Webシステム開発プロセスの課題と対応策

生産性を向上させ、事業を拡大するため、システム構築にITを適用する企業が多いです。しかし、ユーザーフレンドリーな Webシステムを構築するのは簡単なことではありません。システム開発プロセスには、まだ沢山課題が残されています。

それでは、その課題と対応策は何でしょうか?

本日、オフショア開発会社であるMiichisoftが、本稿ではシステム開発プロセスにおける課題と対応策についてご解説します。

本題に入る前に、Webシステム開発とは何かについて理解する必要があります。

Webシステム開発はインターネット経由で利用できるサービスやシステムの開発です。基本的にPCやスマートフォン、タブレットといったWebブラウザが搭載されている機器を利用するユーザー向けのもので、Web環境でシステムを構築することを目的としたものです。Webシステムに関する詳細はこのリンクに参照ください。

それでは、Webシステム開発プロセスで発生する3つの主な課題について解説します。

1. Webシステム開発プロセスが標準化されていない

システム開発のよくある問題の一つは、プロセスが標準化されていないことです。
エンジニアの経験と能力によっては、プロダクトの品質が異なっています。多くのエンジニアが複数タスクを作業することが多いですので、開発プロセスが標準化されていない場合、フローの効率化や品質の担保が難しくなります。

Webシステム開発プロセス

2. Webシステム開発の目的がチーム全員に共有されていない。

2つ目の問題としては、エンジニアがシステム開発の目的が理解していないということがあります。システムの開発は、クライアントの要望と課題をヒアリングし、機能を考え、システムを設計・開発することです。
初期フェーズ、開発段階でシステム開発の目的が共有されていないと、クライアントの要望を積極的に取り入れても、結果的に予算や要望にズレが生じます。元の課題を解決できないことになります。

システム要件

3. Webシステムの要件が変更できない

システム開発を進んでいる時、システム要件の変更が許容されないことも問題としてあげられると思います。もし、途中でシステムの要件がが生じると場合によってはかなりの手戻りが発生し、計画遅延やコスト増が起きるケースもあります。システム開発プロセスにおいて要件の変更になることは多々あります。そうした要件変更に対応できるようにしておくことも必要です。

上記のような課題を抱える企業は、どのように解決すれば良いのでしょうか。対応策は3つ提案させていただきます。

1.共通フレームを活用する

まず、共通フレームを導入することをお勧めします。

共通フレームは、アイデア構成段階から開発・運用・廃棄に至るまでクライアント側と受注企業に誤解が生じないように、各工程の内容を明確に標準化するために使われています。

共通フレームを使ったら、エンジニアが同じ認識でシステム開発に集中することができます。

そのため、システム開発プロセスの目的と標準が共有されていないという問題を解決することができるでしょう。

2.コミュニケーションの円滑化を図る

2番目の対策は、クライアントと開発会社のコミュニケーションをスムーズにすることです。

コミュニケーションがよく取れると、クライアントの目的や要望が吸収したり、コストの増加などを防いだりすることができます。

コミュニケーション

3. 設計資料等の資料を元一管理する

3番目の対策は、基本設計、詳細設計等の複数の資料を一か所に集めて管理することで、効率よく活用できる状態を維持することです。

仕様変更が抑制出来れば良いですが、どうしても変更しなくてはいけない場合は資料などを一元管理して、変更履歴をよく把握できる体制づくりが大事なポイントです。

以上、Miichisoftの経験として、Webシステム開発でよくある問題と解決策について解説しました。但し、他の問題が複雑なケースもたくさんあります。

お客様は、同様な課題を抱えている場合、ぜひMiichisoftにご相談ください。

関連記事

スマートコントラクトの市場需要、特徴と開発流れを解説

Post Views: 519 スマートコントラクトはトランザクションプロトコルであり、ブロックチェーン上の事前にプログラムされた条件またはアクションであり、契約条件に従ってイベントの制御、実装、および文書化を自動化することを目的としています。 これにより、仲介者や裁定取引業者の必要性が減り、不正なスキームが大幅に減少します。DAppsの開発にはスマートコントラクトが不可欠です。さらに、それらは分散型ネットワークを作成する上で重要な部分です。 本記事はスマートコントラクトの市場需要、特徴と開発流れをご紹介します。 スマートコントラクトの概要と市場規模 イーサリアム の コントラクト コントラクトプラットフォーム だけでなく だけでなく だけでなく だけでなく だけでなく だけでなく は 分散型 金融

仮想通貨ウォレットとは?種類、開発流れと主な機能を解説

Post Views: 505 暗号通貨が世界の金融空間に深くて恒久的に定着したことを疑う人はほとんどいません。その結果、このエコシステムをうまく拡張し、使いやすくするための一種の付属製品が作成されています。通貨があるということは、どこかに保管しなければならないということです。これが暗号ウォレットの誕生であり、ユーザーは暗号通貨取引を迅速かつ安全に実行できます。 ただし、複雑すぎて使用できない技術は、十分な人気を得て普及することはできません。 そのため、暗号資産ウォレット用のアプリを作成するという決定は非常に成功し、実用的であることが証明されています。この記事では、仮想通貨ウォレットとは何か、作成方法、およびアプリケーションを開発する際に注意すべき点について説明します。 仮想通貨ウォレットとは? 仮想通貨ウォレット(Crypto Wallet)は、特定のブロックチェーンネットワークの参加者間でデジタルトランザクションまたは暗号通貨を転送し、ブロックチェーンスマートコントラクトをトリガーするアプリです。 そのストレージ機能は電子財布と同じですが、暗号通貨にも適用されます。 これは、暗号通貨を安全に保管し、取引記録 (売買、入金) を追跡するソフトウェアです。ウォレットは、識別子およびブロックチェーン アカウントとしても機能します。 暗号通貨ウォレットはスマートフォンにインストールできるため、非常に簡単です。 ラップトップ、任意のブラウザー、さらにはポケットに保存できます。 ウォレットは取引の仲介者を排除します。これにより、顧客は即座に操作を行うことができます。暗号資産ウォレットを使用すると、取引手数料が大幅に削減されるか、ゼロになることさえあります。その結果、ユーザーの満足度と交流の強度が高まります。 参考:Web 3.0 とは?ブロックチェーンに基づく次世代ネットワーク

