• Home
  • ブログ
  • ラボ開発のメリット・デメリットとは?請負開発の違いまで徹底解説!

ラボ開発のメリット・デメリットとは?請負開発の違いまで徹底解説!

ラボ開発を採用すれば、DX推進におけるIT人材不足の悩みを解決できます。今回はラボ開発のメリット・デメリットから、請負開発との違いまで解説します。この記事を読めば、ラボ開発で成功できるはずです。ぜひ、委託前に参考にしてみてください。

事業拡大でIT人材を採用したくても、人材不足で理想通りに計画が進まないことがあります。とくに、日本のIT人材不足は深刻化しており、人材争奪戦が繰り広げられ人件費が高騰しています。IT人材の採用が難しいと悩んでいる企業も多いです。このような問題を解決する方法として「ラボ開発」があります。今回は、IT人材採用で検討したいラボ開発について詳しく解説します。

ラボ開発とは

ラボ開発のメリット

ラボ開発とは、求めているスキルを持つエンジニアチームを社外に構築することをいいます。オフショア開発(海外企業に開発業務を委託すること)の一種です。

ラボ開発は契約期間でリソース確保できることが大きな特徴です。契約期間中であれば、仕様追加や開発優先順位の変更などにも対応してもらえます。そのため、厳密な仕様が決定されていないプロジェクトなど、アジャイル開発で進めたい企業と相性が良い委託方法です。

メリット

ラボ開発には、次のようなメリットがあります。

契約期間中はリソースを確保できる

ラボ開発は契約期間中、求めているスキルを持つエンジニアのリソースを確保できます。契約期間中は自社だけにリソースを確保してもらえるため、継続的な発注ができます。そのため、案件ごとにプロジェクト編成したり、情報共有したりする必要はありません。自社エンジニアのような機敏な動きをしてもらえます。

仕様変更や修正の見積依頼が不要

ラボ開発は契約期間内であれば、システムの仕様変更や機能追加に柔軟に対応してもらえます。その都度、見積依頼をする必要はありません。そのため、仕様変更がスムーズに行えます。臨機応援にエンジニアチームを稼働させられるため、アジャイル開発との相性が良いです。

人件費が抑えられる

ラボ開発はオフショア開発の一種です。近年はベトナムがオフショア開発で人気です。ベトナム政府がIT人材育成に注力しており、幼少期からプログラミング技術に触れていることから、即戦力にふさわしい技術レベルのエンジニアがいます。
ベトナムのIT人材は優秀でありながら、日本のIT人材と比較すると人件費が1/2程度安いです。優秀なIT人材を低コストで採用できることもラボ開発の魅力です。

社内ノウハウが蓄積できる

ラボ開発はエンジニアチームを社外に構築できるため、自社のノウハウを蓄積していけます。自社のノウハウやルールを熟知した外部パートナーになるため、将来的に開発スピードが早くなったり、品質向上しやすくなったりします。

機密性の高い案件を発注できる

ラボ開発では、独立したシステム開発環境の確保ができます。このような仕組みであるため「ODC(オフショア開発センター))とも別名で呼ばれることが多いです。ラボ開発は機密性の高い案件を安心して発注できるというメリットも得られます。

デメリット

ラボ開発には、次のようなデメリットがあります。

契約期間中は発注が必要になる

ラボ開発は契約期間中のリソースを確保するものです。注意点は、契約期間中に作業がない場合でも委託費を支払わなければいけません。委託費をムダにしないためにも、契約期間中は継続的な発注をする必要があります。

チームビルディングを行わなければいけない

ラボ開発では、社外チームに社内ルールやノウハウを教える必要があります。コミュニケーションを円滑化するためにチームビルディングを行わなければいけません。一般的にラボ開発は、3ヵ月目から本格的にシステム開発が行えるようになります。一定期間のチームビルディングが必要であることを覚えておきましょう。

計画通りにシステム開発が進まない

ラボ開発は、自社開発と比較すると管理が難しいです。とくに、海外企業と契約締結する場合には、言語や文化、慣習の違いで計画通りに開発が進まないこともあります。この問題は、委託先選びを慎重に行うことで解決できますが、安い人件費だけで選ぶと失敗に陥りやすいです。

