Webシステム開発費用相場と開発会社選びのポイントを徹底解説!

Calendar
2022年6月8日
Calendar
593

Webシステム開発の依頼時に必要となる開発費用相場と開発会社の選び方のポイントを解説します。この記事を読めば、Webシステム開発の失敗を防止できて成功率が上げられるはずです。ぜひ、Webシステム開発を検討している方は参考にしてみてください。

Webシステムは、生活に必要不可欠なものとなりました。マッチングサービスやネットバンキングなどのWebシステムは、どのぐらいの費用で開発できるのでしょうか?また、どのように依頼先を決めれば良いのでしょうか?

今回は、Webシステム開発の費用相場と開発会社選びのポイントについて解説します。

1.  Webシステムとは

Webシステムとは、インターネット上で利用できるサービスをいいます。サーバー上にデータを保存しているため、インターネット環境があれば、デバイス(PC・タブレット・スマホ)から利用できます。

また、サーバー上のプログラムを修正するだけで改修ができるため、メンテナンス性が高いです。

さまざまなWebシステムが登場していますが、代表例には以下のようなものがあります。

■の代表例

  • ECサイト
  • ネットオークション
  • ネットバンキング
  • オンラインストレージ
  • マッチングサービス
  • 顧客管理システム
  • 予約管理システム

インターネットの普及により、Webシステムは生活に欠かせないものとなりました。

Webシステム開発費用は各社で異なるため、損をしないように費用相場を把握しておきましょう。ここでは、Webシステム開発の平均費用相場について解説します。

2.1.[種類別]Webシステム開発の平均費用相場

Webシステム開発費用は「依頼先」「規模」「仕様」「開発方法」により変動しますが、平均費用相場は以下の通りです。

■Webシステムの平均費用相場

ECサイト 50万円~
ネットークションサイト 150万円~
ネットバンキング 要お問い合わせ(※)
オンラインストレージ 要お問い合わせ(※)
マッチングサービス 100万円~
顧客管理システム 20万円~
予約管理システム 80万円~

(※)ネットバンキングやオンラインストレージは大規模開発となるため、システム開発会社へ見積依頼をしてみてください。

2.2.  システム開発費用の計算方法

システム開発費用は「人件費(人月単価)+諸経費」で算出できます。人月単価とは、エンジニア1人の1ヵ月分の報酬をいい、職種別の相場は以下の通りです。

人件費(職種別)
プログラマー(下請業者):40~60万円
プログラマー(元請業者):50~100万円
システムエンジニア(初級):60~100万円
システムエンジニア(中級):80~120万円
システムエンジニア(上級):100~160万円

2.3.  システム開発費用を安く抑える方法

システム開発費用を安く抑えたい方は、オフショア開発を活用してみてください。オフショア開発とは、Webシステムの開発を海外企業に委託する方法をいいます。現地の価格が適用されるため、人月単価を安く抑えられます。

例えば、南アジアの各国に展開する求人サイト「ジョブストリート」の調査結果では、ベトナムのエンジニアの大卒初任給は月250$(約3万2,500円)。日本の大卒初任旧は約23万円のため、1/7のコストでシステム開発が行えます。

オフショア開発国における技術力の向上やノウハウの蓄積で、品質も良くなりました。そのため、低価格で高品質なWebシステムを開発したい方は、オフショア開発を検討してみてください。

3 . Webシステム開発会社の選び方

Webシステムを開発する場合は、失敗を防ぐために業者の選び方を覚えておきましょう。ここでは、Webシステム開発会社の選び方について解説します。

Webシステム
Webシステム開発会社の選び方

3.1.  希望のシステムの開発実績を保有しているか

Webシステム開発を依頼する場合は、類似の開発実績を保有しているかを確認してください。その理由は、類似の実績を保有していれば、培ったノウハウで品質の良いWebシステムを開発してもらえるためです。

システム開発会社のホームページやパンフレットには開発事例が掲載されていることが多いため、必ず目を通すようにしましょう。

3.2.  システム開発会社の業績は安定しているか

Webシステムは、業績が安定しているシステム開発会社へ依頼してください。

その理由は、システム開発会社が倒産した場合には運用や保守をお任せできなくなるためです。そのため、システム開発会社の業績は調べましょう。

業績はホームページや証券会社の情報サイト、帝国データバンクなどで調べられます。また、ホームページの開発実績が頻繁に更新されているシステム開発会社も業績は安定していると見込んで問題ないでしょう。

3.3.  自社開発の割合は高いか?

システム開発会社の業態はさまざまで、全ての業務を自社開発している場合もあれば、プロジェクト管理だけを行い、外部委託している会社もあります。また、自社開発と外部委託の両方の体制を整備している会社もあります。

可能であれば、自社開発の割合が高いシステム会社を選びましょう。その理由は、自社開発比率の高い会社はレベルが高く、中間業者が入らないため細かい要望が伝わりやすくなるためです。Webシステムの品質を重視したい方は、エンジニアを多く抱えており、自社開発の割合が高いシステム開発会社を選んでください。

3.4.  問題を解決するための提案力があるか?