有望なDeFiのサービスと開発流れを徹底解説

Post Views: 508 分散型金融、または略してDeFi(英語:​​decentralized finance)は、テクノロジーベースのブロックチェーンネットワークであり、管理当局なしで自分のポケットに銀行サービスを提供し、自分は自分そのものの銀行機関です。 DeFi の魅力は、個人データのセキュリティ、コードがすべてに公開されていることによるプロセスの透明性、高金利、仲介者の不在にあります。さらに、このアイデアは投資家にとって非常に魅力的であるように思われたため、2022 年 1 月の時点で、約 923 億ドルが分散型金融で回転しています。 このようにかなりの金額にもかかわらず、市場はまだ過飽和には程遠いです。 さらに、それはその旅を始めています。したがって、DeFi開発に取り掛かることを計画している場合、この機関車の最後のステップにジャンプすることは絶対にありません。まだまだ先!そのため、DeFi 開発サービス市場をナビゲートして、信頼できる会社からサービスを探すことが非常に重要です。 DeFi開発の流れ DeFi 開発は複雑なプロセスであり、Web3領域の仕様により、従来の開発とは多くの分岐、機能、および複雑さがあるため、多少異なります。したがって、絶対にすべての専門家になることは不可能です。 各開発チームは、理想的な結果を達成するために、特定のソリューションセットに対して研鑽を積む必要があります。したがって、膨大な人数のスタッフを雇用し、適応させ、一緒に作業する時間を与えることは意味がありません。成功したプロジェクトを背後に持っていない専門家を外部委託することをお勧めします。 参考:DeFIとは?

Progressive Web Apps – PWAは将来性があるか?

Post Views: 515 人口の3分の2がモバイルデバイスで接続されている世界では、注目を集めたいなら強力なモバイルプレゼンスは不可欠な要素です。 問題なのは、モバイル アプリ (iOS と Android) とレスポンシブ Web サイトの両方を開発および維持することなく、どうやってモバイルユーザーとデスクトップユーザーを同じようにターゲットにできるか?という。 近年、多くの Web 開発者はProgressive Web Apps(PWA)アプリが最良の答えであると確信するようになりました。この記事では、それらが本当にWeb デザインの未来、将来性があるかどうかご紹介いたします。 Progressive Web

【2023年】12つのPWAアプリの導入事例を詳しく紹介

Post Views: 538 オンラインでマーケティングやEコマースなどをする際、成功の一つのポイントはシステムとアプリのパフォーマンスに不可欠な要素と言っても過言ではありません。それで多くのWebサイトはProgressive Web Apps(PWAs)と呼ばれる新しい技術標準を利用してパフォーマンスを向上させています。 GoogleでサポートされているWebアプリPWAsは、デバイスやネットワークの状態に関係なく、高レベルのパフォーマンスを提供することを目的としています。 信頼性が高く、速く、魅力的なネイティブアプリの品質でPWAを強化しているため、 多くの注目を集めています。 ​​Progressive Web Apps – PWAが従来のレスポンシブWebサイトとどのように異なるかを深く理解するために、さまざまな業界にわたる印象的なPWAアプリの例を以下のように紹介していきたいと思います。 それでは、始めましょう! PWAアプリの導入事例、その1:Starbucksアプリ スターバックスは、すべての顧客にアクセス可能でユーザーフレンドリーなオンライン注文を提供することを目指して、Web上に注文システムのPWAを構築しました。 言い換えれば、オフラインモードで実行する機能により、スターバックスPWAを使用すると、顧客はメニューを閲覧し、注文をカスタマイズし、アイテムをカートに追加できます。 オンラインでは、場所固有の価格設定を表示し、食べ物や飲み物の注文を行うことができます。 PWAのほとんどはネットワーク接続なしで利用できるため、1日を通して接続性に出入りする可能性のある顧客や、接続の信頼性が低い農村コミュニティのような新興市場に最適です。

【2023年】PWAとネイティブアプリを比較・選択方法を解説

Post Views: 519 消費者はモバイルの使用に不可欠です。ユーザーはデスクトップよりもモバイルで 2 倍の量のコンテンツを視聴しており、企業がエンゲージメントを生み出し、カスタマー エクスペリエンスを向上させる絶好の機会を生み出しています。 長い間、企業はモバイル アプリの開発に関して 2 つの選択肢しかありませんでした。 現在、彼らには 3 つ目の選択肢があります。Progressive Web Apps (PWAs)です。 PWA技術は、モバイルでのプレゼンスを確立するための最良の方法としてしばしば歓迎されますが、実際にそのように優れているのでしょうか? このPWAアプリとネイティブアプリの比較で詳しくご紹介します。 エンジニアの観点からPWA