ラボ開発と請負開発の違い

ラボ開発と請負開発の違い

ラボ開発と請負開発は混合されやすいものですが、全く異なります。システム内容を含めながら開発していく場合は「ラボ開発」で、システムを予定通りに完成させたい場合は「請負開発」を選んでください。

  ラボ開発 請負開発
おすすめの状況 要件定義が明確である 単発で発注したい 要件変更の可能性が高い 継続的に発注したい 新規事業を立ち上げたい 長期的に人材を確保したい
責任範囲 業務の完成 業務の遂行
開発モデル ウォーターフォール型 アジャイル型
開発体制 開発者が決定 双方の合意
メリット 納期日を定められる 品質担保責任が定められる 仕様変更に柔軟に対応できる 開発体制を調整できる ノウハウが蓄積できる 長期間のリソースが確保できる
デメリット 要件定義を提示する必要がある 仕様変更で追加費用が発生する 短期的な取引しかできない マネジメント管理が必要がある

ラボ開発を成功させるポイント

ラボ開発を成功させるポイント

ラボ開発の特徴について理解して頂けたと思います。ラボ開発を成功させるポイントを押さえておきましょう。

ラボ開発が適切かを判断する

ラボ開発が自社に最適な方法であるかを判断してください。システムを予定通りに完成させたい場合は「請負開発」で、システム内容を検証・修正しながら開発していく場合は「ラボ開発」がおすすめです。ラボ開発は、契約期間中は外注費用を支払わなければいけません。そのため、契約期間中に継続して発注するかを考えてみてください。

開発会社のスキルを確認する

ラボ開発は、どこの企業に依頼するかで成功率が変わります。そのため、オフショア開発会社の実績やスキルを確認してみてください。日本企業のシステム開発実績を豊富に持つ開発会社であれば、マネジメントの負担も少なくスムーズに開発が行えます。

契約期間はマネジメントを徹底する

ラボ開発を最大限に活用する場合は、マネジメントを徹底する必要があります。進捗管理や仕様の明確化、成果物レビューなど積極的にコミュニケーションを取りましょう。また、発注計画の策定も欠かせません。徹底的にマネジメントを行うことで、ラボ開発の費用対効果が上がります。

ラボ開発サービスなら「Miichisoft」

For lab development services, go to Miichisoft

ラボ開発サービスに興味を持ったら、ぜひ「Miichisoft」にご相談ください。ここでは、Miichisoftの特徴をご紹介します。

高品質なサービスを提供

Miichisoftは、国家大学で有名なハノイ工科大学を卒業した創立者が立ち上げたオフショア開発会社です。高品質なサービス提供に励んでおり、2020年12月には国際規格のISO9001とISO27001を取得。
2021年7月には、ベトナムオフショア開発市場を牽引する企業としてサオクエ賞を獲得しました。大規模開発や最先端技術を活用した開発などにも柔軟に対応できます。

日本プロジェクトの実績が豊富

Miichisoftは日本に長期滞在をして、システム開発の管理職を経験した人材が在籍しています。プロジェクト管理者が日本語を話せるため、コミュニケーションや文化・習慣の壁は発生しにくいです。日本プロジェクトの実績には以下のようなものがあります。

ゲーム開発アプリ

ゲーム開発

Unity、Cocos2d-x、Html5

モバイルアプリ

就職支援アプリ、レビューアプリ、マッチングアプリ、機関システム

Swift、Android Java、Objective-C、React-native、HTML5、JavaScript

Webシステム開発

クラウドサービス、基幹システム

PHP、JAVA、Ruby、Golang、Python、Nodejs

開発コストが抑えられる

ベトナムには優秀なエンジニアがいますが、物価が安く人件費も安いです。同等のスキルを持つエンジニアでも、日本とベトナムを比較すると人件費は1/2程度になります。そのため、高品質なシステムを開発したいけれど、コストも抑えたいという要望に応えることができます。

まとめ

ラボ開発を採用すれば、外部にエンジニアチームを構築できます。ラボ開発と請負開発の違いや特徴を理解しておけば、優秀なエンジニアを低コストで採用することも可能です。

ラボ開発に興味を持った方は「Miichisoft」のラボ開発サービスをご利用ください。Miichisoftは、オフショア開発大国のベトナムの中でも、オフショア開発に貢献している企業としてサオクエ賞を獲得しました。日本企業のラボ開発実績も豊富に持っているため、安心して委託してもらえるはずです。ぜひ、IT人材採用にお悩みの方は「Miichisoft」までお気軽にご相談ください。

詳細はこちらです

 

関連記事

誰がオフショア開発を活用するべきか?その目的は?

