.1. ユーザー視点での特徴

生成AIチャットボットは、「生成AIモデルが事前に学習した膨大なデータ」と「プロンプト入力時に与えられたデータ」の両方に基づいて、自動的に回答を生成します。そのため、オペレーターが想定していなかった質問にも柔軟に対応できることが特徴です。

従来のAIチャットボットは、事前に用意された回答しか表示できないため、想定外の質問には回答できません。一方、生成AIの場合、ユーザーの質問に対する回答は、生成AIが参照できるすべてのデータに基づいて生成されます。

そのため、どんな質問に対しても回答を生成することが可能で、質問を素早く解決できるため、ユーザーにとって大きなメリットがあります。また、ユーザーからの質問が長く複雑な文章であったり、スペルにばらつきがあったりしても、賢く対応することができます。

2.2. 生成AIチャットボットの仕組み

生成AIチャットボットは、ユーザーからの入力に対して動的に回答を生成する仕組みを持っています。このプロセスは以下のように行われます。

2.2.1. ユーザーが自由に入力

ユーザーは自然言語で質問や要望を入力します。この入力は、形式や内容に制限がないため、ユーザーは直感的に質問をすることができます。例えば、「車のタイヤを修理する方法を教えてください。」や「来週の天気はどうですか?」といった具合です。

2.2.2. ユーザーの入力がプロンプトに変換される(ユーザーシステム上)

ユーザーの入力は、チャットボットシステム内でプロンプトに変換されます。プロンプトとは、生成AIに対して質問や指示を明確に伝えるためのフォーマットされたテキストです。この段階で、ユーザーの自然言語入力が、生成AIが理解しやすい形に整えられます。

2.2.3. 生成AIがプロンプトを受け取り、事前に学習したデータとプロンプト入力データをもとに回答を生成

生成AIはプロンプトを受け取ると、事前に学習した膨大なデータベースを参照し、プロンプトの内容に最も適した回答を生成します。学習データには、過去の対話データ、百科事典的な知識、専門分野の情報などが含まれており、これらを総合的に活用して最適な回答を導き出します。

2.3. 生成AIチャットボットの特徴

従来のAIチャットボットとは異なり、生成AIチャットボットは、事前にチェックされた固定の回答を表示するだけでなく、ユーザーの質問に対して新たに回答を生成する能力を持っています。具体的には以下のような特徴があります。

2.3.1. 柔軟な対応

従来のAIチャットボットは、事前にプログラムされたシナリオや固定の回答パターンに依存しているため、想定外の質問には対応できませんでした。しかし、生成AIチャットボットは、ユーザーの質問をその場で理解し、適切な回答を生成することができます。これにより、想定外の質問にも柔軟に対応できます。

2.3.2. データに基づく回答生成

生成AIは、事前に学習した広範なデータを参照して回答を生成するため、豊富な知識に基づいた回答が期待できます。これにより、ユーザーはより正確で有益な情報を得ることができます。

2.3.3.ユーザーのニーズに応える

生成AIチャットボットは、ユーザーの入力内容を深く理解し、そのニーズに的確に応えることができます。例えば、ユーザーの質問が長く複雑であったり、スペルにばらつきがあったりしても、AIはその意図を正確に把握し、適切な回答を提供します。

このようにして、生成AIチャットボットは、従来のチャットボットにはない柔軟性と適応性を持ち、ユーザーの多様なニーズに応えることができます。これにより、顧客満足度の向上や業務効率の改善が期待されます。

3. 生成 AI チャット ボットの導入効果

生成AIチャットボットは、近年急速に普及している技術の一つであり、多くの企業がその導入を検討しています。生成AIチャットボットを導入することにより、顧客対応の質を向上させるだけでなく、社内業務の効率化やデータ活用による競争力の強化が期待できます。本記事では、生成AIチャットボットの導入による具体的な効果を以下の二つの観点から説明します。

3.1. カスタマーエクスペリエンス向上

3.1.1. 顧客の自己解決力と満足度の向上

顧客は、カスタマーサポートのスタッフと対話することなく、簡単な質問を自ら解決できるようになります。これにより、カスタマーサポートスタッフは、チャットボットでは対応が難しい複雑な問い合わせに専念でき、難しい問題への対応品質が向上することが期待されます。その結果、顧客は自身の疑問や問題をスピーディに解決でき、顧客満足度の向上に繋がります。

さらに、顧客が電話をかけることにためらいを感じることがなくなり、質問の聞き漏らしを防ぐことができます。これにより、「つながらない」「対応が遅い」といったサポートに関する苦情が減少し、企業の信用度向上にも寄与します。社内ヘルプデスクにおいても、同様の効果が期待できます。

