AWS(Amazon Web Services)とGCP(Google Cloud Platform)を比較!

Calendar
2022年9月21日
Calendar
712

AWS(Amazon Web Services)とGCP(Google Cloud Platform)は、業界をリードする組織である GoogleとAmazonの2つのクラウドサービス プロバイダーをそれぞれ比較したものです。GCPはGoogleの新しいサービスですが、AWSはすでに確立されたクラウドサービスです。GCPとして知られるGoogle Cloudが提供する主なサービスは、Compute Engineです。AWSの主要なコンピューティングサービスは、クラウドコンピューティングで業界をリードするEC2として知られるElastic Computeクラウドです。GCPは、Google Big QueryやBig tableなどのビッグ データ コンピューティングに特化したサービスで人気を集めています企業のあらゆる種類のITニーズをサポートするサービス。

1. AWS(Amazon Web Services)とは

AWSとは

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供する包括的で進化するクラウドコンピューティングを使ったサービスであり、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、およびサービスとしてのソフトウェア(SaaS)を含んでいます。AWSには、コンピューティング、ストレージ、データベースなどのインフラストラクチャテクノロジーから機械学習、AI、データレイクと分析、IoTなどの最新鋭のテクノロジーに至るまで、他のどのクラウドプロバイダーよりもはるかに多くのサービスを提供しており、それぞれのサービスが豊富な機能を備えています。

2. GCP(Google Cloud Platform)とは

Googleは2011年にGoogle Cloud Platform(GCP)を立ち上げました。このクラウドコンピューティングプラットフォームは、ビジネスの成長と繁栄を支援します。また、Googleのインフラストラクチャを活用し、インテリジェントで安全かつ柔軟性の高いサービスを提供するのにも役立ちます。

GCPとは

3. AWSのメリット、デメリット

AWSのメリット、デメリット

3.1. AWSのメリット

①妥当な価格<h4>

AWSは、アプリケーションプロバイダー、ISV、およびベンダーが、既存または新規のSaaSベースのアプリケーションであるかどうかに関係なく、アプリケーションを迅速かつ安全にホストできるように設計されています。AWSマネジメントコンソールまたは十分に文書化されたウェブサービスAPIを使用して、AWSアプリケーションホスティングプラットフォームにアクセスできます。

②フレキシブル

AWSを使用すると、オペレーティングシステム、プログラミング言語、Webアプリケーションプラットフォーム、およびその他の必要なサービスを選択できます。 AWSでは、仮想環境を使用して、アプリケーションに必要なソフトウェアとサービスをロードできます。これは、新しいソリューションの作成を可能にしながら、すでに使用されているアプリケーションを移行するのに役立ちます。

③高いセキュリティを確保

AWSは、物理的、運用的、およびソフトウェアの対策を含むインフラストラクチャを保護および改善するために、エンドツーエンドのアプローチを採用しています。

3.2. AWSのデメリット

①多様なサービス群

メニューが豊富で、何でもできるがゆえに、サービス選定および設計ノウハウが必要になります。

②変動するコスト

初期コストを0にし、変動費として利用できるのはメリットではある一方で、毎月の費用が読めないという問題も同時に発生します。

4. GCPのメリット、デメリット

GCPのメリット、デメリット

4.1. GCPのメリット

①高い生産性

GCPは、何万人ものユーザーを一度に処理できます。

②迅速なコラボレーション

GCPでは、複数のユーザーがさまざまな国で作業し、同時にプロジェクトにアクセスして編集できるため、複数のユーザーが迅速に共同作業できます。

②強力なセキュリティ

GCPの背後にあるセキュリティは、500人を超える専門家によって 24時間体制でサポートされており、数十年にわたる研究開発の成果です。お客様は、Googleが一流のセキュリティ専門家を雇用することで、プロセスベースおよび物理的なセキュリティ投資から利益を得ることができます。

4.2. GCPのデメリット

①高価

間違いなく、クラウドホスティングは従来のホスティングよりもはるかに高価ですが、支払った分は得られます。

②データセンター

GCPには、対応するものと比較して比較的少ないグローバル データセンターがあります。3つのデータ センター (米国、ヨーロッパ、アジア)しかありません。

5. AWSとGCPを比較!

AWSGCP
運営元AmazonGoogle
コンテナDocker, KubernetesKubernetesのみ
主なサービス《Amazon Elastic Compute Cloud》(EC2)のフラッグシップコンピューティングサービス。Googleの主なサービスは Compute Engine。
価格コンピューティングコストとストレージ コストの点では、やや高額です。AWSと比較して、競争力のある価格で明らかに勝者です。
セキュリティWAF
DDoS
など、あらゆる第三者認証に対応
WAF
DDoS
など、あらゆる第三者認証に対応
データベースAmazon RDS
Amazon SimpleDBなど
対応可能なデータベースが多い
Cloud SQL
Clound Datastoreなど
高速で膨大なデータ処理に対応

6. まとめ

GCPとAWSはどちらも優れたプラットフォームです。したがって、決定する前に、組織が必要とする機能の種類と、それらに支払う金額を理解する必要があります。適切なクラウドサービスプロバイダーは、組織の機能を強化してビジネス目標を達成するのに役立つことを忘れないでください。AWSは機能と信頼性においてマーケット リーダーであるため、私たちの投票はAWSに傾いています。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年6月17日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年6月17日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年6月17日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る