近年、日本では、国内リソース不足で、オフショア開発を活用する企業が増えています。そんな状況の中で、なぜ誰がオフショアを使うべきなのか、それをどうのように有効に使うのか、3つの大きい課題があげられるでしょう。日本市場向けオフショア開発を提供してきたMiichisoftは、自社の経験を基づいて、本日、その3つ課題について話させていただきます。 質問① 誰が誰がオフショア開発を活用すべきか? Offshore.comの2022年度レポートによると、IT業界のトレンドの一つは、オフショア開発導入が一般化するということです。業務改善と売り上げアップなどのため、ますますオフショア開発を活用するIT企業だけでなく、非IT企業も増えているということです。 Miichisoftも、オフショア開発を提供してきた経験で、そのトレンドを察しております。確かに、スモールでもお早めに活用するほうが良いと考えております。特には、 SIer企業 パッケージベンダー 投資家とトレーダーとコンサルタント エンド企業(IT業界以外、介護企業、農業企業など) Miichisoftは、未経験または、興味のある方々などにオフショア開発をスモールでも活用することをお勧めいたします。 質問② なぜオフショア開発導入が必要なのか? どうしてオフショア開発を活用するべきかというと、まず、Miichisoftのお客様の悩みに触れてみましょう。弊社が開発してきたドメインで、以下の課題をまとめて紹介します。 短期間で安価なシステム開発が困難 安定的なシステム開発チームが欲しいが、人材不足でできない オフショアで外注を検討中しているが、品質やコミュニケーションコストに不安 業務フローのシステム化により、人件費、管理・運用コストを削減したいが、システム開 発の経験がない IT人材の採用や管理のリスクが高い 新しいITサービスを実現したいが、システム開発エンジニアがいない 上記の悩みを解決するために、お客様がMiichisoftのオフショア開発サービスを検討・導入していただきました。 結論というと、オフショア開発活用の目的は以下通りで4ポイントとしてまとめられると考えております。

オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ

ここ数年、コロナ禍でビジネスモデルも大きく変化して、DX導入の需要が高まっています。その状況の中で、IT企業だけでなく非IT企業には、業務改善、事業拡大を目指してデジタル化したい企業が多いです。しかし、IT人材不足でIT 部門を立ち上げるには多くの困難・費用がかかります。そのため、ベトナムをはじめ、海外にアウトソーシングする傾向があります。 今回、4年以上オフショア開発をやってきたMiichisoftは、オフショア開発活用の効率化に役立つと思う11の注意点を挙げてみました。ぜひご参考になさって下さい。 オフショア開発を活用される際に役立つ11のコツ 1. 適切なオフショア開発会社を選ぶ 治安及び政治などは安定しているか規模・実績(プロファイルの数、ドメイン、導入事例、等) 資格、認証等 CEOのプロファイル(例:Miichisoftのリーダーであるコン氏は、IT業界での若いリーダーTOP10に選べられた) お支払方法 お客様からのフィードバック 2. 秘密保持契約 (NDA)を必ず締結する 機密保持契約 (NDA) は営業秘密や製造技術等のノウハウ、お取引で知り得たお客様の情報等を、目的外利用や第三者への漏洩を防止するために締結する契約です。プロジェクトの詳細を共有する前に、オフショア開発会社とNDA契約を締結することが重要です。 3. 社内で準備する オフショア開発会社に外注する際は、社内のチームにオフショア開発導入の理由・結果とメリット・デメリットなどを理解していただく必要があります。特に未経験のお客様には、メンバーのモチベーションをあげるため、社内キックオフの会議等を行うことをお勧めします。