顧客が気軽に相談できるようになるため、これまで見過ごされてきた些細な問い合わせが表面化し、少数意見がデータとして記録されるようになります。また、人間のオペレーターから直接入手することが難しい個人情報の収集も可能となり、さらなるデータ活用の幅が広がります。

3.1.2. カスタマーサポート・ヘルプデスクの業務効率化と負担軽減

生成AIチャットボットは24時間365日稼働可能なため、担当者が不在の場合でも顧客に不満が残りません。顧客のニーズが多様化する中で、問い合わせ内容も複雑化しています。事前に登録されたデータをもとに回答するシナリオ型の対応では、十分な顧客サポートが難しいケースが多くあります。しかし、生成AIチャットボットは蓄積されたデータをもとに最適な回答を自動で学習するため、シナリオ型の対応よりも柔軟で適切な回答が可能です。

これにより、問い合わせ対応の効率が向上し、顧客を待たせる時間の短縮が実現します。また、迅速かつ的確な回答により顧客満足度が向上し、企業への信頼感の向上も期待できます。生成AIチャットボットの最大の特徴は、継続的な学習によって回答の精度が向上する点にあります。

シナリオ型のチャットボットは、回答できる内容が限りがあります。対応できない場合は人間が再度回答する必要があります。このような場合、コスト削減のメリットを得られません。しかし、生成AIチャットボットであれば、多くのデータから最適な回答を導き出すことができ、人間が対応しなくても問い合わせに対応可能です。これにより、人的コストの削減が実現されます。

3.2. 業務高度化と競争力強化

3.2.1 マーケティングへの活用

データ分析による顧客理解: 生成AIチャットボットは顧客との対話を通じて大量のデータを収集します。このデータを分析することで、顧客の行動パターンやニーズを把握し、ターゲットを絞ったマーケティング戦略を立案することが可能です。

パーソナライズドマーケティング: 個々の顧客に合わせたパーソナライズドな提案が可能になります。これにより、顧客エンゲージメントが向上し、マーケティングキャンペーンの効果が最大化されます。

キャンペーンの最適化: 過去のキャンペーンデータを分析し、効果的な手法やタイミングを特定することで、次回のマーケティング活動を最適化できます。

3.2.2 データを蓄積した競争力の向上

生成AIチャットボットの応対ログをデータとして蓄積することで、顧客対応品質の向上や全社競争力の向上につながります。蓄積されたデータは社内の知識ベースとして活用され、社員間での知識共有が進みます。これにより、組織全体のスキルレベルが向上し、競争力の強化に繋がります。

スタッフに引き継いだ場合でも、過去のログをもとにスムーズな対応が可能です。さらに、チャットに蓄積された応対データを活用して、商品や契約内容のブラッシュアップ、マニュアルやパッケージの調整などを行うことで、顧客ニーズに合った商品・サービスの提供にもつながります。

4. Miichisoftの生成AI対話ボットソリューション

Miichisoftの生成AIチャットボット「dxGAI Chatbot」は、RAG技術 (※)を使用してサポートの効率を最大限に高め、潜在的な顧客の開発やユーザーとの相互作用など、さまざまな側面でのパフォーマンス向上をサポートします。

※ RAG (Retrieval Augmented Generation)について 

Retrieval Augmented Generation (RAG)は、AI生成モデルの精度と信頼性を向上させるための技術であり、外部情報源から取得したデータを活用します。RAGは情報検索(Retrieval)とテキスト生成モデル(Generation)の組み合わせです。言い換えれば、それは大規模言語モデル(LLM)の動作方法における空白を埋めるものです。

dxGAI Chatbotは、さまざまな形式 (pdf、csv、doc など) の内部データをアップロードしたナレッジデータベースを構築します。顧客および社内とのやり取りの履歴と学習データを活用し、プラットフォームを通じたオペレータのフィードバックと共に、チャットボットは自動的に更新され、返信時間と精度を向上させるために最適化されます。

また、シンプルな埋め込みコードを使用して、どんなウェブページにもチャット機能を追加でき、チャットボットのインターフェースをカスタマイズして、色、ロゴ、コンテンツなどを調整することで、ブランドの印象を与えます。LINE、Slack、Notion、WhatsApp、Zapierなど、ビジネス内のさまざまなツールにチャットボットを接続することもできます。

これからチャットボットの導入を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

5. 業種別AI対話ボットの活用実例

企業はすでに生成AIチャットボットの導入に積極的です。

5.1. Erica:Bank of Americaのバーチャル金融アシスタント

画像出典

Bank of AmericaのEricaは、個人データと分析を活用して、顧客の財務管理方法を革新します。Ericaは最新の口座残高、毎週の支出レポート、信用スコア情報を提供し、迅速な問題解決のために24時間年中無休のサポートを行います。顧客は音声とテキストを使用してEricaとやり取りすることができます。

