教育産業におけるE-learningシステム

このシステムは、株式会社Miichisoftと東京に3つのオフィスを構える日本の家庭教師センターKensuが共同で開発したものです。このシステムは、Eラーニングシステムの基本機能に加えて、タブレットに搭載されたカメラ装置を活用し、教師が生徒の表情や手の動きなどの学習プロセスを非常に正確に観察できるように設計されています。

Kensuは、東京に3つのオフィスを構える日本の家庭教師センターです。2003年に設立されたこのセンターは、日本の有名校への合格率が90%に達するなど、多くの生徒の育成に成功しています。

E-learning

お客様の課題

このプロジェクトは、コビッドの流行が複雑に変化する中で開発されました。ティーチングセンターとして、距離を置く指示を実行しなければならないとき、Kensuは大きな影響を受けます。Kensuは、流行期であっても、生徒が自宅でオンラインをするのではなく、定期的に学習センターに通う方法を模索したいのです。解決策としては、パソコンでオンライン授業をすればいいのでしょうが、単なるオンライン授業システムだと、生徒が実際に作業をしているかどうかを教師がコントロールすることが難しいのです。

また、センターの学習スペースは狭く、1フロアで10~15人程度しか座れないため、規定の距離2mでは、先生や生徒の数だけでなく、スペースの配置や最適化も難しくなります。

そこで、KensuはE-learningシステムの開発を検討しており、生徒はそれぞれ別のボックスに着席し、教師は最上段に座ることになります。講義を聞くときの生徒の表情を観察するだけでなく、各生徒の善し悪しを管理し、教師が授業中にタイムリーなサポートを提供できるようなシステムを希望しています。それとともに、授業スケジュール、講義、指導スケジュール、…を管理する機能も、Eラーニングシステムによく見られます。

お客様の要求

Kensuからは、社内LANを利用したシステムであることが求められています。

システムで学習する際、映像の品質がスムーズでシャープ、ラグがなく、授業中のオフライン学習のような学習体験を提供することが必要です。

狭いスペースのため、ケースマシンを設置するのではなく、生徒や教師が授業で使用するコンパクトなタブレットを使用したいとの要望がありました。

タブレットにカメラシステムを導入し、教師が生徒を100%観察できるようにします。

その他、授業スケジュール管理、科目登録など、E-ラーニングシステムによく見られる機能を搭載しています。

Miichisoftを選ぶ3つの理由

  • 理由1:
    • 見積もりや企画から、開発、市場投入まで、非常にスピーディーに対応しています。流行期に作られたシステムなので、早くしないと、流行が終わって日本が平常に戻ったから、システムはできたけど使えないということが起こりがちです。
  • 理由2:
    • 技術的なリスクやメリット、デメリットを丁寧に分析し、積極的に学習し、Kensuにデモを行い、問題点を実行できることを実証しています。デモを終えたKensuは、Miichisoftの技術的な実現可能性と能力を明確に理解されました。
  • 理由3:
    • 手頃な価格

Miichisoftのソリューション

教師が生徒の様子を確実に管理するという問題を解決するため、Miichisoftはタブレット端末に特化したカメラシステムを開発しました。

  • ジスティーミート(https://meet.jit.si/)を使って、生徒と教師の顔を記録し、表示することができます。さらに、MiichisoftはJissi Meetのコアをカスタマイズしてマルチカメラを表示し、教師が顔と手の両方を確認し、生徒の課題を操作できるようにしました。
  • タブレットのカメラシステムで生徒の顔を撮影し、外部カメラを下に向けて生徒の手の動きを撮影します。Miichisoftは、合理的にカメラを設計し、画面上で観察するときにカメラの品質を確保する必要があります非常に明確で、学生が書いているものを見て、右または間違ったことをやっています。
  •  Jisti Meetを使用して、LANを使用するために顧客から要求されたウィンドウアプリケーションを構築する。Jisti Meetから、electronを使用してウィンドウアプリを構築する。
  • 予測伝送の問題に対して、Miichisoftは複数のカメラを使ったデータの処理と伝送を最適化し、ラグなく映像が表示されるようにした。

技術ドメインを使って機能を開発する以外に
1. 時間割に沿った科目のスケジュール管理
2. カレンダーは、授業スケジュールやオンライン科目の登録に役立ちます。
3. 多くの受講生が受講した科目の統計
4. 各日、各教科のフルカレンダーの利用可能性

プロジェクト結果

プロジェクトは、最高の顧客満足度を得て、時間通りに開発され、成功裏に終了しました。

システムを通じて、センターの学生数は維持されただけでなく、流行期間中に増加しました。

このプロジェクトは、顧客が収益を上げ、クラスのスケジュールを管理する時間を、以前の手動管理に比べて最大70%節約するのに役立っています。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

お客様事例

フォトラクションは、建設業の生産性と品質向上を目的とした施工管理アプリです。ゼネコンをはじめサブコン、工務店、専門工事会社など、50,000を超える建設プロジェクト(建築・土木・設備)で実績があり、建設DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現します。

お客様事例

フォトラクションは、建設業の生産性と品質向上を目的とした施工管理アプリです。ゼネコンをはじめサブコン、工務店、専門工事会社など、50,000を超える建設プロジェクト(建築・土木・設備)で実績があり、建設DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現します。

お客様の声

お客様の声

お問い合わせ

私たちはお客様のテクノロジージャーニーを喜んでお手伝いします。
私たちはあなたのテクノロジージャーニーを喜んでお手伝いします。

01

オフショア開発を初めて利用する場合、様々な不安があると思います。例えば、コミュニケーションをうまく取れるか、品質、納期を守ってもらえるか、開発費用が高くないかなどです。Miichisoft では、3割のスタッフが日本での実務経験を持っているだけでなく、日本人スタッフも在籍しているので、コミュニケーションの心配は必要ありません。また、開発に成功した100件以上のプロジェクトと200人のスタッフにより、納期はもちろんのこと、国内ベンダーと変わらぬ高い品質、迅速な対応を保証します。コストに関しても30% – 50%程削減できます。

02

もちろん可能です。Miichisoft には、ビジネスとテクノロジーに精通した BA (ビジネス分析) とコンサルタントのチームがあり、お客様に的確なアドバイスしながら、要件定義を実施することができます。 そのうえで、開発チームがプロジェクトを効率的かつ確実にシステム開発を実施します。

お問い合わせ

私たちはお客様のテクノロジージャーニーを喜んでお手伝いします。
私たちはあなたのテクノロジージャーニーを喜んでお手伝いします。

01

オフショア開発を初めて使用する場合、いろいろな心配があると思います。例えば、コミュニケーションをうまく取れるか、品質、納期を守ってくれるか、開発費用が高くないかなどです。Miichisoftの30%スタッフは日本で実務経験があります。日本人もいるので、コミュニケーションに関して安心していただけます。また、開発成功した100件以上と200人のスタッフにより、納期や、国内と変わらぬ高い品質、迅速な対応を保証することができます。コストに関しては、30% – 50%程削減できます。

02

もちろん可能です。Miichisoft には、ビジネスとテクノロジーをよく理解している BA (ビジネス分析) とコンサルタントのチームがあり、顧客にアドバイスし、協力して、詳細で完全な要求の説明を作成する準備があります。 そこから、開発チームはプロジェクトを効率的かつ簡単に構築および開発できます。