お客様の要望によって、Webシステムの開発方法は替えるべきです。

例えば、Webシステムとクライアント・サーバーシステムは仕組みが似ていますが、プログラムが処理される場所が異なります。瞬発的な処理能力や操作性を重視したい場合は、Webシステムではなくクライアント・サーバーシステムが良い場合もあるのです。

このように、Webシステムのメリット・デメリットを正しく理解しており、問題を解決するための提案力を持つシステム開発会社を選びましょう。

3.5. 見積書の内容が明瞭であるか?

Webシステム開発費用で損をしたくない方は、見積書の内訳まで記載してくれる明瞭会計のシステム開発会社を選んでください。その理由は「どの作業にいくら必要になっているか?」を把握しなければ、予想外の追加費用が発生してしまう恐れがあるためです。

Webシステム開発を終えた後に予算がオーバーしてしまったなどのトラブルは多いため、必ず見積書の内容が明瞭であるシステム開発会社を選びましょう。

3.6.  システム運用や保守まで考えてくれているか?

Webシステムは開発したら終わりではありません。システム運用や保守ナドモシステム開発会社の重要な仕事になります。システム開発までを担当する会社に依頼してしまうと、運用や保守をしてくれるシステム開発会社を探さなければいけません。

別の会社が開発したWebシステムは運用・保守がしにくいため、開発元に運用や保守をお任せした方が良いでしょう。そのため、依頼前に運用や保守を担当してくれるかを確認してください。

4.  Webシステム開発なら「Miichisoft」

Webシステム開発の依頼を検討している方は、ぜひ「Miichisoft」へお任せください。ここでは、システム開発会社Miichisoftの特徴について簡単に説明します。

4.1.  ベトナムのオフショア開発サービスを提供

Miichisoftは、近年、技術力が高いと評判でトレンドにもなっているベトナムのオフショア開発サービスを提供しています。ベトナムにMiichisoft株式会社を設立し、東京に株式会社Miichisoft Japanの拠点を構えています。

日本語に精通したブリッジエンジニアが在籍しているため、言語の壁に悩む必要もありません。ベトナムのオフショア開発サービスで高品質で低価格のWebシステムを開発できるため、お気軽にご相談ください。

4.2.  サオクエ賞を獲得する高度な技術力が強み

Miichisoftは、2年連続でIT技術でベトナムの経済発展に貢献したシステム開発会社としてサオクエ賞を獲得しました。ベトナムのソフトウェア・ITサービス協会から高度な技術力が認められています。

日本向けのWebシステム開発として、マッチングサービスや業務支援システムなど数多くの実績を保有しているため、お客様の要望に柔軟に対応えきます。

4.3.  180名のエンジニアが在籍

Miichisoftには、180名のエンジニアが在籍しています。そのため、大規模開発や短納期開発にも対応できます。Webシステム開発は基本的に自社開発できるため、中間業者は不要です。お客様とのコミュニケーションを大切にして、要望通りのシステムを開発していきます。

5.  まとめ

今回はWebシステム開発会社を選ぶ際に必要なポイントから、費用相場までご紹介しました。国内ではDX化が加速しておりITエンジニアが慢性的に不足して、人件費が高騰しています。そのため、国内のシステム開発会社に依頼すると、費用が高いと感じてしまうかもしれません。 そのような悩みを抱えた場合は、ベトナムのオフショア開発サービスを提供している「Miichisoft」にご相談ください。高品質で低価格のシステム開発サービスを提供します。

私たちと提携して、独自のサクセスストーリーを構築してください

私たちと提携して、サクセスストーリーを作りましょう

関連記事

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月25日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月25日
クロスプラットフォームとは?3つのメリットや代表的なフレームワーク・種類を開発
プラットフォームとは何でしょうか? この記事では、クロスプラットフォームの概要、メリットとデメリットと種類を解説するとともに、代表的なツールを紹介します。
2024年2月25日
もっと見る

ニュース

2024年のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク:アプリ開発の優れた選択肢
この記事では、2023 年のプロジェクトで検討できるように、モバイル アプリ開発用のトップ クロス プラットフォーム フレーム ワーク のリストをまとめました。
2024年2月25日
クロスプレイゲームとは?クロスプレイゲーム開発エンジンの紹介!
しかしながら、ゲームプラットフォームの違いによって、プレイヤー同士が同じゲームを楽しむことが制約されることがあります。これが、クロスプレイゲームの概念が登場し、大きな注目を浴びる理由です。
2024年2月25日
オフショア開発でビジネス競争力の強化:20年以上の経験を持つ日本人CTOが支援するITオフショア開発
近年、ITオフショア開発の導入がトレンドとなっていますが、しかし、言語、文化、地理的距離に関連する課題はまだ存在しています。Miichisoftの20年以上の経験を持つ日本人CTOと熟練の開発者の支援があるオフショアサービスを活用して、これらの問題を克服できます。
2023年11月9日
もっと見る