• Home
  • ブログ
  • NFTの基礎知識を解説!デジタルデータが資産になる未来

NFTの基礎知識を解説!デジタルデータが資産になる未来

2021年3月にオークションハウスChristie’sにて、デジタルアーティストBeepleの作品「Everydays-The First 5000 Days」のNFT作品が約6,900万ドルで落札されました。また、Twitterの共同創業者でCEOのジャックドーシー氏のNFT化された初ツイートが約3億1,600万円で落札されました。

このように、デジタルデータを資産にできるトークンNFTとは何なのでしょうか?この記事ではNFTの基礎知識から活用事例まで解説します。この記事を読めば、NFTについて理解できるはずです。ぜひ、NFTに興味がある方は最後まで記事をお読みください。

ブロックチェーン開発 NFTとは

ブロックチェーン開発 NFTとは

NFTとは

NFT (Non-Fungibale Token) とは、直訳すると「代替不可能」です。つまり、1つ1つが固有で唯一無事であることを意味します。トークンには代用貨幣や引換券などの意味がありますが、NFTとは世界に1つだけのデジタル資産の取引に使用されるトークンを指します。

仕組み

トークン取引にはブロックチェーンの技術が採用されますが、過去の取引履歴は削除できません。さらに、データ改ざんもできません。このようなブロックチェーンの仕組みを活用することにより、デジタルデータを資産化して取引できるようになりました。

ユーザー同士で取引履歴を共有できるようになったため、NFTアートの作成者や購入者などの情報が把握できるようになったのです。この仕組みにより、デジタルアートの取引が容易になりました。

メリット

NFTはブロックチェーンを用いて取引されるため、次のようなメリットがあります。

  • デジタル資産で保証できなかった「唯一性」「希少性」を担保できるようになった
  • 誰でもインターネット上でデジタル資産を販売できるようになった
  • NFTのトークンの価値は上がっていくので所有すれば資産運用ができる

デメリット

NFTには、次のようなデメリットがあります。

  • 法律の整備は不十分なため、NFTでデジタル取引する際には注意が必要である
  • NFT取引者数が増えると取引手数料が高騰する恐れがある
  • トークンは価格変動があるため、価値が大幅に下落する可能性がある

NFT の将来性

2021年にNFTの高額取引などが報道で取り上げられ、認知度は急速に広がっています。米国のリサーチ会社Emergen Researchの調査結果によると、NFTの市場規模は2020年に3億4,000万ドルに到達。急速な収益年平均成長率を記録すると述べられています。2030年度には3,573億1630万ドルにまで成長すると予測されており、将来性の高さが伺えます。

NFTブロックチェーン開発とは

 

活用事例

NFTと親和性の高いビジネスは、キャラクターや版権などの知的財産ビジネスです。デジタルアートや著作権などのコンテンツビジネスはNFTと相性が良いです。

将来的には、オリジナルコンテンツの売買をはじめ、再販や権利取引などもNFTで行われていくと言われています。また、ゲームで育成したキャラクターのトレードなどにもNFTは相性が良いと言われています。

[主要カテゴリ]

コレクティブル 保有や収集を目的とし、希少性に価値を持たせる
スポーツ スポーツ選手やスポーツ試合と関連させ、スポーツの新しい楽しみ方を提供する
アート アーティストが生み出すデジタルアートの取引
ゲーム ゲーム内で利用できるアイテムやキャラクターの取引
メタバース デジタル上の仮想世界の土地や建造物、アイテムの取引
その他 保険やドメインなど付帯サービスの取引

 

NFT 取引のサービス開発なら「Miichisoft

ブロックチェーンやNFT取引サービスの開発をお考えの方は「Miichisoft」までお気軽にご相談ください。ここでは、高品質なオフショア開発サービスを提供するMiichisoftの特徴を簡単にご紹介します。

最新情報を収集・研究

Miichisoftは、顧客満足度アップを常に考えて最新情報の収集・研究を行っています。近年、注目を浴びるNFT取引のサービス開発の研究やブロックチェーン開発の研究を行っています。社内にはブロックチェーンチームが構築されており、仮想通貨やブロックチェーンは対応可能な分野です。そのため、NFTのトークンを活用した新ビジネスをご検討の方はお気軽にご相談ください。

サオクエ賞を受賞する高度な技術力

ベトナム情報通信産業によると、2019年度の情報通信業界の総売上は12兆2,300億円です。ベトナムは政府がIT教育に注力していることから、優秀なエンジニアが数多くいます。そのようなベトナムで、2021年4月にMiichisoftはベトナムのIT業界の発展に貢献したオフショア開発会社としてサオクエ賞を受賞しました。ベトナムソフトウェア・ITサービス協会から高度な技術力が認められています。

日本のシステム開発の問題を解決

Miichisoftは、システム開発を通じて人の役に立ちたいという想いから創業したシステム開発会社です。日本に留学・就業経験のあるエンジニアが立ち上げました。日本のエンジニア不足や人件費の高騰問題をオフショア開発で解決したいと思っています。社内には日本語に精通したブリッジエンジニアが在籍しているため、コミュニケーション問題など気にせず依頼ができるはずです。ぜひ、システム開発における人材不足やコスト増に悩んだ場合は頼りにしてください。

 

まとめ

NFTを活用したデジタル資産は注目を浴びており、市場規模は急拡大しています。近年注目を浴びるトークンやブロックチェーンを活用して新規ビジネスに取り組めば、大きなチャンスが得られます。Miichisoftはトークンやブロックチェーンを活用したシステム開発にも対応が可能です。そのため、NFTやブロックチェーンを活用したビジネスをご検討の方はお気軽にご相談ください。

最近の記事