Miichiのラボ型開発

ラボ型開発とは?

ラボ型開発とは、従来の請負型開発と違い、弊社の事務所にてお客様の業務対応専用チームを形成し、一定期間(通常、半年間か1年間)の契約を結ぶ形態です。お客様が弊社BSE、またはベトナム常駐PMとコミュニケーション を行うことで開発チームに指示頂けます。本形態を活用することにより、オフショア開発で発生しやすいミスコミュニケーションを避け、安定した開発を行うことが可能です。

なぜラボ型開発が選ばれるのか?

人材確保

専属の優秀な人材が必要な期間で確保できます。

ノウハウ蓄積

中長期的に開発チームを確保することで、プロジェクトのノウハウを蓄積することが出来ます。

仕様変更対応

要件や仕様の変更が頻発しても、臨機応変に対応することが出来ます。

ワンストップソリューション

案件の開発から保守まで、開発チームを自由に活用することが出来ます

メンバー柔軟調整

最短2週間で開発チームの形成が可能、一時的な増員も対応出来ます。

御社の開発プロセスに

お客様ご希望の開発プロセスに従い、指定がない場合は弊社の開発プロセスをご提案します。

御社のニーズに合う3つのラボモデル

お客様が現地常駐

御社PMが現地に出張し、直接開発チームとやり取りします。

モデル1
お客様が日本から指示

御社PMが日本から指示し、弊社がアサインしたBrSEが開発チームに伝えます。

モデル2
Miichisoft BrSEがOnsite

弊社のBrSEが御社に常駐し、御社のPMから指示を受けて、ベトナム現地の開発チームに伝えます。

モデル3

更に、Miichisoftでは、もう一つ

無料で事前調査、ラボルームの設置

難易度の高いシステムは契約前に事前にエンジニアがシステムに対して、調査を行い、理解した上で着工します。 その為、契約後はスムーズに着工することができます。 お客様の希望により、お客様の案件のみのラボルームを設けることも 可能です。ラボルームの中ではエンジニアがお互いにサポートし、 効率的に案件に取り組むことができるため、能力を最大に引き出すこ とができます。そのため、お客様の案件をさらにより良いものに します。

ラボ型開発の導入までの流れ

  • STEP 1 先ずはご相談下さい。

  • STEP 2 開発チーム及び開発プロセスをご提案し、お客様に審査して頂きます

  • STEP 3 契約締結

  • STEP 4 開発業務を実施

  • STEP 5 お客様と成果を振り返り

back to top