2022年のモバイルアプリ市場の概況

本記事では、「2022年のモバイルアプリ市場の概況」と題して、2022年のモバイル市場の概況とトップ最新モバイルアプリのトレンドをご紹介します。

2022年のモバイルアプリ市場の概況

スマホは私たちが情報にアクセスする方法に革命的変化を与えました。スマホへの依存は、モバイルアプリ開発業界の台頭につながっています。

2021年の世界のモバイルアプリ開発市場規模は100億米ドルでした。モバイルアプリ開発の世界市場規模は、2022年から2030年までの予測期間中に年平均成長率(CAGR)21%で成長し、2030年には410億米ドルに達すると予測されています。

2022年は、DX化やリモートワークへの動きも加速し、モバイルアプリの需要も増し、市場が活性化することでしょう。

モバイルアプリ開発市場の概況

モバイル系市場調査企業のSensor Towerが「2022年第1四半期モバイルアプリランキング」を発表しています。ランキング調査の結果は、前年同期に比べて医療系アプリが102%増という著しい伸びを示しています。これはコロナパンデミックの影響で新型コロナウイルス関連アプリの使用率が急増したことが原因として考えられます。社会環境の変化がアプリ市場に与える影響が大きいことがうかがえます。

2022年のトップ最新モバイルアプリトレンド

代表的な2022年の最新モバイルアプリトレンドの詳細をご紹介します。

クラウドベースのアプリ

クラウドを使用するアプリは、データストレージ不足の問題に対応することができます。スマホを何年か使っていて、ストレージの容量が足りなくなった経験はないでしょうか。使用年数とともにストレージの空き容量は減少していきます。そういったこともあり、クラウドベースのアプリが人気となっています。

クラウドベースのアプリ開発では、データの多くが遠隔地にあるサーバーに保存されます。そのため、ストレージの容量を増加させません。

モバイルアプリ開発のトレンド - クラウドベースのアプリ

ブロックチェーン

ブロックチェーンはモバイルアプリにとっても重要な技術となっています。 一部のアプリ開発者たちはすでにブロックチェーン技術を取り入れたアプリ開発に取り組んでいます。ブロックチェーンを取り入れることで、アプリ上で暗号通貨の取引きを簡単に行うことができるようになります。

AR / VR-拡張現実と仮想現実

今、仮想および拡張現実技術の没入型のゲームが増加しています。
ARとVRのアプリケーションは、ゲームをはるかに超えています。AR、VRを取り入れることで、アプリを使ったトレーニングの効果を向上させることができます。旧Facebook, 現Meta社もメタバースへの集中を表明しているように、今後AR/VR分野のアプリケーションは増加することは確実です。

AR VR 拡張現実と仮想現実

フリーミアム・サブスクリプション収益化モデル

現在トレンドになっているフリーミアムモデル。商品やサービスを無料で提供する後に有料プランへ誘導するビジネスモデルの事です。

フリーミアムとは、フリー+プレミアムを組み合わせた造語です。商品・サービスを無料で提供する意味での「フリー」と、高価な商品を提供する意味での「プレミアム」という、無料と有料での提供を組み合わせたビジネスモデルがフリーミアムなのです。

初めて使うアプリで継続的に使うかどうかわらかないアプリにいきなりお金をかけるユーザーは少ないでしょう。それを考慮し、まずはお試しで使ってもらうようにして、継続して使いたい、もしくは追加機能を使いたいと思ったユーザーにだけ購入してもらうようにするのです。

Miichisoftのモバイルアプリ開発の強み・事例をご紹介

Miichisoftは、顧客満足度アップをする為に常に最新情報やトレンドを収集・研究を行っていますので、最新トレンドを把握する事ができ、安心して、ご依頼頂けます。これまで100を超えるシステム・Web・アプリ開発の実績があるMiichisoftだからこそ、安価で高品質なサービスをご提供出来ます。

モバイルアプリ開発Miichisoft

Miichisoftの開発事例の詳細はこちらからご確認頂けます。

まとめ

以上、この記事では2022年のモバイルアプリの概況とトレンドをご紹介してきました。最新のトレンドや市場の状況を把握することで、どのようなアプリ開発が多くの人に求められているのかを知り、企画や開発に生かすことができるでしょう。

この記事でご紹介したことが日常でのモバイルアプリとの関わり方、お仕事・生活のお役に立てていただければ幸いです。

最近の記事