オフショア開発で失敗しないために 「3 DO 2 DON’T」で覚える呪文

オフショア開発は貴社にとって正しい選択肢かもしれませんが、プロジェクトを成功させるためには、それを正しく行う必要があります。オフショア開発が乗り越えられない山になるのを防ぐためのヒントをいくつか紹介します。 オフショア開発で失敗しないために 「3 DO」 1. 信頼関係を築く 効果的な協力を維持するには、信頼が必要です。この信頼を得るには、行動、人間関係、文化が適切でなければなりません。同僚のバックグラウンドを知ることは、信頼関係をより早く構築するのに役立ちます。 Miichisoftはプロジェクトの最初から、プロジェクトのステップを顧客に説示し、フレイズをコミットし、進行状況をトラッキングします。Miichisoftは顧客のプロジェクトを柔軟性とセキュリティを発揮するよう設計されています。したがって、顧客は、Miichisoftが提供するサービスを安心で利用することができます。 2. 文化を理解する 良好なコミュニケーションは、生産的なオフショア作業に重点を置く最も重要な領域です。これは、私の意見では、パフォーマンスの高いチームを実現し、異なるチーム メンバー間の効果的で信頼できる関係を促進するための重要な成功要因です。 ベトナムは親日国として有名です。日本語を学ぶベトナム人も多く、近年は日本語能力を身に付けるエンジニアが増えてきており、コミュニケーションの壁が払拭されてきました。オフショア開発は、言語や文化、慣習の違いが壁となることが多いですが、ベトナムは親日国のため開発委託がしやすいです。数年間日本で生活・就労した30%以上のMiichisoftの従業員は、技術力、顧客の理解力が高い人材を提供することに自信を持っています。 3. 効果的なコミュニケーションのためにソーシャル ソフトウェア ツールを使用する 従来のエンタープライズ テクノロジーを使用してオフショアコンサルタントとやり取りし、作業することは、もはや同じ影響を与えることはなく、実際には非常に非効率的で非生産的なものになる可能性があります。したがって、石油やガスなどのオフショア開発では、コミュニケーションが不可欠だと思います。  オフショア開発で失敗しないために

IT人材不足の深刻化と未来予測

近年の状況における、IT人材の育成が多くの企業の急務と言えます。本記事では、IT人材の不足が深刻化やIT人材の未来予測やIT人材不足を抱える理由3つなどを解説しています。IT人材の育成を検討している人事担当の方は、ぜひ参考にしてください。 IT人材の不足が深刻化 経済産業省が2019年に出した試算によると、日本は深刻なIT人材不足を抱えていて、2030年には最大で79万人のエンジニアが不足すると言われています。 出典:経済産業省IT人材需給に関する調査 人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)によると、 正社員の人手不足割合は45.9%で、前年同月から8.7ポイントの大幅増加となった。特に情報サービス業では64.6%となり、IT人材の不足感が目立っている。 非正社員では27.3%が人手不足を感じており、同6.7ポイント増加した。コロナ禍によって人手不足感が緩和されていた「飲食店」「旅館・ホテル」で、再び不足感が強まっている。 出典:経済産業省IT人材需給に関する調査 IT人材の未来予測 経済産業省が2019年に出した試算によると、実際に利用可能なIT担当者の数が増えているにもかかわらず、資格のあるIT担当者の不足は2015年の見積もりと同じレベルに達しています。 ITの需要が高いため、ITスタッフの需要が増加している可能性があります。 2030年までに資格のあるIT人材の数が不足すると予測されるのは、41万人から79万人の間と推定されています。ナリオには年末までに587,000人が住むと推定されています。  IT人材の生産性がある程度向上すれば、需給ギャップ(実際の生産性と労働力の生産性が向上した場合の生産性の差)は縮小します。上で計算。一方で、この推定では生産性の向上率を考慮に入れることが決定されました。試行計算の結果、生産性向上率が0.7%の場合、2030年時点の需給ギャップは16.4万人~78.7万人(中間では44.9万人)になると試算された。 IT人材不足を抱える理由3つ 経済貿易産業省が委託した2018年のIT人材需給調査によると、情報サービス業界で働き、ITソフトウェアサービスを提供する人々はIT人材と見なされます。サイズ、量、または大きさを(何か)増やします。 ITを活用する企業の情報システム部門の従業員も人材です。 IT業界の拡大 IT産業は、経済貿易産業省の分類によると、情報サービス産業(ソフトウェア産業、情報処理・提供サービス産業、インターネット関連サービス産業)に相当します。 1990年頃からIT業界全体の売上が伸びており、1998年もこの傾向が続いている。 経済産業省による2013年の調査では、IT産業は約100万人を雇用し、約20兆円の売上高を生み出しています。

