• Home
  • ブログ
  • オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

IT業界において、「開発地」の3つ言葉をよく聞いていると思います。それは「オンショア」「ニアショア」と「オフショア」です。日本で受注した案件を「海外で開発」のはオフショアいわゆるオフショア開発という、そして、日本国内で開発することで距離によりそれぞれの「オンショア」と「ニアショア」を意味しています。これから、IT需要が増加している世界の中、どこで開発するのがいいかと検討している企業様のむけにこの記事を一読してください。

質問①オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは

それぞれの言葉を理解できるように大まかに説明していきます。「オンショア」とは国内でいわゆる社内で開発することで、「オフショア」とは、海外の企業や法人に業務を委託・発注するという意味です。一方、「ニアショア開発」とは、国内の地方エリアの企業にアプリ開発やシステム開発を委託する手法を表しています。いずれも、比較的人件費の安いエリアで開発を行うことによって、コスト削減が叶うことが主なメリットとなります。つまり、オフショア・ニアショア・オンショアの違いは基本地域により区分されています。近年にリモートワーク業務が増えている中でコスト最適化のために海外に開発することを依頼する日本企業が多くなっており、オフショア開発の企業が続々現れています。

 質問①オフショア・ニアショア・オンショアの違いとは

質問② オフショア・ニアショア・オンショアの特徴

それでは、別々の特徴を記述して参ります。

オフショア開発の特徴

Offshore

開発業務・システムの保守運用を海外で行う開発手法です。ベトナム・フィリピン・ミャンマーといった東南アジアは日本より物価・人件費が安い国で開発することが多いです。

日本のエンジニアと同じの技術力を持ったエンジニアに低単価で依頼できる可能性があるため、コストの削減にもつながる場合があります。

ニアショア開発の特徴

Nearshore

開発業務・システムの保守運用を国内の地方で行う開発手法です。首都圏よりも物価の低い、札幌などの地方都市で開発をすることでコストを抑えるでしょう。ニアショア開発では、国内の企業やエンジニアとのやりとりになるので、オフショア開発と違う言語の壁がありません。

オンショア開発の特徴

Onshore

開発業務の全てを社内で行う開発手法です。つまり、社内のエンジニアのみで、システム開発や保守運用業務をこなせる状態にある企業がオンショアでの開発を進めることができます。メリットは、自社内で完結しているため、「コミュニケーションの取りやすさ」「情報漏洩のリスクが低い」ことが挙げられます。

質問③オフショア・ニアショア・オンショアのメリットとデメリット

オンショア開発のメリット

オンショア開発には大きく3つのメリットがあります。それは「迅速な開発速度」と「納品物の質の担保のしやすさ」、「情報セキュリティリスクの少なさ」です。

・迅速な開発速度

・納品物の質の担保のしやすさ

・情報セキュリティリスクの少なさ

オンショア開発のデメリット

社内で開発することで当たり前のような3つのデメリットがあります。

・開発コストが高い

・人材リソースが足りない

ニアショア開発のメリット

オンショアと比べてニアショアは国内で開発することですが、地域により単価が変わるので幾つか以下のようなメリットを挙げられます。

・コストがある程度に削減

・国内なのでコミュニケーションが容易

ニアショア開発のデメリット

ただし、国内での開発することで、オンショアと同じなデメリットも挙げられます。

・想定よりもコスト削減にならない場合もある

オフショア開発のメリット

オフショア開発のサービスを使用する時に以下の主なメリットを挙げられます。

・大幅なコスト削減

・日本よりも人材の確保が容易

オフショアのデメリット

しかし、海外で開発を行うことにはデメリットも幾つかあります。

・開発チームとの距離がある。

・言語の違い

 ・管理に手間がかかる

④おすすめ・まとめ

オフショア開発は、日本国内で深刻な問題となっているITエンジニア不足を補う手段として有益ですが、言語や文化の異なる外注先とのスムーズなコミュニケーションを取ることができるかがハードルになります。言語の壁を乗り越えるようにオフショア開発の企業にはコミュニケーション確保するため、新規な役割が現れるブリッジシステムエンジアの人材を持っていて遂行業務が順調に進められるでしょう。

とはいえ、発注先が国内か海外かによって異なるメリット・デメリットを理解したうえで、表面上のコストにとらわれずに、開発規模やプロジェクトの目的によって使い分けましょう。

オフショア開発の検討をするなら、この記事を読むのがおすすめです。

参照 https://miichisoft.com/offshore-for-who-and-for-what/

オフショア開発をもっと詳しくしたければ、Miichisoftのお問い合わせまでお申し付けてください。

関連記事