Ericaは以下のような機能を提供します。役立つパーソナライズされた洞察を積極的に提供し、財務アドバイスを行います。また、顧客に次の請求書の支払期限を通知し、支払日をスケジュールします。さらに、アカウントに関する質問にも回答します。

仕組み:

Ericaは、App Store・Google Playから無料でダウンロードできるBank of Americaのモバイルアプリでのみ利用できます。

5.2. Edward:Edwardian Hotelのバーチャルホスト

画像出典

Edwardは、Edwardian HotelのゲストをサポートするAI SMSチャットボットです。Edwardは携帯電話番号を使用してゲストの詳細情報にアクセスし、高度にパーソナライズされた体験を提供します。Edwardはゲストのニーズを理解し、1,200以上のトピックに非常に正確に応答します。その結果、ホテルのルームサービスの売上は最大で50%増加しました。

Edwardは、以下のような機能を提供します。ホテルのアメニティを紹介し、道順や簡単なアドバイスを提供します。必要に応じて、ホテルへの苦情に対応し、空室状況を提示し、予約を受け付けます。さらに、支払いの処理も行います。

仕組み:

Edwardは、エドワードホテルのゲストのみが利用できます。ゲストはチェックイン時にテキストリンクを受け取り、SMSテキストを通じてEdwardと通信します。

5.3. Julie:Amtrakのバーチャル旅行アシスタント

画像出典

Ask Julie は、Amtrak の乗客がカスタマーサービスに電話することなく必要な回答を得るのに役立つ、非常に便利なシステムです。Julie の導入以来、Amtrak は驚くべき成果を上げており、具体的には投資収益率を 8 倍にし、カスタマーサービスコストを 100 万ドル削減することに成功しました。

さらに、Julie を通じてユーザーが簡単にやり取りできるようになったことで、Amtrak の予約率は 25% 増加し、他のチャネルに比べて 30% も多い収益を生み出しています。

Julie の主な機能には以下のものがあります。

まず、乗客がチケットを予約するのを支援します。Julie を利用することで、乗客は簡単かつ迅速にチケットを予約することができ、手間を省くことができます。

次に、乗客が必要なフォームに記入するのを支援します。旅行に関連する各種のフォーム記入も、Julie のガイダンスによりスムーズに行うことができます。

最後に、予約、駅、ルートに関する情報を提供します。Julie は乗客が必要とするあらゆる情報を提供し、旅の計画をサポートします。

Julie は、Amtrak のウェブサイトと電話の両方で利用可能で、乗客がスムーズかつ効率的に情報を得ることができるよう設計されています。

6. よくある質問

質問1:生成AIチャットボットとは何ですか?

生成AIチャットボットは、自然言語処理技術を利用して、ユーザーからの入力に基づいてリアルタイムで回答を生成するAIチャットボットです。従来のシナリオ型やFAQ型チャットボットとは異なり、事前に学習したデータとユーザーのプロンプト入力に基づいて、柔軟に回答を作成します。

質問2:生成AIチャットボットのメリットは何ですか?

生成AIチャットボットの主なメリットは以下の通りです。
・柔軟な対応: 想定外の質問にも適切に対応できます。
・データに基づく回答生成: 膨大なデータベースを活用して、正確で有益な情報を提供します。
・ユーザーのニーズに応える: 複雑な質問やスペルのばらつきがある質問にも対応し、ユーザーの意図を正確に理解して回答します。

質問3:生成AIチャットボットと従来のチャットボットの違いは何ですか?

生成AIチャットボットは、事前に学習したデータを活用してリアルタイムで回答を生成するため、従来のシナリオ型やFAQ型チャットボットに比べて柔軟性と適応性が高い点が特徴です。従来のチャットボットは、あらかじめ設定されたシナリオや固定の回答パターンに依存しているため、想定外の質問には対応が難しい場合があります。

7. 結論

生成AIチャットボットの特徴、仕組み、導入効果について詳しく解説しました。生成AIチャットボットは、従来のシナリオ型やFAQ型チャットボットと比較して、柔軟性と適応性が大幅に向上しており、ユーザーの多様なニーズに応えることが可能です。導入することで、カスタマーサポートの質を向上させ、顧客満足度の向上と業務効率の改善が期待できます。また、データの蓄積と活用により、マーケティング戦略の最適化や競争力の強化にも繋がります。

自社の業務に生成AIチャットボットを導入することで、多岐にわたる業務効率化や顧客満足度の向上が見込まれるため、検討してみる価値は大いにあります。Miichisoftの「dxGAI Chatbot」は、RAG技術を活用し、効率的なサポートと高いパフォーマンスを提供します。導入を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。生成AIチャットボットが貴社の業務改善と顧客満足度向上に寄与することを願っています。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年6月17日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る