必ず知るべきオフショア導入の3ステップ

どのようにオフショア導入するのかはプロジェクトの成功にとってすごく大事なことです。そこで実際の経験を踏まえてオフショア導入の詳細な流れをご案内させていただきます。 ステップ1:目指しているオフショア企業について深く理解する これは一番大事なことです。企業選定にあたり、何を重視するかを明確にすることが大切です。オフショア市場では様々なオフショア企業があります。取引先を選択する前に以下の分類テーブルをご覧ください。 ステップ2:信頼性のあるチャネルでオフショア企業を探す 何を重視するかの問いに答えた後「どのように信頼性が高いオフショア企業を探せるか」という質問がでます。この質問に答えられるようにまず信頼性の高いチャネルを探す必要が有ります。 2.1. Japan IT Week 展示会に来場 Japan IT Week展示会は毎年東京で5月と10月の2回開催されています。ベトナムのオフショア企業のみならず他の国のオフショア企業ともアクセスできます。 展示会で各企業についてより理解でき、選択技が多いです。 2.2. Vinasaリストで探す(ベトナムオフショアに対して) ベトナムソフトウェア協会(VINASA)はNGO組織で利益組織でなく、ベトナムのソフトウェアサービス業界の代表です。VINASAの会員になるためには厳しい認証プロセスを経過し、経営実績が良く専門的な能力が高いという条件があります。 毎年3回の認定で経営実績が優秀で専門的な能力が高い企業を選んでサオクエ賞を贈ります。 VINASAのソフトウェア輸出目次で受賞企業を探すことができます。 URL:http://giaithuongsaokhue.vn/danh-sach-2021/

モバイルアプリテストにおける基本テスト項目

モバイルアプリテスト 2022年の完全ガイド!

多くの方が、「アプリ」という単語を聞くと、スマホなどのモバイル機器上で動作するアプリをイメージするのではないでしょうか。モバイルアプリ以外のテストと異なり、モバイルアプリのテストは、Webアプリのテストよりも複雑になります。本記事では、モバイルアプリを開発する際に注意するポイントなどをご紹介します。 目次 モバイルアプリ開発で起こる問題 モバイルアプリテストとは モバイルアプリのテストの役割 モバイルアプリテストにおける基本テスト項目 モバイルアプリテストにおける注意ポイント 1. モバイルアプリ開発で起こる問題 スマートフォンの登場により、スマホ上で動作するモバイルアプリは日常生活のあらゆる シーンで利用されるようになっています。同時にモバイルアプリのコンテンツはより複雑化しており、テスト・検証のありかたにも変化を求められています。そのような中で、開発現場は開発工数とコストばかりが増大化していく課題を抱えています。そもそもモバイルアプリテストは何なのか、どのような役割があるのか、はっきり分かっていない方も結構いらっしゃるかと思いますので、まずそこからご説明いたします。 2. モバイルアプリテストとは モバイルアプリテストとは、スマホで動作するアプリのテストを行うことです。スマホやタブレットに搭載される様々なアプリのテストを実施するには、各キャリア毎に数多く存在する最新機種でのテストが必要です。また、市場のニーズも早いスピードで変化するため、開発からリリースまでの期間が短いケースが多いです。より早いスピード、そして最新技術が現場に求められる、難易度の高いテストがモバイルアプリテストなのです。 3. モバイルアプリのテストの役割 インターネットユーザーの多くは知りたい情報の検索、アニメや映画などのエンタメコンテンツの視聴、コミュニケーションのツールとしてモバイル機器を利用しています。そのため、モバイルアプリ開発者にとってモバイルアプリのテストは避けて通れないステップとなっています。製品がモバイル機器上で、適切に動作するアプリとなっているのかどうかをテストして確認しなければなりません。 4. モバイルアプリテストにおける基本テスト項目 モバイルアプリのテストにおける基本的なテスト項目としては、例えば「アプリの使用が中断される際のテスト」が挙げられます。アプリの使用が中断されるのはよくあることです。そのため、以下の項目を確認するのが重要です。